企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:
先日の国会討論会を見ていても
「働き方改革」についての質問なども目立ちましたし
それに対しての保育園の問題や介護の問題なども
多数、出ておりました。

さて女性の社会進出が叫ばれ、「男女共同参画」のが取り入れられて
既に30年、ちょうど私が働いていた以降に取り入れられておりますが
どのくらいそれが浸透しているかといいますと
まだまだ疑問の余地がありますよね。
といいますのも企業の上層部はまだまだその意識がない頃を
知っているからです。

最近の若い子に聞きますと、男女差などにさほど敏感でもありません。
いい意味でも悪い意味でも・・・

だから女性だから・・・男性だから・・・の働き方についての
そもそも意識すらありません。

そういう世代が社員に多くなる中で
法律が変わろうが施設が整おうが様々な福利厚生が増えても
男性が理解する文化を作ることと女性自身が自分で自立する意識がないと
相互間のひずみは減るどころか増えると考えます。

自分を知ることは相手を知ること
自分を認めることは相手を認めること
そこの基盤に立たないと何も生み出すところか
弊害ばかりが増えると思います。

そこでまず企業が取り組むことは2点
1つは「女性活躍推進を促成する文化」を作る為に
男性上司に女性のマネジメントスキルと取り入れること

2つ目は「女性が自分で活躍するスキルを身に付けること」です。
それはビジネススキルだけでなく、自身のメンタルバランス、ライフバランス
ビジネスコミュニケーションバランスなど様々なバランスを取るスキルを
身に付けることです。

自分の人生は自分が築く!その意識の基キャリア形成していく意識の中で
現状の企業内での活動を捉えていく意識を目覚めさせることです。

 
 
女性がイキイキ働いていくことのできる企業は
企業成長率に比例すると考えます!

ぜひ企業内のインナーブランディングとして
その体制と教育を取り入れてみませんか?
HPよりお気軽にお問い合わせくださいませ。
<お問い合わせ>➡http://ys-effect.co.jp/contact/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

<女性が輝き仕事とライフワークの充実のために必要なスキル>

女性が仕事をしていくことが益々当たり前になっていく時代において、制度が整ったり

ライフワークサポートが整って行ったとしても抱える課題として解決できないことが
あります
ショック
それは自分自身の課題ですドキドキ
自分が抱える課題については、制度やサポートが解決方法の1つにはなりますが、自分でしか解決できない問題について企業も自分も取り組んで行かないと「気持ち」だけが置き去りになり結局は仕事を続けられない原因に大きく膨らんでしまうでしょうえー?

この「女性の自分自身の課題」について解決していくのが弊社の
「女性の為のモチベーションアップ研修」です。

仕事においても子育てや介護などに始まり家庭でのこと、プライベートの恋愛や諸々についても問題解決をしていく為の方法が全く皆無というわけではありません。
今の時代はそう言う意味では選択方法は増えています。


それなのに留まって悩んでしまうというのは、そこへ気持ちが向かないからです!!
そうするとどういうことが仕事で起きるかといいますと
・なかなか言われた仕事の能率が上がらず上司に注意をされる
・家に帰っても考えてしまって十分睡眠もとれず体調不良になる
・言われた指示も上の空でミスが多発する・・・など
家庭においてですと
・イライラして子供をすぐ怒ってしまう

・夫婦の会話がとげとげしくなる
・買い物でストレス発散を図ろうとし不要な出費が増える・・・等々

良いことはありません。

そこで大切なのは「自分で自分を励まし活かす方法を身に付ける力」=レジリエンス力
レジリエンス(resilience)とは、「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」などとも訳される心理学用語である・・・ウィキペディアより

 

企業にとって「ひと・かね・もの」が資産で、その価値を最大化していくことが企業にとっての成長に繋がります。

特に「ひと」の最大値は無限大と言っていいほど広がりを見せる反面、活かされず最小化される場合もあります。

その最小化される原因がいくら制度やサポートがあろうとも、自分自身が持っている力を下げてしまうことです。
その為に弊社ではその「レジリエンス力」を身に付けるには
先ず自分自身を知ることからスタートです。
今週はこの「レジリエンス力」についてブログに綴ります
!!

****************************************************************
こちらの研修内容や企業の中にこのスキルを内製化へとお考えの方は、
<お問い合わせ>よりお気軽にお問い合わせくださいませダウン
http://ys-effect.co.jp/contact/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
それぞれのモチベーションの2つの要因が見えたところで
それを維持していくのもなかなか大変ですよね?ショック

今日はとっても気持ちが弾むけど今日は凹む・・・など
どのようにしたら気持ちを一定に保てるのでしょう
はてなマーク

それは自分の中の法則にいつも当てはめていることです!!
 
例えば新しいプロジェクトを任されたら自分なら何をモチベーションとするか?
「貴女なら何が頑張れるポイントになりますか?」
・仲間が喜んでくれること?
・自分が必要とされること?
・自分の意見が上司に認められること?
・新しいプロジェクトでリーダーシップを発揮すること?
そうなんです!人によりそれぞれ違うのがモチベーションの種
先ずはそれを見つけそれを叶える為の行動をとりましょう!

・仲間が喜んでくれることの人は⇒お茶を入れることでもいいのでは
・自分の意見が上司に認められることの人は⇒何か斬新なアイディアを生み出してプレゼンしてもいいのでは
そう考えると自分の今行動することが見えます。

モチベーションが下がっている時人はほとんど行動が止まります。
思考もぐるぐる行ったり来たり
だから余計に動けなくなる!
 
先ずは目の前の自分のモチベーションが上がることをすぐにやってみることですビックリマーク
 
仕事以外のライフワークの時も一緒です。
家で煮詰まった時に家事が進まないと余計にイライラし焦ります。
あれもこれもしなくちゃと・・・

そういう時はまず好きな家事からします。イヤな家事はしなくてもいいくらい
私の場合は天気が良ければ布団を干すことです
虹
お日様をあび、空を見ているだけで気持ちが前向きになってきます。
なので何か張り切って家事をする時はまず布団干しから始めますニコニコ
 
モチベーションの維持は先ずは自分がやらなければならないことの
最小単位でやりたいことを見つけそこから行動することです。
いきなり大きなことからしようとしない!それに尽きます。
行動は行動の連鎖を生みます。
行動することで何か成果が見えると自分自身を認めて上げられます。
ぜひお試しくださいませ。

*************************
4月17日にモチベーションアップの集合研修がございます。
色々なワークを行いながら貴女が継続的にモチベーションが維持できる方法を
お持ち帰り頂きます。
お問合せはこちらへ

http://ys-effect.co.jp/contact/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)