2005-09-03

118.タイミング

テーマ:彼女じゃない恋愛

我に返ると見覚えのあるラブホテルのベッドの上で、オリンピックの中継をテレビで見ていた。


彼の車が立ち去った後も私はずっとその場に座り込んで泣いていた。
そしたら、車が目の前に止まって、車から降りてきた人にずっと抱きしめられてた。
背中をさすられ「大丈夫か?」とも言ってた。
車に乗せられて・・・。


今も私を優しく抱きしめている者の顔を私はそっと見た。
そこには彼の顔があって、私ににっこり笑いかけてくれている。
私も上手には笑えないかもしれないけれど、笑って見せた。


正直ほっとした。
彼でよかったと思った。
私はあの時、彼だから車に乗ったわけじゃなかった。
誰でもよかった・・・。
そうだったんだと思う。
記憶は薄いけれど、あれでも彼だと判断してたのかな・・・どうだろう。
私は今、彼だと確かめてホッとしている。


「やっと笑うようになったか」
「ごめんね」
「おいで」
私は彼に強く抱きしめられに寄り添った。
強く強く抱きしめてくれる彼。
「もう眠りな・・・」
「うん」
「その前に、もう1回だけ聞いていいか?何で泣いてた」
「・・・」
「言葉に出来なくても、思い浮かんだ言葉言ってみ」
「可愛くないって言った、最低だって言った、帰りたいって言った、ずっと寝たがってた、友達呼ぶとか言ってた、一緒に居たくないって思った、でも一緒に居たいと思った、寂しかった」
「ごめん・・・俺、そんな事ばっか言ってた?」
「言ってた」
「それはホンマ俺が悪かった」
「言ってた」
「ごめん」
「ずっと言ってたよ」
「安心しきってたんやわ」
「うちは不安」
「そやな・・・ごめんな、お前が寝るまでずっと起きてたるから」
そういうと彼は腕枕をしてくれ、目をつむる私の頭をずっと撫でていてくれた。


目はつむっているけれど、寝付けずに居る私に彼は話し出す。
「善しも悪しも、タイミングやな」
私はそっと目をあける。
「一定に流れる時間の中で、人はタイミングで出会ってタイミングで深めてゆく」
彼は私ではないどこか違うところを見つめそう語る。
「タイミングが良いと思っても結果悪かったり、その逆もあって、全ては本当にタイミング次第や」
彼が何の話をしているのかが解からなかった。
「今、こうしてるのも、タイミングなんやろうな」
それって、善いの?悪いの?
「私たちってタイミング悪いね」
私は単純にそう思った。
そんな私の言葉に、彼は何も答えなかった。
善いのならどうなのだろうか。
悪いのならどうなのだろうか。
彼が無言だから、その言葉は複雑になった。


タイミング悪く出会った私たち、お互い恋人のいない期間だってあったのに、また再会した時もまた恋人がいた。
生活リズムだって、どちらかが合わせなくちゃならないタイミングの悪さ。
悪いタイミングばかりだけれど、何度となく訪れる私たちのタイミング。
何で続いてるのかな、私たち。
こんなにタイミング悪いのに。
それでも続いていくのかな、私たち。
何処まで続いていくのかな、私たち。


彼は私の顔をみることはなく、ずっと遠くを見てた。
私の髪を撫でる手が、誰か別の人の手に思えた。



← 117 ]  [ 119 →
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■> cm117262821さん

伝えることも伝えないことも、彼曰くタイミングなのかな。
言っても後悔することもあるだろうし、言わなくても後悔することもあるだろうし、自分の取った行動を自分で善しも悪しも変える事が出来るだろうと思う。
私は気持ちを伝えられたことは良かったと思えた。
だけど、今、伝えなければ良かったと後悔することもあるんだ。
この日を思い出すことは1度っきりじゃないし、いつもいつも良かったと言えることばかりじゃない。
ただ、過去は変わらないもので、自分の過去を良いものに変えるのはこれからの自分なんだろうなと思う。
伝えられなかったのなら、伝えなくて良かったと思える未来を進むだけ・・・なのかな。

7 ■> いずみさん

どうなんだろう・・・。
この時の事はよく解からないです。
結局話し合うこともなかったので。

置いていかれる事ってよくあるんですか?!
私は初めてでした。
過去に彼ではないけれど、置いて帰ったことは何度かありました。
戻ったこともありませんでした。
だから、戻ってきた彼の方が不思議で仕方なかったです。
だから、一緒にいる人が他の誰かだと思ったんですけどね・・・。

好きだからか・・・。
今となってはよく解からない彼の行動です。
あの頃、聞いておけばよかったかな。

6 ■> まめ子さん

うん、感情を出すってことは大事ですね。
だけど、コントロールできずに大粒の涙に変えてしまったことはやっぱり後悔しています。
そうなる前に、ちゃんと自分の気持ちに気付けて小出しに出来ていればよかったって思います。
小さなことでも溜め込んでしまったら爆発しちゃう。
素直になることって、自分を壊さない為にも大切ですね。

5 ■> とあこ。さん

そか・・・。
今思い出しても、彼が何故という思いしかありませんでした。
この時の話はお互い何故かしなかったので。
この時違う男の人だったら怖いなって事ばかり考えていました。
今でもそうでした。
大事か・・・そうだったのかな・・・。
そうだったのなら嬉しいな。

4 ■素直になるのって難しいね

相手の事も気遣ってばっかりじゃダメな事は理解出来るけど、気持ちを伝えるのって労力が必要だよね…。
でも、伝えなきゃ後悔するよね。
きっと…。

3 ■無題

彼はせのりさんが本当に好きなんだね~我に返ると彼氏さんがいてくれて…
ちょっと感動。。
何度か置いてかれた事
あるけど1度も戻って
きてくれた事なんてなかったもん

2 ■うーん

なかなか忙しくまとめて読ませていただきました~なんかー苦しくなっちゃいました。。。せのりさんが泣いている時の感情とかが伝わってきましたね。。。そーやって感情を出すってことも大事ですよね。

1 ■きっと無意識に判断したんですよ!!

われに返った時に、彼さんがそばにいてくれてほんとうによかったと思いましたー

やっぱり、彼さん、せのり様が大事なんですね。。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。