【HIROKI SAKUNO】Ameba blog

元祖ステップメールのアスメル創業者。株式会社レジェンドプロデュース代表取締役。ファイナンシャルプランナー(AFP)。認定心理士。※アメブロでは公式サイトの更新情報のみを配信中

【ブログ移転のお知らせ】
今まで、公式ブログsakunohiroki.comと、このアメブロをなんとか同時運用していましたが、時間の関係で、一つに統一することにしました。

今後は、こちらの公式ブログsakunohiroki.comにて更新していきます。

引き続きよろしくお願いします。

※アメブロでは公式サイトの更新情報のみを配信中

テーマ:
誠に残念なことに詐欺被害に遭ってしまいました。 
 
あまりに情けないことなので書くかどうか迷いました。 
 
ですが、以後、次なる被害者を出したくないために、勇気を振り絞って書くことにしました。 
 
 
一言で言うと、株式会社ライズデザインファクトリー(代表取締役 渡利直樹:東京都豊島区池袋)は詐欺でした。 
 
弊社は、2016年6月28日に株式会社ライズデザインファクトリーと小型風力発電事業の契約を締結しました。 
 
振り込んだ金額は1,500万円(6月29日9:07)でした。 
 
この金額から風力発電の機会を6機購入するなどの支払いに充当するとのこと。 
 
契約上では、2016年10月末日までに工事完了予定でした。 
 
ですが、日が近づけど完成の連絡が来ません。 
 
 
「どうなってるんですか?」
 
問いただしてみると、担当者が謝罪に来て「実は工事が遅れている」とのことでした。
 
しかし、その後、「風力発電機がスペインから届いていない」だの話が二転三転しました。
 
私も困惑した状況でした。
 
 
ところが、担当者によると、2017年1月末あたりにはなんとかするとのことでした。
 
「まあ信じてみるか」と思い、完成を待っていました。
 
しかしながら、1月末になってもいっこうに動きがありません。 
 
「本当に大丈夫か?」と、何度も電話をするのですが、「担当がいない」といって逃げていきます。
 
もちろん、メールはたいがいが無視です。反応がありません。
 
 
 
 
それでようやく、何度もしつこく電話をかけて、問いただしたところ、「1月末どころか3月末でも完成が難しいので全額返金したい」とのことでした。 
 
工事もやっていないし、発注予定の風力発電の機械も届いていないというのはどういうことだ??
 
 
ここら辺りから「不審」に思い、色々リサーチしました。
 
すると、とんでもない事実が発覚したのです。
 
まず、本来購入予定の風力発電機は購入されていませんでした。
 
販売元のエネラ社の担当者に問い合わせたところ、「発注はあったが株式会社ライズデザインファクトリーからは1円も支払われていない」とのことでした。
 
間違いありません。証言をとりました。
 
エネラの担当者もライズデザインファクトリーから支払われないので困っている様子でした。 
 
あれ?では、弊社が支払った1500万円はどこにいったのでしょうか?
 
風力発電機を買う予定だったのでは?
 
明らかにおかしいとのことで、様々なリサーチをしました。
 
 
すると、他にも株式会社ライズデザインファクトリーの被害者を何件か見つけることができました。 
 
 
ライズデザインファクトリー(渡利直樹)詐欺被害twitter
 
弊社と同様、株式会社ライズデザインファクトリーと契約(この方は太陽光発電事業)をし、お金を支払ったが、工事は手付かず、返金にも応じていないようです。
 
 
もう1件、発見しました。
 
ブログ執筆者が、株式会社ライズデザインファクトリー代表取締役、渡利直樹のセミナー(2016年8月幻冬舎主催)に参加した内容の記事です。
 
そのセミナーでは、過去に詐欺被害に遭い、返金がされていない人が参加されていたようです。
 
質疑応答でそのことをつつかれて、波乱状態になり、代表の渡利直樹は隠れてしまったようです。
 
 
渡利直樹ライズデザインファクトリー詐欺被害者ブログ
 
被害者もすでに何件かいる状態なので、なんとか返金に応じてもらおうと行動しました。
 
2月3日に顧問弁護士を含めて相手先の役員と称する神野氏と協議し、「2017年2月14日に返金する」との合意書を交わしました。
 
 
 
さらに、株式会社ライズデザインファクトリーの神野氏を問いただしたところ、その1500万円は、以前から滞っている支払いに回したとのことでした。
 
弊社の風力発電事業には1円も充当されていなかったということです。
 
そして、今現在、返金どころか謝罪もありません。
 
 
民事訴訟では返金に応じる可能性は低いでしょう。
 
ですが、以後、次なる被害者が出てほしくはないため、あえて訴訟することで、その判決結果を後世に残していこうと考えています。
 
また、刑事告訴も考慮しております。 
 
その際に「株式会社ライズデザインファクトリー詐欺被害者の会」を近く発足するつもりです。
 
もし、すでに詐欺被害が遭われた方がいましたら、弊社に連絡ください。
 
泣き寝入りしては相手の思う壺です。 
 
一緒に戦っていきましょう。 
 
 
メディア関係者の方で、本件を取材したいという方がいましたら喜んで対応させていただきますのでご連絡ください。 
 
 
これから株式会社ライズデザインファクトリー(渡利直樹)との契約をお考えの方は警戒してください。
 
この会社に限らず、詐欺会社には細心の注意が必要です。
 
本音を言えば信じていただけに非常に悲しいです。
 
また今後の経過をブログにて公開していきます。
 
シェアは自由です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全ての物事には「型」があります。ロゴスといってもよいでしょう。完全なるもの(アプリオリ)ではないとしても、「それ」に可能な限り近づこうとする意思が大事であり、近づけば近づくほど高い成果をあげることが可能となります。プロフェッショナルほど高い成果を出すための型の重要性を理解しています。 ビジネスでも同様で、資本主義には高い成果をあげるための「型」であり「ロゴス」があります。 正月になると、毎年「型」の見直しを行うのですが、私の好きな言葉に金持ち父さんの著者ロバートキヨサキのものがあります。 「自分のビジネスから一年以上離れていても、戻ったときには前より収益が上がり、経営状態もよくなっている---ほんとうの意味でのBタイプのビジネスとはそういうものだ。(『キャッシュフロークワドラント(筑摩書房・ロバートキヨサキ著書)』より引用)」 2002、3年ごろに出版されたでしょうか。その頃からずっと心に留めて今日まできました。何度も何度も来る日も来る日も繰り返し目に通しています。体に染み込ませています。 この言葉は、私の中でビジネスに対する「型」であり「ロゴス」です。「型」には賢人の知恵であり気が宿ります。 その知にアクセスするためにも「型」をしっかりと自分のものにする意識をもつときっとよいと思います。 作野裕樹 http://www.sakunohiroki.com 写真はサラダランチです。陰陽の気を整えます。 #サラダランチ

作野裕樹さん(@sakunohiroki)が投稿した写真 -

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【「節目」があるから輝ける。】 あけましておめでとうございます。 2017年もよろしくお願い申し上げます。 最近感じることは、年々、節目の大切さが失われているのではないか?ということです。 24時間ネットにつながる環境やコンビニエンスストアなどの存在。 LINEやFacebookなどで、常に誰かとつながってるような環境。 24時間365日常時オン状態。 陰陽理論でいえば常に「陽」。 気の休まる時がなかなかありません。 このオン状態が年々、増している気がするのは私だけでしょうか? 昔はもう少し違ったような気がします。 年末年始となれば、ほとんどのお店がやっていません。必然、あまり出かけず家族と過ごす時間があったり。 SNSがない時代はさほど他の人の行動などは気にもなりませんでした。 しいていえば、年賀状ぐらいでしょうか。 年賀状を観て、書き手の感情をじっくり味わう。 小学校の頃、年賀状の多さを競ったのが懐かしいです(笑)。 SNSを観ると、元旦や大晦日など関係ないとか、意味がないという人もいます。 しかし、私はそうは思いません。 「節目」って、とても大切だと思うのです。 節目があるから、人間は、気分を入れ替えて、物事に取り組むことができます。 仕切り直すことができます。 竹だって節目があるから、しなやかで強いのです。 昨年、私も6年続けた起業塾を区切りました。 続けた方が良いのでは?という声もチラホラありましたが、やはり、私としては、「節目」が大切と考えて、一旦区切りました。 するとどうでしょう。 今までの時間が「輝き」を増してくるのですね。 「ありがたみ」というか「有限性」に気づき、塾生たちが学んだ時間を自ら輝かせるように思考し始めています。 物事には「終わり」があるから「輝き」があるのです。 ということで、年末年始という「節目」の存在はとても重要です。 節目があるから、しなやかに、強くなれるのです。 節目があるから、輝けるのです。 仕切り直して、また、新たな一年を楽しんでいきましょう。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

作野裕樹さん(@sakunohiroki)が投稿した写真 -

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)