日時:平成27年5月23日(土) 、参加者:17人
主催:非営利活動法人ホタルのふるさと瀬上沢基金
講師:CHIKAさん


9時30分にJR港南台集合。
当日になって参加の方と一緒に横浜栄高校へ出発。
横浜栄高校で残りの方と合流。
ここで、簡単に「瀬上沢の緑地」の開発計画があることと、この地域の特徴を説明して、挨拶に変え、講師のCHIKAさんを紹介しました。


トイレタイムの後、10時ころ大丸広場に向け出発です。
瀬上沢に沿って遡上し瀬上池を越え急な階段を登って目的地に到着しました。
この間、参加者の皆さんは、道すがらあっちを見こっちを見で結構のんびり長い列に伸びて歩きました。
お天気もよく、森の中の道は爽やかです。


大丸広場についたら、CHIKAさんが「私を見えるように周りに座って」と指示を出します。
みなさん、マットを抱えていた人はそれをひろげ、手に持っていなかった人はバックパックから取り出し、CHIKAさんを中心にと扇状に敷きました。


最初は仰向けに寝てゆっくり休みます。
それからいろいろなポーズをやったのですがよく覚えていません。

結構体が柔らかくないとできないポーズもいくつかありました。


自然の中で仰向けになって休んでいるときは、眼に映る空の動き木の様子、聞こえてくる鳥の声、草の香りをかいで、非常に心地よかったです。

呼吸法もやりました。
ゆっくり吸って、倍の時間で吐き出す。
これをすると、胸いっぱいに空気が入り、吐くと空っぽになります。


木のポーズは楽しいものでした。
私はうまくできなかったのですが、みんなで輪になって、手をつなぎ、一緒に上げたり下げたりします。
手をつなぐと支え合えるのです。
「手をつなごう」の意味がわかります。


私は、3歳の柚来ちゃんと手をつなぎました。
難しかったけど力をもらえて楽しかったです。

そのあとゆっくり休憩したのですが、そのときは時間ってなんだろうとぼんやり思っていました。
終わった時は2時間ほど経っていましたが、良い空気、自然に囲まれ、あっという間に過ぎました。

最後に、みんなで記念の集合写真を取り、感想をいただきました。

みなさんが、自然の中でのヨーガは大変良かったとのことです。
やっぱり自然は貴重なのですね。
私たちは自然とは切り離せないのです。
近くの方で、このような緑地があることを存じない方もいました。

天気もよくCHIKAさんの指導も分かり易く大変良かったです。
その後、現地解散で帰途につきました。

後でCHIKAさんに、行ったポーズの名前を教えていただきました。
一部ですけど、挙げておきます。

チャイルドポーズ、屍のポーズ、バッタのポーズ、カエルのポーズ、橋のポーズ、木のポーズ、コブラのポーズ、ねじりのポーズ、橋のポーズ、鋤のポーズなどです。
ストレッチに取り入れられているのもあります。

この日の体験を通じて瀬上沢の素晴らしさがが多くの人に伝わることを期待しています。


その他の画像はこちら(※google+へ遷移します)

皆さんの撮影した瀬上沢の写真を募集しています。(せがみりょく発見プロジェクト)
みんなの瀬上沢アルバム
詳しくはこちら
AD