2012-01-31 23:29:45

PSPの歴史からPS Vitaの今後の動向を考える

テーマ:PSP2,NGP,PS Vita

PSPは米国で累計2,000万台を売り上げた。(グローバルでは7,000万台)

まず、年ごとのHWの売り上げは次の通り。


みらいマニアックス !


・米国での発売は2005年。発売から9か月で3.6百万台を売るという好スタートを切った
・翌2006年には急減速。おそらくソニーがPS3のロンチに注力したため
・2007年には価格を$200から$170に値下げ。2007年、2008年は好調を維持
・翌2009年には、さらなる価格の引き下げ等の措置にもかかわらず、突然の不調に転落
・そのまま2010年、2011年と続落


Michael Pachter(Wedbush Securities)らのアナリストは、2009年のPSPの劇的な転落を、Appleの携帯機及びiTunesの登場の影響によるものだと述べている。


以下は米国でのパッケージ版タイトルの発売状況。昨年はわずか平均2タイトル/月に減少している。


みらいマニアックス !

以下は米国でのPSN版タイトルの発売状況。


みらいマニアックス !

デジタル販売への注力を裏付けるように、現時点では、PSPは凡そ半数のタイトルをPSNで発売するまでになった。現時点ではPSPのUMD版タイトルは595であり、これに対してPSN版は302である。
UMD版からPSNへの展開はあいかわらずおこわ慣れているが、PSNでリリースされるタイトルの多くをminiが占めている。miniのリリースは続いており、多いときには月に数タイトルのリリースが行われている。


だが売り上げは芳しくない。Michael Pachter氏によると、PSPの全ソフトウェア売り上げは2009年から2010年にかけて33%減少し、その翌年2010年から2011年にかけて更に50%減少した。
またRichard Hill-Whittall氏(ICON Software)によると、同社の8つのminiタイトルはこれまで累計で14.7万本を売り上げた。ただしこれには無料で配布されたBashi Blocksの8.3万本が含まれているそうだ。



NS: Gamasutra
http://www.gamasutra.com/view/news/39843/Looking_toward_Vitas_future_by_examining_PSPs_past.php


みらい的コメント


PSPが北米で売れていないという事実はよく知られるところだが、経年で整理すると、売れていない=ずっと低調なセールスという単純なイメージとは違う、なかなかに興味深いストーリーが浮き彫りになってくる。


ざっくり言って、この分析からは以下のようなことが分かる。


・PSPはずっと低調なセールスだったわけではない。2008年まではむしろよく売れていた

・PSPを殺したのはDSでも3DSでもなく、iPhoneをはじめとするモバイル機だった

・ソニーはDL販売には熱心で、PSP Goはその路線上にあった

 Goは実験機等ではなく、おそらく次世代の本命機だったはずだ。Goの失敗はソニーには手痛かっただろう

・値引きの効果は大きかったが、iPhone等モバイル機との戦いでの劣勢を覆す力はなかった


これを見ると、USが主導したと思われるVitaがなぜiPhoneを強烈に意識しているのかが分かる。要するに、北米で「PSPを殺したのはDSでも3DSでもなく、iPhoneをはじめとするモバイル機だった」からなのだ。


Vitaのコンセプトを一言でいえば、それはつまりぼく(SCEA)の考えた最強のPSPで、iPhoneに対してリターンマッチを挑むぜ、ということなのだと思う。

日本から見ると、Vitaはいまいち位置付けが分かりにくいが、それはたぶん、PSPがiPhoneに殺されておらず、ちゃんと主役を張っているという世界線上に日本があるからなのだろう。日本でのPSPの敵はDSだったし、3DSのコア層狙いの失敗が明らかにしたように、すみ分けができる相手だったわけなので。


欧米市場でのVitaの前途が明るいとは思えないし、その点ではアナリスト諸氏の懸念は正しいと思う。

だが、Vitaは対iPhoneとの戦いを前提に考え抜かれていることは確実だ。横から殴り倒されたPSPとは、そこは大きく違う。一体どうなるか、大変興味深いことだ。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

みらいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■無題

「なんだか持ってるのがオシャレ」というのはソニーの得意とするところだったと思うのだが、それを見事アップルにやられてしまったという感じ。

必ずしもiPhoneが完璧で使い勝手のいいモバイル機というわけではないと思うのだが、やはりカバンやポケットから十字キーやボタンの付いたものを取り出すよりオシャレだろう・・・

VITAは、そのコントローラー部分をアピールできないと厳しい(その点、メニューでタッチ操作のみというのは馬鹿げている)。
実はPSP、3DS、iPhoneは持ってるけどVITAは様子見中なのであった。

1 ■無題

ずっとソニー厨やってきてますが、俺的に言えば、PSPを殺したのは、ソニーだと思いました。

goもvitaも先を行き過ぎ、というか見切り発車感が否めませんでした。

まあ確かに、携帯機の発展にも敗因はありますが・・・。

これからに期待します。。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。