さて、昨日の記事で名前を出しました

ダンケルド(Dunkeld)の町には

有名な聖堂がございます。

 

 

一部は倒壊していて現在補修中、

しかし教会部分は今も使用されていて、

礼拝室の隣にある小部屋には

町の歴史などが展示されておりまして、

そこで私見知らぬ女性に話しかけられ

「この小部屋の下にはね、棺があるのよ」

 

「・・・パードゥン?」

 

「貴方が今立っているその床の下には

棺、死者の眠る箱が置かれているのよ」

 

私はてっきり自分が気付かないうちに

立ち入り禁止区域に入り込んでしまったのかと

「えっ!すみません、気づきませんでした、

この部屋からすぐに出たほうがいいですか?」

 

「違うわ違う、そうじゃないのよ、ほら、

そこに床の隙間を埋めた跡があるでしょ。

昔、教会に貢献をした人が亡くなった時に

そこに棺を納めたのよ。数年前に

中の様子が調査されたんだけど、

床石の継ぎ目を剥して地下に降りたら、

棺はすごくいい状態で残っていたんですって」

 

で、この女性が私に

何を伝えたかったのかと申しますと、

その棺が何故長いあいだ腐食せずに

地下の空間に存在できたのか、という点で

「棺のそばにね、溶けたロウソクがあってね、

つまり昔の人は棺をそこに収めるために

床石を上げるでしょ?棺を下ろすでしょ?

そしてまた床石をはめる時に、中で

ロウソクを焚いたのよ。するとロウソクは

酸素がある間は燃え続け、酸素が

なくなったら消えるわね、そうやって

無酸素状態を作り出し、その結果

微生物の増加が抑えられて

棺はいい状態で残ることになったのよ」

 

「・・・それは素晴らしい技術・着眼点ですね!」

 

「そうなの、私はこんなときいつも思うの、

昔の人には知恵があったって。

今は生活がすっかり便利になっているけど、

でもこんなロウソクの使い方ひとつにしても

昔の人のほうが

私たちより色々知っていたわよね」

 

「本当ですね、いや、勉強になりました。

興味深いお話、ありがとうございました」

 

「オホホ、いいのよ、ところで貴方は

どちらからいらしたの?この町に」

 

ここでいつの間にか私の隣に立っていた夫が

「スコットランドからです」

 

「・・・えっ?地元民なの?」

 

「この町には住んでいませんけど、

まあ今日は日帰りドライブという感じで・・・」

 

夫よ、この奥様が

望んでいる答えはそうじゃないだろ!

 

「とはいえ私は元々は日本から参りました。

日本人です。極東出身です。スコットランド、

とても遠いデース(効果を考えつい片言に)」

 

「あら、そんな遠くからいらした方に

この教会を見ていただけてとても嬉しいわ!」

 

というわけで、ダンケルドの町には

異邦人へのおもてなし精神に満ちた方々も

森や大聖堂とともに存在しているのでございます。

 

いいところです。

 

夏のドライブ旅行に、ぜひ。

 

 

ダンケルドの町の川沿いには

フリーメイソン支部がありました

 

 

同行したポーランド淑女が

「・・・うちの国ではフリーメイソンは

『秘密結社』であることが売りなんだけど

スコットランドでは

堂々と表札が出ているのねえ」

 

そんな貴方にはロンドンにある

フリーメイソン本部観光、お薦めです

 

スコットランドに行く時間はないけれど

ロンドンならば少しは、という貴方、

是非一度あの建物内の白々とした明るさと

「フリーメイソンへ、ようこそっ!」

みたいな関係者の愉快なノリをお楽しみください

 

なんで美しきダンケルド観光情報のオチが

楽しいフリーメイソン紹介ネタになっちゃうのか

不条理さにほぞをかむ私にねぎらいの1クリックを

人気ブログランキングへ

 

AD

さて先日『バーナムの森』からの

帰り道に立ち寄った

ダンケルド(Dunkeld)という町の通りでは

このような物が売られていました。

 

 

砂地や草地でスノーボード的な

滑走体験ができる遊具である模様です。

簡易グラススキーのような。

 

スコットランドにはスキー場は

いくつかあるものの、

雪の質がそれほどよくないことが多く、

しかし滑降に向く丘陵は

割と至る所に存在する印象なので

「これはもしかすると流行するかもな」

 

私の言葉に夫(英国人)は頷きつつも

「しかしこのようなオモチャが

発売されるというのは

人々が地球温暖化を

受け入れ始めたことの証でしょうか」

 

・・・夫は本気だったのかしら、

それとも冗談を言っていたのかしら・・・

 

とりあえず私はこのおもちゃを

購入・使用する予定は全くございません。

 

お好きな方、どうぞどうぞ、でございます。

 

 

そこまでしてスピードを

楽しみたい、という意欲を持たない私です

 

いや、だって、滑って転んだら痛いでしょ

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

AD

全力投球のため1回休み

テーマ:

色々頑張りすぎまして

本日の私は完全ガス欠状態となりました、

故にブログは1回休み。

 

お詫び代わりとして

ヒヨヒヨとチューリップの

写真を置いておきます。

 

 

ヒヨヒヨ、7羽の中に

1羽だけ他の子に比べ

体の小さい子がいるの、

おわかりになりますか。

 

この子こそがもしや

兄君と里子嬢との間の

実の子ではないかと

私と夫(英国人)は考えております。

 

 

チューリップは今日も元気です。

 

 

皆様も、どうかお元気に!

 

 

もはや日焼けを恐れない

私ではありますが

一応外仕事の際は

日焼け止めを塗っているの

 

でも今日は唇が乾燥して

切れてしまったの

 

日差しって怖いですね

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

AD

麗らかな春の週末を家から一歩も出ず

草むしりだけして過ごす、というのは

素敵なんでしょうか可哀そうなんでしょうか。

 

 

わが前庭の芝生の雑草に関しましては

『花が咲いたらすぐ抹殺』を

今季の目標としておりまして、

緑のカーペットのあちらこちらに

白かったり黄色かったりの

可愛らしい花が姿を見せたら

そこに私が歩み寄り

問答無用に根ごと引き抜く、という。

 

本当は花をつける前の雑草も

ばしばし抜いていきたいところなんですが

それはちょっと無理だったんです・・・

 

物理的にというか体力的にというか・・・

 

ええ、先日、腰から背中に

痛みが来てしまいまして・・・

 

(芝生の雑草抜きは長時間続けると

本当に体に負担になることを実感)

 

仕方ないので今はもう

緑の雑草は目に入らないフリをして

しかし白だの黄色だのピンクだのは

芝生のグリーンを背景に

目立つんです!駄目!撤去!

 

相手が雑草とはいえ、

あの厳しい冬の寒さに耐え、

身を低くして春をやり過ごし、

さあ、やっと私の季節です!と

すっくと茎を伸ばして

美しく花びらを天に開いた彼女たちを

眉一つ動かさずに摘み取っていく

私の所業の非道さというのも

なかなかに味深いものがありますが、

でもごめんね、

背に腹は代えられないからね。

 

で、草むしりを済ませた後に芝を刈り、

一息入れて今度は花壇の雑草処理。

 

これもまた抜いても抜いても生えてくる・・・

 

どれだけ抜こうが生えてくる・・・

 

この性質、育毛剤などに

利用できないものなんですかね。

 

チューリップ花壇に気を取られているうちに

草に埋没しかけていたバラを救出し、

よし、これでしばらくは大丈夫かな、と

思ったところにわが夫(英国人)が

「あの・・・僕の野菜畑の雑草も

お願いできないものでしょうか・・・

ニンニクと玉ねぎとパースニップ、

あとラズベリーの列が今ちょっと・・・」

 

野菜と果物の救出劇は

日曜日の朝の食事前から始まり

どうにか体裁がついたのは

夕食の後でございました・・・

 

ああ、日が長くなって助かったわ、

ではなくてですね、夫よ、

今年の野菜畑、ちょっとこれ、

規模を拡張し過ぎでない・・・?

 

そして気がつけば

日曜日はすでに終わろうとしており、

ねえ、私、庭仕事以外に

家事らしい家事をまったくしないままに

月曜日を迎えているんですが。

 

何故か切ない気持ちになってきたので

ガチョウのヒナたちが孵化したばかりのころの

画像をいくつか見て心の慰めにする私。

 

 

 

 

 

私も自分の20倍くらい大きい

白いふわふわの柔らかい壁に

顔からぶつかりこんでいきたいものです。

 

草むしり狂想曲は

秋が終わるころまで

続く予定となっております。

 

 

秋は雑草の勢いが落ちる代わりに

落葉が激しさを増していくんでございます

 

ガーデニングに全く本腰を入れていない

私でこの有様ということは

世間の『美しいお庭』の所有者の皆様は

どれだけの時間を作業に費やしていらっしゃるのか

 

・・・もしかしてキーワードは

庭師を雇う財力、とかそういうことかな

 

思わず遠い目になってしまった私に

頑張れ、そろそろバラが咲くぞ、の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

 

 

茹でて食べようと

楽しみにしていたトウモロコシを

冷蔵庫で腐らせて

涙にくれた女は私です。

 

諸般の事情で

献立の順番が狂っちゃってですね・・・

 

でもあれね、トウモロコシって

腐っても色はいいままなのね。

 

あとね、匂いもね、

そんなに悪い感じじゃないの。

むしろ青リンゴみたいな

爽やかな香りが強調されて

好きな人はきっとあの芳香、好きよ。

 

問題は表面がみっちりと

ネトネトヌルヌルになってしまう点で・・・

 

このぬめりは洗っても落ちないな、

落ちるかもしれないけど夫(英国人)に

食べさせてはいけないな、と諦めた私は

トウモロコシをコンポストに入れ、

しかしその翌日に気が付きました。

 

あれ、ニワトリなら食べるんじゃない・・・?

 

 

本当に『食べちゃいけない状態』まで

腐敗していたら、それは彼らも本能

口にはしないはずだし、ねえ・・・?

 

コンポストからトウモロコシを取出し

そっとニワトリに与える私。

 

ニワトリたちはトウモロコシの

その奇妙な形状に

最初は戸惑いを見せていたものの

勇気ある1羽が種をつつきはじめたところ

それをきっかけに後は

押すな押すなの大盛況に。

 

とりあえず2日経過しても

誰もお腹を壊していないようなので

問題はなかった様子です。

 

 

・・・私は飼い主として非道かしら・・・

 

そんなわけで

我が家のニワトリたちは今日も元気です。

 

 

メンドリの数が減ったせいか

仲間内の喧嘩というかいじめの度合いも減り

そのぶん心労も軽くなったのか

閣下も日々楽しそうでございます。

 

 

それにしても我が家の雄鶏閣下の

花の似合う男ぶりよ。

 

 

本当に美男でいらっしゃる・・・

 

老いてますます麗しい

わが前庭の統治者の勇姿です。

 

 

いい男は見ているだけで

こちらの気持ちが高揚してくる。

 

世界の宝でございます。

 

 

ネトネトとうもろこし、去年までの私なら

きつめに茹でて食べていた気もするんです

(流石に夫には食べさせない、

ひとりで食べる、だって私はケチだから)

 

でもね、今の私はね、

腸に不安を抱えていてね・・・!

 

去年のことがあるため

4月5月は特に神経質になっている私

 

今年こそはチューリップの栄枯盛衰を

この目で見届ける所存の私に

とりあえずまず

野菜を腐らせないようにしましょうよ、

の1クリックを

人気ブログランキングへ