さかたのみかん公式ブログ

みかん農家として独立したので、タイトルを変えました。
家業は相変わらず、肥料屋です。

このブログは肥料屋さん+etc-43および、さかたのみかんの公式ブログです。


私にメールを送られたい方は、弊社ホームページの「メール」よりお願いします。


テーマ:

崩落した道路の先にある畑には防除の続きをするために、ホースと噴口をそのまま置いていました。

 

しかし、これがないことには機械があっても防除ができません。

 

引退された方のを借りようかとも思いましたが、市道の復旧には1か月ほどかかるとの市役所からの連絡により、徒歩で取りに行くことにしました。

 

唯一残っているU字溝の中を歩いて、崩落の向こう側へ。

 

 

登り道を歩いていくのは慣れているとは言え、山登りは嫌いな性分としてはさすがに疲れます。

 

さて、園地に到着しました。

 

入口あたりが傾斜地なので、心配していましたし、無事なのを願っていましたが、現実は儚くその願いを踏みにじってくれました。

 

 

はい。完全に崩れていました。

 

下の段で止まってます。

 

もう少し歩くと

 

 

 

見事に石まで落ちてくれています。

 

まぁ、これはすぐに片付くでしょう。

 

もうちょっと行ってみましょう。

 

 

えーっと、ここに道があったはずですが・・・。

 

写真の奥に見える灰色の部分がその道です。

 

完全に塞がれてます。

 

はぁ、ユンボ借りるのがいいかなぁ・・・

 

運搬料まで含めて4万もあれば1日借りられるかなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

あ!!市道が崩落してるんだった。

 

ここまでユンボを運ぶことすらできないんだった。

 

というわけで、手作業でどかすしかありませんね。

 

 

さて、気を取り直して、お目当ての道具を運んで今日の仕事は終わりました。

 

幸いにも他の畑には全く被害がなく、道具を取りに行けただけでも安心しました。

 

雨が落ち着いたら、道を通しましょうかね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ数日の雨の降り方は酷すぎますね。

昨日は念のため動かなかったので、今日、防除の続きができるのか確認するために畑に向かっていると、市道の途中で通行止めの立て札。

{3C0304F6-EBE7-4D90-9F15-930AD5D30A28}


どこがどうなってるのか、歩いて確認しに行くと

{6C060FF1-2A7D-49F7-ABCE-131593CF1F32}


完全に道が崩落してました。

さぁ、困った。

畑への道はこれしかないために、行くことすらできません。

ま、側溝を歩いて行けば良いんでしょうけど。

市に確認すると、復旧までに1ヶ月くらいだろうとのこと。

一昨日にできる限りやっておいて良かったですし、畑が分散されているのが幸いだったと思うしかありませんね。

残り1,000リットル分くらいの2回目の黒点病防除は諦めますが、摘果なら体一つでできますから、出来ることをやっていきましょう。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の続きですが、ジマンダイセンをマシン油と混ぜると薬効が上がることが、試験場の試験結果にありますね。

農家さんがなんとなくで言ってることではないということが、はっきりしました。

やっぱり見た目と薬効は違うのかな。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今は黒点病防除の時期ですが、ダニ予防のために2回目にはマシン油を混ぜています。

マシン油は付着が良くなるのでこの時期がダイセンのためにも良いんだと就農当初から聞いていました。

しかし、どうもおかしい気がするんです。

ダイセンは散布した後に白く付着しますが、どうも白さが弱い感じがします。

アビオンというパラフィン系の固着剤を使うのが一番良いのは分かってますが、いかんせんこれもコストで、うちの支払いサイクルの面で高い薬剤じゃないのは分かってますが、全面使用にはまだ手が出ません。

もちろん、最終的にコストの何倍にもなって取り戻すのは分かってるんですが。

農薬屋さんに聞いてみると、「マシン油は展着剤効果で伸ばしてしまう」という話を聞きました。

今年は黒点病防除のタイミングが難しいですが、今までタイミングも合ってるし、散布量も間違えていないのに満足のいく見た目にできていないのは、こういうことが問題だったのかも。

来年への懸案として、観察を続けましょ。

(追記)

よく考えると、うちが黒点病で困ってる所は日当たりが悪く、なかなか乾きにくい畑でした。

それ以外は特段黒点病を取り上げるような出来でなかったのを思い出しました。

ということは、見た目の付着量はあまり関係なのかな?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

本格的な梅雨空になってきましたね。

 

昨日から黒点病予防の2回目を始めていますが、どうにも雨に祟られそうです。

 

来週いっぱいに終わらせられればジャストタイミングだと思っていましたが、どうにも間に合わないかもしれません。

 

1回目からのタイミングから考えれば、今月中に終わらせればギリギリ間に合うんですが。

 

こうなると、今年の防除のやり方が間違えてたのではないかと思ってしまいます。

 

去年までならば、1回目は6月に入ってからやっていましたので、それならば、もうちょっと日程に余裕が出てたはずです。

 

さ、どうなるかは収穫してから分かります。

 

反省することはありますが、できることから精一杯ですね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

草刈りの休憩中に発見しました。

 

こいつが枯らしてしまうんですよ。

 

就農当初は、結構痛い目に会いました。

 

これからは休憩していても油断はできません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新規就農にも関わることだと思うのですが、ベンチャーも含めて初めてみたが良いが資金繰りに「こんなはずじゃなかった」ということはよくあるでしょう。

その原因はそれぞれだと思いますが、前職と同じ業界だった場合は、「今の製品よりも高品質で低価格ならもっと売れるだろう」。

新規就農なら、「無農薬無肥料の自然栽培なら直売やネットで高価格で売れるだろう」などが最たるものですかね。

前者は要は薄利多売の類いだと思いますが、それはダイエーやヤマダ電機がそれは長続きしないことを証明してくれています。

開業時はそれで売れると思いますが、顧客の要望は日に日に高くなりますね。

前回があの品質なら、次はこのくらいといったように。

それが規格が一定の製品なら問題ありませんが、顧客の要望に合わせて作るような製品なら尚のことです。

しかも、業績が伸びれば伸びるほど、会社の規模は大きくなります。

もっと売りたいということで、営業員の数が増えたり、生産人員が増えたり、営業範囲が広がったり。

それが徐々になので、たちが悪いです。
徐々になので、気づきにくいかもしれませんが、いつの間にか人件費が利益を圧迫しだし、銀行などから借りている資金を返すために必死になり始めます。

そのうち、銀行に返すために仕事してるんじゃないか?といった感じになり始めませんかね?

そうなったらさぁ大変です。

コストや価格設定の見直しをしなければちけませんね。

コスト削減をすると明確に利益が増えると思う方もいるでしょう。

「もっと短期間で生産できればもっと多くの生産ができる」と思うでしょう。

しかし、その生産って今まで時間や人員の余裕があったんですか?
そんな無駄な人員を雇ってしまったんですか?

それなら、無駄にならないような対応をしてください。

もちろん、コスト管理ってやらなければいけないことですが、そもそも、そんなに短期間で目に見えて効果を発揮するほどの無駄なコストをかけていたんでしょうか?

コスト削減って常にやっておかないといけないことではないでしょうか?

次に売り上げを上げるには価格を上げることです。

しかし、当初開業時の信念として、「この品質をこの価格だから顧客は買ってくれている」と思考を邪魔してませんか?

さらにその頃には人員が増えているために、直接販売に関わっている営業員が価格を上げることを反対することもあって、値上げしようという思考を外からも邪魔することもあります。

営業員の中にはこういう人もいるでしょう。

「分かりました‼️私達が今まで以上に売ってきます‼️」

その心意気や良しですが、まだそんな余力を残してたんでしょうか?

残してたなら、業務怠慢です。
そんな営業員必要ありません。

怠慢じゃないなら、そんな意気込みだけあっても会議で「ありがとう。みんなで頑張ろう。」と身内で感動するだけで何も解決に至りません。

結局は開業時のコストと規模拡大した際のコストって違うんじゃないかと思うんです。

違うというか、目に見えにくいというか。

コストカットって、誰しもが考えることですが、値上げって誰しもがやりたくないことですよね。

しかし、高品質低価格なら誰でも売れます。
プロの営業なら、高価格な物を当たり前の価格で売って当然です。

農業のこと書きたかったのに、例の方が長くなってしまいました。

農業に関しては次回に回したいと思います。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「樹冠上部摘果は7月4日が最適だ」って間違ったことを指導してる方がいらっしゃるようです。

遅くても6月下旬には終わらせないといけませんよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

週末はとにかく大変でした。

 

家族で髪を切りに行って帰ろうとした時に車のエンジンがかからない・・・。

 

どうやってもかからない。

 

バッテリーならすぐに分かるし、それならホームセンターまで買いにいけばいいが、セルは回る。

 

というわけで、保険のロードサービスを使って整備工まで運んでもらいました。

 

しかし、帰るための足がない。

 

人数は3人もいる。

 

幸いと言っていいのか、その場所は知り合いがそれなりにいる町だったので、最初に浮かんだ方に電話して車を借りることができました。

 

 

 

週明け、今日、整備工へ行ってみてまだ作業はされていないでしょうが、現在の見込みを尋ねてみると、「まだはっきりとは分からないが、走行距離やかからなかった時の状況からするに、おそらくは燃料ポンプではなかろうか?」とのこと。

 

土曜日の夜に運び込んで、週明けすぐなので、当然まだ分かりませんよね。

 

そんなお忙しい中で、お邪魔しました。

 

 

日曜日は日曜日で、子供会のドッチビー大会。

 

前日の車のトラブルでどっと疲れ果てていたので、朝9時の集合時間に間に合うのか心配していたら、そんな心配をよそに、5時に目が覚めてしまいました。

 

さて、ここから二度寝してしまうと、絶対に起きられないと判断したのが間違ってたのか、その日は一日中眠い!!

 

と、また疲れが取れない週末を過ごし、現在に至ります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、黒点病防除の1回目が終わりました。

 

今年は秀品率を上げるために初めて早めから始めていたし、まだ九州地方も梅雨入りしていなので、日数も体力的にも余裕がありました。

 

そんな今日、2回目のタンク補給の際に、ふと疑問に思いました。

 

「先輩農家さんから農薬→液肥の順番で溶かせと言われたけど、これって逆なんじゃないのか?」

 

それもダイセンを散布していて、乾いた後の付着の仕方がどうもおかしいと言うか、少ない気がする。

 

付着してないと効果がないという訳ではないと聞いたけど、どうも気になる。

 

ということで、補給の時間を使って、付き合いのある農薬屋さんへ電話。

 

答えはやっぱり逆。

 

展着剤(固着剤、マシン油含む)→液肥→農薬

 

の順番とのこと。

 

あー、なんでこんな基本的なことを真に受けてしまったんだろう。

 

やっぱり餅は餅屋ですね。

 

せっかくお金かけて使うんですから、どんな些細なことでも専門家に聞くべきですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。