2005-08-08

97.楽しい理由

テーマ:彼女じゃない恋愛

彼はアレ以上何も言わなかった。

また「いつも」が戻ったみたいに、一言メールを毎日くれた。


戻ったんだろうか。


金曜の夜、彼は残業だというメールをくれたあと、連絡がつかなくなった。

明日は約束の日なのに・・・。

電話をしても電源が入っていなし、メールを送っても当然返事はこない。


私はその日、不安を抱えながら眠った。

会えるのだろうか。


彼の着信で目覚める。

直ぐに出ると「遅い!寝すぎ」と彼は怒っていた。

時計を見ると午前10時を回ったところだった。


「何回電話したと思ってんねん!」

「おはよう・・・」

「俺、そっち行くけど」

「今起きたとこやし無理だよ」

「何寝坊してんねん!」

「別に何時って約束したわけじゃないやん」

「時間決めてなくても会うのは決まってたやろ」

「昨日電話したのに」

「ごめん、俺まだ会社や。3時頃までやってたから、会社で寝てた」

「携帯、電源入ってなかった」

「ごめん、切った」

「何で!?掛かってくるとは思わんかったん?掛けようとは思わんかったん?」

「ごめん、絶対終わらせたかったから」

「それで、ウチが寝てたこと怒っとるん?」

「会いたくなかった?」

「・・・会いたかった」

「なら、早起きして準備しててよ~」

「連絡してこん、あなたが悪い」

「会う時間短くなる~」

「ごめん、で、何時にくるん?」

「3時頃」

「はぁ?」

「俺、一回家帰らな」

「全然、間に合うやん。うち、怒られるとこやったん?」

「起こしたったんやん!ほんまは、昼には行きたかったけどな。会いたくないとか言われるかもしれんしさ」

「どうも・・・それはすみませんでした!」


眠い。

電話を切ったあと、着信履歴を見てみると、朝の8時から何十件と彼の名が刻まれてた。

徹夜で仕事?何てちょっと疑わしかったけれど、2時間掛け続けてくれた電話に嬉しくなった。

それも全て制限いっぱい30秒。

どうでもよくなった。

それだけで信じられた。

そして、やっとごめんなさいと思えた。

8時に出れていたらもう少し沢山会えてたのかななんて思いながら。


それから、彼は30分おきくらいに電話をくれた。

「今、何してる?」

「ん?マスカラ塗ってる」

「可愛くしてくるんやで」

随時私の行動を把握していたようだった。

「今、何してる?」

「ん?マスカラ塗ってる」

「は?さっきも塗ってたやん」

「さっきは左!今は右!」

「後は?また左に戻るん?」

「もうない」

「じゃ、次掛けた時は違うことしてるよな」

「多分ね」

「遅れるなよ」

「なら、もう少しだけゆっくり来てね」

「遅れるんや・・・」

「遅れないけど、ゆっくり来て!」

「あぁ~わかったわかった」


彼が来るまでがすごく楽しかった。

何故、毎日をこんな風に楽しめないのかなって思った。

彼の声を聞いているからだろうか。

ただ、それだけなのだろうか。


「今、何してる?」

「遅い!遅刻やで!!早く来てくれな、顔照かるやん!!」

「何、怒ってんの?!」

「遅いからやん!脂が出てくるやんか!!」

「お前がゆっくりって・・・」

「早く会いたくないんや」

「はぃはぃ、ごめんなさい、あと10分くらいかな」


ただ、それだけなのかもしれない。

彼と話せてる事がとても嬉しい。



← 96 ]  [ 98 →
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。