カンテサンス

テーマ:

こんにちはヒヨコ


先日、今最もホットなフレンチレストランの

1つであるキラキラカンテサンスキラキラを再訪。

ゆっくりランチを楽しみました。


ミシュランで三ツ星を獲得してからは

予約が取り辛くなってしまいましたが・・・

だからこそ、訪れるときの期待度は増幅。

意気揚々と入店しましたぶーぶー



ここで供されるメニューは・・・
Azusa’s Gourmet Diary
「Menu carte blanche 白紙のメニュー


同店では最高の状態で料理を供するための

素材管理を徹底するべく、すべて完全な

お任せコースとなっているのです。


「プロデュイ(素材)」「キュイソン(火の入れ方)」

そして「アセゾネ(味付け)」のプロセスに

徹底的にこだわったお料理の数々は、いついただいても

斬新で、常に新たな発見や感動をもたらしてくれます目


そんな、岸田シェフならではの

洗練されたお任せコースを今回も

十二分に満喫しました。


それでは今回いただいたお料理を

順にご紹介させていただきますねえんぴつ


まずはシャンパーニュで乾杯
Azusa’s Gourmet Diary

昼からいただくこの一杯がたまりません音符


花じゃがいもの透明なスープ フォアグラ花
Azusa’s Gourmet Diary

「インカの目覚め」と新じゃがを煮詰めて

エキスだけを抽出したという、シンプルながら斬新な

スープ。フォアグラとあわせて更にリッチな味わいに。

その凝縮された滋味深い旨みに感動です!


花塩とオリーブ油が主役 山羊乳のバヴァロワ花
Azusa’s Gourmet Diary
ちょっと写真が暗くなってしまいましたが・・・

こちらは同店のスペシャリテのひとつ。


使用しているのは、Mille et Une Huiles

fruite vertというオリーブオイルとゲランドの塩。

あくまでもオリーブオイルと塩が主役のスペシャルな

一品です。山羊乳のなめらかで奥深い味わいが、

塩とオイルの繊細な旨みを見事にひき出してくれるのです。


↓こちらがそのオリーブオイル
Azusa’s Gourmet Diary

プレスをせず、フリーランの部分のみを

使っているという、贅沢なオイルです。


花ポロ葱のエテュヴェとエイヒレのポッシェ花
Azusa’s Gourmet Diary

すべて軟骨を処理したエイにあわせているのは

マリネしたポロ葱&アヴォカド。その2層が

見事に融合して、上品なエイヒレを更に味わい

深いものへ進化させてくれます。彩りも美しいですね。


白ワインは仏サンセールを。
Azusa’s Gourmet Diary

森林のような、青々としたソーヴィニヨンブランの

香りが前菜ともマッチ。


花螺鈿のように焼いた石鯛花
Azusa’s Gourmet Diary

イシダイを切り身では焼かず、三枚におろした

ものを丸ごと焼いていき、断面には決して

直火をあてないのだそう。その細やかな作業を

考えると気が遠くなりそう・・・。蛤にサフラン、雲丹を

ベースにしたブイヤベースソースでその絶妙な加減

を楽しみます。付け合せのインゲンもシャキシャキ

して美味でした。


合わせていただいたのはコルシカ島の

白ワイン、Domaine Comte Abbatucci Blanc。
Azusa’s Gourmet Diary
その独特な風味がブイヤベースソースの香り

と相性よし。初めていただく味わいでした。


花佐賀県産酵素ポークの3時間ロースト花
Azusa’s Gourmet Diary

コチラの酵素ポーク、ビフィズス菌をたっぷり

摂って育った上質な豚です。1~2分焼いて

から休憩、という作業を繰り返し、この見事な

ロースト加減を再現させるそう。玉葱のソースに

混ざった落花生の仄かな香りと味わいが最高。


お肉に合わせていただいたのがこちら、

コート・ド・プロヴァンスの「NOWAT」。

エチケットに描かれたトンボがかわいいですねラブラブ
Azusa’s Gourmet Diary
こちら、その名のとおり、ワイン造りの過程で電気を

一切使わないという、徹底した作り手のこだわり

ワインワイン手積み収穫なのはもちろん、破砕や

圧搾、熟成、瓶詰にいたるまで全て人の手で

行われるそう。手間と時間をかけたこだわりの

酵素ポークとの相性が良い所以ですねきゃー



そして、デザートに移行です。

花ココナッツのクリーム

      ピスタチオオイルとエスプレッソ花
Azusa’s Gourmet Diary

ココナッツクリームの甘みにピスタチオオイルの

コクとエスプレッソの苦味が加わり、絶妙。

その滑らかで複雑な味わいはクセになりそう。



花メレンゲのアイスクリーム花
Azusa’s Gourmet Diary

アイスクリームは、海水を煮詰めて5倍の濃度

にしたソースでコーティングされています。

アイスクリームの甘みを海水の塩味が見事に

ひきたててくれるのです。



フレッシュハーブティーで一息。
Azusa’s Gourmet Diary
いやはや、今回も大満喫。

すべて食べ終えた時には感無量の思いです。


丁寧で無駄のないサービスも素晴らしく、

やはり素敵なお店だと再認識しましたラブラブ



キラキラご一緒したみおちゃん&りえちゃんキラキラ


キラキラ私(ほろ酔い)&よしのちゃんキラキラ

みんな美味しいものに貪欲なので、一緒にグルメ

ツアーをするのが楽しくてたまりません~きゃ



またちゃっかり再来月に予約をしてしまいました。

今からとっても楽しみですアップ




今回も素敵な時間をありがとうクマ




shop informationメモ

レストラン カンテサンス

港区白金台5-4-7 バルビゾン25 1F

03-5791-3715


※店内での撮影について※

同店では個室のみ写真撮影がOK

(但し、フラッシュ&音はNG)

なのでお写真を撮りたい方は個室での

予約をオススメします






コメント(3)