以前にご相談頂いたお客様で、原状回復工事に関するご相談がありました。


その月の月末に退去予定で、美容室から事務所仕様に原状回復しなければいけなく、見積もりをしたら費用の多さに驚き電話を頂いた次第です。


急遽、1週間だけ居抜きとして掲載しましたが、結局決まらず原状回復する事になりましたが、併せて原状回復費用の見直しもさせて頂きました。


貸主様が手配した工事会社でしたので、貸主様に許可頂いてから原状回復業者を用意し、打ち合わせもさせて頂いた後、再度見積もると150万近く少なくする事が出来ました。


この様に原状回復工事でも、業者によっては大きな差があります。


しかも店舗を造るときと違いますから、デザイン性等の必要はありません。


店舗を撤退するにあたり、原状回復工事をしなければいけない場合は、相当期間前からいくつかの業者にあたり相見積もりする事が大切です。


もちろん居抜き店舗として売却できる事が一番ですが・・・


店舗の退去時のご相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース





AD