日本酒王子のマリアージュ

日本酒であなたの笑顔つくります! 日本酒専門の酒屋「さくら酒店」代表の軌跡


テーマ:

平成28年度もあと1週間。
出会いと別れの季節に淡い想いで傾ける酒。

 

 

群馬県太田市【島岡酒造】SHIMAOKA
『群馬泉 淡緑 山廃純米吟醸 生』

※完全受注商品
GUNMAIZUMI USUMIDORI Yamahai Junmai Ginjo

 

地元農家が栽培する酒米「若水」と、「群馬2号」という特殊な地元酵母を用い、昔ながらの山廃造り(自然界の微生物が入りやすい環境を酒の元の中に作り、その厳しい生存競争を生き抜いた酵母だけで発酵させるという伝統的な製法)で醸した限定酒。

 

なかでも決して製品化されない生酒を蔵元に特別にご用意いただきました。

 

さわやかでフレッシュ感のある青いメロンの様な香りと、芯の通った完全発酵によるドライな旨みが心地良く口の中いっぱいに広がります。冷酒はもちろん、熱々の燗酒も騙されたと思って是非お試しください。

 

口径の広い、薄手の平盃で、鶏の脂の乗った部位の炭火焼、アヒージョなどのオイル系の料理、渋みのある野菜などと。または、70℃付近まで温めた燗酒で生ハムや和牛炭火焼など(肉の脂と溶け合います)。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全力で走っているとき、

まだうっすらとしか見えない先のことをイメージして、

必要ならば一度立ち止まることも必要。

そう考えさせられた酒。

 

岐阜県美濃加茂市【御代櫻醸造】MIYOZAKURA
『津島屋 信州産美山錦 純米吟醸 生原酒』
TSUSHIMAYA Junmai Ginjo MIYAMANISHIKI

 

今シーズンの仕込みの最中に導入された最新型の洗米機を使用した初めての津島屋。正にニュータイプと言うにふさわしい進化を遂げました。

 

美山錦の純米吟醸、という御代櫻醸造さんにとって一番核となるこちらの商品は、経験値も多く「津島屋」のスタンダードとも言えます。

 

これを飲まずして津島屋を語るなかれ。

 

10℃程度に冷やし、小ぶりの白ワイングラスで、

茄子田楽、酢豚、鶏の竜田揚げ、海老芋あんかけなど

陸の食材とともに。

 

蔵元紹介↓

http://www.sakurasakeshop.com/maker/detail/detailG000000005_4.html#B000000073

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

花開き高まる胸に秘めし音
君に届けよ その散る頃に

 

 

滋賀県犬上郡 【岡村本家】 OKAMURA


『金亀桜 純米吟醸 瓶燗火入原酒』
KINKAMEZAKURA Junmai Ginjo

 

平成27酒造年度が2シーズン目となった、さくら酒店オリジナルの金亀桜。1本1本を丁寧に瓶詰し、瓶燗火入を施した後に約1年冷蔵貯蔵した限定品も、残りわずかとなりました。

 

造り手である池島幸太郎氏が岡村本家を退職・開業したことに伴い、このブランドもこの27BYの瓶燗火入をあとわずかに残すのみとなりました。

 

育ててくださいました皆様に、心から感謝申し上げます。
ありがとうございます。

 

最後に散りゆくその様を、桜の散り際の潔さとともに味わっていただけましたら幸いです。

 

10℃程度に冷やして、うすはり五勺盃で、枝豆饅頭、鮒ずし、ふきのとうの天ぷらなどと。また55℃程度に温めて、口径の広い素焼きの平盃で、鶏もも肉の炭火焼、豚のスペアリブ、豚しゃぶなどと合わせて。
 

お問い合わせ↓
http://www.sakurasakeshop.com/inquiry/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。