saltykonbu's Triathlon Diary

読むとハンガーノックになるブログ


テーマ:
正月に無理矢理測定したテストから一ヶ月半経過これからのトレーニングに向けて再測定になります。
今回は中2日のレストからのFTP測定です。前日はお酒を少なくして早めに就寝し朝に備えるw少し体が重い感じしますがウオームアップオイル脚に塗ってドリンク準備してベランダへ向かう(少し憂鬱)
ミノウラ三本ローラーを使用
ウオームアップ 10min 軽く回しなが様子見してインナーで150w位で流す。
fastspin 30/30*5 ちょっとペダリング乱れる
down 5min
LT 5min 100% パワーは上がるので問題ない
down 5min
FTPTEST 20min 前半おさえて入ろうと思ったが240wで10min経過すると足が苦しくなる。少しペース落として(10w程度)何とか切り抜け最後の5minはもがく(当社比)心拍数も上がり160拍苦しい、そのままパワーkeepして何とか修了
最後は苦しくて声が出ちゃった(笑)近所迷惑ですね~
down 10min
最近疲れぎみで練習量減らしていたので体調良かったかもしれない。


正月より進化したと言うよりちゃんと測定できた結果かも

ランチはいきなりハンバーグ

データ少し間引かれてないか

昨日届いた激安オイルAZロードレースSP
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日エントリーした五島長崎のバラモンキングの出場決定通知が届いた。
前回出場したのは2003年の初IRONMAN
当時の練習日誌を見てみたら
swim 10k/m bike 600k/m run 100k/m
共にIRONMANを走りきるには明らかに少ない練習量でした。

Cat.pl 100    
Race 454    
Age 39
Over all    13:55:16
Swim    1:32:02    555  
Bike  6:35:15    247 
Run  5:47:59    643  

先日の台湾前の練習と比較して半分ちょっと位の練習量では撃沈しても仕方ない。
当時ストーンキッズから大量にエントリーしてお祭り気分で楽しめた記憶があります。
バイクで脚が終わってそれからランは辛いだけという記憶しかありませんでした。
スタートまで後6ヶ月計画頑張ります。




OGKAero-1 初代Ceepoモデルが叩き売りしていたので迷わず購入(7000円)サイズや形は問題なしですが暑すぎる。冬専用モデルかも

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バラモンキングにエントリーしたので、冬の間も怠けず練習しないといけない状況です。

前回出場したのは2013年遥か13年前、IRONMANに誰でも出れると聞いて(以前の琵琶湖大会は基本的に出場するのが非常に難しかった)エントリーしましたが、何もわからず練習していたので結果はバイクで売り切れて、ランは歩くのみ。。練習が圧倒的に不足していました。
例年、冬はぼちぼちトレランとかサイクリングとか無計画に適当にやっていましたが、師匠の勧めで「TrainingPeaks」の有料プランなぞ申し込んだら、簡単に年間計画が作成できる。
彼は休ませてくれないのです。日々の練習しろとATLを積み上げろと半分脅迫です。
年間1万円ほど注ぎ込んで雇ったコーチなので、年間計画を作成してみました。
期間とターゲットレース、TSSを選べばあっという間に年間スケジュールの完成です(笑)
基本的な時間やTSSはスケジュールされるが具体的な内容は別途コーチを雇ってメニューを作成しないと駄目です。この部分は去年のトレーニングを参考に自分で考えてます。近くに師匠もいるので飲みながら相談出来るし。

それと加齢による回復時間を勘案して、2週Hard1週Easyにプランニングしてみました。
どうなるかは、来年のバラモンキングの結果として出るでしょう(よくも悪くも)
練習のベースとして毎日朝晩時間を確保する事は難しいのですが、毎朝30分ローラーをメインとしてメニューを組立たい。内容は日によってインターバルやリカバリーになると思います。
これを書いたら止められなくなってしまうな。
冬の間(本格的に開始は12月末スタート)は、強度重視のプランで春先になったら距離重視へ移行(一部で流行?Reverse Periodization)の予定です。
メインのトレーニング以外は、リカバリーやノンビリ過ごしたいけど果たしてどれぐらい高強度練習が出来るかがポイントになると思う。

寒いし暗いベランダでローラーインターバルこれしか無いけど。
スイムは、強度よりもやはりスキルなのでフォーミング中心に泳ぎこみ。
ランは空いた時間に最大でも20k位か気分転換にトレランするかも。

補強のため体幹トレーニングも組み入れます。こいつは地味にきついっす。
去年の課題であるスイムとランニングの強化が一番なのですが暗い中走りたくないのでどの様にトレーニングするか悩み中です。
今年は少し計画通りにやってみたいものです。去

年は仕事のトラブルで2か月程無練習期間があったけど、それは仕方がありません。


先週の結果ですが、多いよう見えるがたいしたことない
現在の疲労状況などみれますが、基本前日の疲れが残っていれば休みます。


こちらの方
http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/
こちらの方
http://rumiokan.com/

参考にさせてもらってます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
順番が前後していますが、四国合宿一日目は、西日本最高峰である石鎚山へ登山となった。
竹槍会長の案内で高知からアプローチです。
石鎚山とは、標高1,982mの天狗岳を主峰とし、標高1,974mの弥山、1,960mの笹ヶ峰など、四国の屋根となっている石鎚連峰のうち、山岳信仰の象徴となる天狗岳と石鎚神社の山頂社がある弥山のことを指しているらしい。
標高1400mまで車で登れるのでアプローチしやすいと思ってましたが大きな間違いで、頂上付近は鎖場の連続でかなりびびった。名言『楽に登れる山はない』
愛媛側から登ると『試しの鎖』『二の鎖』『三の鎖』と三回登らないと登頂不可能な修業の山である。
高知側からアプローチすると二の鎖場へ到着する。見上げた鎖は垂直で上まで確認出来ない。これほどの鎖場は初めてなので心して昇った。鎖は大型で安定しているので慎重に手足を運べばそれほど難しくない。途中ツアーで登っている方が多くゆっくり待たなければならない。長時間は疲労するので申し訳ないが横から抜いて昇ることにした。北側斜面は石に雪が着き滑りやすい。脚に荷重を掛けすぎないようにして坦々と登る。少し滑りながらも二の鎖場をクリア出来た。どうしても鎖場が嫌な場合は巻き道もあるので回避は可能です。
会長が第三の鎖場を登っていくのを追いかけて登り始める。
後で聞いた話であるが先日も滑落事故があったようです((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
何とかクリアすると頂上は神々しく素晴らしい景色でありました。
そこからもう一度ピーク目指してトラバースしますが片側絶壁のためぴよってしまった。無事三人とも頂上を制覇してランチタイムとしました。山で食べるラーメンは美味しかったです。
帰路は巻き道経由で降りますが木道が凍っていて怖かった。
時間はそれほど(五時間ほど)かからなかったけど霊峰石鎚山は素晴らしかった。
四国の山は切り立っていて本州とは違っている。


今回は左側側の土小屋ルートでアプローチ

鎖場凄い

ここもガクブル

天狗岳にて記念撮影
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
初上陸の高知は『第1回奥四万十ウルトラトレイル』に参戦しました。
スタートは廃校となった学校に布団を並べて仮眠。快適に眠れ騒ぐやからもいなかった。二時間ほど寝て朝三時スタート
南国高知とはいえ11月の朝方は冷えるのでレインウェア着てスタートです。まずは天狗高原へいつもの通り入りはゆっくり進む。景観の良い高原と聞いていたがまだ夜明け前のため景色全く見えず残念です。
稜線に出ると物凄い風で寒すぎる。風力の音がビュンビュン響く。
天狗高原の第一エイドで軽く補給してから走りやすい下り基調のトレイルをひたすら走る。
ヘッドライトが暗くて足元がよく見えない。
何度か登り返してからボス山(不入山)へ、この頃夜が明けてきた。朝焼けが綺麗です。
切り立った谷沿いの急登を昇る。苔が多くいい感じですが滑りやすい。何とか登頂してから激坂降りて四万十川源流ポイントへ
要所には案内人がいるため迷うことは無いけど人が入った形跡は少ない登山道がメインです。スレ違った登山客はゼロ、ハイキングコースはあれど四国の山は平地から急こう配で1000m位登る山が多く、気軽にハイキングするにはちょっとハードルが高いのかもしれません。
何とか40k地点の第二エイドに着くも制限時間まで余裕なく、風力発電の巨大な風車と遠くに見える山々が美しい。この辺りからアスファルトロードが増えて下りを走りますが、右の大殿筋と腰に違和感があり走れなくなりひたすら歩く。尾根道歩く、ちょっと走る。
延々と7kmほどの舗装林道(14%とか)を降りて、第3エイドに到着するも腰は固まった状態となっており、制限時間までまだ30分あるが、最後のラスボス山は難易度が高く完走というか途中でやめれないため、残念ですが、ここでリタイヤ(DNF)としました。
ここまでの実績(Suunto Ambit2)
走行時間 11:26
距離 55.37km(残り20k位)
Ave   4.8km/h
獲得標高 2509m
獲得降下 2919m
このコース、四万十の山々を堪能できる素晴らしいコースと運営でした。
完走できなかったのは完全に実力不足です。
一緒に走った、竹槍会長は20位ぐらいとスタート前のナーバス状態から走り始めたらスイッチが入り、好成績でゴールしたようです。
個人的には、トレランレースはローカル大会や小規模な大会が楽しめると思ってます。


スタート

スタート前は元気

暖房入って快適に眠れた
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

落ち着け自分、後42km走ればゴールにたどり着く
コースは、片道10kを2周する周回コースですが、自分は片道7kの周回と勘違いしてました。
事前にコース図で確認してましたが、予想よりも起伏あり、日陰はまったくなくサバイバルレースな予感です。
競技場からランスタートです。いきなりお腹が苦しくなり歩きながらの苦しい展開となりました。何とか1キロ過ぎたら走れるようになってきた。
序盤は、先輩アスリートの32さんについて淡々とキロ6:30程度で進む。
このころ暑さがピークとなり、エイドで水と氷をかぶって何とか走り続けました。
途中のコースが思った以上に起伏があり、暑さもあって走るのが辛い。
前半のエイドには、冷たい水と氷があったので助かったが、上着に氷はお腹にたまって今一歩でしたが、パンツに入れたらよく冷えた。
キロ6分ちょいで走れたのも1周目だけで、折り返しでGoさんや何故か太一君の応援を過ぎると
両腿の内側が痙攣、フクラハギの上が痙攣。。。走れなくなって徒歩で進む。
そこからは、痙攣→回復して走る→痙攣の繰り返し。。。塩が欲しい
途中のエイドで、スイカ用の塩をつまみ、台湾GELを流しこむ事数回、涼しくなってきたこともあり、30k過ぎから徐々に回復して走れるようになってきた。
すれ違うたびに後ろから来るルームメイトのちくわ君とカジ社長、恵子さんのプレッシャーに押されて気合が入ります。みな同じ条件辛さも一緒です。
後半35キロ過ぎると下りが多くなり、ペースも上がる。
最後の競技場ゴールは、なぜか上に上がってから階段下りてゴールするとはここでこけたらカッコ悪い。
最後は、力を振り絞ってダッシュでゴールへ向けて走りこむ。
ボロボロになりましたが、無事ゴールすることが出来ました。
『You're an IRONMAN』のアナウンスに感動した。

これでやっと一緒に練習している仲間に入れるような気がする。

10年以上ぶりのIRONMANなので、ほぼリセット状態、二度目のIRONMAN完走
その後続々とゴールする仲間の応援には疲れて行けなかったけど無事皆がゴール出来て良かったです。
ラン前半でもう少しミネラル補給をすべきでした。
ゴール後、ビールがあったので2本補給しました。
内臓が元気なのはロング完走の条件だと思います。


装備
ウェアはバイクと一緒
心拍計は外す(鬱陶しい)
サンバイザー 2ZU
シューズ プーマFaas400
ソックス DryMAX最高
首に日焼け止め&保水用にクーラーが欲しかった!!

SPLIT ACCUMULATIVE
LOCATION TIME DISTANCE SPEED/PACE RACE TIME OVERALL DIVISION GENDER
Run 1km 00:09:09 1.0km 6.56 / 9:09 07:58:43 198 13 181
Run 6km 00:36:38 5.0km 8.19 / 7:20 08:35:21 205 13 187
Run 11km 00:35:46 5.0km 8.39 / 7:09 09:11:07 194 13 176
Run 16km 00:36:13 5.0km 8.28 / 7:15 09:47:21 195 13 177
Run 21km 00:35:09 5.0km 8.53 / 7:02 10:22:30 184 12 165
Run 26km 00:43:50 5.0km 6.84 / 8:46 11:06:21 199 12 180
Run 31km 00:37:58 5.0km 7.90 / 7:36 11:44:20 204 11 182
Run 36km 00:36:41 5.0km 8.18 / 7:20 12:21:01 199 10 177
Run 41km 00:33:24 5.0km 8.98 / 6:41 12:54:25 194 10 172
Run 42.2km 00:00:28 0.1km 12.86 / 4:40 13:03:59 194 10 172

過去のIRONMAN長崎の記録があった(2004年)12年も前

Cat.pl    Race    No.    NAME     Age    Sex    Nation    Over    all    Overall    Place    Swim    S.pl    Bike
100    454    Murata    Shin    39    M    Japan    13:55:16    468    1:32:02    555    6:35:15    247    8:07:17    297    5:47:59    643    

当時は、Dev100位と後ろには30人しかいなかった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最初の一時間は、水分補給と抑えた走りを頭に置いてスロースタートです。
スイムで頑張らなかったのか、心拍は130ぐらいで安定しているので、軽いギアを回して走る。
脂肪燃焼モードに切り替えるため、最初はバームと水分補給のみで行く。
疲れずに早く走るには、登りは頑張らず平地と下りでAveを稼ぐ走りに徹して登りで抜かれても頑張らない。今回のコースは登りがあっても2%位なので結局全てアウター(52)で走りきりました。
スタート直後は、早朝の為暑さは気にならず、快調に走る。
第一エイドはボトル満載だったので、水だけもらって飲んで走り続ける。

35km過ぎから「1周45km×3の周回コース」に突入、エイドは2カ所
周回コースに入ると後ろから赤いウェアの篠崎選手にあっという間に抜かれた。
徐々に暑さを増すが、離島の美しい景色を眺めながらのバイクライドは楽しかった。
濃いめのクエン酸ウオーターとOXYスポーツを交互にのみながら淡々と距離を踏んでいく。
30分に一回、ボトルからトップテンとメイタンミックスを補給するが、甘くて歯が痛い。
ここからのエイドでは、気温も上がったので、毎回エイドで停止して水をもらい頭からかぶって冷却する。アームクーラーと背中にも水をかける。水が冷たくて気持ち良い。
エイドは約20k間隔であるので特に不自由ないが、巾が狭くて停止を強いられるはちょっともったいない。前を走る外人が自分の目の前にボトルを転がした。。。踏んづけたけど落車はしなかった。右側の通行には慣れないです。キープライトかよ
皆さんボトルを足元に転がすのが良いと思っているようですが、基本は右側に誰もいないときに遠くに素早く投げるですから。ツール見て勉強しましょう!
予定通り?先行する同室メンバーに追いつき、抜き去る(皆さん暑さでやられたらしい)
淡々とAve30km/hをキープして走り続けるがじりじりと背中に暑さを感じて来た。
後半のエイドで、フロントブレーキのシューが外れるトラブル発生、使わなくても何とかなるコースですが、周回コースなので再度エイドに戻ってきたら、ブレーキシューが落ちていたので無事装着し難を逃れることができました。バイク終盤は暑さも本格的(30℃以上)になり暑さを感じてますが、周回路を終えてT2を目指して少しペースを落として走る。

補給食作戦
 バイクボトル(エネルギー補給) TOPテン2本+メイタン3袋 ほぼ飲みきった
 バイクボトル(水分ミネラル補給) グリコ クエン酸アミノ酸 2袋濃いめ
 バイクボトル(水分ミネラル補給) グリコ OXYDIRVE 2袋濃いめ
 インスタントみそ汁(赤だし) 2袋
 メイタン・サイクルチャージ・カフェインプラス200 2袋
 アミノバイタルプロ 2袋 

途中、脚の状態を確認するため軽くダンシングしてみると左脚が少し攣り気味なので、インスタントみそ汁(赤だし)を小分けで吸って塩分補給をする。すると思った以上に回復し攣りは収まった。
暑い時期は、冷却とミネラル補給がポイントであることを実感した。
ただし、インスタントみそ汁を直接飲むのは塩分濃度が濃いので、フラスクに入れて薄めるなど対策が必要かもしれません。
前半からペース変わらず、6時間丁度でバイクフィニッシュとなりました。
脚も心もまだ元気(いままでロングはバイクで潰れていたので)なので、シューズを履き換えてランをスタートする。暑さはピークに達し蒸し暑さがひどい。

使用機材
フレーム Boardman AIRTT 9.6 size SM 直進性高くハンドリング最高
ホイール BoraOne50 乗り心地とエアロの高バランス
タイヤ  シュワルベ IRONMAN 24c 走行抵抗ナッシング
クランク ULTEGRA FC-6800 52x36T 剛性十分
カセット ULTEGRA 12-25 クロスギア坂でもこれで十分
ハンドル Profiledesign OZEROTT ちょっと硬いけどかっこいい
DHバー デットストックのT-MAG 軽さ最高
サドル  セライタリアフライトTT  やっぱり普通の形状が良いかも
ストレージ PROFILE DESIGN ATTK UNIT storage Case  容量少ないけど物が落ちない
ボトルゲージ TNIトライマルチゲージ コスパ最高、作りも良い
パンク修理  CO22本+ムース1本
ペダル  タイム  これ以外使えません
シューズ 初代s-works そろそろ壊れそうだけどこの靴最高

ウェアなど
ヘルメット Bell StarPro ちょっと暑いけど空力最高だぜ
サングラス  LION SIN-M やっぱり日本製が顔にフィット
アームカバー 日焼け防止、水かけると涼しく、寒くなったときは防寒に使える
ウェア ガノ ストーンキッズスペシャル(国内未販売)
ソックス Drymax 濡れても足はいつでもドライ
カーフガード SEP 色あせたオレンジそろそろ新品欲しい

SPLIT ACCUMULATIVE
LOCATION TIME DISTANCE SPEED/PACE RACE TIME OVERALL DIVISION GENDER
Bike 30km  00:57:29 30.0km 31.31 / 1:55  02:40:53 430 29 393
Bike 52km  00:43:17 22.0km 30.50 / 1:58  03:24:11 381  22 349
Bike 74km  00:44:23 22.0km 29.74 / 2:01 04:08:34 333 20 307
Bike 96km  00:45:23 22.0km 29.09 / 2:04 04:53:58 290 17 268
Bike 118km 00:44:41 22.0km 29.54 / 2:02 05:38:39 257  15 236
Bike 140km 00:45:53 22.0km 28.77 / 2:05 06:24:33 220 14 200
Bike 180km 01:19:21 40.0km 30.25 / 1:59 07:43:54 199 13 182

もう少しDHバーに荷重しても良いかも

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝いちばん暗い内から、バイクと補給食の確認です。
懸念していたリアタイヤのスローパンクは空気抜けもなく一安心です。

スイムについては、ウエットスーツ着用が許可されるか否かが個人的にはポイントと思ってました。
前日選手説明会発表の水温は、24.3℃とギリギリ着用が許可される温度、ですがスイムの得意な選手や暑さ対策でノーウェットを選択する選手もちらほらおりました。
コースは、1.9kmの四角形を二周する。

夜明け(6時)とともにプロがスタート、その後10名毎にWebスタートなので一斉スタートと比較すると泳ぎやすい。前回の70.3の時もでしたが、相変わらず平泳ぎが多く蹴られること数回
それを追い抜けない自分がいますが、先日のオープンウオータースイムで教わった通り、潮の流れにのって(当日は左から右へ)泳げるよう左側から第一ブイを目指す。
泳ぎやすくなったのは一周目が終わったぐらい。陸に上がってタイムを確認すると44分と想定通りでした。二周目に入ると泳ぎやすいですがなぜか進まない。

潮の流れが速くなったようです。
それでも落ち着いて二周を泳ぎ切り、水を飲んでタイムを確認すると1:32まあこんなもんでしょう。後日GPSでコース確認したら、やはり4k以上泳いじゃったみたいですw
バイクは半分ぐらい残っているのでアジア圏のアスリートはスイムがそれほど速くないかもしれない。
落ち着いてバイクウェア(ストーンキッズ公式レースウェア)を着て、腕にはアームガードを装着してバイクスタートです。
トランジッションに10分もかかってしまったので要改善です。



使用機材
去年購入した激安ウエットスーツ(1.2万)dhb製 サイズML
ゴーグルは、VIEW Blade ORCAを新規導入(これいいですよ)

LOCATION TIME DISTANCE SPEED/PACE RACE TIME OVERALL DIVISION GENDER
Swim 1.9km 00:45:27 1.9km 2.51 / 23:55 00:45:27 552 39 501
Swim 3.8km 00:47:39 1.9km 2.39 / 25:05 01:33:07 521 38 471

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

台北にて一日宿泊してから現地入り
バイクは台北松山空港にて業者に輸送を委託したので荷物は少ない。
離島行きの飛行機は小さいので自転車を大量に運ぶにはキャパが不足しているのが理由らしい(後日確認するとマンダリンエアは大きめなので持ち込めたらしい)
台北では空港近くの安宿を予約したら、雑居ビルの12Fがホテルというなんともビックリなホテルでした。内装やベットは問題なく非常にキレイでこれで5000円程度なら良いかなという所でした。
やることもないので近くのマッサージ(ビル全てがマッサージ店)にて全身マッサージをしてもらう。力が強くかなり痛かったが旅の疲れは取れたかもしれない。60分全身マッサージ1100NT$でした。
夜は台北に単身赴任中の友人と会食です。
一緒に江戸川を走っていた時からはや5年ぶり再会です。
聞くと台湾に一人だけ赴任して周りはみな台湾人らしく、いろいろ苦労が絶えないようです。
彼に連れて行ったもらったのは、チェーン店の中華料理店へ
廻りの人たちもほとんどが、麺にお肉を食しておりました。

おねーちゃん達はみな化粧が濃いような気がします。台湾の食堂はなぜかビールを置いていない店が多く、聞くと食事中は飲まないらしい。
食事の後はタクシーでパブへ移動。お店は本格的なパブな作りでビールやウイスキーがお安く(日本円500円程度)で飲めます。
相変わらずですが、一皿の料理は量が多く二人で食べきれなかった。こりゃ太ります。
レースが近いので深酒をやめて、本日は終了です。
台湾赴任歴5年、あと何年続くかわかりませんが、Kさんがんばって下さい。
翌朝、松山空港からマンダリンエアにて、馬公へ向かう事となりました。
昼ぐらいに変なキャラクターが張ってあるけどシェラトンホテル(初シェラトン)に到着し梶さんに合流出来ました。
Expoを少し覗いてみましたが、Tシャツ安いと思ったらみなサイズが大きすぎて購入せず、IRONMANタオルのみ購入しました。
バイクを受け取って試走すると、前輪から音がするため確認したら、セメントを塗っていない部分で音鳴が発生しているみたいなので、前輪を外してタイヤの貼り直しをした。
次の朝、バイクチェックインの予定であるが、リアがスローパンク気味(涙)なので、リアタイヤを確認したら、バルブコアから漏れているので、延長アダプター込で交換して再度貼り付けた。
現地で前後輪張り替えたのは初めてかもしれませんがリムセメント持ってきて良かったです。
その後、落ち着いてT1へ向かい、バイクをチェックイン出来ました。かなり暑いかも

雑居ビルの12Fがホテル。部屋とセキュリティは問題なし

部屋は綺麗、バスも良い

町中にあるレンタル自転車。台湾市内はこれが良いかも

初めてのシェラトンでしたが、不思議なキャラクターの人形が。。。。

台北のパブ。本格的です。

部屋からの景色。期待してはいけなかった。

ビル全部がマッサージルーム。ちょっと高級ですが全身マッサージ60分NT$1100

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

国内でのIRONMANがなくなり海外遠征しなければIRONMAN大会に出場出来ない状況となり、5年ぶりにIRONMAN台湾に参戦です。前回は70.3なので今回のIRONMANとは全く違う大会という意識で参加しました。
そもそもIRONMANdistanceのレース自体参加は10年ぶりなので完全に浦島太郎状態、初参加の気持ちで準備と計画を考えてみました。
練習計画
一番大事な事ですが仕事があったり故障したりといつも予定通りに進まないのはいつもの事です。大会エントリーしたのもギリギリの7月末時点で休みが取れそうという理由からですが春先から意識して練習に取り組む。
2月、3月は冬場の練習不足で全くの低空飛行と体調不良で練習出来ず。四月には行ってからやっと体が動くようになってきた。

スイムについて
去年左肩痛みで全く泳げなかったのでスイムが一番心配していましたが、痛みがなくなると不通に泳げるようになった。しかし力任せに泳ぐと違和感あるので全体的に水にのって泳ぐ意識で練習しました。まあ週一位ですけど。レース前にオープンウオータースイムで海に対する不安を無くして以上という感じです。

バイクについて
春先に組み立てたBoardmanを調整しながらのポジション探しの旅が続きました。
今まで使用していたTransitionと比較してフロント周りの剛性が高く非常にhandlingが安定しており、DHポジションでの直進安定性が高いです。
現状と比較してアグレッシブに低いポジション(3センチ低い)で調整をしてみた。
シートポジションは従来継承で高すぎない位置で、クランクは股関節の可動域が楽な165mmとして試走を繰り返した。いつもの江戸川ロングrideでは腰が痛くなったりブレーキが引きずったりとトラブル続きましたが8月に何とかポジションは決まりました。
江戸川rideでも150kを通してDHポジションで走れることを確認したけど、Ave30kmhは超えることはなかったです。
練習時はパワーメーターで随時NPとTSSを確認しながらオーバーペースを押さえ込み体に強度を覚えさせた。本番ではPMを使わないからです。
空き時間はなるべく三本ローラーにのって乗車時間を増やす。これが体幹強化に効いたようです。皆さん嫌いと言ってますが固定より実走行に近いので一時間位なら全く飽きません。
一番辛かったのは、山梨合宿ですね。暑いし地獄坂は登らないと帰れないし


ランについて
特に作戦なく、時間のあるとき朝から走る。水辺公園ぐるぐる走る。ロングランは暑いのでやらないでブリックランも短めで調整するプラン。それでも九月になると調子が上がったのかブリックランでもキロ五分程度では走れることを確認出来ました。
距離も月間130k程度でしたが夏場は厳しかったです。

この程度の練習量で不安でしたがこれ以上は体がついて行かないので無理して疲れるより良いかと考えました。
海外レースでは不安な旅行プランについてはカジ社長のツアーに便乗して楽しく過ごす事が出来ました(これ重要)

竹槍会長のバイクと並べてみた。より前へより高く!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。