さかたのみかん公式ブログ

みかん農家として独立したので、タイトルを変えました。
家業は相変わらず、肥料屋です。

このブログは肥料屋さん+etc-43および、さかたのみかんの公式ブログです。


私にメールを送られたい方は、弊社ホームページの「メール」よりお願いします。

NEW !
テーマ:

本日、黒点病防除の1回目が終わりました。

 

今年は秀品率を上げるために初めて早めから始めていたし、まだ九州地方も梅雨入りしていなので、日数も体力的にも余裕がありました。

 

そんな今日、2回目のタンク補給の際に、ふと疑問に思いました。

 

「先輩農家さんから農薬→液肥の順番で溶かせと言われたけど、これって逆なんじゃないのか?」

 

それもダイセンを散布していて、乾いた後の付着の仕方がどうもおかしいと言うか、少ない気がする。

 

付着してないと効果がないという訳ではないと聞いたけど、どうも気になる。

 

ということで、補給の時間を使って、付き合いのある農薬屋さんへ電話。

 

答えはやっぱり逆。

 

展着剤(固着剤、マシン油含む)→液肥→農薬

 

の順番とのこと。

 

あー、なんでこんな基本的なことを真に受けてしまったんだろう。

 

やっぱり餅は餅屋ですね。

 

せっかくお金かけて使うんですから、どんな些細なことでも専門家に聞くべきですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんな日の野焼きは暑くて仕方ないですね。

 

さっさと燃やせば良かったのに、今までほったらかしていたツケが回ってきたって感じですかね。

 

そろそろ、合羽着て昼間の防除が辛くなってきました。

 

明日は黒点病防除1回目の最終日なので、早起きです。

 

あ!そうそう!!麦わら帽子を新調しました。

 

夏には必需品です。

 

普通の野球帽だと後頭部が暑くなって、熱中症になりやすいんですよ。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

よっぽどアメブロから離れていたんでしょうね。

 

記事にハッシュタグがつけられるようになってるなんて、全く知りませんでした(;^_^A

 

FBばっかりやってるからでしょうね・・・

 

エディターも見やすくなってるし・・・

 

PCからの投稿もしやすくなりそう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます(^^)

 

今日は黒点病予防最終日と思っていましたが、ちょっと雨が降ったようですし、今日はちょいと天気が怪しいので、来週に延期しました。今年はいつもより早目に防除に取り掛かっているので、日数にも余裕があります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「もうすぐ梅雨入りだなぁ・・・」

「黒点病の予防は今年は5月から始めようかなぁ・・・。」

「少しでも暑くない時期の方が楽だよなぁ・・・」

なんていろいろ考えていたら、なんと!!

収穫まで半年もないことに気が付きました!!!

一年って早いですね。

ところで、今年のみかんは絶望的に量が多いです。

もう、全国的にですよ。

花の頃なんて、芽が全く出てなくて、花ばかり。

「こりゃ、樹勢が弱るわ、年末は価格が大暴落だわ、来年は成らないわ」とかなり心配しました。

今となっては、遅ればせながらでも芽が出てくれたので、樹勢の低下と来年の不作は回避されそうです。

問題は今年のみかん価格の暴落ですよ。

現在は一次生理落果の真っ最中で、この後二次落果も控えていますので、それ次第ではありますが、そもそもの絶対量が多すぎる!!

落ちたところで、かなりの量が残るのではと思っています。

「芽が遅かったら、落果が進む」という話を聞いては、それが本当であることを願ってるのが、今年の現状です。

ま、こういう年こそ、農家の力が試されますし、個人差が出るので面白いんですけどね。
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:
金曜日に今年の花の防除が終わりました。

次は今月末か来月頭に黒点病の防除が始まります。

防除中っていろんなことが頭をよぎります。

管理する畑を園主さんと半々にしていて、防除はうちがすると替わりに農薬代は園主さんから貰うという取り決めをしてる畑があります。

去年のみかん出荷も終わった2月ごろだったかな?

「今年はこの部分(園地の一定の場所を指さして)が農薬がかかってなくて黒点ばっかりでほとんど売り物にならんかった。」と愚痴られました。

「いや、かかってないんじゃないんです。しっかりと散布しましたよ。
去年の場合は後半に雨が多かったので、どこの農家さんも例年よりも黒点が多かったんですよ。」

そんなやり取りをしましたが、何十年と農業をやってきた人でもその年のことは、やってなければやはり分からないものですね。

なんだか、評論家ってこういうことなんだろうか?記者ってこういうことなんだろうか?

とか集中してるのか、してないのか、よく分りませんが、本当にいろんなことを考えてます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

参考になるのか分かりませんが、切り上げ剪定の一年後を掲載してみます。

 

下の写真が去年の2月に切った状態です。

 

 

切りすぎた感が満載です。

しかも裏年の木を切ってしまっています。

花が来るような成り芽は正面の切り口が見えている所にあった枝にありました。

さて、これが1年後にどうなっているか。

下の写真です。

 

{9E698DEF-934F-46C5-B261-4F914C78CF24}

 

{0C521FBC-F2F3-4B06-89CE-B550C65FC1D4}

 

{8C6D1947-8EDC-4D8A-9B0F-B1899825DBB1}


去年に切りすぎたので、今年は全く触ってません。

 

 

本当は去年みかんが成った枝は下がってくれてその枝の背中から芽が吹いてくれるのを期待していましたが裏年の木を切ったということと、さすがに1年目ではそこまではできないということなのか、樹形はほぼ変わってません。

 

 
しかし、今年は超表年なので花が多く芽が出るんだろうか?と心配していたことに比べれば立派に芽が出てくれています。
 
試しにということで、ここは下からの肥料はやってません。
 
来年もしっかりと成ってくれそうです。
 
しかも、枝の根元のほうからも芽が出ています。
 
更に、株元のほうに大きく切った切り口がありますが、癒合剤を塗らないでもきちんと癒合しています。
 
これを見ていると、肥料ではなく、ホルモンが左右してるということに納得します。
 
これからの課題は、どのくらい切るのがベストなのかを掴んでいくことです。
 
(追記)
今日、写真の畑の定期防除の初日でした。
木の観察は防除時が一番できます。
切り上げ剪定している木は間違いなく充実した芽が吹いていました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大寒波の影響が色濃く出始めました。

まずは下の画像を見てください。


{E11CB0B7-060D-4002-A93F-2AE8FBF1E353}

{0430234C-1DCA-40F5-8F44-CD4048FC1710}

{53A82A8E-36C1-4227-A584-B2CD9E193717}

{3FBF6164-E8B9-45A5-B090-DD2E26211F0F}

{E49D6E1B-1E90-4DA2-84F4-62052B4B3284}

{F76A4602-8378-4C90-A617-C1C60D499764}

{E4CF2A35-5FC8-4425-9204-7D74EF54A797}

{05E78C31-ADB9-470F-AEE9-EC8595238C9F}


それぞれ違う畑です。

ちなみにうちの畑ではありませんので、ご安心ください。

また、かなり酷い害が起こってる木を撮ったので、写真のような木は、ごく一部です。

遠くから見るとまるでドングリの木みたいに葉が黄化しています。

「みかんが枯れてしまって食事も喉を通らない」という話を聞きましたが、その気持ちが良く分かります。

みかんの木ってやつは比較的気候変動には強いと思いますが、さすがにあれだけの大寒波が来ると被害が大きいですね。

不思議っちゃ不思議、当然っちゃ当然なんですが、寒気って風で運ばれます。

その風の通り道は地形によって形成されます。

ということは、その通り道に植わっているみかんは共通に寒気に襲われます。

そこで不思議なのが、なぜ周辺の畑が枯れてなくて、そこだけが枯れてるのな?

すぐに頭によぎるのが、肥料をやってなかったんだろうということですが、聞いたところによると遅ればせながらでも肥料はきちんとやったそうです。

逆に肥料をやってない畑は枯れてないそうです。

問題はこの施肥が遅すぎたという点じゃないかという話になってるそうです。

みかんのような常緑樹は冬季には活動が鈍っていますが、落葉樹のように完全に休眠しているわけではない。
あの大寒波前に施肥した木は肥料をやったことによって、樹液が動いてしまってそれが凍ったんじゃないかと。

ちょっと疑問が残る説ではありますが、記憶に残しておこうと思いました。

果樹の仕事って収穫してるだけという感覚の方も結構いらっしゃるようですし、まさか枯れるなんて想像もできないと思います。

今回のことはあまりにもひどすぎますが、こうやって枯れることも天候のせいだけにせずに、それぞれの努力で回避しなければいけないのも農業なんです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週に和歌山へみかんの研修兼出張へ行ってきました。

行った時には毎年感じますが、和歌山の方々の葉面散布への認識の高さには、いちみかん農家として敬服します。

個選農家さんが多いことも影響しているのでしょうが、「葉面散布なんておまじないか気休めだろ?」みたいな方があまりいらっしゃらないですね。

また、今週は我がみかん園へ三ヶ日と和歌山から視察へ来られました。

家業の特長でこうやって他県のみかん農家さんと直接交流ができることは大きな財産です。

グローバル化と叫ばれてる時代に地元周辺だけの付き合いでは、いつの間にか自分の考えがグレードダウンしてしまうかもと考えると、なかなか恐ろしいです。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今月いっぱいで、うちと同じような中小液肥メーカーが廃業されたとの話を聞きました。

農家さんからも「知ってるか?」と電話がかかってきたりとちょっとした話題に?なっています。

以前なら、これぞとばかりにその会社とのお付き合いのある農家さんに営業をかけるところですが、いかんせんまだみかんが残っているので、そちらが優先です。

それにしても、寂しい限りです。

農家の戸数が減っているわけですから、それにまつわる業者が減っていくのは自然の事ですが、今までのように肥料を売るだけでは続かない時代になってることも感じます。

そこで、うちはみかん栽培を本気で取り組むことで、農家さんと同じ目線からフィードバックすることを選択したわけですが、仕事の割合として、どうしてもみかん管理のほうが時間を大きく割いてしまっているのは反省点かもしれません。

だからこそ見えてくることもあるわけで、信じた道を進むしかありませんね。

【追記】
さすがに見る人によってはこれがどこのことを指してるのは分かるようですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。