みなさん中年の危機「ミッドライフクライシスという言葉はご存知ですか?

若いころに人は自分探しの旅で社会に適応するために

自分の能力ややりたい事と社会で受け入れられる事を天秤にかけて社会に適応してきました。
40代を過ぎたあたりから、子供がある程度成長し、金銭的にも少し余裕が出てくると。


(1) 「身体が思うとおりに動かない」……身体的活力の危機
(2) 「異性関係がなくなってきた」……性的能力の危機
(3) 「周りに仲間や人が少なくなった」……対人関係構造の危機
(4) 「今までの方法でうまくいかない」……思考柔軟性の危機
中年の危機と呼ばれる人生の時期が必ずやってきます。


その時に人はさまざまなきっかけでそれまでの価値観がひっくり返り、

○本当の自分の魂の本質は何なのか?
○自分の本当に望むものは何なのか?
○若いころにあきらめた夢をもう一度チャレンジしたい
などの人生の分岐点がやってきます


その中で人は、
○自分が本当の魂の本質がどういうもので
○これから自分がやっていく、実現していくことは何なのか?
っという自己の魂との問いかけを経て、


自分の魂が望む、理想の自己に向けての

自己実現への個性化の過程の旅が始まります。





この講座では、

様々な心理療法を体験しながら、ご自分の魂と向き合い
○本当の自分の魂の本質は何なのか?
○自分の本当に望むものは何なのか?

を探究していく講座です。

また、講座の中では、

遊戯療法と言って、遊びながら魂を開放していくプレイセラピー沢山しますので
○インナーチャイルドの癒しや、

○子供の頃の忘れてしまった夢

なども思い出しながら心を自由で楽にしていきます。



また
現在セラピストとして活躍していいる人も

心理療法的なバックボーンがあるとより効果的なセッションが望めます。

既に、プロとしてセラピストをしている人も
これからセラピストを目指す人も
是非、お勧めなコースです。





第一回目 出会いの構造
○非構成的エンカウンターグループ
自分の殻と特性を知る。
非構成的とは指示をしないと云う事
その中で、初対面の人との出会い(エンカウント)
それは、自由なのか?窮屈なのか?
指示をされると何故楽なのか?
などなど・・・・自分の内面と対話してください。


第二回目 来談者中心療法
座学 カウンセリングの三原則
○ロジャース式カウンセリング
○ピアツーピアカウンセリングの実習


第三回目 相手に届く言葉、受け取る身体
~身体と言葉のレッスン~
○一人でする身体ほぐし
ぶら下がり
波の動き
起き上がり
○二人一組でする身体ほぐし
押してみる
しゃがませる
たたせる
○言霊を響かせる
ペアでの背中への言葉かけ
一対多の中で一人への言葉かけ
一対一の言葉かけ、相手を招く
○相手を信頼する
後ろに倒れる


第四回目 ブラインドワーク(雨天の場合は5回目の実習が先)
世界に対しての気付き、信頼性
○野外を二人一組で目をつぶって散歩する


第五回目 サイコドラマ(4回目の実習が晴天の場合)
スピリチャル的なサイコドラマを通しての気付き
対象者のハイヤーセルフやガイドや守護霊を演じる


第六回目 フォーカシング
真我と出会う内面への旅
※スピリチャルボディーワーカー卒業生
チャネリング&リーディング卒業生
は半額


第七回目 コラージュ療法
心のパーツを組み立てる
心理療法的分析方法
空間的解釈
意識と無意識を繋ぐもの
変容を促すもの
全体を見渡すもの
アクティングアウト
スピリチャル的な解釈
フォーカシングORサイコドラマ

○持ち物、雑誌(切り抜いて良いもの)、広告、旅行代理店のパンフレット
はさみ、のり、セロハンテープ、


第八回目 絵画療法
コラージュとの違い
HTP(家、木、人)描画方法
心理療法的分析方法
フリーで絵を描く
参加者全員での物語り作成

○持ち物 クレヨン(100円ショップのもので可)


第9回目 夢分析
座学 フロイトとユング
○死と再生のモチーフ
○意識、無意識、深層意識、集合的意識(普遍的意識)
○原型
グレートマザー
アニマとアニムスとペルソナ
シャドウ
○老賢者
連想的解釈方法
象徴的解釈方法
スピリチュアル的な解釈
フォーカシングORサイコドラマ

○持ち物 以前に見た夢


第10回目 インナーチャイルド
インナーチャイルドの癒し
アダルトチルドレン
○粘土を使ったワーク
○ごっこ遊び(おままごと)
○インナーチャイルドを癒すメディテーション
インナーチャイルドの要望を参加者で満たす遊び


■開催日
☆休日コース
2月21日 日曜日 11:00~14:00
☆平日コース 第一回目
2月23日 火曜日 11:00~14:00
※二回目以降は参加者で相談して決めます。
※大体月に一回のペースで進みます。

■参加費
各講座とも一こま 三時間 8000円 再受講 4000円
■参加資格

ご自分の魂の本質ややりたい事を知りたい方

心が自由で楽になりたい方。
セラピストのスキルアップを望む方

※過去一年以内に
精神科OR心療内科に通われている方はご遠慮下さい。
■定員
各回共に 6名様
※グループワーク主体の為最低開催人数三人
■場所
パワースポットさむはら
http://blog.livedoor.jp/fukuchi00/archives/50912656.html

チャペル5人以上集まれば 地方にも出張可能です。
地方の場合は一日に二コマの集中講座になります
チャペル3人以上集まれば パワースポットさむはらにて随時開催できます。


追伸
リクエストがあれば、誘導瞑想による前世療法もありかな?


<講師の 福地 結路 プロフィール♪>
1969年 東京に生まれる。
中学の頃よりヨガの本(沖ヨガ)を読み自宅でヨガをする。
大学の頃より先祖の方々が目の前に現れたり、御心霊が夢枕に立ったりして、自分がスピリチャルの能力がある事を自覚する。
但し、天然でコントロールが効かないので、浮遊霊の憑依を受けたりする。

明治大学卒業後、メーカーでSEをして趣味でヨガを習う。
その後「癒す心、直す力」という本を読み、ナショナルカイロプラクティックアカデミーと全日本カウンセリング協議会に通う。
H8年より接骨院に勤める。
その後「体とことばのレッスン」という本を読み、竹内スタジオるつぼに通う。
H10年接骨院を辞め、全日本カウンセリング協議会研修センターにてカウンセラーをしながら、本格的な心理学の勉強の為放送大学に編入学する。
学生とボランティア活動をしながら、役者の真似ごとで舞台に立つ。
H12年学校卒業とカウンセリングのスーパーバイザーの死により生活が変わり、癒し系のショップで働きながらアロマテラピーの勉強をする。

カウンセリングやカイロプラクティックや演劇や舞踏を勉強したりと、色々とモラトリアムのニート的な時代を潜り抜けるが、1999年に地球が崩壊しなかったをきっかけに現実生活に戻る。

社員として癒し系サロンで働いた後、
店舗型サロンから隠れ家的サロンに移行。
自宅サロンをしながら占いの学校に通う。

2006年正月 心不全から腎不全となり肺に水が溜まり生死の境をさまようが、
退院と同時にスピチュアルの扉が一気に開かれ、人々とのご縁が繋がり、
活動もこれまでのセラピスト+占い師の活動から、
エネルギーワーカー的な活動が増え今まで封印していた並行次元語を
再び話し始めることとなり、チャネラー的な活動も開始。
その後、プラネットレイキなど福地結路が創始者となるエネルギーが
降り始めたり、福地結路が巫女役となり公開神降ろしを行ったりしている。
現在
エネルギーワーカー養成講座やチャネル&リーディング養成講座のなどの
講座を開催し多くのライトワーカーを目指す人たちの養成に励んでいる。


パワースポットさむはら 福地 結路氏のブログ
http://ameblo.jp/samuharadoujyou/
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3603796&from=navi&_fof

AD