2014-06-29 15:04:20

宮本氏: 任天堂はそれ自身が一つのゲームのジャンル

テーマ:ゲーム業界
宮本神がE3でのインタビューで:

「任天堂は、ゲーム業界全体の一つの単純な要素ではありません。私は本当にそう思うのですが、任天堂というジャンルが必要とされているのです。それ自体がジャンルだというのに近い。

「私がシリアスなストーリーが嫌いだとか、そういった作品が作れないといったことではないのです。ですが、今日のゲーム業界には数多くのゲームデザイナがいて、自分たちのゲームをあくまでクールに見せようと懸命に努力しています。

「任天堂にいる私たちの多くには、何がクールなのかを決めるのは難しいことなのです。実際、私たちにとっては自分を笑うことのほうが遥かに簡単です。俳優のようなものなんですね。私たちの演技とはそういった可笑しさ、ヘンなこと、おっちょこちょい、そうしたものを作りだすことにあるのです。


NS: nintendoenthusiast  Miyamoto: Nintendo Is its Own Genre



みらい的コメント:


「任天堂にいる私たちの多くには、何がクールなのかを決めるのは難しい」というのは極めて興味深いコメント。任天堂作品の本質に迫る発言だ。


AD
いいね!した人  |  コメント(55)  |  リブログ(0)

みらいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

55 ■無題

>KKDさん
何も知らないなら黙ってた方がいいよ

54 ■無題

ここの住人のアンチ任天堂も宗教じみてるだろ
ハブられてるという事実を指摘しながら
なおかつ、サブられながらもいゲーム業界の足ひっぱてるって発想が凄い

53 ■Re:無題

>ミヤホンファンさん

じゃあ洋ゲーを人殺しゲーだとか言ってた任天堂は今後海外サードからソフト出してもらう権利ないですね

あっゴメン、もうはぶられてたわ

52 ■無題

DLCがどうとかオンラインがどうとかエンターテイメント機能がどうとかでPSを批判してた人たちは、いますぐ手元にある任天堂ゲーム及びハードを窓から投げ捨てろってことか。

51 ■無題

何その買いたくなるようなことになる前提は
何にしろガキじゃないんだし買う買わないは自分で決められる

大体任天堂が叩かれているのは自分達が卑下している作る気は毛頭ないジャンルにちょっかい
出してるからで任天堂という枠に閉じこもっているなら誰も関心さえ示さないよ

50 ■無題

ならお前ら今後任天堂ソフト絶対買うなよ?
叩く奴に遊ぶ権利ねーから

49 ■無題

つかSFC時代まで前金制とかサードに負担強いていたとこが開発費高騰とか言い出すのがおかしいわけで

ドンパチゲーがどうとかもそうだけど、結局はサードに逃げられたから酸っぱいブドウし始めただけでしょ

48 ■無題

開発費の高騰を憂いミニゲームばっかだけにした結果が今のスマホに持って言ったと思うね
ゲームは陳腐なぼったくり商品てイメージを決定づけちゃったからね
すべてのゲームが重厚長大な大作である必要はないけど、そういうゲーム批判ばかりして否定してぼったくりミニゲームが正義ってやっちゃったからね
ある意味自業自得なんだけど、業界全体の足まで引っ張ったからたちが悪いんだよね

47 ■無題

何がクールか決めるのは難しい
でも決めるのは俺達だってところが任天堂の今までのやり方
そのニンテンドウの考えるクール、正しいゲームの押し付けが通用しなくなっただけだよ
競争をさけて隙間から新規需要を取っていくってのもコモディティデバイスの拡張でやられたし
コアを守ろにも競争避けた結果コアに受ける機械を作ってないので厳しい

任天堂の巨体を滑りこませてくれる隙間はどこかに存在するのだろうか?

46 ■無題

そうやな、情弱を騙してぼったくるためのジャンルやな
そういう層には必要かもしらんが情強には必要とされてないよ
そして任天堂を必要としない層こそ数は少ないがゲームを
ほんとうによく買う客、豚キムはそういう層に唾を吐き続けるから
本当に任天堂にとって有害極まりないんだ
だから任天堂は豚キムって信者をとことん排除する必要があるけど
まぁ何もしないだろうな、まぁ今さら何しても任天堂は生き返らないけどさ

45 ■御託を並べる前に作ってみろ

以前も「やればできるけどやらないだけ」と嘯いていたが
そんなものは負け犬の遠吠えと同じ
実際にシリアスなゲームを作ってから言え

そもそもマンネリゲームですらまともに作れていないではないか

44 ■無題

パクリ天堂クッソださ

43 ■いつも楽しく拝見しております

任天堂は二つの制作体制を持つべきだったと思う。
一つは従来どうり、宮本さん指揮下のチーム群。
もうひとつは、宮本さんが一切口出しできないチーム群。
宮本さんは偉大だが、任天堂は自社ハードを自社のタイトルだけで売らないといけない以上、全ゲーマーをターゲットにしないといけない。
全てのタイトルが一人の人間の意見に左右されてはそれは実現しない。

スティールダイバーなんて、途中まではアクション性が高かったのに、宮本さんの駄目出しでゲームスピードダウン&慣性増加のイライラ棒ゲーになってしまったらしいし。

42 ■無題

E3で任天堂が目立てた、異彩に見えたのはあまりにもサードにハブられ過ぎて
大手サードのお馴染みシリーズや人気ジャンルのPV群に埋もれなかったというだけでしょ。

41 ■無題

なんとなくわかる気がする。
この間のE3でゼルダのオーブンワールドが発表された時、他のハードのオーブンワールドのゲームとは比較せず、あくまで「ゼルダ」というタイトルでそれが行われることに評価されていたように思います。
ポケモンがフルポリゴン化した時も、すでにその頃フルポリゴンのRPGが当たり前に出ていたのに、その程度のことで評価されてしまっていました。
もう他社から遅れることに慣れてしまってるのでしょう。そして「ジャンル任天堂」だから許されてきたんでしょうね。独立したジャンルであれば他社との比較相手にはなりませんから。
そう考えるとドラクエはとても任天堂的なソフトと言えます。
任天堂も比較対象に含めてしまう人とそうでない人では意見が合わないのも当然ですね。

40 ■無題

>>39
それは任天堂というジャンルというより
もはや任天堂という宗教ですね

39 ■無題

任天堂って名前が付くだけで持ち上げる人達が結構いますからねぇ
確かに任天堂ってジャンルはあるのかも

38 ■Re:無題

>とくめいさん
株主総会でも一ファンとして任天堂は凄いって語ってた人がいたそうですよ。
世の中の大半の人はそうは思わないから今の状況ってのが残念ですけど。

任天堂には金も時間もたんまりあった筈ですし、才能豊かなスタッフも大勢いる筈なんですけどね。
期待が大きいだけに、出来たりやってることが辛いんですよ。
アンパサとしては…

37 ■無題

任天堂は、ゲーム業界全体の一つの単純な要素ではありません。私は本当にそう思うのですが、任天堂というジャンルが必要とされているのです。それ自体がジャンルだというのに近い。


何の事は無い。
任天堂に様々なジャンルを受け入れる素地がない。
だから自らを様々なジャンルの一つとして認識し、様々なジャンルを包括すべきプラットフォーマーとしての努力を放棄して、プラットフォーマーとしての資格がないことを露呈している。
ゲームの発展も自らの視点のみで、それに従わないものには前世代にも劣る環境しか用意しない。
3DSやWiiUは、新要素の3Dやタブコンを使わなければ前世代機に劣る性能でしかない。

36 ■無題

>>33
あぁそうじゃああなたがそう思ったならそれでいいんじゃないですかね
少なくとも僕には異彩を放って見えましたが
インディーゲームもなかなか面白そうなものが揃ってたのは確かですけど

まぁ宮本氏もメディアにそこの部分評価されたと語っていますし思ったのは僕だけじゃないみたいですが
まぁあなたがそう思ったのなら僕は肯定もしませんし別に否定もしませんが

35 ■無題

自分に酔ってるだけ

34 ■無題

いい歳して選民意識とか宗教臭いですねぇ

33 ■無題

>とくめいさん

異彩を放っていた?
異質な場違い感ばかりで、インディのほうがよっぽどユニークに見えましたよ。

32 ■ジャンルと言うより

枠じゃないですか?
任天堂『枠』
フレーム、子供が安心も制限で『枠』
『粋』じゃないですよね。点二つ抜けてるし
さながら、技術と意欲が足らない感じ

31 ■無題

任天堂が独自性にこだわってんのはいいんだけど、
業界研究を怠って他社が出来て当たり前のことができないのはいただけないかな

30 ■無題

任天堂が一つのジャンルなのは事実かなと思う面もあるので、猶更ソフトのみに転向するべき。
HDの開発に入ってもはや任天堂の技術力でまともなハードは作れないのだから、PS4を中心にした政策に切り替えるべきなんですよ。

無駄にハードにこだわっても何にもいい結果は生まないでしょうね。

29 ■無題

任天堂の目指すゲームは一言でいうなら「ユニーク」
あっちの会社がこんなゲームを出したとか今世間ではこういうゲームが流行っているとか
そういうのに流されずに自分たちのオリジナリティを保持していたいそういう気持ちも分かるよ?
実際今年のE3で各社同じようなゲームが並ぶ中で一社だけ異彩を放ち存在感を持てていた
だがそのやり方が少し行き過ぎているせいか
あまりにも世間の流れに置いてかれすぎになっている気がする
例えば今では無料で提供されているようなレベルのゲームをフルプライスで提供したりとか
もちろん中身は任天堂だけあって洗練されているのだろうかさすがに今の時代そんなショボいゲームにお金を出すのは気が引ける
そしてユニークな万人向けのゲームソフトをいくら出しても
ゲームハードを買うこと自体が万人向けではなくなってきている今
ソフトとハードの敷居の“ズレ”を任天堂はどうしていくつもりなのか
難しいところだ

28 ■無題

HALOだって作れたとか言ってる奴らは元のインタビュー一回見返して来い
君たち亜偏向報道に騙される情報弱者そのものだ

27 ■無題

この人の言う「任天堂というジャンル」という定義を素直に信じるのならば
「シリアスなものではなく、クールなものでもなく、おっちょこちょいで可笑しくてヘンなゲーム」
となるのですが、これは過去の任天堂を否定してるんじゃないですかね

任天堂もメトロイドやFEのようなシリアス系のゲームを出してますけど
あれらも宮本氏にとってはおっちょこちょいで可笑しなゲームだったんでしょうか

26 ■無題

ゲームキューブ以降は任天堂のゲームハードは買っていないので
最近のゲームは遊んでいない外側だけ見た感想だけど・・・

任天堂の自社タイトルって基本的にマリオなどのキャラクターを
全面に出したゲームですよね?
そういう意味では、任天堂お決まりのキャラクターが出てくる
ゲームが遊べる、という独自ジャンルなのかもしれませんね?

海外ではスカイランダーズやディズニインフィニィティーのような
あちらで人気のキャラクターのゲームが上手く立ち上がって
子供からの支持を得ているので、そのジャンルも任天堂一強
では無くなってしまったけれど・・・

とは言え、最近出したマリオのカートゲームも堅調に売れている
みたいなので、自社のキャラクタータイトルに自信を持っているのは
確かなんでしょうね

任天堂の問題は、自社のタイトルよりもハードウェアの仕様
の方だと思いますね・・・

PS4世代向けのタイトルはともかく、PS3/360で発売されている
タイトルのほとんどがWiiU向けには出ていない理由なり原因を
正しく理解しないと、次にハードを出す時にも似たような過ちを
繰り返すことになるんじゃないかな?と心配

25 ■無題

任天堂らしいゲーム、ってのは百歩譲って良いとします。
ハードもそれに合わせてます、ってのも。
# 端から見たらコスパとかお笑いぐさなのは置いておいて。

問題なのは、現実にもはやそのハードの「性質」を生かしたソフトが作れず、
新しい遊びを提案出来てないことかと。
それにFCからGCまでは、飛び道具を使わなくても任天堂らしいゲームは有りましたよ。
ファミタンとか名作ADVも、ちびロボ!や初代ピクミンのような新ACTも。
任天堂らしいゲーム、というのは、ちゃんと作られてて好バランスであるモノだと思うんですけどね。

やっぱり、WiiDSが毒まんじゅうでしたね。

24 ■無題

シューティングみたいなもんだな
今はもうフルプライスで売るのは難しいジャンル

それが任天堂のゲーム

23 ■無題

変なハード作ってドヤ顔してなきゃいいんですがねぇ・・・

22 ■無題

そりゃ、クールじゃないからだよw

21 ■無題

だから任天堂専用ハードって言われるんだろ()

20 ■今は万人向けは任天堂独占ではない

以前なら「任天堂だけが万人向けで成功してる」と言えたが、今は違う。

レイマンシリーズはヨーロッパで大人気だし、
リトルビックプラネットは人気すぎてマリオメーカーがパクった。
E3でもWarnerが本格参入して、バットマンゲーム出してた。
各種インディーズも実は万人向けの要素がある。(マインクラフト、トライン2)
アングリーバードとかもバカにできないだろう。

"マインクラフトが任天堂から出てこなかった"ってのは大きいよ。

もう万人向けは任天堂独占になっていない。

19 ■無題

これはその通りだと思うんですよ
だからこそそろそろハードの檻から出てこないとマズいんじゃないですかね

18 ■「任天堂らしい」という呪い

うーん
いい加減この自他ともに認める「任天度らしさ」言うのが
逆に色々な選択肢を奪う呪縛のようになってるんじゃないかなあ

FPSやシリアスな物作って色々な挑戦しても「らしさ」って言うのが維持できて初めて「らしさ」なんであって
「やらない」「挑戦しない」という選択肢の先にあるのは「過去のイメージに固執してる」だけなんだと思う

17 ■無題

宮本大丈夫か?
こうやって自分達の地位を「それ自身がジャンル」とか言って不可侵な物と自称するって、落ち目のアーティストの定番発言なんだぞ。

この人の人間性の浅さを示す物なのか、それとも言わされているのか不明だけど。あまりガッカリさせないで欲しい。

16 ■無題

開発の一番偉い人がこういう認識ですからねえ…
「Haloだって作ろうと思えば作れた」
「見るべき程のソフトは無かった」
「マインクラフトがどんなゲームかは知らないけれど、うちで出せばもっと
売れる筈」
「任天堂はそれ自体がジャンル」←New!

これを老害と呼ばずして、一体何を老害と言うのか。
仮に任天堂の若手が頑張って斬新なゲームを企画したとしても、
みんな握りつぶされてそう(イカは別ですよ、あれは拝借してきた
元ネタがあるんだし)
次の社長が宮本氏になった場合、いわっちより更に酷いことになりそう。

15 ■無題

いや、別にそういう認識しても良いんですけどね。
なら逆に他のゲームをクレクレしないで欲しいです。
売れないからと言って他のハードを腐すなり妨害するなりしたところで、
肝心の自分というゲームジャンルが買われるわけではない、
って認識してるんでしょうか。

これがトップ全体の認識なら行く先はお察しですし、
宮本氏個人だとしたら、既に老害ですね。

14 ■無題

任天堂はそれ自身が一つの宗教

13 ■無題

任天堂が一つのジャンルなのはわかる
ただその1つのジャンルしか作れない奴、楽しめない奴が
他のゲームを偉そうに語るのがちゃんちゃらオカシイ

12 ■無題

この人あえて作らない発言多くない?
なんか負け犬の遠吠えにしか聞こえない

11 ■無題

宮本はあえて俺たちはコアゲー作らないみたいな発言多すぎ
Halo作れた発言からだけど
やっぱ老いてしまえばこの程度か

10 ■無題

確かに任天堂というのは「ソフト」に関してはある意味確立した一つのジャンルと言えるかもしれない。
しかしそれ以上に、ハードに関してはある意味「確立された恥の代名詞」だという事実を自覚すべき時に来ていると思う。

9 ■無題

デフォルメキャラの単純なアクションゲーしか作れないという自虐かな?

8 ■無題

自分自身を笑う、とかいうやつに限って
人に笑われるのをすごく嫌がる。

7 ■無題

>>5
これに限ります
任天堂は任天堂ブランドのソフトを作るというプライドがあるのでしょうし、実際一定の層に需要があるのですから、それを作り続けることには何の異論もありません
それこそが任天堂という会社の存在意義なのでしょうし

有力サードタイトルを囲い込むのはMSもよくやっていますが、任天堂の場合、その自社ハードがことごとく低性能というのが、より問題なのですよね…
海外はともかく、和サードはこれによって低きに流れ、技術停滞に繋がった一因になったので

6 ■無題

ただただ傲慢
昔の小室哲哉みたい

>>3
そういうイメージ作りには成功してるね

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。