企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。

NEW !
テーマ:

人口減少の中で眠っていた人材ということで

急にフォーカスされている世の中の様子を感じますが

以前より女性が活躍している企業というのは実際成長企業の場合が多いです。

 

生保さんなど昔から女性が働く職場ではないでしょうか?

それぞれが営業としての数字を持ちお客様を抱えて

サービスを提供していく

 

その商品知識、お客様対応などあらゆるスキルを求められるところです。

 

以前生保レディさんの研修を2年間させていただきましたが

まさに、女性が昔から働く職場です。

 

それゆえ工夫も色々とありマネジメントしていらっしゃるのは男性管理職の方ですが

経験値の中で女性のマネジメントがわかっていらっしゃいます。

 

生保レディは今もなくならない職業ですよね。

企業のイメージを伝える仕事としてもなくてはならず、CMでも今、人気の女優さんが起用されてますね。

こちらも企業のブランドイメージブランディングの1つで、そのような企業様は成長されてきていらっしゃいます。

 

もう一つ女性の職場のイメージは百貨店

今では服のブランドごとに販売員もそのアパレルメーカーさんからお越しいただく流れになってしまいましたが

昔から女性がメインです。

 

ただ今のネット販売がお気軽な時代に入り、リアルな百貨店で購入する層は若い方はいらっしゃらないことでしょう。

ではネットで購入するのとリアルな違いは?と言えば接客以外の何物でもないのです。

 

ただ昔は全て百貨店の社員が対応していたものを

アパレルメーカーに任せたことで本当の百官店の質の向上はいかがでしょうか?

 

売り場展開の仕方の関係あるかもしれません。

昔はブラウス、スカートなどアイテムごとにあったものが

今はメーカー、ブランドごと

お客様は同じアイテムの比較ではなくブランドとその価値の比較になってしまっています。

 

但し、お客様には関係なく、一律、〇○デパートです。

 

そこを踏まえてより女性ならではのサービスを強化すれば

ネットで購入する以外の効果を期待するお客様がみえると思いますがいかがでしょうか?

 

女性が活躍することで華やかになる、気遣いができる、ライフステージごとの提案ができる

そのような強みはありませんか?

 

経験値に勝る人を説得する内容の話はありません。

 

女性が多く働いている企業のブランドにご興味ございませんか?

女性が働きたくなる職場環境づくりをサポートさせていただきます。

 

是非詳細はこちらよりお問い合わせくださいませ↓↓↓
http://ys-effect.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

女性が働くのは当たり前の社会に進む中で

企業と女性が抱える課題が出来てきます。

「女性社員 フリ...」の画像検索結果

企業は産休や育休など様々なライフステージに対応する

規定とそれに伴う社内の環境整備に仕事のシェアなど

今までもなくはないことがもっと当たり前に行われるようにするには

企業の環境整備が一番に掲げられます。

 

ただこちらはある程度、公的な指導のもと進められることも可能ですが

更に課題となるのはその当事者ひとり一人の状況のケアです。

女性だけが育児をするのも介護をするのも当たり前ではなくなってきてますが

そこに向かうのは極端には行かないものでそれぞれ性格も家の環境も価値観も違う中

一律にはいきません。

 

そして今まででしたらそこは自己管理で済ませていられたところも

ケアしていくのが企業にとって本当の「女性活躍推進」になっていきます。

 

企業が抱える問題は、そのようなライフステージが多種多様な女性を

如何にひとり一人の仕事スキル、マインドを上げ、その他の負担を軽減して

企業が求めているパフォーマンスを維持してくれるかどうか?です。

 

また消費は女性が創るものとして女性目線を活かしての

営業やマーケティング、サービス提供など女性を活かすことは企業の発展にも繋がります。

 

例えば、ベビーカーメーカーでA子さんが新卒で働いていたとしましょう。

自分の子供が生まれる前と生まれた後ではかなり視点も違い気づくことには差があるでしょう。

 

この前も医療の現場研修で若い子は階段を上がるときの方が大変だと思っていたらしく

実は降りる方がけがをしやすく怖いもので、そこを意識しないと急な階段がここにはありますから

要注意!と言いましたら驚いてました!

その若いスタッフさんには想像外だったようです。

 

そのように人はその立場にならないとわからないことは多いものです。

それを想像できるかどうかは?は経験と観察力です。

 

そのように女性のキャリアは積むことで仕事に活かされることも大変多いものですし

AIが進む中人でしか出来ないことに女性の能力は向いているのです。

 

その為に私が女性活躍推進で生み出していく女性は

「バランスティック・ウーマン」です。

女性には望む望まないにかかわらず様々な役割があります。

どれが欠けても心の満足が得られない場合も多いです。

 

弊社が輩出したい女性は

大きくわけて3カテゴリーのバランスよく最高のパフォーマスを目指していく女性です。

 

カテゴリー1<コミュニケーション>

よく男性から声があがるのが

・女性は感情的だから困る

・理論が通じない

・その時の気分でいうところある

・本筋に目が行かないで困る等々

勿論女性全てでもないですし、男性でもいらっしゃるとは思いますが

どうしても女性のホルモンのことなども関係し

日々、感情コントロールは男性よりも苦手かもしれません。

 

職場内でも取引先でも家庭でもどこでも

人と関わるコミュニケーションスキルのバランス!

そこさえうまくいけば仕事も登用されたり、大きなプロジェクトを任されたり

家庭でも平和な時間が多くなったり子供とも関係性もよくなるはずです。

 

女性はよく右脳派と言われ感情的と言われてますが

同じことを客観的に感情を置いて聴く、伝えるスキルがあれば

本来女性が持っている母性という能力が活かされると思います。

 

そこで弊社が提唱するバランスティック・ウーマンスキルは

コミュニケーションにおいて「聴き方伝え方」を意識して

モノの考え方捉え方をお伝えさせていただきます。

 

根本的なことと聴く伝えるテクニックでよりよりバランスを取っていただきます。

 

カテゴリー2<キャリア>

仕事・恋愛・家庭・子育て、介護などあなたの中での日々で

・今優先するのは何か?

・今しか出来ないことは何か?

・自分が悩んでしまい進むスピードが遅くなるのは何か?

・心に負担がかかってしまうのは何か?

・自分ならではの人生のキャリアと価値は何か?

・今だけではなく今後10年、20年後の自分のキャリアと結び付けてどのように考えるか?

 

こちらのキーワードは見える化

価値観、考え方も今まで身に付けたことも、今後のことも全て見える化

そこから進む方向、進みたい方向、進んで身につくことも見えてきます

 

様々な役割でのバランスの取り方を一人ひとり見えるようにして

バランスをとった日々を送っていただけます。

 

カテゴリー3<ビジュアル>

女性はいくつになっても女性です。

やはりきれいに美しくそして経験がより自分に反映するようでありたいものです。

 

単にキレイとか美人とはではなく経験値ゆえの美しさ

仕事での美しさ、コミュニケーションの美しさ

でもそれはビジュアルライズすることで発信もできますし何より自分が楽しいです。

 

弊社が提唱するバランスティック・ウーマンは

印象をつかさどる全てをその方の仕事、キャリアに相応しく表してこそだと

考えます。

 

例えばビジネスマナー1つにしてもなるほどと思わせるかどうか

ビジネスの服装にしても、なるほどと思わせるビジネススタイルかどうか?

そこに全て集約しているのがビジュアル的な要素です。

 

ビジュアルのバランスとは

その仕事、そのキャリアに相応しい印象です。

 

HPでは基本的なビジネススキルの中に入っておりますが

そこは対外的にも分かりやすいものです。

 

ぜひ弊社の「バランスティック・ウーマン」と企業担当者様はこちらまでお問い合わせくださいませ。

http://ys-effect.co.jp/contact/

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そろそろ2018年度新入社員の研修をお考えの企業様も多くいらっしゃると思います。

経営者様及び人事担当者様は今までご依頼の先も多くあると思います。

「新入社員」の画像検索結果

一口に新入社員研修といっても様々な研修がございます。

<集合型ビジネスマナー研修>

「社会人として基本的なビジネスマナー」を習得する研修

こちらでは挨拶はじめ名刺交換、お客様誘導、電話応対など

集合研修形式で取引先の銀行様などでもご案内が届いていらっしゃるのではないでしょうか?

こちらはビジネスマナーに関して基本的なことはお伝えいただけ

長時間の場合はワークタイムなどもございます。

セミナールームをいくつも取り同時進行で進まれる場合もあります。

講師もそのようなスタイルを専門で行う講師がいらっしゃいます。

ただ御社として印象に残るビジネスマナー、御社としてのブランド価値を伝えられるところまで

深くレクチャーするのはなかなか時間的にも厳しいものです。

「ビジネスマナー」の画像検索結果

<特訓型マインド注力研修>

こちらは基本的なビジネスマナーや御社の企業イメージを活かしたというより

営業職を意識したものが多く、飛び込み営業やテレアポなど行う上で

強固な精神力を作るような研修です。

大概は合宿で走ったり山登りしたり、体力的にも鍛える場合もありますし

マインドを強固にするためのプログラムもあります。

こちらも企業の方向性とともに効果がある場合となかなかついてこれない場合もあります。

 

「ビジネスマナー」の画像検索結果

 

研修ははどれがベストとはなかなか言い難いです。

どのような人材を御社が望むかどうか?そこに尽きるように思います。

そこが決まっていないで研修だけにむやみに行かせると費用は掛かっても

効果が望めない場合があります。

 

先ずは、会社として「どのような人材を望むか?」このビジョンを明確にし

そこに対して必要な社員研修を行うことではないでしょうか?

 

弊社ではまだどのような人材を望んでいるのかわからない!
そんな企業様に先ずビジョンをお聞きして御社に相応しい人材を作り上げるサポートをしております。

 

例えば、お客様層がかなりハイレベルな方々、例えば車などにするとわかりやすいでしょうか?

そうのようなお客様をご対応の際の名刺交換は通常+@が必要です。

もちろん全然違う名刺交換ではなく、スーツスタイル、手元などより+@が望まれるものです。

 

女性スタッフが多い場合の営業での気を付ける事、ここまではいいけどここからはNGなど

そういう細かな企業イメージを損なわないことについて

研修という形で「企業イメージ」をお伝えするのが弊社です。

 

弊社は見た目などの印象から聴き方・伝え方の表現力、個人としてのマインドまで

「社員ブランディング」として研修形式でお伝えし

社員ひとり一人の能力を最大値に引き上げることで企業の業績を図る

「社員ブランディング研修」を行っております。

 

この時期、経営者、人事研修ご担当者様はどのような

研修をイメージされますか?

 

弊社は事前に御社の望む社員様をヒヤリングさせて頂いて

カリュキュラムをご提案させていただきます。

HP  http://ys-effect.co.jp/

現在、4月11日以降につき「新入社員研修」若干可能です。

 

詳細はこちらまでお問い合わせくださいませ

http://ys-effect.co.jp/contact/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)