蒼の三国志 ~赤龍威候の攻略ブログ~

コロプラのスマホゲーム、「蒼の三国志」をボチボチやりながら、ボチボチ更新するという、ボチボチなブログです(´・ω・`)


テーマ:
んもうねぇ、毎日毎日ぼっくらは鉄板のぉ~♪うえで焼かれて~♪


利根川さんになっちまいそうです(;´Д`)


仕事仕事仕事の毎日で、レーティングでタマタマ稼いでからギリで報酬受け取るような日々が続いております(-_-;)

ま、とはいえ、暇を作って例のチャレンジに何とかこぎつけました(^_^;)






これまで散々、限定武将では奥義昇格に失敗してきた記憶が脳裏をよぎります(-_-;)


まぁ、この諸葛亮さんをレベル100にする意味合いは極めて少ないと思うので、兎にも角にも奥義昇格だけ成功すりゃイイやっていう手法なわけです(~_~;)

奥義昇格さえ成功すれば、いずれ英霊をつぎ込めば真昇格出来るわけで、失敗したら二度と手に入らないから、とにかく可能性の高い方法を選ぶのは当然ですわなw


で、結果は・・・



ていうかさ、こんなんで失敗したらアオサンに見切りつけますってw










実際のところ、仙術陣で使えば奥義昇格の有無にかかわらず初弾1ポイントで奥義を撃てるだけれども、それでは面白くないですからw

だって、一呼吸で攻防大アップってば、正直なところ他の属国でも普通に使いたいですからねぇ(*´ω`*)


例えば、剣周瑜さん&呉仙術陣編成に入れたとして、通常なら3ポイントかかるところを2ポイントってことなら、普通に次の奥義にかかれるってわけでw


あ、そうそう、この二つの編成で、大きく違うところってすぐに解りますか?






構成武将が違うとかじゃなく、総大将奥義ね(~_~;)

かたや剣諸葛亮さんだと、開幕5ポイント貯まってて、やたらめったら奥義使い放題なんだけれど、実はこっちの編成の方が今回の諸葛亮さん編成より弱かったりするんですねぇ(-_-;)

だって、HP強大アップ付きで奥義ポイント3.75貯まってりゃ、上下の対戦でどちらが勝つかは自明の理なわけですw

実はそれに気付くまで時間がかかってしまい、総大将違いの他編成にボッコボコにされてたのはナイショですよw



さて、それとは別に、赤さん国の裏側では、密かに他の武将も昇格させられていました・・・。






仙鍛編成で0ポイント封印・・・( ´ノД`)コッソリ




それでも怖ぇえぞ滅錬術!(;´Д`)




では今夜はこの辺で(*´ω`*)シーユー
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「蒼の三国志」 の記事

テーマ:
今回は、割と赤さんの予想も当たってました、というか、まぁ普通に誰でも読めそうな内容でしたもんねぇ(-_-;)


そんな赤さんは、今月がボーナス月なのをいいことに、お小遣い全額投入という暴挙に出てみましたw

なんとボード1周半という廃課金ぶり(;´Д`)

これで結果が悪かったらもう引退も視野に入れねば(´・ω・`)



では、時系列でのご報告をしましょうか・・・。


新武将が発表されたあと、とりあえずお昼の12時まで待って、車内でえいや!



3回目で奥さんゲットw




おおおおおおおおおお奥さんっ(;´Д`)

この人は使い方が結構難しいけど、割とコマの揃ってる魏でならトリッキーに色々と使えると思います。

奥さんに限らず、封戦術は必勝パターンをキチンと決めておかないと、むしろ自分に反目になる奥義なのが特徴ですねぇ(´・ω・`)

知力系をアップするなら、賢知転攻馬で覇王秀舞の力を借りるとか必要かも?

もしくは肉弾系に攻撃奥義ってったって、魏だけを使うなら群舞止まりだし、ちょっと工夫が必要かも知れませんねぇ(-_-;)


で、その後ですぐもう一回おおおおおおお奥さまが!





同じコストだろうし、どうせなら司馬懿さん来てよう・・・(;´A`)


で、この辺で気分転換にってんで、蜀も仙術陣目当てに回してみようと思ったわけです。

時間はいつもの『おやつタイム』の15時過ぎ、場所は中国道のとあるPAでした・・・。


いやね?出る時ってのはとめどなく出るってのは聞いてましたが、まさかここでそういうことになるとは夢にも思ってませんでしたw







もうね、回せば毎回出るんですよ、諸葛亮さんww





ゲー出そうな光景・・・(;´Д`)





そんなわけで、ただいま頑張って武将昇格中なのです(´・ω・`)


とりあえず、出たぶんは置いといて、一気に5枚で奥義昇格狙おうかと画策しておりますw

1枚ずつ入れて賭けるのもアリなんですが、この人ってば自分の奥義で自分は傷付くだけで強化されないし、どうせレベル上げても攻撃力も知れてるので、LV80で奥義MAXならそれでいい人なんですよね(^_^;)




奥義範囲は4人入るので、いわゆる奮舞とかと同じってことですねw

てかさ、これって仙鍛とか仙術陣の編成に入れたら、奥義昇格アリ無しに関わらず初弾1ポイントなのねぇ(-_-;)

たったの1ポイント消費且つ1アクションで覇王奮舞と覇王鉄舞が同時に4人にかかるって・・・



月英さんと孫尚香さんの立場はどうなるっての!?(;´Д`)いやぁぁぁぁぁ!



この人って、そう思うとマジでぶっ壊れてると思います(-_-;)

しかも、体力の8割程度を失うだけで瀕死にすらならないわけで、いっそ体力減の効果っていらなくね?って思うぐらいですよw


奥義昇格の結果は、近日中にはご報告できると思いますよ(*´ω`*)



でまぁ、この辺りで召喚ptボードの1周手前まで来てたので、またもや魏に切り替えw


で、2回目を回した時に・・・






まさかの司馬懿さん2枚抜き(;´Д`)


出るときゃ出るよなぁ…(-_-;)


この人って、自分で知力アップ中枢を出しながら回復すらしてしまうという恐ろしい奥義を持ってて、何が恐ろしいかって、今回の限定武器を身に付けると賢知転攻効果によって倍プッシュで攻撃力が上がってしまうというバカげた能力の持ち主ですw

恐らくレベル100まで上げて周瑜さんとドツキ合いとかしたら、結構イイ線いきそうかも知れませんねぇ(~_~;)



とまぁ、肝心の仙術陣を持つ関興さんが来てくれないのよねぇ~(~_~;)

諸葛亮さんはあんなにポンポンと大根のたたき売りみたいに出たってのに、もしかしたら限定より格上だったりしてねww


で、昨夜、とある宴席の後で電車に揺られながら回すと・・・






もうこれで終わりって時に、ポンと出ましたよ(ノ´∀`*)








てか、やはり諸葛亮さんより上に・・・出難いわけだ(;´Д`)




さぁ~、これで全属国の仙鍛が揃ったのと同じなわけで、いよいよ蜀の編成を考えなきゃなりません・・・:(;゙゚'ω゚'):


その前に、このSSR達のレベル上げに専念しないと、LV1のままじゃ使えませんからねぇw


嬉しい結果だったけど、レベル上げどうしよう・・・的なガチャ結果でしたとさ(*´Д`)




とまぁ、まずはご報告まで!


ではまたお会いしましょう(*´ω`*)シーユー



AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
うぇいうぇいうぇーい( ゚Д゚)


またかまたか何代目やねん諸葛亮&司馬懿くぅ~ん(-_-;)






詳細を待てっ!







断るっ!( ゚Д゚)ドルァ!!



見ず知らずの他人に指図されるのはでぇっきらいだっ!コノヤロウバカヤロウ!


ということで、武将紹介なんかしないぜ?奥義を考えるんだってば!



折しもいま開催中の外伝は北伐にちなんだものなわけで、つまり諸葛亮VS司馬懿の逸話で一番有名な舞台といえばアレだ!五丈原之戰だっ!!


じゃあ、その五丈原ではどういうことがあったのかってことを考えながら、両雄の奥義がどんなものなのかを妄想してみようじゃないかと思うわけよ!(;´Д`)


こういうの考えるの超楽しいっ!楽しいじゃないかっ!( ゚Д゚)ドルァ!!


もう二度と当日まで奥義晒すんじゃねぇぞっw




さってっ、五丈原といえば有名なことわざで『死せる孔明、生ける仲達を走らす』ってのがありましたねぇ。


まずココから考えてみよう!

( ゚д゚)ウム



・・・。




ズバリ!孔明が死ぬっ!ヽ(°▽、°)ノ




そして、



司馬懿が走る!!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ







バカヤロウッ!(゚Д゚)


んなわけあるかぁい!まんまやがな、そのまんっま!(;´Д`)


奥義でもなぁんでもないっちゅーねん!w


ん?いや待てよ?


孔明が死ぬ、死んだらスゴイ効果で司馬懿さんも踊るわ走るわ引っ掻くわ・・・。


まず考えられるのは、超奇抜だけれども、諸葛亮さんの撤退によって残る武将がトンデモナク強くなったりするか、総大将の諸葛亮さんが撤退しても、影は生き残って『わっはっは、どこを見ている!こっちだ、私はここにいるぞふはははは』って、その効果で実はHP1で生き残るとかか・・・。

何が奇抜って、諸葛亮みたいな重要キャラを撤退させるとか、その一歩手前まで追い込んで得る力が、一体どんなモノか見たいと思わない!?えっ?思わないって?あっ、そう・・・(´・ω・`)

てか、イマイチかもね、それって・・・。馬謄さんとほぼカブるし、奥義として新しくないよねぇ・・。


ちなみに、去年の臥龍の奇策諸葛亮さんが予告された時、↑と同じような予想してハズしてるんで、今回もこれはナイと思うんですよw



まぁ、ネタは置いといて本音では、『天下の奇才』とか言って、相手方の知力・攻撃力・行動力を奪うとか、『臥龍の天命』とかいうので敵勢が一斉に自陣目がけて撤退し、しばらく行動不能になるとか、今回はどうも『行動制約型』の奥義じゃないかなぁって思うわけなんですよ(~_~;)


この世を去っても、司馬懿さんの『足止め』をした故事にならってw





で、足止めされた割に司馬懿さん、走る走るよひた走る~♪ってんで、いよいよトコトコ走る剣司馬懿の登場かぁ?w

五丈原においては、司馬懿さんがってわけじゃなく、指示を出してた曹叡さんが偉かったんだけど、とにかく持久戦に持ち込めって方針だったわけね?魏のやり方ってのがw

それを諸葛亮さんがカモーンポルポルくぅ~んって挑発しまくっておびき寄せようとするんだけど、とにかく突出しないで諸葛亮さんと愉快な仲間たちが疲れるのを待つわけです。遠征が長引けば厭戦気分も蔓延し、士気も下がるし、兵糧も尽きるし、とにかく戦闘を長引かせ続けます。


かくして思いもかけず、諸葛亮さんが天命を迎えこの世を去り、仕方なく蜀漢の軍勢はスゴスゴと撤退したってわけですねw


敵の補給線をどんどん伸ばして兵站を断つ戦法は、その後も歴史上多くの戦いで使われることになるんですが、まぁ、それは別のお話ってことでw


結論を言うと、つまりは、敵勢を近寄れなくするような奥義を使うんじゃないかって思うんです。

例えば、『狼顧の防柵』みたいな感じで、自分の周囲に相手は近寄れない中枢っぽいバリアを張るとか、総大将効果として自軍の陣がうんと硬く強力になるとか、そういう敵の猛攻をしのいで反撃のタイミングをはかるっぽい感じの奥義じゃないかと思うわけですよ(*´ω`*)


で、蜀、魏、ともにもう一人ずつ新武将が出ますね~(*´Д`)



蜀からは関興さんなわけで、他の属国の仙術陣武将と似たような立ち位置の人なので、恐らく蜀の仙術陣持ちではないかと思います。仙鍛術持ちの関羽さんの実子だし、ま、みんなそうだって思うよねw


魏からは、昔懐かしい張春華さんw

この人は司馬懿がこの世で唯一恐れる人物だったようで、天下の奇才ならぬ、天下の恐妻だったわけですね(ノ´∀`*)

そんな『ドヤ顔』のこの人は、相手が何か言ったらバーン!味方でもとやかく言うやつはバーン!と黙らす感じなので、『許都の封戦術』を搭載するような気がしますw



さぁ、予想が当たるかどうかは置いといて、明日の11:00には全てが明らかになります!



では今夜はこの辺で(*´ω`*)シースー
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
暑い暑い、蒸し暑いったら(;´Д`)

昨夜は昨夜で、一連の奥義封じ騒動に関するクソみてぇな意味のないメールのやり取りで深夜3時まで寝れず、おかげでこのクソ暑いなか寝不足で仕事せにゃならんかったわい(-_-;)

でも、使える奥義はドンドン使おうぜ!っていう人が圧倒的に多かったのには少し安心しましたけどねw


さて、そんな折、新しい外伝が始まりやしたぜw





予告の段階では関平さんとか?って思ってたけど、何かこのナリで姜維さんだそうでw


てかさぁ、蒼の三国志の姜維さんって、どいつもこいつも『イマイチ』じゃないですか?

かろうじて使えるのが錬奪のカードだけど、それにしたって夏侯氏さんのがユニットとしては優秀なわけで、ほんといつも陽の目を見ない武将だったりするんですよね~(-_-;)


姜維さんといえば、街亭で失敗して諸葛亮に『あぁん?失敗だぁ?キチンとおとしまえつけたらんかぃ、このクソガキゃぁぁぁぁ!!』ってブッ殺された馬謖の後釜で、『真面目で勤勉で、この諸葛亮を継げる唯一の人材!』ってことで執り立てられた人物ですな。

でも、諸葛亮とのファーストコンタクトは最悪なもので、出先で勝手に上司が姜維さんを色々と脅威に思うようになって、城に帰るときに『お前なんかどうせ蜀と内通してんだろ、どっか行っちゃえバーカバーカ!』って締め出され、『もーボクどこにも行くとこないの―!』ってことになって諸葛亮に降って配下となった経緯の持ち主です。


で、現代において、割と多くの人が『姜維ってスラっとしてて男前で、頭脳明晰明朗快活な軍師のイメージ』ってのを持ってるような気がしますw

んが、現実は違います。

どっちかというと、脳筋な感じの方が、赤さんのイメージとしてはピッタリですw


当時の諸葛亮は、兎にも角にも、『絶対に魏はやっつける!劉備さまの遺志は絶対!!』の一辺倒で、そのために北伐を繰り返してました。

おかげで軍事費で国内の財政は常に逼迫し、かといって北伐が成功するわけでなく、攻めては撤退しを繰り返す中やっと諸葛亮が病没することで北伐が中断され、国庫が潤ってきたな~って官吏が喜びだしたとたんに、『オレ、孔明さまの代わりに北伐やるっす!金くれっす!』とか言いだしたのが姜維さんなわけですな。

このあと、姜維さんは北伐北伐楽しい北伐♪とばかりに、来る日も来る日も戦に明け暮れる毎日を送っていました。


おかげで、蜀はいわゆる『財政破綻団体』になってしまい、ドンドン弱体化するわけです。





ちなみに赤さんは、現存する中では、この姜維さんが一番姜維さんらしいと思ってますw

やはり姜維さんには、肉弾系の出で立ちがよく似合います…(´ε`;)



何度目かの北伐を繰り返す中、魏に二人の英雄が現れます。


それが、鄧艾・鍾会さんのお二人なのです。

ミッターマイヤーとロイエンタールです(*´ω`*)


この2人の作戦で、鍾会さんが姜維さんを引きつけてる間に、鄧艾さん、まんまと蜀の首都を陥落させます。

こうして蜀漢は滅亡するわけですが、これで終わらないのが姜維さんw


鍾会さんを巧く巧くたらしこんで味方にし、内部から魏をやったるでぇってことになりますたw


もちろん鄧艾さんに途中で気付かれてしまい、鍾会さん・姜維さんは二人ともとっ捕まって処刑されてしまうってわけです。




そんな経緯もあってか、今回の外伝武将の姜維さん、悪くは無いけど、イマイチ使えそうにない、という印象を受けますねぇw


とにかく、いつかは『なんじゃこりゃああああ』ってな武将として、猛将召喚で出現して欲しいものですよw




…。

……。


あかん、眠気で意識がもうろうとしてきたw



では今夜はこの辺で(*´ω`*)シーユー
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
はいはいはい、前回の記事では、色んな意味で大いに盛り上がりましたw

『思ったことや感じたことを素直に書く』というこのブログのコンセプトには、非常にマッチした状況であると言えますねぇ(*´ω`*)


そんな中で、多くのレスをいただき、中でも一人の方の主張に大いに興味を引かれ、今夜の記事(おかず)にしようと思ったわけです。


~以下、原文ママ~


ブログ拝見しましたが、赤さん自身封印がダセェって言われる事を、すごく気にしてる様に思います。それは赤さん自身がやっぱり劣等感をどこかで抱いてるからではありませんか?出来る事ならば、本当は封印なしで戦いたいのでは??使いたくないけど課金額で使わざるを得ないと、言った方がベストではないでしょうか?
勝利のみ追求するのは構いませんが、ダセェと思う側を「微課金だから、みんな使うから、勝ちたいから、だからダセェと思わないでね」と、納得させるのは不可能だと思います。
理由述べたところで思う人は思うし、思わない人は思いません。
これを理由にレジェンドの方々を批判するのは絶対間違ってます。




とまぁ、この方は、この方なりに感じたことを書かれたわけです。

そしてその根底には、自分自身が理想として仰ぐ『レジェンド』とかいう人物をバカにされたと思い込み、その憤りを赤さんに伝えたかったものと思われます。


まず最初に言っておきたいことがあります。






どこのどいつか知らんが、赤さんの心を勝手に代弁するなってんだ!何様だてめぇ( ゚Д゚)ドルァ!!






だぁれが劣等感だってぇ?眠たいこと言ってんじゃねぇ!w

使うな使うなって周囲がヤカマシイから、使い辛いだけだわ、そんなもんだろが?人間なんて!

だからって、封印を中心に組み立てた戦術が一番性に合ってる赤さんが、何を思って本当は封印なしで戦いたいって?本当に心を通じたわけでもないのに、いちいち解った風な口をきくな!!


課金額に制限があるってのは確かだが、だからこそ、与えられた戦術的要素を全部使い切る中に、たまたま鬼迫という選択肢があったというだけの話じゃないかね?(`´)


必要があれば、何の躊躇いもなく罪悪感など微塵も感じずに、徹底的に封印して気迫して黙らせまくってやらぁ( ゚Д゚)ドルァ!!


そして、勝利のみを追求するのは構わんとか言いながら、本音でいえば、君自身が勝利のみを追求することを認めてなかろう?

じゃあ聞くが、勝利を追求する以外、一体何があるのかね?負けて嬉しいかね?勝ってこその戦闘ゲームなんじゃないのかね?かねかねかね????


奥義封じは、決まれば確かに強力だが、その半面でかわされたらおしまいで、対策の立てようはいくらでもあり、しかも5人という限られたカードのうちの1つをそこで削られるため、実質のところ5VS4の戦闘になってしかるべき編成なのだよ。

そりゃぁ、負けるわ負けるわ、対策されたら封印使ってもぜんぜん勝てないことなんかいっくらでもあらぁw


そっれをな~んの対策も打たずに負けるのは、戦術的というより、戦略的敗北であると言わざるを得ないとは思わんかい?

戦略的敗北って言葉が理解しづらいなら、もう少し解りやすく言ってあげよう。



戦う前にもう負けてるってことねw



そんな負け方したら、もう諦めるしかないでしょう?

赤さんだって、編成の相性で国力120ぐらいの人にボッコボコにされることがありますが、これも、とどのつまりは『戦略的敗北』なわけです。

それをダセェとか思ったことは無いし、思うこと自体おかしいと思います。


だってもうそれは、結果を反省するしかないからw


反省し、次の戦略に活かせば、次にその相手と出会ったときに圧勝出来るかもしれない。

勝つことが目的のゲームで、それ以外に何をするっていうのかね?君は!w


本題に入る前にもう1つだけ。



理由を述べたところで、思う人と思わない人は確かに双方出るさね?


だがね、思う人と思わない人の比率を変化させることは可能ではないかな?


赤さんは、何のためにここでこうして、一銭の得にもならない文章をセコセコ書いてるのか?

決まってる。思う人を思わない人より増やすためだ。

赤さんはどうあっても、『奥義は全部何もかも使い尽くせ派』なわけw

それをこうやってブログを通じて伝えようとするのは、一人でも二人でも多くの人に同意し、理解してもらい、本来の蒼の三国志というゲームの楽しさを理解して欲しいという考えからに他ならない。


そして、それに対抗したくば、赤さんの、赤さんによる赤さんのためのこのブログにセコセコブツブツと文句垂れてないで、自分でブログなり何なり書いて自分自身の主張でモノを言って人様に読んでもらう努力をセヨ!!


何の努力もせず、人の尻馬に乗り、文句だけ垂れ流し、曰く、『ボクのレジェンド様に無礼を働くな!』だとう?


ちゃんちゃらおかしくて、へそで茶ぁ沸かすわ!



とまぁ、前置きが長くなったが、今夜はその『レジェンド』って言葉に思うところあって記事にしようと思う。


赤さんにもその言葉の意味は解ります。あまり使う言葉ではないですけどねw


で、蒼の三国志において、レジェンドって言われてる人が幾人か存在することも知ってます。


でもね?赤さんには赤さんなりのレジェンドって言われるに値する人物に定義を持っています。

『そんなことお前が決めるな』とか言う人もいるでしょうが、だったらアンタは自分のレジェンド基準を持ってるから、赤さんにそう言いたいだけでしょ?って返しときますねw

思ってることは思ってることで、それを認める認めないは自分で決めりゃいい。



さって、どんどん進めようか!

まずレジェンドってのは、

①戦略で勝てる人。


だと思うんだわ。

確かに、課金額=強さっていう公式は成り立つかもしれないんだけど、お金かけまくろうがどうしようが、戦略性がゼロだと勝率は大幅に低下します。

確かな戦略を立て、完全無欠とはどういうモノなのかをきちんと理解してプレイする人ではないだろうかと思う。


次は、

②自慢しない。


ってのも大事だな。

例えば、同じように大金かけて限定武将を揃えまくり、奥義昇格MAXのレベル100ってのを周囲に公開するにせよ、片やどうだスゲェだろっていう自慢にしか見えず、片やこんな風になるんだよっていうお披露目として見えるかってのにスパッとわかれる。

具体には何故か判らないけど、たぶん、あり余る財力で余裕を持って武将を重ねてるか、青息吐息で必死こいて何とか上げてるかっていう違いなんじゃないかって思う。


また、

③禁じない。


ということだ。


自分自身に禁を設けず、楽しめる編成を多くの手持ち武将であれこれ試して遊ぶ。それでいて、どの編成もべらぼうに強い。

身近な人で赤さんが感心した人がいて、今流行りの封戦術って対策ないよねぇって会話の中、『むしろ勝てるチャンス』だって言うわけ。

その人は、超絶課金者で、どういう勝ち方なのかしらん?って教えてもらったら、なんと奥義昇格した鬼迫孫尚香なら、開幕で封印出来るから、何もさせずに勝てるよね、って。

役に立つから、手持ち武将を余さず使う。だってそれが楽しいから。楽しむためならタブー?何それ?って感覚を持てる人は、レジェンドだなぁって思う。



まだある。

④手本になる。


新しい武将が発表されるたび、いの一番に手に入れ、なお且つそれを使った編成で色々色々試しまくって、いち早く最適な編成を編み出し、それを見た人が、『何それ!?もしこの武将手に入れたら絶対こういう使い方するんだ!』ってなことをする。



最後に、

⑤束縛しない。


完璧なバックグラウンドを持ちながらも、いちいち他人に指図をせず、自分は自分であり、他人は他人である。百人いれば百人の、千人いれば千人の意見があり、みんながみんな、楽しみたいように楽しめばいいさ、と、誰はばからず言える人物である。


今のところ、ふっと思いつくのはこんなものだろうか?


ま、そんな人物、アオサンでそう多くはいないわなw
大概、どれかが欠けてるんで、そういう意味ではレジェンドとか言えるのは、ほんの一握りではないかと思う。




さて、前回のブログ記事では、重課金者の一部、あくまで一部の話をしたのに、何か尾ひれがついて、重課金者はダメとかいう話とすげ変えられそうになってました。


赤さんの周囲には、レジェンドとかそういう話とは無関係の、でも結構な額をいつも課金して、多くの限定武将を手に入れている方がいます。

でもその人は、もちろんレーティングで勝ちたいとかもあるんだろうけど、何よりアオサンの細かいグラフィックを気に入ってて、また、武将の美しい絵柄が大好きで、新しい奥義を使いたくて使いたくて、とにもかくにもメッチャ蒼の三国志が好きで好きでいっぱいいっぱい、でも生活の支障にならない程度の課金をうんとこするわけです。


課金というのは、本来そういう『すっごく好きだから、それにお金を払ってでも楽しみたい』ということの現れであり、誰のためでもなく、自分のためのモノなわけです。


その方は、お目当ての武将が手に入ると大いに喜び、手に入らないとすごく悲しそうにされています。

赤さんはその光景を、いつも微笑ましく拝見している一人です。


自分が欲しいから、自分が楽しいから、自分が嬉しいから課金をする。


自分が基点の人だから、ものすごく信頼出来る人なんです。だって前向きに自分に正直な人ですからねw


レジェンドって言える人ってば、そういう『自分が楽しくて仕方ないから蒼の三国志をやってるんだよ』って人の行きつくところなんだと思います。




これ以上上手くは言えませんが、それは他人に『こういう奥義は相手が嫌な思いをするから』なんて言う人と対極に位置するのだとも思います。


その言葉は、発した人物の意思とは関係無しに一人歩きをし、人から人に伝わり『強迫観念』となっていき、本来なら使って然るべき奥義を使い辛くしたり、今回のように人の持ち武将の奥義をあえて使わせないような発言をする愚かな考えを持った人を生みだすのです。

赤さんの定義では、そういうことを誰かれはばからず言ってしまう人は、いかに多くの武将をそろえようと、いかに強かろうと、いかに有名だろうと、単なる一課金者に過ぎません。




とまぁ、言いたい放題、書きたい放題してやったわw


本来、このブログはこういうことを書きたくて始めたんだっけか。


赤さん自身の思いのたけを、思い切りぶちまける。


見る側はそこを見ることができるが、見て不快になるかどうかなんて考えてたまるか!


エログロを載せるわけでなく、反社会的なことを書き綴るわけでもなく、ただ単に赤さんはこう思うってことを書いてるだけのことで、それが面白けりゃ見続けりゃいいし、面白くなけりゃ見なきゃいい、ただそれだけのことだと思う。


それに対する説教なんざ、赤さんは一切求めちゃいねぇ。


それに対抗したけりゃ、冒頭でも述べたように、自分で自分の時間を割いて、自分自身の言葉で、自分の考えを広く伝えようとする努力をするがよろしいのではないかい?



あ、そうそう、それとは別に、文章って楽しいんだぜ?思い通りのことを思った通りに書けるってのは、至福の時なわけw

一度、誰もかれもがいっぱい文章を書いてみてはいかがかな?

趣味としては、超オススメだぜぇ?w



わっはっは!ああスッキリしたw




では今夜はこの辺で(*´ω`*)シーユー
いいね!した人  |  コメント(42)  |  リブログ(0)

テーマ:
いんやぁ、最近暑くなってきたねぇ~(;´Д`)

しかも、日中忙しくてろくろくレーティングにうつつを抜かすことも出来なくて、せいぜいミニストップのハロハロ(白桃)をおやつにいただいたりするぐらいしか、気を抜ける時間が無かったりしますw

さて、そんな貴重なレーティングの時間にご意見をいただきました!

○○さん!(名無しの権兵衛)





まぁ、ボキャブラリに乏しいのは理解できますが、毎回毎回『クソ野郎』とかガキっぽくて見苦しいんで、『おウンチ大王』とか『大便太夫』とか、もうちょっとヒネってきて欲しいものです(ΦωΦ)フフフ…




ウンコマンとかでもいいぞっ!( ゚д゚)




それはさて置き、赤さんの主張を聞きたいとのことなので、せっかくだしお応えしとこうかと思いますw



その前に、赤さんをエラそうとか言うな。これでも少ねぇ時間割いて気ぃ使いつつ色々考えながら書いてんだ。

むしろ人の領域にズカズカと土足で入り込んで言いたいことぬかすテメぇが偉そうだわ。

人にモノ言う前に、もうちょっと礼儀を勉強してこいってんだわ。


あと、アオサンにゃせっかくメール機能が付いてんだ。ゲームの機能をフルに使えよな?
それとも、名を名乗って正々堂々と議論すると勝ち目が無いから、コソコソとブログの方に書き込んで一方的に歌ってやがるのかね?

これから言いたいことがあるなら、真正面から大声でぬかせ!( ゚Д゚)臆病者めっ!!




とまぁ、説教はこの辺にしておいてだね(*´ω`*)




まず、赤さんの考え方としては、段位ごとにふさわしい戦い方なんて存在するわきゃないってことね?どの段位にいようが、遊んでる人の遊びたいように遊ぶ方法があって、そんなの百人百色なわけよ。

それを一つの価値観で縛ろうとするのは、ユーザーに対する妨害行為に他ならないと思うのよねw

ちゃんと遊びたいように遊ばせろ、それだけが全てのゲームの唯一の価値だってことを、ちゃんと認識しとくれw


あと、いい機会だから言っとくね?こういうバカげた風潮(奥義封じは悪だとかね)を蔓延させてるのは、『奥義封じなんて面白くないから使わなーい』とか自慢げに言ってはばからない重課金の一部の方々、あなた方の責任もあるんだからね?

使う使わないは結構毛だらけ猫灰だらけ。個々のメソッドに文句なんて言うつもりもないんだけど、そういうことは周囲に自慢げに言わずに、ただ独りで実践してくれりゃよくないですか?

そういうことを大声で言われると、使う側からすりゃ、遠まわしに『奥義封じ使うなんてダセェ』って言われてるのと同じなわけ。

そりゃ一回のガチャにン十万円も使えりゃ、奥義封じなんか無くても勝てらぁ。んが、こちとら一万円が大金の庶民なわけ。奥義封じぐらい四の五の言わず使わせろってんだw

強くなるのは課金と同義なんだけど、強者だからってその価値観を下々にまで蔓延させるのは正直迷惑です。

少なくとも、今回の一件では、赤さんにも迷惑が及んでるわけで、これを読んでそういう覚えがあるって人はそこんとこを認識しといて下さいね?



あとコノヒト、五段の戦い方だとか言ってるけど、じゃあさ、五段の戦い方ってどういうものか列記してご覧?って言いたいね。

そもそも赤さん程度のザコが奥義を封じたぐらいで負けてるようじゃ、まったくもって大したことないわな。せいぜい四段からなかなか五段に行けませんって程度かな?

ちなみにね、封印する人、いっぱいいるよぉ~?五段w

君の言いたいことは、『そんなのレジェンドさんの戦い方じゃないだよ。』ってことなのかしら?それならまぁ理解できる。でも、赤さん程度では、そういう重課金者のカテゴリには入らないんですよw

でもね、五段って段位では、よほどの廃課金でもない限り、奥義ぐらい封じて当たり前、そこで下げて上げて輪っかかけて属性兵種何でも奥義ってのが、赤さんクラスのプレイヤーが五段で生き残る手段だと思うわけ。

ホンマに廃課金しとる人なんか、滅錬かましてこっちが何もできない状態で、仙術陣効果で0ポイントで山ほど奥義使って襲い掛かってくるわけ。

そんなもん、こっちが奥義封じられてるのと大差ないでしょ?ワンサイドゲームを展開するのが五段の定義の一つなら、奥義封じなんか可愛いものよ?w



で、イイ感じで前フリも出来たし、お次は課金についてだな。

まず、お金をかけてガチャしてる武将(原文ママ)って、当たり前じゃないですかい?

これはアオサンに限らず、現存する全てのソーシャルゲームにおいて、強くなることは課金することであるといっても過言ではないと思う。

それを我慢して楽しくオンラインしているなら、課金者に敵わないってことも我慢すべきじゃないか?

赤さんなんか大した課金者だとは思ってないけど、少なくともそういう課金者は蒼の三国志の売り上げに貢献することで、ゲームを存続させてるんだわ。

当然でしょ?全員が無課金で頑張ってごらんよ。


営利目的の企業が、そんなコンテンツを生かしておくわけがないw


よって、君が課金を我慢して楽しくオンライン出来るのは、もっと他を我慢して課金している多くの人のお陰であるということを少しは理解すべきだ。


で、そういう人をカモにしてるとか、そんなこと考えたこともないんだけどね?


むしろ、五段に上がるにゃそういう人と当たらない方がいいわけよ。だって、五段に上がるにゃマナーポイントが高い人と戦って勝たないといかんわけでねw


あと、赤さんはどこでもいつも言ってるんだけど、五段なんて成り行きでいるだけで、当たる連中は全員が猛者だし、数をこなせないからポイント稼げないし、本音はダイキライなのよw五段なんてとこw

でも、勝ち負けというレベルの話でいえば、赤さんは負けるのはもっと嫌なわけで、『勝ち負けなんかどうでもいい』なんて口が裂けても言えんわけw

つまり、誤解しないで欲しいのは、赤さんは一心不乱に遊んでたら、いつの間にか五段だった、ただそれだけのことで、戦う相手が課金を我慢してるかどうかなんてどうでもいいわけw

ひたすら目の前の戦いに勝つ、それが赤さんのアオサンに対する想いなので、勝てる戦い方で戦って、勝てばうれしい負けたらクヤシイ、ただそれだけなわけねw


で?なになに?みんなが封印ありきになったら?


とっくになっとるっちゅーの( ゚Д゚)ドルァ!!


ヒデェやつなんかは、2武将でダブル封印とかかけてくるし、他の全ての奥義も含め、誰しも自由に色んな武将や奥義を使ってフルで勝とうとしてるわけよ。

だからこそ、封印なんかものともしない武将が、最近どんどん出て来てるんだよ。

これからもドンドンそういうのが出てくるし、むしろそれを手に入れるのが『未来の蒼の三国志オンライン』の楽しみ方なんじゃないかしらん?

そういう新しいモノを書くことこそがブログの醍醐味であって、じゃあ、封印も含めて無課金・微課金の人が『こんなのナシやろ』っていう強力な奥義を持った武将については何も書けないんじゃ、それこそブログを書く意味なんて何も無くなるんじゃないの?w


で、そんな赤さんの一連の行動でアオサンのユーザーが減るなら、むしろ減るがイイと思う。てか、そんなコンテンツ滅んでしまうがよろしい。本懐である。


たかだか月に10万アクセス程度の小さなブログの影響でユーザーが減るなら、蒼の三国志ってのはそこまでのゲームだったってことになるからねぇ。そんな思い上がったことを考えれるような大したブログじゃございませんことよ?w


ま、ホンネで語るとこういう感じになりますね(*´ω`*)

とりあえず、文句があるならいつでも聞こう。

ただし、蒼の三国志のメール機能で、だw



ブログに書かれると、いちいちその記事書かなきゃならんし、めんどくせぇんだ、実際のところ!

もっとこう、『今日のカレーはシチューみたいで美味しかった』とか、『チョコフレーク牛丼味見つけたよ』みたいな、ほのぼのとしたこと書いてくれw



ったく、今夜は早く寝ようと思ってて、ブログなんかサボってやろうと思ってたのに大誤算だ。



やれやれだぜ(;´Д`)



では今夜はこの辺で(*´ω`*)シーユー♪
いいね!した人  |  コメント(53)  |  リブログ(0)

テーマ:
あぁもう忙しいったら!(;´Д`)

もうね、変にデカイ仕事がぽぽぽぽーんって取れちゃって、事後審査やら契約やらてんてこ舞い、さらに土日も休み無しという過酷な状況で、『運転→仕事→寝る』の毎日でした(´・ω・`)


ま、そんなん言いながらも、アオサンだけはキッチリちゃっかりやってましたけどねw

いつでもどこでもすぐ出来るのが、ソシャゲのイイところです(*´ω`*)


で、アレから月初めの1000個ガチャを含め、2個目のSS確定玉まで回しましたw

その結果は・・・?






赤さんにしてはかなり回した方です(-_-;)


まず、1000個ガチャ!






剣趙雲さんでしたw

最初はこの人が当たって喜んでたんだけどね?







もう一人出た…:(;゙゚'ω゚'):


いやね?悪くはないんだけど、普通にSSR1枚以上のガチャで出るんなら、44連回した意味無くね?w

てか、ちょっと限定出過ぎなのよ(;´Д`)


この後ですぐこんなの出ますしw





ミスターガガ(-_-;)

強いっぽいけど、まぁ使い方や同一編成の他の武将を思いっきり選ぶ漢武将だからねぇw

うん、まぁ使わんね(´・ω・`)


やっぱし欲しいのは孫尚香さんだったんだけど、さすがに出ないかって思ってて、最後に貰えた呉のSSR確定玉をカチ割ると・・・?








このタイミングで出た!ヽ(゚∀゚)ノ


叡滅持ちが一人は欲しかったのと、知力系豪傑クリエイターは外伝などで重宝すること請け合いなので、かなり嬉しい1枚でしたよ(*´ω`*)


ま、他の限定はオマケってことで、今回出た剣趙雲さんを、いままでほとんど使わなかったSR武将を進化させまくって英霊を増産し、ついにここまでたどり着きました(^_^;)






結果はどうかというと、






















てれれん、ててん♪(;´Д`)










うちじゃ限定武将の昇格は絶対に成功せんのかぃ!ヽ(`Д´#)ノ


前から言ってるんですが、以後ほぼ手に入らないような武将は、奥義昇格の時に何らかの救済措置をとっててもらわないと、一体全体限定って何なのさってことになるぞw

これで、剣諸葛亮さん、騎馬闘志趙雲さん、孤高剣趙雲さんに続き4人目の限定武将の奥義昇格失敗おっぱいです(-_-;)








おっぱいです(-_-;)











ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ











・・・。



まぁ、もうこれから呉一本でいくから、蜀武将なんかプーなんですけどね(-_-;)









ヽ(°▽、°)ノウシャシャシャシャ







・・・。


(結構ショック大吉だったのね、赤さん・・・。)


えっと・・・。

き・・気をとり直して・・・(;´Д`)




実は今回の新限定SSRが発表された裏には、『限定ではない』新武将たちが密かにではなく、おおっぴらに、あけすけに出現しておりましたとさw



まぁ、めんどくさいオッサンを呼ぶのもアレなんで、赤さんがさらりとした梅酒しゅしゅ



ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ



・・・解説しときます(-_-;)





まず、蜀からは孟達さん!





孫権に追い詰められた関羽に援軍を出さず、結果的に戦死させた揚句、その処罰を恐れ魏に走ったという人物らしい、敵も味方も封印よっっていう『封戦術』の使い手ですね(^_^;)

でっかい剣を振り回してるんで、剣兵かと思いきや槍兵種のようですw

この封戦術、漢の李傕さんと闘って嫌な思いをした人も沢山いると思いますが、上手く使うとこれほど鬱陶しい総大将奥義はありませんw

また、こっそりと付加されている陣奥義、『単賢陣』は、仙鍛諸葛亮さんに使ってくれと言わんばかりの奥義です。

ただでさえクソ忌々しい威力の臥龍旋風が、更に強力になるというこの陣奥義は、邪道中の邪道と言わざるを得ません。


だって、赤さんは仙鍛諸葛亮なんてもってないもーんヽ(`Д´)ノプンプン


くそう!爆発してしまえっ!!!w


てなわけで、『持つ人が持つと、トンデモナイ威力を発揮する奥義持ち』とだけ言っときますw




次は、曹休さーん!は~い、慌てない慌てない・・・。


それ、一休さんな・・・(-_-;)






この曹休さん、決して凡庸な武将ではなかったんですが、大きな敗北も何度か経験しており、その代表的なお相手が、後に説明する呉の朱桓さんだったりします。

とまぁ、そういうコンセプトでの登場のせいか、いまいちパッとしないイメージが強かったりしますw


というか、やっと決意の叱咤かよ!魏ってば、ほんっとに大アップに恵まれてませんよねぇw

じゃあ、次はそろそろ天賦の指揮ぃ?(;´Д`)


奥義昇格で8ポイントは同じとして、秘技覚醒では今さらの登場なのに2ポイントしか下がりません。

結局のところ、呉にゃ勝てねぇってことですな、曹休さん・・・(´・ω・`)

ま、朱桓さんにブッ殺されるところを、当の陸遜さんの決意の叱咤で救われた歴史もあるわけで、一歩及ばぬ仕様にされちゃってるのかも・・・?


ともあれ、防御大アップの欲しかった魏使いの方々には、かなり大幅な戦力増強となること請け合いではあります。

あと、単剛陣とかいう陣奥義も持ってるようですが、新騎馬夏侯淵さんみたいな総大将に添えれば、それなりに役には立つかもしれませんw





さ~て、と、くだんの朱桓さんですなぁ。





陸遜揮下の将で、勇猛果敢に敵を撃ち破り、配下には手厚く、主君には忠義を誓うという、まさに武将の鑑のような人物、と言いたいところだけど、プライド超高いのね、この人w

もうね、プライドを傷つけるような相手は、絶対ブッ殺す、追いかけてでもブッ殺す、刺す斬るブッ殺す的な、味方でも絶対に怒らせたくないような人物だったとあります。

それでもまぁ、有能な人物であったことに変わりはなく、そんじょそこらの奥義昇格しないような限定武将と比べりゃ、どっちが限定かわかんねえぞクソッタレっ、てな武将だと思うわけです。





超欲しい!(;´Д`)



限定じゃないから、いつかは手に入る~、ってなこと考えてる人もいるし、そりゃぁ回しまくってりゃいつかは出るでしょうが、コスト38ってことは、今後の限定武将が39以上にならなきゃ同列、つまり、いつまでも出現する限定武将みたいな位置取りで、今後も出難さは限定とほぼ同じと考えてイイかも知れません。


というわけで、呉のSR以上確定ガチャも5回だけって決めて回したところ・・・。











3回目でゲット!ヽ(゚∀゚)ノ


ツイてる時は、得てしてこんなもんですよねw






これで、剣周瑜さんを総大将にすれば、開幕5ポイントの仙鍛編成と、奥義を一発弾くという特性を持った、すっげぇイヤラシイ編成が出来あがるって寸法です(-_-;)

ただし、仙鍛孫権さんがいらなくなるかっていうとそうでもなくて、他属国の仙術陣を使う時には、やはり仙鍛は必要で、そこは上手く使い分けなきゃいけないってことになりますw


とりあえず、今後はしばらく呉ガチャさえ回してりゃイイ状況になりますかねぇ(´・ω・`)




とか言いながら、仙術陣は各属国のが欲しいわけで、次の曹節さんも赤さん的にはとっても魅力的に見えるわけですよ(´∀`*)








いやね?実のところ、この曹節さんが、今回の限定を含む全武将の中で一番の大当たりなんじゃないかって思うんですよ。

というのも、総大将奥義も通常奥義も揃って新しく画期的で、ましてや仙術陣まで持ってるだなんて、こんなもん限定以外に有り得んスペックでしょw

兵種が弓なので、そこだけは少し減点対象ですが、それでもなお、錬術使いが多くて、奥義ポイントはでかいけど強力な漢武将たちを束ねるには、今のところこれ以上の武将を思い付かないと言っておきましょう。

それと、今回の限定武将のミスターガガですが、この曹節さんと組ませたら肉弾戦において怖いモノなしとなること請け合いw

まさに、全員豪傑のラストバタリオンが速攻で完成しますw

つまり、今のうちに手に入れておけば、いつかは手に入るであろうこの仙術陣を合わせればガガさんが本当に限定らしい限定武将になるってことですw




朱桓さんが手に入ったのは超嬉しいんだけど、この曹節さんもほんとにほんとに欲しかったりします。

そんな中途半端なこと言ってるから、いつまで経っても強くなりきれないんですけどねw



ふう、久々の更新だったので、ちょっと長文になってしまいました。

もうチョイ短くてもイイから、まめに更新できるようにしたいものですね~(´・ω・`)


では今夜はこの辺で(*´ω`*)シーユー♪
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
飽きもせずに、毎月毎月よくもまぁ新武将を出し続けるものよねぇ(^_^;)

とりあえず、今回も先生、お願いします!w


 ちょっとちょっと、赤さんさぁ、アンタ、今回はイイのがいるじゃないのさぁ。



ま、とりあえず、評価してみましょうかしらねぇ。






今回の新武将は、4国それぞれに一人ずつってことね。


まず、大ハズレってのはいなさそうよ!44連でも安心できるクオリティかしらねぇ(*´ω`*)


さて、最初は、俄何焼戈(がかしょうか)さんね。






正直言うとね、アタシはブサイクなの苦手なのよ・・・。

てか、俄何焼戈って誰よ!?ってことになるわよねぇ、普通w


アタシの記憶によれば、俄何ってのと焼戈ってのがそれぞれ別人物として存在してたはずなんだけれど、演義で合体超人バロムワンにされちゃって、姜維ちゃんが諸葛亮くんの遺志を継いで北伐しまくってた頃の野蛮人ってことにされてるわね。

ま、騙されて落とし穴に落とされた揚句に処刑されちゃったという、素直すぎるこの人は、アオサンでも例外なく素直極まりなくて、バカ正直に突っ込んで大暴れした揚句に自爆するというトンデモナイ子ちゃんにされちゃってるのw


ま、HP&攻撃力アップに鍛術もついてて、一見お得にも見えるんだけれど、仙鍛あっての漢編成には3.75ポイントなんて焼け石に水なわけだし、総大将には向いてるとは言い難いわね。

漢の自爆要員としてなら、騎馬で足も速いことだし、ある程度なら役立つかもしれないわねw





お次はこのコ、ショコたんねw





うん、知力系の豪傑を3名作れるってのはいいわねw

赤さんとこの剣周瑜さん、機動孫権さんなんかにかけると、外伝ではソコソコ役立つかもねぇ。

でもさ、奥義の叡滅は追いかけてナンボの技なわけで、かけましたわ逃げられましたわでは全く意味のない奥義になりそうよねぇ。

ま、投石でピヨったら、ちょっとヤバいかも知れないけど、せいぜいが10秒間だけ敵を遠ざけるだけの奥義になるかもねぇ。

ただし、機動兵同士の接近戦になら使えなくもないと思うわ!





さぁ、時間もないことだし次よ次!





賈詡さんにしては、なかなか面白いタイプでの出現だと思うわ!

総大将奥義は、機動周姫ちゃんと同じ感じなわけだけど、これは本人の兵種が弓兵なだけに、直接的に役立つことはないかもねぇ。

でも、奥義を使えば面白いわよ。範囲は進化騎馬張遼さんとほぼ同じぐらいで、特大ダメージの属性奥義だから、自分で自分の行動を後押しするっていう『優れた武将の鉄則』は守られてると言えるわね。


でもね、さっきも言ったけど、この人って弓兵なわけで、強力な奥義を持ってても、イマイチ活躍の場に困るかも知れないわよねぇ。

移動は4だけれど、やっぱし騎馬とかに比べたら止まってるようなものだし、打たれ弱いし、決め手に欠くのが残念かも?

それと、こないだ出たばっかしの仙術陣を持ってなければ、所詮この人もただの鍛術持ちになっちゃうわけで、その特性を活かせないかも知れないわねぇ。


赤さん、アンタは仙術陣の楽進さんを持ってるんだし、この人を手に入れたら面白いかもしれないわよぅ?w

えっ?んな都合良く行くかいって?wもっともよね、とっとと諦めなさいw(←ひでぇw)





さって最後ね、趙雲さんさん!





ちょっとアンタ、この人の奥義使ってみたぁ?


ダメージデカ過ぎんのよっ!オーバーキルもイイところだわ!!( ゚Д゚)ドルァ!!

敵を倒すのには、せいぜい4~5万もダメージを与えりゃいいわけで、誰が20万も喰らう必要があるってのよ!バッラバラになっちまうわよ、まったく・・・。

豪傑系としては重宝するかも知れないけど、いかんせんCTがねぇ・・長いのよ(-_-;)

赤さん、アンタの苦手な滅錬術に対抗するにはイイかも知れないけど、それ以外の使い道は限られて来るかも知れないわねぇw


ま、どの武将が来るにせよ、色々と楽しめそうなのは確実よねぇw

んじゃ、あとは頼んだわよぉ~!しゃっらば~いε≡≡ヘ( ´Д`)ノ




・・・。

(なんだよ、しゃっらば~いってw)



ま、赤さんは今回は回しますよ!とりあえず、武器までは回すつもり!

そこで何も来なけりゃ運の尽きってことだけど、そのお話はまた今度(~_~;)


では今夜はこの辺で(*´ω`*)シーユー
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ついにっ!!ついにこのアップデートが来ましたね!w





これで、プレボの機能がかなり改善されましたよ(*´ω`*)


今のところは、国力200以上から始まり、今回が赤さんを含む190代、その後、続々とアップデートされていくようです。

しかし、なぜに国力の高い順なんだろう?全部一気にやっちまえばいいのになぁって思いましたが、まぁ色々と大人の事情があるってことなんでしょうねぇ( ゚ ρ ゚ )


とりあえず、Wi-Fi環境でのアップデートをお勧めします。

連合の人が言ってましたが、『恐らくプレボに入ってるものが多い方が時間がかかるんじゃないかな?』ってことで、赤さんもそれが道理だと思ってます。

アップデートが可能になってから『その他』タブの『設定』に入ると、下の方にあるボタンが押せるようになってるので、ポチっと押しましょうw


そうすると警告のポップアップが出て、実行するとしばらくはアオサンが出来ません。








長い人で4G回線で2時間、短い人で30分弱ってとこでしょうか?

くれぐれも、携帯のパケットが定量の人は、Wi-Fi環境で進めた方がいいと思います。

長時間のアプデってことは、それだけ消費するパケット量も大きいと思われるので、使わなくて済むなら使わない方がいいと思うモノで・・・(ドケチ?w)


で、終了っと(*´ω`*)






アップデート後は、プレボの選択画面がこんな風になります。





武将に関しては、レアリティ・属国・兵種・入手の新旧が選択可能となり、武器に関しては属国・兵種・入手の新旧の選択が可能となります。

これが超便利(ノ´∀`*)

特に、進化獣や秘鳥なんかは、いままでちょっと放置しただけでプレボの上から下まで探す羽目に陥ってましたが、これからは一発デストロイ!w





属国武将も、舞姫とか探しやすかったり、奥義昇格や武将昇格のネタなんかもすぐに解るようになって助かります。


しっかし、よっぽどこの改良ってば手間がかかったんだろうねぇ(-_-;)

だって、アオサンが配信開始してからすぐに問題視されてたのに、2年以上経ってからやっとこさアップデートされたわけで、まぁ~大変だったんだと思います(思っときましょうねw)


何にせよ、御贔屓のゲームで操作性が良くなるのはいいことで、特に赤さんみたいな貧乏ヒマ無しな人にとっては、プレボの中を捜しまくるなんて無駄な行為をしなくていいのは大助かりです(*´Д`)




さぁ、お次は『逃げるボタン』を作っとくれ!( ゚Д゚)ドルァ!!




では今夜はこの辺で(*´ω`*)シーユー♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この話題は以前にも書いたんだけど、最近になって更にひどくなったと思います(-_-;)

赤さんは日中お仕事で、休憩時間とか外出中の空いた時間に細々とレーティングをやったり、深夜は眠い目をこすりながら、本当は寝ないといけないのを後回しにして龍玉を稼いだりしてるんですが、ただでさえ五段で過疎っててなかなかマッチングしないので、対戦相手が来たらキタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!って喜んだりしてますw



その矢先にコレですわw








・・・。



・・・・・・。







って心の中で叫んでますとも(;´Д`)


多い日にゃ、一日に30人以上から逃げられたりします(´・ω・`)

言っときますが、赤さんはその辺のレジェンダリーな人達に比べると、わりと弱者の部類に入ると自負していますが、それですらコレです。超課金者の方々なんかだと、もっと逃げまくられるんじゃないでしょうか?


これね、正直な話メッチャ時間の無駄です(´・ω・`)

普通に落ちるだけならまだしも、引き延ばすだけ引き延ばしてから『プチっ』と切られますw

てか、そんなに負けるの嫌なら戦わなきゃいいのに・・・。ってマジで思ったりすることもありますよw


だけど、回線切りする側にも言い分はあるんでしょう。



『貴様らに戦う権利があるのと等量に、我々にも戦わない権利があるのダッ!!』



・・・。



(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン


・・・・・・。



(心の声:いや、戦うゲームでしょ?アオサンって・・・。戦わないんならレーティングに立ち入ったらダメなんじゃ・・・?)




でね?今日はお友達の勝さんが言うのよ、他のゲームにはこんな機能あるよって・・・。



『ネットワークが切れたりして対戦不能になると、AIがあなたの代わりに代打ちするよ。対戦が終わるまでバトル出来ないので注意してね。』




イイねイイねヽ(゚∀゚)ノ




運営さん!こういう機能を付けないと、回線切りして不正にレーティングで高順位になれたりするわけで、なお且つその影では、時間が無い中レーティングをやりたくても、逃げに逃げまくられてイライライライライライライライライラしてる人も沢山出てくるんだってば、わかりるか??


三十六計逃げるに如かずという言葉がありますが、そんなもんアオサンに必要ないと思うんですだってゲームなんだし面白くないとゲームじゃないんだし!!w


そんなに落ちてまで逃げたい人がいっぱいいて、もし逃げられなくしたら過疎化に拍車がかかるじゃないかってんなら、前にも書いた通り『逃げるボタン』をさっさと作りやがれ!



で、逃げずに回線落ちを3回続けたら、何の前触れもなく限定武将がいなくなったり、限定武器がなくなったりするとイイと思うよ!戦わないなら必要ないじゃん(*´ω`*)




念のため言っときますが、回線落ちしてでも逃げたいって人を責めてるわけじゃござんせん、ただ、その裏には逃げられまくって不便してる人もいるんだよ、運営さん何とかしなさいね、ってお話でした(*´Д`)



では今夜はこの辺で(*´ω`*)シーユー
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。