お客様から物件探しを依頼される際、多い要望が「競合がいない人通りの多い立地」!


そして、特に美容室や理容室、1000円カットの場合これがとても難しい!


しかし、仮に「競合がいない人通りの多い立地」が有ったとして、それが本当に良い立地なのでしょうか?


もし、その様な場所を確保し出店でき、更に繁盛店になった場合、当然同じスタイルの大手競合店が出店する時代です。


そのときに経営戦略をもって対応できなければ、大手競合店に顧客を奪われ売り上げが下降してしまいます。


逆にすでに飽和状態の地域に出店しようとも、躍進を続けているサロンさんも多くいらっしゃいます。


物件探しでは、もちろん良い立地は必要です。


しかし、立地ばかりに頼りすぎた出店計画では、持続した売り上げ向上は難しいのです。


今現在、自分ができる経営戦略と立地のマッチングが大切です。


第14回サロンアプリケーションズセミナー~サロン経営向上編~ では、森大志税理士事務所 森大志氏をお招きし、

「安売り競争はダメ・格安(低価格)美容室の徹底分析!」をお話しして頂きます。

これからの美容室の経営戦略について、かなり熱くお話ししていただけると思います!

AD

コメント(2)