火事場の馬鹿力とは?

テーマ:

五感プロデュース研究所、-3

五感プロデュース研究所、-3

五感プロデュース研究所、-2

火事場の馬鹿力について科学的に説明致します。この火事場の馬鹿力こそ人の「潜在的能力」の一つなのです。

普段私たちは、火事場の馬鹿力を発揮する場面や状況に遭遇する機会は少ないと思われるが、私は数年前に若い女性が貧血を起こし、線路に落下したときに線路からプラットホームに担ぎ上げたのである。幸い電車が到着するまでに時間があったので近くの人にも助けて貰い、女性を救出することが出来たのである。この時は無我夢中だった。

このように火事場の馬鹿力は、人を救ったり、災害時などで身に迫る「危機感」や「危険回避能力」として発揮されるものです。

ではどのようにして火事場の馬鹿力として発揮されるのかというと、人の脳内では興奮したときや救出しなければと強い思いがあると、「アドレナリン物質」が分泌されます。

人の脳は筋肉を動かしたり、行動を起こすのも普段は80%程度の力しか出していません。つまり脳がコントロールし、セーブしているのです。

常に100%の力で筋肉や身体を動かしていると、筋肉や骨に負担がかかり、身体を壊してしまうから、これら防ぐために普段はせいぜい80%程度の力しか出せないのです。

ところが、危機的状態や人を助けなければならないような状態に遭遇すると、この脳のセーブ機能が外れ、アドレナリンによって増幅され、そして100%の力(パワー)を発揮出来るのです。ですから、小柄な女性が大柄男性を救出したり、担ぎ上げたりできるのです。

また、このようなときには、100%の力を出しておりますから、身体に大変な負担を与えます。時には火事場では、火傷したり、災害などでは怪我をすることがあります。但し、無我夢中で助け出すことしか考えていないと、あまり痛みを感じないのです。この時の人の脳内では「βエンドルフェン」という鎮痛作用の働きから、あまり痛みを感じません。このβエンドルフェンの鎮痛作用はモルフェネの6.5倍もあり、骨が折れたのも忘れて人を助ける人もおられます。但し、人を救出した後や、エンドルフェンが消えた時に痛みを感じ、人によってはあまりの痛み、激痛によって気絶する人もおられます。

火事場の馬鹿力は、人を救出したり、危機的な状態に遭遇したときだけでなく、スポーツ時でも、砲丸投げ、円盤投げや槍投げなどの選手たちが大声を出して投げますが、これらも火事場の馬鹿力を応用していると言えるのです。

声を出さないで投げたときとそうでないときには、約20%の力の差が生じることが私共と大学の共同実験で分かっております。

これらの能力を「シャウトの法則」と呼びます。つまり、大声を出して気合いを入れることで100%の力で投げることができるのです。

但し、これらも日々の鍛錬(トレーニング)がなければ、筋肉や身体が壊れてしまいます。

先ほどから紹介している人の「潜在的能力」は火事場の馬鹿力だけでなく、これは一部であり、人の脳には「無限の可能性」があると私は指摘しておりますが、普段使われている我々人の脳は、自動車でいうと一般道路を40km50kmで走っているようなものなのです。ところが、この脳の処理能力を早めたり、高める鍛錬や訓練を重ねると、人の脳は適応し、処理能力を高めることで脳の処理時間も早くなり、感覚までも適応し、潜在的能力を引き出すのです。例えば動体視力の処理能力を高めることで、150kmのスピードボールをバットに誰でも当てる事が出来ます。現に70歳の高齢者がバットに当てた実績もあります。

先ほどの自動車の速度を高速道路で走行する80km100kmに速度を上げたような状態なのです。

但し、これも幾ら訓練しても個人差があります。それは「概念や思い込み」など強い人は、私には無理だ、出来ないと最初から諦めてしまうと、潜在的能力、眠っている状態の脳力を引き出せないのです。

ですから、これら潜在的能力を引き出すのには、概念や思い込みを捨て去り、やってみなければ分からない、私にも出来ると暗示をかけること、好奇心を持って取り組むこと、少しの鍛錬、訓練で私たちの脳は、この潜在的能力を発揮出来るのです。これらの方法は、私のブログで、速読術などで紹介しております。詳しくは、こちらをご愛読頂ければ幸いである。

今後とも、私共研究所は、人の脳の不思議な力、神秘性の力を紹介して参ります。

五感プロデュー研究所、研究員、荒木行彦、

AD