4日午後2時半ごろ、東京都港区元麻布の中国大使館前の路上で、男が警備用の鉄パイプ製のさくを乗り越えて敷地内に数メートル侵入した。警視庁麻布署は建造物侵入の現行犯で男を逮捕。男は1989年の天安門事件で反革命宣伝活動をしたとして、中国公安当局に指名手配された民主化運動リーダーの1人、ウアルカイシ容疑者(42)で、同署で詳しい経緯を調べている。

 同署によると、ウアルカイシ容疑者は「弁護士が来るまで何も話さない」と話しているという。

 同署などの調べでは、ウアルカイシ容疑者は同日午後1時半過ぎから中国大使館前で、5人くらいで抗議活動を行っていた。デモ終了後に突然敷地内に侵入したという。この日は、天安門事件から丸21年だった。

 ウアルカイシ容疑者はフランスや米国を経て現在は台湾に亡命していた。

【関連記事】
市井で続く静かな抵抗 圧力強める政権 天安門事件から21年
李鵬氏の「回顧録」、香港で発売へ 天安門事件当時の日記収録
天安門事件の評価変えず 中国外務省
上海万博 市井のNGワード
北京の惨劇、中心人物の「証言」初の邦訳 「天安門のパンドラ」

元選対幹部の控訴棄却=民主小林氏陣営の選挙違反事件―札幌高裁(時事通信)
<3人死亡>心中か 車内で女性と男児 秋田・横手(毎日新聞)
近鉄社員が不正乗車 乗り越し運賃着服も(産経新聞)
大きな目を潤ませ、辞任の理由は「普天間の混乱」と「政治とカネ」(産経新聞)
「天安門」学生指導者?中国大使館に侵入(読売新聞)
AD