現在我が家にいるガチョウの数は

総数で8羽です。

 

えーと、ほら、13から5を引くと

答えは8になるものなのでございます。

 

不特定多数の皆様がご覧になるブログで

細かい描写は避けたい私のこのデリカシー、

まあ間接的な表現を心がけますと

現在ガチョウたちは私と夫(英国人)に対し

警戒心をむき出しにしております。

 

餌を見せても寄ってこない。

 

 

就寝時に小屋に誘導しようとしても

なかなか戸をくぐらない。

 

この間まで人の顔を見ると

ギャアギャア威嚇の声を上げて

己の力を誇示していた父君ガチョウが

草地の真ん中にすとんと座り込んで

自分の餌皿からカラスが餌をかすめ取るのを

ただぼうっと眺めている姿ときたらもう。

 

 

「まあなあ、『赤ずきんちゃん』の狼よりも

ひどい目を我々は彼らに見せたわけだしな」

 

「食欲が落ちてしまったのが心配ですね、

先日までは争うように穀物を食べていたのに」

 

ただ昨日、2羽(父君と母君)と

6羽(兄君と里子姉妹と若鳥3羽)を

同じ草地に放していたところ

彼らの間で何らかの話し合いが行われたのか

今朝からは全員が再び

食事時に食欲を示すようになりまして。

 

 

よかったよかった。

 

なお今回のガチョウ減算作業において

主な役割を果たした夫はしみじみと

「来年はガチョウのたまごを

もっと積極的に食べましょう。

そしてヒナの数を控えるようにしましょう」

 

「・・・そうか、そんなに大変であったか」

 

「母鳥1羽につきヒナは2羽くらいで。

うん、6羽なら何とかなる気がします」

 

現在も元気に我が家の庭先を

駆け回っている若鳥3羽については

引取り希望の声が出ておりまして、

彼らはペットとして

今後もらわれていく見通しです。

 

そんなわけで、2016年の

年越しガチョウ総数は8羽です。

 

 

父君ガチョウと母君ガチョウには

次の春アヒルを養子に

もらってもらう予定なので

(恐怖の托卵計画再び)

それを考えるとガチョウのヒナ数は

4羽くらいになるかもしれません

 

あの黄色いふわふわは眼福なんですけど

でもねえ、冬のこの結末を考えるとねえ

 

美味しいんですけどねえ

 

やっぱり可愛かった頃のことを

私も忘れられないですしねえ

 

人はこうして菜食主義への扉を開くのか

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

AD

2016年冬の落ち葉清掃、

なんとか完了の目途がつきました・・・!

 

もうこのまま放っておいて雪がすべてを

白く美しく覆い隠してくれるのを

ただ待とうかとも思ったのですが

(どれだけ美しい言葉を羅列しようとも

要はズボラ根性の告白でございます)、

前回それをやったら(ええ、やったんです)

雪どけ時の風景がひどいことになりまして。

 

あと落ち葉と雪の度合いによっては

雪かき作業にも支障が出るんですよね、あれ。

 

木になっていた灌木の枝を切り

その下に吹き溜まっていた木の葉を集め

花壇にも手を入れ

天然落ち葉プール状態になっていた

庭の隅の枯葉もどうにかし

そしてすべてをまとめて

焚火じゃ!焚火の時間じゃ!

 

丸一日がこの作業でつぶれました・・・

 

掃き掃除を朝に家の南東から

始めたのですが

ぐるっと家を一周する形で

落ち葉を拾い集め

夕方に最初の位置に戻ったら

ええ、当然の如くもう新しい

落ち葉のかたまりが出来ていたわ・・・

 

ドフー(溜息の音)。

 

まあ我が家は

周囲を木立に囲まれているので

(まだまだ枝にしがみつく葉も多数あり)

これは仕方のないこと、

諦めたらそこで試合終了ですよ!

 

少なくとも朝の時点よりは

全体の見た目がマシになったわ!

 

たぶん!

 

おそらく!

 

・・・気持ち的には!

 

来年あたり本気でブロウワーを購入しようかとも

考えている私と夫(英国人)なのですが、

あれは湿った落ち葉にも効果的なんですかねえ。

 

 

 

 

今日はたまたま珍しく

『雨が降らず風があった』状態であったため

一気に落ち葉掃除を

済ませることができたのですが

そりゃ出来る事ならこういう仕事は

3回くらいに分けて体に無理のない速度で

私も進めたかったんですよ。

 

でも11月はほとんど毎日

小雨もしくは大雨のお天気で

下手をするとそこで氷点下になって

落ち葉がすべて現代芸術のように

氷の下に身を横たえ固まってしまい・・・

 

なお今年の冬はちょっと照れ屋、

ここらへんすでに一度雪も降っているし

路面凍結も数回起きているのですが

本日の外気温は5度くらいあったような。

 

本日の作業が

明日の腰痛のタネにならないよう

今夜はしっかり柔軟体操をしたい私です。

 

 

 

・・・しかしなお私の手元には

『まだ植えていない』球根がひと山ある・・・

 

(原因はこれ

 

うちいくつかは

焚火の跡地に埋める予定です

 

 

(これは参考画像写真、

ちょっと前に燃やした焚火の跡)

 

残りは鉢植えだな、うん

 

冬のお庭の手入れ、

完了した貴方も真っ最中の貴方も

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

 

AD

自動車のタイヤは早々に

冬タイヤに替えた我々ですが

自転車のタイヤの替え時については

夫(英国人)に色々思うところがあるらしく

「必要もないのに冬用にしてしまうと

走行時の摩擦が無駄に多くなり嫌なんです」

 

まあ夫は年季の入った自転車乗り、

そこらへんの判断は任すさ、と

鷹揚に構えておりました私。

 

そんな夫は先日

とある用事で帰宅が遅くなることになりまして

私は優しさから車での送迎を申し出たのですが

「天気予報を見たら今夜は晴天なんです。

月を見ながら自転車で夜道を行く、これ以上に

素敵なことがこの世に存在するでしょうか」

 

あらそうですか、それならお好きに、と

家で夫の帰宅を待つことにした私。

 

夜の9時に夫から電話があり

「今、用事が終わりました。これから帰ります。

だいたい1時間くらいでそっちに着くと思います」

 

「わかった。でも気をつけろよ。夕方にちょっと

雨も降っていたから道も濡れているだろうし」

 

その40分後。

 

再び夫が電話をかけてきて

「妻ちゃん、路面状況なんですがね、

思った以上に厳しいんです。

夕方に降った雨が水たまりになって

完全に凍りついている部分があって、

それでそうして凍っている部分と

凍っていない部分が

見た目では判断できないんです。

だから時々僕は自転車を下りて

歩いて自転車を

押さなくてはいけない感じなんですよ」

 

「おや、それは大変だ。車で迎えに行こうか」

 

「いえ、これは車でも危険な状態です。

歩く分には大丈夫ですから。

ただ僕は今日は帰りが遅くなります。

そうですね、これから1時間くらい

かかるかもしれません。寝ていてください」

 

そうか、わかった、と言いつつも

ストーブの火を大きくして夫の帰宅を待った私。

 

夫は電話から40分くらいで家に戻ってきて

「言っていたより早かったな。

ストーブの前に行きたまえ、冷えちゃったろう」

 

「いやあ、道の途中がもうツルツルで。

最初と最後は自転車に乗れたんですけどね」

 

夫の体の周囲には冷気がまとわりついており

玄関口に満ちる夜の月と霜の匂い

・・・と、何かしら、このお肉屋さんの香りは。

 

働き者のお肉屋さんが経営する

清潔なお店の軒先に時々漂うあの芳香。

 

「夫よ・・・」

 

「あ、僕、まず、自転車を仕舞ってきます。

ああ寒かった。ちょっと失礼」

 

自転車置き場で夫は何やらごそごそし

「夫よ、君・・・」

 

「今行きます、今行きます。ああ、

ストーブはいいですね、温かくて。

それにしても君は起きていてくれたんですね、

寝ていてくれてよかったのに」

 

ストーブ前のソファに座った夫は

何やら全力でくつろいでいる様子。

 

「君、何か飲むかね。それとも・・・」

 

「大丈夫です大丈夫です、僕、喉は

乾いていませんし、飲むなら自分で用意しますし。

いやあ、いい月夜でした。途中の平原は

霜で完全に真っ白でした。美しかったですよ」

 

「・・・」

 

「道がね、ところどころ危なかったんですけどね。

いや、僕は今日、冬タイヤを

自転車につけておくべきでしたよ。

夕方の雨の予報を

見落としてしまっていたんですよ。

夜になって一気に気温が下がって

一部が完全にアイススケートリンクみたいに

なってしまっていましたからね」

 

「・・・」

 

「冬タイヤなら何とかなるんですけどね、

そのための冬タイヤですからね。

でも夏タイヤだとどうしてもね・・・

さて、ところで、絆創膏ってどこにありましたっけ」

 

やはり怪我をしていたな貴様!

さっきからどうも君の周囲から

血肉の香りがすると思っていたんだ!」

 

「いや、ちょっと氷にタイヤを取られてですね」

 

「あれだろう、君が2本目の

電話をかけてきたのは転んだ後だろう!

私も私だ!あんな電話を受けた時点で

その事実に気が付くべきであった!

お前は自転車で転びもしないのに

慎重になるような男じゃない!

そんなこと、私はとっくに

理解していたはずだったのに!」

 

腕の皮をべロリと失っていた夫は

翌日自転車に冬タイヤを装着しておりました。

 

冬の夜道の運転には皆様もお気を付けください。

 

 

腕の怪我を自分で手当てした夫は翌日

「ああいう時は優しく『消毒液を私が

塗ってあげるわダーリン』と言ってくれるのが

正しい妻の態度なのと違いますか」

 

「あの天候で自転車に乗ると言い張る夫を

止めようとしなかった時点で私の

『正しい妻』としての存在価値は

ゼロになっていたんだよ。

腕の怪我くらいで済んでお安いもんだ」

 

正しいタイヤを装着していない

自転車・自動車は社会の迷惑ですが

しかしその基準で考えると

英国の多くの車は冬期の社会的迷惑物

 

・・・自動車用冬タイヤの普及、

いまだに進んでおりません当地です

 

冬道、皆様くれぐれもお気をつけて

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

AD

師走の犬評定

テーマ:

もしも犬を飼うならどんな犬がいいか。

 

小型犬は好きじゃない、犬は

「キャンキャン」でなく「ワン」と鳴かないと、

と常々主張する

わが夫(英国人)が好きな犬種は

ジャック・ラッセルというこの不思議。

 

まあこれは夫が子供の頃に

自分の祖父がジャック・ラッセルを

飼っていた姿を目にしていたことに

要因があるかとは思うのですが

「ジャック・ラッセル以外の犬なら

何がいいのかね。やはり大型犬か」

 

「大型犬は僕は構いませんけど、

いざという時君が力負けしそうですからね」

 

「そうだな。ある程度こっちが

自信を持って抑え込めるサイズがいいかな」

 

本やネット上のサイトを色々見て回り

あの子も可愛いこの子も可愛いと

夫婦間評議を進めるうち

我々は一つの結論にたどり着きました。

 

見た目だけで言うならば

わが夫婦の理想の犬種は

シベリアン・ハスキー

 

あの狼っぽい風貌が何とも言えず。

 

しかし冷静に調べてみると

シベリアン・ハスキーほど

我が家の立地条件に

適合しない犬もいないというこの現実。

 

もうね、どの本もサイトもね、

シベリアン・ハスキーの飼育上の注意点として

「脱走しやすい」ことと

「他の動物に対する攻撃本能が

非常に強い」ことを挙げているんです。

 

名作漫画『動物のお医者さん』でも

ブッチャーさんの飼うシベリアン・ハスキーが

特にこれといった原因もなくするりと

家出をしてしまう話があったと記憶していますが

あれは実はものすごくリアルな描写らしいです。

 

ハムテルはすごく上手に

チョビを躾けていた設定ですね:

 

 

シベリアン・ハスキーは逃げる。

 

そして走る。

 

・・・で、走りついた先に

羊や山羊などの動物がいた場合、

彼らは躊躇なくそれらを追いかけ攻撃する。

 

何度も申しあげますように

我が家は周囲を羊に囲まれておりまして。

 

「・・・ハスキーは無理だな」

 

「絶対に無理ですね」

 

「・・・アラスカン・マラミュート

同じ理由で駄目みたいだな」

 

求む:中型犬以上のサイズで

気が優しくてお利口で脱走癖がなく

家畜や猫を追い掛け回す趣味もない犬

 

調べ物が楽しい冬の夜です。

 

 

時々シベリアン・ハスキーを

散歩させている人と立ち話をするのですが

我が家の立地条件を説明すると

皆様必ず苦笑いとともに

「いや、それはハスキーは

止めておいた方がいいね」とおっしゃる

 

ハスキー飼いの常識としては

「引き綱なしの散歩は自殺行為」

というものもあるらしい

 

「何せほら、ソリを引くための犬だから

走り始めたら後ろを振り返らないのよ、

もうずーっと走って行っちゃうの、無理なの、

止められないの、だから引き綱は手放せないの」

 

しかし犬を愛する飼い主としては

愛犬には運動をさせてあげたい、それも十分に

 

シベリアン・ハスキーの飼い主には

アスリート体系の方が多いような・・・

 

そして一部の方はこうして

犬ぞりに手を出すのだな、と・・・

 

近所の公園(所在地:山奥)で

たまに犬ぞり訓練をしている犬と人を見かけます

 

犬も人も非常に楽しそうです

 

犬って本当に運動が好きですよね

 

もしかしてアウトドア嫌いの私とは

そもそも体質的に合わない

ペットだったりするのかしら?

 

真理の淵に佇む私に

励ましの1クリックを

人気ブログランキングへ

ブロッコリ悲劇

テーマ:

夏に大豊作となった

我が家の畑のブロッコリー

覚えておいででしょうか。

 

一列すべてが同時期に

食べ頃を迎えたため

ある時から即時消費を

あきらめた私は

それらをせっせせっせと

冷凍していたのでした。

 

で、先日、冷凍庫に入れてあった

ブロッコリーを食べてみたら。

 

・・・完全に味が落ちている・・・!

 

とりあえず蒸してみたのですが

ブロッコリーの売りである

あのブロッコブロッコとした

歯応えがまるでなく、

何かこう、煮崩れていながら

外側の皮だけはかたい、みたいな・・・

 

食感が絶望的過ぎ

味の判断が不可能という有様で、

仕方ないので日を改めて

今度はブロッコリースープを作ってみました。

 

・・・駄目だ、『古い野菜』の味がする・・・!

 

嫌な感じの苦みが出てしまっているんです。

 

こんなことなら旬が過ぎても畑に放置し

全体が多少黄色くなっても気にせずに

収穫後即時消費の路線を堅持すればよかった・・・

 

まあ後悔は先に立たない。

 

冷凍失敗ブロッコリーは

今後根性で食べつくす所存です。

 

しかし何がいけなかったのかしら。

 

冷凍庫に問題はないはずなので、

冷凍期間が長すぎたか、

それとも生の状態のブロッコリーを

ただぶつ切りにして

冷凍したのがいけなかったのか。

 

湯通しとかすべきだったのでしょうかね。

 

課題は次回に持ち越しです。

 

 

果物類は割と素直に冷凍されて

味を保ってくれていたので

少し油断していたのかもしれないです

 

 

しかしこの柔らかく苦いブロッコリー、

これからどう食べていこう・・・

 

ブロッコリー好きの貴方も

カリフラワー派の貴方も

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ