企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:

ブランディングという言葉が当たり前になり
更にパーソナルブランディングの世界へどんどん進んでいます。

ビジネスの世界も企業ブランディング×パーソナルブランディングで

「その人から買いたい!」という世界になっています。

このパーソナルブランディング!様々な角度があります。
印象を左右する見た目を効果的に活かしたり
聴き方、話し方などコミュニケーションの取り方も
このパーソナルブランディングに含まれます。

皆さん、パーソナルブランディングという言葉を知ってはおられても
なにを どうするのか?そこはご存知ない方が多いと思います。

先ずは「見た目」です。
あなたの見た目は思っている以上におしゃべりで
本当のおしゃべり前に印象が決まっている場合も少なくありません。

特に男性のスーツスタイルは大事です。
仕事ができるかどうかその身だしなみと着こなしで決まってしまいます。

ポイントはいたって簡単

①スーツはサイズ感で決まる!

②似合う色と目的に合わせた色とトーン!

③清潔感のある身だしなみ+@


①のサイズ感にはルールがあります。
このルールを知っていれば間違いなくスタイルUPしてみえます。

余語まりあ・スーツ・動画で探していただくと
スーツのサイズ感のyoutubeでお確かめください。

またより深いサイズ感の場合は
骨格診断でVゾーンの深さが決まります。

こちらは私の本「仕事ができるキラリーマン」に

自己チェックが載っております。

②似合う色は

パーソナルカラーといいますがそれを診断してくださるところもありますが
自分でちぇックするには濃紺と明るい紺のスーツを片方ずつ肩にかけ
自分がどちらのほうが洗練してみえるかチェックしましょう。

そして目的の色とは特にネクタイです。
色にはそれぞれ意味があり、その意味が伝わります。

目的にあう色とはたとえば 今日のこの時のお客様に
どのようなイメージをお持ちいただくかをまず設定してください。


ネクタイに自分の想いをのせてみてください。

③+@の身だしなみは・・・朝キレイだったではダメでずっと清潔感を
かもしだす、たとえ暑い日でも見た目が爽やか

それには工夫がいります。
制汗剤を使ったり、靴のお手入れをしたり
日々の心がけです。


今日はサラリと書きましたが
そんなことを意識して自分自身をブランド化し人生を楽しんでくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)