採集採集
いつのまにか年も明けましたがコソコソと大航海時代を続けています。

いろいろと他のオンラインゲームをやってきましたが、始めたばかりが一番楽しく、上級でもなくそこそこレベルも上がってきたあたりで急激にモチベーションが下がってしまいます。

単純なレベルアップ作業の繰り返しなどもあるでしょうが、例えば現在プレイしている大航海時代オンラインをとってみますと、ある程度大きな船に乗れるようになりますと自国より遠くに航海してみたくなります。具体的にはインドや南米になるのですが、このゲームは近頃珍しくPKというものが存在します。

遠くにいけばようするにPK可能ゾーンになり、ほかのプレイヤーから襲われることもあるわけです。

襲われて倒されれば所持アイテムを奪われたりするわけですが、私はようするに、無機質なコンピューター海賊ではなく、あきらかに悪意を持って襲ってくる生身のプレイヤーが恐いのです。

コンピューター海賊に襲われて難破したとしても自分の未熟さを反省できるのですが、そこに人間の悪意を感じるとどうしてもユウウツになり、今後続けていく気力がなくなってしまうのです。

そのため、現在はなるべく他のプレイヤーから襲われない安全海域を中心にプレイしているわけです。

上級者の方に聞きましたら、「PKくらいはいないと生ぬるいからつまらないでしょ」な感じで言われたのですが、ゲームとはいい、生身の人間である自分プレイヤーが他の悪意あるプレイヤーに攻撃されるというのはどうしても精神的に受け入れることが出来ないのです。

このままの状態が続くのであればいかに自分がレベルアップしたとしても消えていくのは時間の問題かという感情がふつふつと最近湧き上がっているのでございました。

生ぬるくても、スリルなくてもいいからどこへでもいけるのがいいなあと思っているのでおじゃる。


今週は三国志のプレ2も開始するみたいで、始まったらちょこっと行ってみるつもりです。場合によってはそっちに移動ということもあるかもしれませんね。

AD


記念撮影2007
2年ぶりに、ほんとに2年ぶりに、大航海時代Onlineをプレイしています。

前にPCの突然のトラブルで、ウヤムヤのうちに引退みたいになっていましたが、カムバックキャンペーンとやらにつられてログインしてみたら、いろいろ変わっていたのでまた課金することにしました。

大きいのは東地中海が危険海域じゃなくなったところかなあ。

以前とは別の商会にも入れていただき(前のところは無くなっていました><)、ほーんとマッタリペースで遊んでいます。

今回の商会さんは、IN率は低いめなのですが、わりとひんぱんに商会イベントをしてくださるのでいまのとこやっていけそう。

ブログの書き込みはひさびさですが、ちゃんと元気に生きていたりします。


AD

久しぶりのMMO紹介になります。

通称PW-完美世界という3D型のオンラインRPGです。

基本となる種族が、人間、妖族、エルフの中から選ぶことになり、さらにそれぞれに戦士、魔導師、妖獣、妖精、弓使い、精霊師というクラスで選択することになります。

人間、エルフの各職はそれぞれちがった性別で作成することができますが、妖族の妖獣、妖精だけはそれぞれ男女固定になっています。


まず、キャラクター作成画面からですが、これがいろいろな細かい修正ができるようになっていて、根気よくやれば自分の好みの顔にすることができます。

気に入らなければ作成後一週間以内ならいじり直すことが可能。また、その後でも有料アイテムである「エステ券^^」を購入すれば修正することが可能になります。


有料アイテムの話が出たので。基本無料のアイテム課金制になっています。どこぞにあるような課金アイテム使わないとプレイがしんどい、ということはないようです。


プレイしてみて1ヶ月くらいが立ちましたが、一人でえんえんと狩りを続けることもいいですが、やはり仲間とPTを組んでボスや、ダンジョン攻略をするのが断然楽しいです。せっかく大人数で遊んでいるのですから、他のプレイヤーとのコミュニケーションも楽しまないとですね。


わたしのキャラクターですが、カペラ鯖で精霊の「王麗」というのと妖精の「王才」というのがいます。

いままでの「あおぴ」路線を捨て、少しまじめなイメージ! 中身は変わりませんけど^^

「蒼月の牙」というギルドにも入れていただきました。社会人の方が多いらしく、優しい方々が多いです。

いまはこれ一本で楽しんでいます。

そのうちプレイレポートなどもできたら、と思います。


ハイファンタジーMMORPG パーフェクト ワールド -完美世界-

http://perfect-w.jp/


王麗たん

AD

かまいたちの夜×3

テーマ:
セガ
かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相

サウンドノベルが好きなので期待してプレイしました。

新シナリオのほかに過去の作品のメインストーリーが収録されています。


う~ん。確かにおもしろかたのですが、なんかボリュームがたりないような…

1・2を入れたことで容量が足りなくなったのかな。

主人公ごとのストーリーは「街」のような感じでよかったのですが、もっとサイドストーリー的なシナリオを盛り込んで欲しかった。

例のおまけしおりは健在です。

ある主人公の選択肢によって他の主人公のストーリーが変化するので、各主人公をまんべんなくプレイする必要がある。エンディングリストを埋めるためには特に必要です。


とはいえ、ストーリーは面白いので前作を遊んだ方、サウンドノベルが好きな方、おすすめです。

どうでもいいけどソフトもっと安くならないかな~。

はじめに

テーマ:

以前TV放送していたときは(水曜の8時からだったかな?)毎週観ていたように記憶していますが、TVで観ていたのはシーズン4までで5はビデオで借りて観たと思う。

シーズン6以降にいたっては、確か深夜に放送時間が変わったことで洋画番組枠で放送したスペシャル以外は観ていませんでした。

DVDのレンタルが自宅で簡単にできるようになったことにより、昔鑑賞したエピソードおよびまだ観ていなかったエピソードも順々に借りることにしました。

先日、終章を見終わり、シーズン1から再び見始めようと思います。

Xファイル全体を通していうと、全シリーズに共通する謎についての部分はなんかややこしくてあまり好きになれず、一話完結になっているショートエピソードが好きでした。特にユーモラスに作ってある作品がいいです。

というわけで、このテーマではXファイルの各エピソードの感想などを綴っていきたいと思います。

なにせ、記憶をたどりたどりなので、勘違いや順番がめちゃくちゃになるかとは思いますが温かい目で見守ってくださいませ。