テナントの貸主様から、以前この様なご相談の電話がありました。


私どもがテナントを募集させて頂いた貸主様からのご相談で、弊社以外の仲介業者様にて美容室のお客様より申込みが入った物件についてでした。


「今回のお客様をお断りして、再度募集をかけたいのですが」との事


内容を聞くとどうやら、条件交渉を聞き入れ条件が定まったにも関わらず、後から無茶難題の交渉を次から次に入れてきて入居後も不安との事。


貸主様も大幅な家賃交渉をすでに受け入れており、追加の交渉内容は聞いていてもびっくりするものでした。


この様に不動産の賃貸の現場では「後だしの交渉」は、話しが決裂する大きな原因になります。


もちろん開業者の方も、人生の大事な場面ですからなるべく良い条件にて、契約しなければなりません。


しかし、「言ったもの勝ち」といった状況では、契約にするにあたっての「信頼関係」が壊れてしまうのです。


ですから条件の交渉する際、申込み時によく考え「妥当な条件」を見極めなければいけません。


また、「誠意ある交渉」は私ども仲介業者の腕でもあります。


サロンを開業するにあたっては、各場面で「交渉力」が必要になります。


「サロンプロデュース」ではサロン専門不動産会社として、「的確な交渉」のお手伝いをさせて頂きます!


サロン開業の無料相談は

「SALON PRODUCE」サロンプロデュース

AD