作家・占い評論家 酒井日香の「占い死ね死ね♡」ブログ溝鼠NEO

元悪徳占い師、現在はおにゃにぃ作家、酒井日香(下ユル子)の占いめった切りブログ。

昔、自分が占い師だったため、全国の占い師さん&霊能者さんをここで叱咤激励しています。


テーマ:

7月15日~7月24日までの

およそ10日間の日程で、日本でさまざまな

セミナーを開催していく予定の世界的ヒーラー

 

「ジュディ・リチャーズさん」

↓    ↓      ↓

 

↑ 顔見ただけでウツの“う”の字も無さそうな、

  元気いっぱいそうなジュディさん。。。☆彡

  ハツラツとしていないヒーラーさんはあんまりよくない

  ですが、この方には独特の明るさ、パワフルさが

  ありますね☆彡 素敵な笑顔です~☆彡( ´艸`) 

 

 

 

 

そのセミナーの参加費が、割引になる

 

 

 

 

「6月1日までの割引期限」

 

 

 

 

が、あと数日に迫ってまいりました☆彡

 

 

 

なので、6月1日まではこのブログも張り切って

 

 

 

 

「ジュディ・リチャーズさん祭り」

 

 

 

 

を行っていきますよ~☆彡

 

 

 

 

もう一度、7月15日~7月24日までの間に

行われるセミナー内容を確認しておきましょう☆彡

 

 

 

【ジュディ・リチャーズセミナー日程】

 

2016年7月15日(金) 

イブニングセミナー 18:30~21:30まで

「今こそ必要なエネルギーワーク」

受講料 ¥4,000-(6月1日までのお申込みなら¥3,000-)

 

 

 

 

 

2016年7月16日(土)

1DAYセミナー 10:30~17:30まで

「花のエネルギーを取り込み、豊かさを深める方法」

受講料 ¥4,0000-(6月1日までのお申込みなら¥35,000-)

 

 

 

 

 

2016年7月17日(日)・18日(月)

2DAYセミナー 10:30~17:30まで ※両日とも

「すぐに使える! 実践手相術入門」

受講料 ¥80,000-(6月1日までのお申込みなら¥70,000-)

 

 

 

 

2016年7月20日(水)

集中セミナー 18:30~21:30まで

「エネルギーワーク入門 ~輝く7つのチャクラ~」

受講料 ¥12,000-(6月1日までのお申込みなら¥10,000-)

 

 

 

 

2016年7月21日(木)

集中セミナー 18:30~21:30まで

「エネルギーワーク入門 ~新体験アストラル界への旅~」

受講料 ¥12,000-(6月1日までのお申込みなら¥10,000-)

 

 

 

 

2016年7月23日(土)・24日(日)

2DAYセミナー 10:30~17:30まで ※両日とも

「すぐに使える! 実用タロットカードリーディング」

受講料 ¥80,000-(6月1日までのお申込みなら¥70,000-)

 

 

 

 

 

★さらに★

7月20日~22日の間は、

セミナー前後にジュディさんの個人セッションが受けられます。

通訳さんがつきますので英語ができなくても安心。

しかも1時間たっぷり見てもらえます。

 

 

ワンセッション 

¥40,000-(6月1日までお申込みで35,000ー)

 

※通訳さんを必要としない方はさらに

¥7000-引きますので、

通訳なし、6月1日までのお申込みならなんと!!!

1時間セッション代金が¥28,000-に!!!

 

 

 

お申し込みはJMAライトワークスの

公式ホームページ

http://www.light-works.jp/category/event

 

 

 

からもできますし、お電話でのご予約は

03-5437-0851  JMAアソシエイツ 

までお願いします。

 

 

 

ちなみにセミナー会場は

ライトワークス五反田本店2F

イベントスペース

(〒141-0031 東京都品川区西五反田2-23-1)

 

です。 お間違いのありませんよう。。。♡

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

さて、ここからセミナー紹介。

 

 

 

今日ご紹介するのは7月17日~18日の

二日間にわたって開催される

 

 

「すぐに使える! 実践手相術入門」

 

 

 

についての解説です。

 

↑ 指が短めで頼りない印象。。。 こーゆう手は

  「水」エレメントを表示します。

 

 

 

 

実はジュディ・リチャーズさん担当アシスタントの

Oさんから、ジュディさんのセミナー解説のために

パンフレットをいただいたアテクシ。。。

 

 

 

それをじっくり拝読して思ったことは

 

 

 

 

「あ! この手相セミナーは観相学の基本が

余すことなく網羅されているな」

 

 

 

 

ということでした。( ´艸`)

 

 

 

 

実は命占(生年月日を元にした占いのこと。

西洋占星術や宿曜、四柱推命など)と、

観相学とは互いに補いあって働く占い方法であり、

実は観相学を学ばずして汝占星術を語るなかれ、

という感じなのだった。

 

 

 

 

むしろ観相学と占星学は車輪の両輪であり、

どちらか一つだけの学びでは片手落ちなんである。。。

 

 

 

 

占星術系、命術系占い師さんは大抵勉強熱心だが、

勉強熱心すぎてむしろ観念哲学(想像力だけで作り上げた

虚構)にがんじがらめにされてしまいやすい。。。

 

 

 

たとえばなんでも星座のイメージを押し当てたり。

 

 

 

 

冥王星だのカーディナルクライマックスだの、架空の

概念にどんどん意味づけを塗り重ねてしまって、

どんどん現実からかい離してしまう。

 

 

 

本当は命占は

 

 

 

 

「観相学を補うための占い術」

 

 

 

 

なのであり、両方を学ばなければとても

正しい占い診断を下すことはできない。

 

 

 

 

そしてジュディさんの手相術は、パンフレットを

読んだ印象では、きちんと

 

 

 

 

「命占との関連」

 

 

 

 

も踏まえて作られている印象を持った☆彡

 

 

 

 

実は占星術のベーシックな考えの中に

 

 

 

 

「火・水・土・風」

 

 

 

 

という、4大エレメントの考え方がある。

(東洋では木・火・土・金・水の5つのエレメント)

 

 

 

 

 

それぞれ火は火星と太陽に関係し、

おひつじ座・しし座・いて座に対応。

プラス面での胆汁を意味し黄胆気質を表示。

 

 

 

水は月と土星に関係し

かに座・さそり座・うお座に対応。

粘液と粘膜を意味し粘液気質を表示。

 

 

風は木星に対応し、

ふたご座・てんびん座・みずがめ座に対応。

血液と神経系を意味し多血気質を表示。

 

 

 

土は金星に対応し

おうし座・おとめ座・やぎ座に対応。

マイナス面での胆汁を意味し黒胆気質を表示。

 

 

 

 

水星は水銀を支配するため中立、とされた。

 

 

 

 

 

このエレメント論を提唱したのはギリシャの

医聖ヒポクラテスと、ヒポクラテスの信奉者

だったガレノスなどで、現在では正直、だいぶ

幼稚なものの考え方であるのは否めない。

 

 

 

 

しかし、ヒポクラテスやガレノスなどの、古代の

医者たちが言いたかったのは、こんな幼稚な

区分ではなく

 

 

 

 

「人体には絶妙なバランスが存在している」

 

 

 

 

 

ということだ。

 

 

 

 

そのバランスが欠けたものが、疾病であるならば、

そのバランスの偏りをこうしたエレメント論で論じよう

とした、という、かなり画期的な試みなのだ。

 

 

 

それは現代でもちゃんと通用する独特の

 

 

 

「人間哲学」

 

 

 

 

なのである。。。

 

 

 

 

そしてこのガレノスやヒポクラテスとおそらく、同じ

ような哲学からスタートしているであろう東洋の

 

 

 

 

「陰陽五行論」

 

 

 

 

から、現代の漢方医学が生まれてきて、漢方の

英知がさまざまな薬効成分の発見につながり、

そこから近代薬学がスタートしていくのである。

 

 

 

 

 

だから本当は、ホロスコープも四柱推命も、その

一つ一つにリアリティなどない。

 

 

 

 

 

ないのだけれど、偏りを

 

 

 

 

「シンボライズする」

 

 

 

 

 

ことによって、心の偏りやものの考え方の

偏りを気づいていくことができるのだ。

 

 

 

 

 

占い師とは、医学と実は隣り合わせで、そういう

知識も本来持ち合わせなくてはならないのだが、

現代の興味本位占星術ではそこまでのことは

書かれていないし、単なる

 

 

 

 

「気持ち悪い観念ポエム」

 

 

 

 

なだけで、なんの意味もない。

 

 

 

 

そんなわけで、ジュディさんの手相ワークの

最初は、手の形や相手の顔の輪郭、皮膚の色合い

から相手のエレメントを特定する。

 

 

 

 

 

んで、実はこれ、なんとも言えない現実との

呼応性があるのだった。

 

 

 

 

たとえば私は東洋だろうと西洋だろうと

 

 

 

 

「水」

 

 

 

 

のエレメントが強いホロスコープをしており、

実際に顔は丸くてむくみやすい。

 

 

 

 

そして東洋では水の反対は土であり、土は砂糖を

表すのだ。

 

 

 

 

 

つまり

 

 

 

 

「糖尿病になりやすい

生活習慣を好むタイプ」

 

 

 

 

である、ということだ。

 

 

 

 

たとえば手の形や皮膚の具合などから見て、

土のエレメントが強いな、と感じられたような

人は食が細い場合が多く、個人プレーで実力を

発揮し集団行動があまり得意でない人が多い。

 

 

 

 

 

そういう人は関節炎や、うつ病、皮膚炎、

ウィルス性疾患に侵されやすい。

 

 

 

エレメント学を使って人間観察すると、その人が

陥りやすい

 

 

 

 

「バランスの崩し方」

 

 

 

 

 

が面白いように推測できるのである。

 

 

 

 

 

なぜホロスコープや、東洋の命盤は

まぁるい形をしているのだと思いますか???

 

 

 

 

 

あれは究極のバランスの調和を意味して

いるのであり、そういう心身の調和を目指して

作られている心身の矯正道具だからです。。。

 

 

 

 

そのうえで、ホロスコープなどを用いて

バランス崩れを修正し、なるべく生活が調和する

ように導いていく。

 

 

 

 

 

だから実のところ、手相・人相は、本当は手の線

とか、しわ具合よりも

 

 

 

 

 

「手の形・顔の形・目の印象・呼吸の仕方、

食べ方、皮膚の色、体温・・・・Etc・・・」

 

 

 

 

 

を感じ取る

 

 

 

 

 

「触診」

 

 

 

 

のほうがメインであり、手の線とかよりも手の

色艶、赤みの具合、爪の色などを見るほうが

はるかに重要なのだが――。

 

 

 

 

 

しかし、これが簡単に、本で読みました、はいそうですか、

とはならないのが、占い学の難しいところ。

 

 

 

 

 

こうした触診や、占い術というのは、何人も

直接見て、感じて、直感として養っていかないと

わからないということだ。

 

 

 

 

 

そして当代きってのエネルギー・ワークの使い手で

あるジュディさんのセミナーでは、

 

 

 

 

 

「触診をしながら相手にエナジーを送る方法」

 

 

 

 

 

も、内容に盛り込まれておりまして、実はそれ、

はっきりいって観相学の奥義みたいなものだったりする。。。

 

 

 

 

 

そんなことなかなか、そこらへんのよみかじり

占い師には到底教えられるものではありまへん。。。

 

 

 

 

 

そう考えると、確かに、セミナー受講料は2日間で

なんとお値段8万円(割引で7万円)ですが、

手相しなが相手にエナジーを送り、また、自分で

自分の手相を見ながら、自分の生体エネルギーをアップ

させたりする方法まで教えてもらえるので、実のところ

それを習ったあとの

 

 

 

 

「開運・招福効果」

 

 

 

 

まで考えるのなら、これ、そこまでくそ高い

とは言えないのかも知れません。。。

 

 

 

 

 

とにかくジュディさんのセミナーの素晴らしいところは

 

 

 

 

 

「受けたあとの深い自分自身の理解」

 

 

 

 

と、

 

 

 

 

「そこからもたらされるすがすがしい開運・招福効果」

 

 

 

 

でありまして、別にこの手相セミナーで

プロの鑑定士になることが本旨ではありません。。。

 

 

 

 

 

むしろ、手相を通じて、

 

 

 

 

「生命としての自分の

偏りやすいバランスを知る」

 

 

 

 

 

ことにより、日常生活でのかなえたい夢とか、

願望などをスムーズに達成できるようにするために

学ぶセミナーですね☆彡

 

 

 

 

そんな感じで、ご興味ある方はぜひ

 

 

 

 

JMAライトワークスの

公式ホームページ

http://www.light-works.jp/category/event

 

 

 

または

03-5437-0851  JMAアソシエイツ 

までお願いします。

 

 

 

その際

 

「酒井日香のブログ見た!!」

 

 

とおっしゃっていただけた方には、

JMAさんできっと何か素敵な特典をくれるはず。。。

 

 

 

 

 

くれるよね???

 

 

 

 

 

ね???

 

 

 

 

 

 

くれますよね??? (;・`ω・´)

 

 

 

 

・・・・・・と、いうことで、ジュディさんの

セミナーをきっかけに、

 

 

 

 

 

「正しい占い学」

 

 

 

 

 

が広まればいいなぁと願っている

酒井さんなのでした☆彡

 

 

 

 

 

そんなわけで次回は同様に

 

 

 

 

「ジュディさんのタロットセミナー」

 

 

 

 

について解説いたします☆彡

 

 

どくしゃになってね…

ペタしてね

 

AD
いいね!(40)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんと一昨日、生まれて初めて

「低血糖発作」

に見舞われました☆彡( ´艸`) 

 

 

↑ 医者の言うこと聞いていますか???

 

 

 

 

 

 

最近、アトピーがひどくてひどくて、夜眠れない

んですよねぇ。。。(T_T)

 

 

 

 

んで、去年、厳格な糖質制限をやったとき、

アトピーが劇的改善したのを思い出し、もう一度

江部康二先生が提唱するところの

 

 

 

 

「スーパー糖質制限食」

 

 

 

 

を始めたんですが。。。

 

 

 

 

 

始めた翌日に人生初の

 

 

 

 

「低血糖発作」

 

 

 

 

を起こしました☆彡(ノ_-。)

 

 

 

 

 

どうしても忙しいと、パン粉まみれの冷凍の

揚げ物とか、甘く煮つけたお惣菜とか、

ごはん山盛りのお弁当などが増える酒井家。。。(涙)

 

 

忙しさにかまけてそーゆう食事の連続だった

ところに、久々のスーパー糖質制限をしたらもう

前日から頭痛がひどい。。。

 

 

 

糖質制限開始日が夜勤の入りの日だった

んですが、勤務中に頭が痛いのなんの。。。

 

 

 

 

なんとか仕事をこなして帰宅して、シャワー

浴びてから横になったらもう、昏倒に近い

くらいの異常な眠気。。。

 

 

 

 

あんなにヤバい感じの、気絶するみたいな

眠気は初めてだったのでヤバかったっス。。。

 

 

 

 

もうその日は起き上がれなくて、その翌日も

起き上がれませんでした(涙)。

 

 

 

 

んで、寝込んで二日目の夜によーやく、少し

元気が出たので症状をネット検索してみた

ところ。。。

 

 

 

 

 

 

もう、どう考えても典型的な

 

 

 

 

「低血糖障害」

 

 

 

 

なんですよ。。。。゚(T^T)゚。

 

 

 

 

おかげで、その時もどうにか糖質は食べず、

鶏のムネ肉やおさしみ、野菜を中心に食べ続けて

いたらようやく今日、体調が安定してきました☆彡

 

 

 

 

糖質制限ブログではときどき

 

 

 

 

「もともと長期間にわたり血糖値が安定していない人は、糖質制限で低血糖発作が起こることがある」

 

 

 

 

と書かれていますが、まさか自分があそこまで

ひどい倦怠感に襲われるとは。。。(汗)

 

 

 

 

これっておそらく

 

 

 

 

 

「もう血糖値がとんでもなく乱れ切った状態に

なっていて糖尿病まっしぐらモード」

 

 

 

 

という証拠なのでしょう。。。。o゚(p´⌒`q)゚o。 ビエェーン!!

 

 

 

 

今日は糖質制限4日目で、ようやく糖新生が

動き始めてくれたのか、すこぶる体調いいです☆彡

 

 

 

 

 

んで、死ぬほどつらかったアトピーも、たったの

4日でだいぶいい感じ。。。☆彡

 

 

 

 

 

そして痒みが驚くほど減った。。。☆彡

 

 

 

 

 

これはますます

 

 

 

 

 

「江部教徒」

 

 

 

 

 

 

になってしまいそうな予感ですにゃ。。。(涙)

 

 

 

 

とにかく砂糖&炭水化物がもう、アレルギーに

なっちゃったんじゃないか、というくらい、急に

ダメになりました(涙)。

 

 

 

 

もうこのまま一生糖質制限で行くしかないのかも(涙)。

 

 

 

 

 

だけど糖質制限、主婦泣かせなんだよね。コメメシは

なんだかんだ、調理が簡単だから。。。

 

 

 

 

 

ごはんがあると、ごはんプラスおかず、野菜小鉢一つ、

味噌汁、みたいな感じで献立が組み立て安いけど、

糖質制限だとコメメシが出せないから

 

 

 

 

 

「肉か魚のメインおかず1つ」 + 

「野菜料理」 +「おかずもう1個」

 

 

 

くらい作らないとならないのです。。。(涙)

 

 

 

 

 

昨日の夜のうちのごはんは

 

 

 

 

 

「まぐろの刺身」 「マーボー豆腐」

「きのこのバター炒め」

「大根と大葉のサラダ」

 

 

 

 

と言った四品で、正直、コメメシつきの夕食より

おかずの品数が多いだけ家族は大喜びである。。。(汗)

 

 

 

 

 

 

だけどエンゲル係数がぁぁぁぁぁ!!!!

。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン!!

 

 

 

 

 

今日も日中、子どもの運動会でしたが、

家族にはおにぎりありましたけどアテクシは

ノーおにぎりでフィニッシュ。。。☆彡

 

 

 

 

だけどなんだろー。。。 以前ほどお米食べたいと

思わなくなってきた。。。

 

 

 

 

やっぱり肉魚をたっぷり食べて、バターとか舐めて、

オメガ3系油、オメガ9系油を意識的に食べると、

お肌の張り、しっとり感がぜーーーーんぜん違います。。。(汗)

 

 

 

 

やっと4日間で血糖値が落ち着いてきたので、

またここでコメメシたっぷり食生活に戻り、

血糖値が乱高下してしまうと本当に糖質制限が

できない体になっちゃうので、もうこのまま一生

糖質制限食でいいくらいだわ。。。☆彡

 

 

 

 

別にそれほどコメメシ&パン&パスタ、

粉もん、菓子類が食べられなくても苦にならない。。。

 

 

 

 

 

なんつうか、あたし、たぶんお菓子がもともと

好きじゃないことに気がついちゃった(汗)。

 

 

 

 

お菓子じゃなくてどっちかっつうと

 

 

 

 

「生クリーム中毒」

 

 

 

 

なんだよね。。。

 

 

 

 

 

生クリームをひどいと、200MLのやつを

1本ホイップして、ペロッと食べちゃう(涙)。

 

 

 

 

 

でも、生クリームは糖質制限的にはOK

食材で、ビタミンAがたっぷりなのでいいらしい。。。

 

 

 

 

これに

 

 

 

 

「ラカントS」

 

 

 

 

 

 

 

をたっぷり入れてホイップクリームにして、

菓子が食べたいとき、菓子替わりに舐めるのな。。。

 

 

 

 

むしろケーキのカステラを残してクリームだけ

舐める子どもだった私には、糖質制限最強

なのだった。( ̄∇ ̄+)

 

 

 

 

これで生クリームダメ、だったらたぶんアカン

と思うけど、糖質制限の素晴らしいところは

生クリームがOKなのがうれしいにゃーん☆彡

 

 

 

 

 

そんな酒井さんはけっこうスピリチュアルに

かかわることが多いので、当然、ファスティングも

したことあるし、マクロビオティックもやりましたが。。。

 

 

 

やっぱ、今のところ糖質制限最強なんである。。。

 

 

 

 

糖質制限で血糖値の乱高下が収まると、今度は

ファスティングも比較的苦しまずにできる。。。

 

 

 

 

やっぱ肉、魚、油は大切だにゃん。。。☆彡

 

 

 

 

 

そんなわけで死ぬかと思った低血糖発作でしたが、

みなさんも異常な倦怠感、頭痛、アトピー悪化、

ひどい痒み、昏倒、などが現れたら、それ

 

 

 

 

「糖尿病一歩手前の低血糖症」

 

 

 

 

かもしれないのでご注意を。。。

 

 

 

 

 

そんで、最近

 

 

 

 

「低血糖症」

 

 

 

 

 

 

「毎日の血糖値の乱高下」

 

 

 

 

 

が、

 

 

 

 

「うつ病、人格障害、ADHDの悪化、統合失調症」

 

 

 

 

などに関連があるんじゃないか、という

研究データが多数あるんだそうな。。。

 

 

 

 

 

でもそれ、なんかわかる。。。

 

 

 

 

 

あたしが占い師だったとき、ひどく取り乱した

お客さんが、食事を挟んでもう一回鑑定すると

やたらと落ち着いていた、という経験を何度も

しましたね。。。

 

 

 

占い師の間では

 

 

 

 

「メンタルやばい

お客にはとりあえず

食事してから来させろ!!」

 

 

 

 

というのはもはや常識であります。。。

 

 

 

 

あの当時は単に

 

 

 

 

「空腹だとくだらないことを考えちゃうよね」

 

 

 

 

 

くらいに思っての対処法でしたが、低血糖症と

精神疾患の関係に関していろいろ記事を読むと、

占い師の間での定石

 

 

 

 

「メンタルやばいお客にはまずメシ」

 

 

 

 

というのは、実に正しい対処法だったのだ。。。

 

 

 

 

 

みなさんも、どうも自分の身内がうつ病だ、とか、

自分の気分が落ち込みやすい、という人は

 

 

 

 

 

「血糖値検査」

 

 

 

 

 

をぜひ、糖尿病専門病院で受けてみてください。。。

 

 

 

 

 

意外とうつ病や攻撃的気分、イライラの原因が

 

 

 

 

「糖質過多の食生活」

 

 

 

 

にあるのかも知れません。。。☆彡

 

 

 

 

あたしも低血糖気をつけよう。。。(汗)

 

 

 

 

健康診断で項目引っかかってんだよなぁ。。。(汗)

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ところで小説描いてます💛】

 

 

酒井日香 著  占い大河小説

「VICE-ヴァイス―孤独な予言者」

は、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓    ↓     ↓

http://ncode.syosetu.com/n0911cq/

 

孤高の天才占い師、郷原悟が、

占いの限界に挑むため、命をかけて

占い賭博をする。。。というお話です☆彡(^_^;)  

占い版アカギ、カイジ、みたいな作品☆彡

 

 

 

 

 

占いとは何だ? 霊能力とは何だ? 

ということを果敢な取材と考察で描いた

渾身のドキュメンタリー

「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」

も、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓     ↓      ↓

http://ncode.syosetu.com/n7247de/

 
 
 
 
どうぞよろちくび( ´艸`)

 

どくしゃになってね…

ペタしてね

 

 

AD
いいね!(35)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、今日のテーマは

「好きな星座で生きて行こう☆彡」

というお話です。(●´ω`●)ゞ

↑ 満天の星空。。。 プレアデスかな??

 

 

 

西洋占星術というのは非常に

誤解されやすい。。。

 

 

 

 

マヤのホロスコープなども同様だが。。。

 

 

 

 

あと、四柱推命の元命とか。。。

 

 

 

 

なぜかというと

 

 

 

 

「生年月日」

 

 

 

 

という決まりきったものが、自分がその象意

である、という根拠になるからだ。

 

 

 

 

 

ところ占いにはもう一つ

 

 

 

 

 

「観相学」

 

 

 

 

というものもあり、こちらは相手の手の形、皮膚の色、

眼の動き、顔の輪郭などで星座を決めていく。

 

 

 

 

まぁ、星座、というと語弊があるかも知れない。

正確には相手のエレメント(元素)が何なのかを

観相学で決めるのだけど。。。

 

 

 

んで、観相学的なその人の星座(エレメント)と、

実際のホロスコープ上の星座(エレメント)は

だいたい一致することが多いが、一致しない

ケースもままある。

 

 

 

そういう場合、どちらを採用するべきか

占い師の側も悩むものだ。

 

 

 

 

私なんかは占い学理自体を一回突き抜け

ちゃっているので、そういい場合は決めつけず、

 

 

 

 

「どっちでもいーや☆彡 まぁ適当に」

 

 

 

ってなって、適当に読んでしまう。

 

 

 

 

そして何が言いたいのかというと、こうした

星座とか、エレメントとか、月始元命とか、

宿曜なんていうものは、生涯不変ではない、

ということである。。。

 

 

 

 

観相学をやっている人には常識なのだが、

生年月日を元にした占いばかりに目が行く

と、あたかも星座や元命が固定に見えて

くるようだ。

 

 

 

 

 

しかし、星座は変わる。

 

 

 

 

いや、もっというと

 

 

 

 

「星座は選び取ることができる」

 

 

 

と言っていい。

 

 

 

 

そもそも

 

 

 

 

「なぜ12星座占いが

当たる気がするのか??」

 

 

 

 

ということだ(マヤの占いや推命なども)。

 

 

 

 

 

その前に霊魂の性質、というものに思いを

めぐらせる必要がある。

 

 

 

 

霊魂とはいうなれば単なる

 

 

 

 

「メモリー」

 

 

 

 

であり、PCの空き容量みたいなものだ。

 

 

 

 

そのメモリーが、肉体にインストールされ、

肉体がさまざまなことを経験していくうちに

メモリーのほうも

 

 

 

 

「自分は酒井日香という個体だ」

 

 

 

 

と思うようになっていく。

 

 

 

 

各種命占(ホロスコープなど)は、まさに

この霊魂の性質を人格改善や刷り込みの

ために使ってきたのである。

 

 

 

 

だいたい女の子が星占いの本を読み始める

のって小学3年生くらいから。

 

 

 

 

オソロシイことに学校の図書館にもう、

星座占いの本が置かれていて、うちの

娘も自分が

 

 

 

「おうし座」

 

 

 

 

である、ということを学校で知ったようだ。

 

 

 

 

そーすっとこの年頃の子どもは、まだ霊魂が

凝り固まっていないため

 

 

 

 

「あなたはおうし座だから優しいのです。

お料理やお裁縫が得意で、生き物が好きで、

自然科学に向いています」

 

 

 

 

などと言われてしまうと

 

 

 

 

「へぇ~☆彡 そーなんだぁぁぁぁ~☆彡」

 

 

 

 

と、純粋に刷り込まれてしまう。。。

 

 

 

 

 

そして刷り込み通りにおうし座の子は優しく、

おっとりした自分を演じるようになっていく。

 

 

 

 

おそらく私の勝手な推察なのだが、大昔の

賢者たちも、現代に生きる我々同様、子どもには

何か大きな仕事を成し遂げる人物になってほしい、

とか、生まれてきた意味を自分で見つけてほしい、

と願ったはずなのだ。

 

 

 

 

大昔、ムラにはきっとシャーマンがいて、

そのシャーマンは同時に教育者であり、

医者であり、神官であっただろう。

 

 

 

 

 

そのシャーマンが住むテントに、

ムラの子どもは、ある年齢になると

おシルシをいただきに行く。

 

 

 

 

 

そして神秘的なたき火のもとで

 

 

 

 

「お前の星はあの星だよ」

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

「お前の守護神はこの神様だよ」

 

 

 

 

とか、マヤの占いだったら守護動物とか、

自然界の何かとかになぞらえて、子どもに

自分自身のシンボルを与えていたような気が

するのだ。

 

 

 

 

そーすると、まだ霊魂のメモリーに容量がいっぱい

あって、なんでも吸収してしまう子供は

 

 

 

 

「そーか。僕はジャッカルなんだ。だから勇敢に

生きなくちゃいけないんだ」

 

 

 

とか、

 

 

 

 

「僕はアフロディテ女神の子どもなのか。

じゃあ、いかなるときも礼節を忘れず

優雅に生きていこう」

 

 

 

 

とか、思ったはずだ、という気がするのである。

 

 

 

 

そして実際、呪術の文献や錬金術の文献、

古代ギリシャの風習などを見ていると、古代は

各神殿で子どものおシルシ授け、みたいな

ことが本当に行われていたらしく、特にギリシャやエジプト、

古代ローマなどではその風習が根強かったらしい。

 

 

 

 

 

それがだんだん、時代が下り、カレンダー技術が

高度になるにつれ、それまでは神官が子どもの見た目

や親の商売などを元に決めていた

 

 

 

 

「おシルシ」

 

 

 

 

を、面倒くさいから生年月日で与えちゃえば

いいジャン☆彡

 

 

 

 

 

みたいなことになったのではないだろうか。。。

 

 

 

 

 

どうもそれが、現在の星座占いとか、元命とか、

宿曜などのベースになっていったような気が

してならない。

 

 

 

 

血液型だってそうだ。

 

 

 

 

 

「あんたはワガママ勝手だからB型に

決まっている!!」

 

 

 

 

などと言われてしまうと、なんとなくB型っぽく

ふるまってしまいたくなる。。。

 

 

 

 

 

そしてそれが繰り返し行われ、霊魂のメモリーの

中に強力なネットワークができてしまうと、もう

何で失敗してもB型のせい、星座のせい、ホロスコープ

のせい、ブレスレッドのせい、エナジーワークのせい、

みたいなことになり、これって明らかに

 

 

 

 

 

「精神病気質の第一段階(魔術的思考・思い込み思考)

 

 

 

 

である。。。(汗)

 

 

 

 

 

 

だから占いは、恐ろしい。

 

 

 

 

 

恐ろしいが、しかし、それゆえに暗示が

上手く作用するとこれ以上ないほど人間を

変えてしまえる。

 

 

 

 

 

そこで酒井さんが提案したいのが

 

 

 

 

 

「目的に合わせて自分の生まれ星座や、

生年月日をカスタマイズしてしまえ!!!」

 

 

 

 

ということだ。

 

 

 

 

 

霊魂というのは恐ろしいほど繰り返し

に弱い性質がある。

 

 

 

 

 

自分のことを

 

 

 

 

「私はこういう人間だ、人間だ、人間だ・・・・」

 

 

 

 

 

と思い込み続けると本当にそうなってしまう。

 

 

 

 

 

いっとき、フラワーエッセンスをぼろくそにブログで

書いてしまい、エッセンス屋ににらまれたことが

あったが、ああいうのも私は何も、セラピー自体を

否定しているわけではないのだ。

 

 

 

 

「バッチフラワーレメディ」

 

 

 

 

には、その花独特のエッセンスなど実のところ

 

 

 

 

 

「たったの1分子でさえ」

 

 

 

 

 

入っておらず、単なるグリセリン、アルコールを

東急ハンズでくそ高いカネで売りつけている

アコギ商法ではあるけれども、霊魂の性質である

 

 

 

 

「思い込みの恐ろしさ」

 

 

 

 

ということを逆手に取った偽薬なのである。。。

 

 

 

 

何回も繰り返し自分に言い聞かせてレメディ

を服用するうちに、本当にその通りになって

しまうのだ。

 

 

 

 

 

だいいち、現代科学では

 

 

 

 

 

「生体内常温核融合」

 

 

 

 

 

の研究もおこなわれており、現実に人間が

何かを思うたびに、その思いが体内のアミノ酸、

タンパク質などを原料にして体内ホルモン、化学

物質を常時生み出しているのは確かなこと。

 

 

 

 

 

あなたが無数に思考したことが、無数のホルモン

を現実に体内合成して作りだしている。

 

 

 

 

「病は気から」

 

 

 

 

は本当だ。そういう意味で私は、別段バッチ

レメディを否定しているわけではない。ちょっと

テキヤっぽいというか、高額で、儲け主義のにおいが

ぷんぷんするから嫌いである、というだけだ。

 

 

 

 

 

だいいち、生体内常温核融合が真実である

ならば、何も他人が作ったレメディに縛られる

必要はない。

 

 

 

 

 

自分が気に入りそうな、自分がときめくもので

偽薬を作り、それを服用したって効き目は同じだ。

 

 

 

 

 

否、むしろ、そっちのほうがはるかに自分自身

に合うだろうという気がする。

 

 

 

 

そんなわけで、もう生まれ星座やホロスコープを

一方的に与えられ、それの良しあしで占いをする、

なんていうのは時代遅れだ。

 

 

 

 

これからは生年月日も自由に変えられるし、

生年月日を変えることでもっとなりたい自分に

なってもいい。

 

 

 

 

あるいは、与えられた自分のシンボルが気に入って

いるのならば、シンボルのほうの意味を自分用に

カスタマイズすればいい。

 

 

 

 

そーゆうワークショップをやりたいんですけど、

興味ある人いるのかな。。。???

 

 

 

 

いたら、声かけてチョ♡ 超低価格でやります~☆彡

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

酒井日香 著  占い大河小説

「VICE-ヴァイス―孤独な予言者」

は、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓    ↓     ↓

http://ncode.syosetu.com/n0911cq/

 

孤高の天才占い師、郷原悟が、

占いの限界に挑むため、命をかけて

占い賭博をする。。。というお話です☆彡(^_^;)  

占い版アカギ、カイジ、みたいな作品☆彡

 

 

 

 

 

占いとは何だ? 霊能力とは何だ? 

ということを果敢な取材と考察で描いた

渾身のドキュメンタリー

「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」

も、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓     ↓      ↓

http://ncode.syosetu.com/n7247de/

 
 
 
 
どうぞよろちくび( ´艸`)

 

 

 

読者登録してね

ペタしてね

AD
いいね!(86)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こないだ、人の紹介ということで、名前も絶対に
伏せてくれという方から、
 
「占い師をやめたいと思っているのだが、
どうしたらいいか」
 
 
という、お悩み相談を受けたっス。
 
 ↑ 新緑がまぶしい季節になりました☆彡 写真AC様より。。。
 
 
 
 
 
 
その方は、同業者にも言えず、悩みまくって、なぜか
あたくしに話を聞いて欲しかったらしい。
 
 
 

んで、知人経由で、わしにメールをくれて、メールの
やりとりで悩み相談に乗ったんだが。
 
 
 
 
 
実のところ、先年騒動になった
 
 
 

「オセロ中島@占い師に洗脳
されちゃった問題」
 
 
 
 
 
のせいで、自分まで世間の人に変人扱いされて
いるという話しでござった。
 
 
 
 
 

まぁ、そりゃあしょうがないようん。
 
 
 

「占い師です」
 
 

なんて名乗る時点で、
 
 
 

「自分は詐術を用いている人間なんです」
 
 
 
 
 

って、言っているようなものだからねぇ。。。
 
 
 
 
 
いや、もちろんそれは世間様の偏見です。
 
 
 
 
 
偏見ですし、占い師は一生懸命
占いに取り組んではいるんだけどさ。
 
 
 
 
 

しかし、世間の目からしたら、やっぱり
 
 
 

「占い師」 = 「香具師、テキヤ」
 
 
 
 
 
というイメージはつきまとうだにゃ。。。
 
 
 

そうじゃない人もたくさんいるというか、
ほとんどの占い師は真面目なフツーの人
なんですけど、公式の場面(職場とか
結婚式とか近所づきあいとか子ども関係とか)
 
 
 
 
 

「占い師やってます」
 
 
 
 
 
などと言おうものなら、もうご近所中から
白い目で見られるのは必須。。。(汗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だけんども、ここ最近、
 
 
 
 
 
「実は被害に遭いやすいのは
お客ではなく占い師の方説」
 
 
 
 
 

が、テレビでも取り上げられ始めてきたね。。。
 
 
 

これは占い師だけではなく、精神科医とか、
カウンセラーとか、お寺の坊さんとか教師とか、
人のお悩みを聞くことを生業としている人
全部に言えるわけだが。。。
 
 
 
 
 

上述の匿名の方のお悩みも、整理するとつまりは
 
 
 
 
 
お客さんが自分のことを親友・家族
などと同等にみなし始めて辛い」
 
 
 

ということだった。
 
 
 
 
 
こちらはおカネもらって、商売だと思って
やってるのに、カネ払っているほうはこっちの
ことを大親友、みたいに思われちゃうという。。。
 
 
 
 
 
そう考えると実は、中島との関係を清算
したかったのは占い師のほうだったのでは
ないだろうか。。。
 
 
 
 
 
みたいな。。。
 
 
 
 
 
スナックのママとかもそんな感じだよね(汗)。
 
 
 
 
 
あれはあれで、ものすっごい自分に思い入れられちゃう
人が出てくると、うれしい反面怖い気もするだろうなぁ。。。(汗)
 
 
 
 
 
そー考えると芸能人なんてマックス大変である(汗)。
 
 
 
 
 
芸能人に病んじゃう人が多いのもそういうことが
関係しているのだろう。。。
 
 
 
 
 
今日はそんなお話です☆彡
 
 
 
 
 
わしが現役占い師だったときも、ヘビーユーザーがいて、
その中年女性が超キモチ悪かっただ。。。
 
 
 
 
 

その女性。
 
 
 

ぶっちゃけ、何の仕事をしている人なんだかまったく不明。
 
 
 

不明なんだけども、わしはホラ、一応は、ホロスコープなんか
広げて見せるパフォーマーだったから、ホロスコープ見ながら
テキトウに、探り探り、コールドリーディングして行って、
 
 
 

「お仕事はサービス業ですね。何か販売している会社ですね」
 
 
 
 
 

とか言ったら、ご本人が
 
 
 

「そう!! そうなんです!!当たるぅ~!!」
 
 
 

みたいなことを言うので、わしは
 
 
 
「はぁ~・・・」
 
 
 

と言ったっきり、結局はおばちゃんが何屋だったのかよくわからん
まま、3年間ぐらいその女性と交際した。
 
 
 
 
 

しかし、
 
 
 

「お仕事はサービス業ですね。何か販売している会社ですね」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

って言う、わしのリーディングもぶっちゃけ、
 
 
 
 
 
 
 
範囲が広すぎ
 
 
 
 
 
 
 

だし、それを聞いて
 
 
 
 
 

「そうなの!! 当たってるぅ~!!」
 
 
 
 
 
 
 
と大喜びしたオバちゃんもどうかと思うぞ。。。。
 
 
 

ともかくその謎の女社長。
 
 
 
社長というだけあってカネ持ちやった。
 
 
 
毎回毎回、鑑定場所はホテルのラウンジを指定すんのな。。。
 
 
 
んで、そこで、1ケ1200円とかしちゃうよーな
 
 
 

「ものすごいお高いショートケーキ」
 
 
 
 

と、ものすごいお高いコーヒーを飲ましてくれるわけですけども。
 
 
 
ケーキとコーヒーだけですでにこの社長
わしに2000円とか、使っちゃってるわけね。。。
 
 
 

わしは、ケーキなんかシャトレーゼ
くらいでしか買わないからそんな、
 
 
 

1個1200円のケーキと
1杯800円のコーヒー
 
 
 
 
 
のケーキなんかさぁ、緊張しちゃうんだよなぁ。。。
 
 
 
 
始めてのフォアグラもこの社長。
 
 
 
始めての料亭しゃぶしゃぶもこの社長。
 
 
 
シャトーマルゴーも、ピンクのドンペリも、下関のふぐも、
ステーキハウス但馬も、この社長につれてってもらったんやが。。。(汗)
 
 
 

しかし、この社長のお悩みが、いつもわし、わからなくてなぁ。。。
 
 
 
こっちもホラ、さんざおごられて、カネもらった弱みが
あるから、どうしてもなんか、逆らえない空気になっちゃうんだよ。。。
 
 
 
 
 
「マインドコントロールっちゅうんは、一方的にされるもんやない。
マインドコントロールに陥るには、陥る側にこそある種のやましさ、
そいつを利用したい欲があるからこそ、マインドコントロールに
ハマるのである」
 
 
 
という話があるけれど、まさにわしと社長もそんな感じ。
 
 
 
わしは、社長に会うたび恐縮するし、わしが恐縮すればするほど、
社長はわしを連れて歩きたがるのよ。。。
 
 
 

一番怖かったのが、わしが子ども産んだ直後に
 

「会いたい」
 
 
 
って言ってきて、わしは産褥中の体でヘロヘロやったけど、
あかんぼのオムツ代欲しさでつい、その社長に会いにいったんや。
 
 
 

しかし、授乳期の母親っちゅうんは、3時間おきに
お乳が張るわけス。
 
 
 
んで、仕方がなくうすら寒い占い行為中に、乳が張るので、
薄笑いしてえへへと言いながらトイレに行くわけね。。。
 
 
 
んで、こっそり便所内で搾乳するんやが、そのわしの
お乳を真剣なまなざしで
 
 
 
 

もって帰りたい
 
 
 
 
 

って言い出されたときには、思わずわし、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハァ?????Σ(・ω・;|||」
 
 
 
 
 
 
 
 
 

って言っちゃった☆
 
 
 
しかも、わしがあとで家に帰ってから、あかんぼに
飲ませようと思って、哺乳瓶に搾乳した母乳を
まじまじと眺めて、うっとりと、もてあそぶように
 
 
 
 
 
「美しいわ~。真珠のようだわ~」
 
 
 

とか言われたときにはマジ、
 
 
 
 
 
 
 

サブいぼが立った☆
(  ゚ ▽ ゚ ;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、3年間も何を占わされたのかというと、特に
よくわからない。
 
 
 
なんか、旅行にいつ行ったらいいかとか
(知らんがな!!)、
 

旅行に行くならアジアとヨーロッパと、
どちらがいいかとか(好きにしなはれ)、
 
 
 
なんか、
 
 
 
 

どーでもいい相談
 
 
 

ばっかりで、すんごい、この人の意図がわからなくて、
わしもものすごい悩んだよ。。。
 
 
 
 
 
それこそ占いで、その社長の意図が
わかればいいんだけどね。
 
 
 
 
 
占いでは人の心なんてわかんねぇんだよなー。。。(汗)
 
 
 
 
 
占いに誰かとの関係を問いかけている段階で
すでにもう、その人とは離れなさい、という
シグナルというか、メッセージなんだよね。。。
 
 
 
 
 
本当に良好な人間関係なら占いに聞こうかな? 
なんて気分にさえならないものなのだ。
 
 
 

占いに
 
 
 
 
 
「この人って何なの???」
 
 
 

と問いかけること自体がもうすでに
 
 
 
 
 
「その人のことをあなたは不快に感じて
いるんですよ」
 
 
 
 
 
という、潜在意識からのメッセージなんである。
 
 
 
 
 
占いが、占う前にもうすでに答えが決まっているというのはそういうことなのだ。。。
 
 
 
 
 
 
 
だから、わしがこの人のことをホロスコープ見ても
タロットしても、さっぱり意味がわかんなかった☆彡
 
 
 
 
 
たぶん、おカネもたくさんあった人だし、社長さんだから
誰にも弱みを見せることができなくて、それで、
あたしとお友達みたいなキモチになっちゃったんだと
思うんだけど。。。。
 
 
 

しかし、友情をカネでどうにかしようなんて、そもそも
気色の悪い話やんか。
 
 
 
 
 
だけんども、そういう本音を切り出すと、こっちはsんざっぱら
オゴられ、小遣いをもらいってされてるから、弱みがあって
言い出せんのよ。。。そーゆうことって。。。
 
 
 

そんで、その感情こそがマインドコントロールのメカニズムなんである。
 
 
 
 
 

だから、わしが常に
 
 
 
「他人に期待などするな」
「他人をアテにするな」
「人に対して期待感があるときこそ、そいつとの
付き合いはドツボにハマる危険性が高い」
 
 
 

って、口をすっぱくしてブログ読者さんに言うてるのは、
人にやましさなんて作ったら、ロクなことにならない
という、自分の経験上の話なんである。。。
 
 
 

だから、オセロ中島の占い師だというA子さんの主張、
 
 
 
「我々のほうが被害者である」
 
 
 

というご意見は、確かに一理あるんだけど、それもA子さん
自身が、中島からいろいろ金品をご厄介になった弱みから
招いたことなのであると思う。
 
 
 
やっぱり、人間はちゃんと働かな、アカン。
 
 
 

私に相談してきた人ももう、占い師なんていう、
自分の胸にもお天道様にも後ろめたい稼業はやめて、
額に汗水たらして働いて欲しいと思う。
 
 
 

そんな感じで、その占い師さんにもそういう説明をし、
アルバイトでもなんでもいいから、占いから足を洗ったら
いかがかな、と、進言しておいた。
 
 
 
 
 
占い師であることをやめる必要はない。
占いが好きなのだったらね。。。(^_^)
 
 
 
 
 
ただ、かかわり方を見直せばいいのだにゃあ。。。
 
 

占いは趣味で、身近な人に元気を与える
くらいの感覚でやるのが一番健全だ。
 
 
 
 
 
そもそも占いなんてそんなもんだよ。。。
 
 
 
 
 
まぁ、小説とか絵とか、スポーツなんかも
そうだけど、趣味と実益っつうのはなにも
 
 
 

「カネ」
 
 
 
 
 
ばかりじゃなくて、見聞が広がるとかいい人と
巡り合うとか、人のお役に立てたみたいなことが
 
 
 
 
 
「益」
 
 
 
 
 
だからね。。。 ちゃんと趣味じゃないところで
生活のベースを作り、占いは趣味でやってあげるのが
一番良いのです☆彡
 
 
 
 
 
しかし、占い館とか電話鑑定所とかは専業化を
勧めるんだよなぁ~。。。。
 
 
 
 
 
口車に乗せられてはいけませんぞい(汗)。
 
 
 
 
 

ちゃんと地道な仕事&生活をしておくんなまし☆彡
 

まぁ、そんな感じ。
 
 
 
んじゃ☆彡
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ところで告知】
 

酒井日香 著  占い大河小説

「VICE-ヴァイス―孤独な予言者」

は、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓    ↓     ↓

http://ncode.syosetu.com/n0911cq/

 

 

 

占いとは何だ? 霊能力とは何だ? 

ということを果敢な取材と考察で描いた

渾身のドキュメンタリー

「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」

も、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓     ↓      ↓

http://ncode.syosetu.com/n7247de/

 
 
 
 
どうぞ( `・∀・´)ノヨロシク
読者登録してね
ペタしてね
いいね!(48)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

西洋占星術。

 

 

最近すっかり人気が無くなった気がするのは

アタクシだけでしょうか???

(画像はイラストAC様より)

 

 

 

 

 

さて、占いにはさまざまな楽しみ方があります。

 

 

 

 

そして、占い鑑定を受ける前日のあなたの

行動が翌日の占いを良いものにするか、悪い

ものにするか変えてしまいます。。。

 

 

 

 

せっかくお安くないおカネを払って占い鑑定を

受けるのであれば、やはり前日からしっかりと

体調を整え、精神を落ち着けて、いったい何を

占い師に聞くのか???  というところをじっくり

整理して欲しいですね。。。

 

 

 

 

占いとは繰り返し言いますが、決して

 

 

 

 

「占い」

 

 

 

 

ではないのです。。。

 

 

 

 

占いの本質は何度も述べように

 

 

 

 

「願望達成させるための

マジックシステム」

 

 

 

 

であります。

 

 

 

 

あなたが占いになにがしか、問いかけてしまうと、

ホロスコープだったりタロットカードだったり、八卦や

命式を通じてその念が増幅され、霊界に響いてしまう。

 

 

 

 

私が大昔、占星術師の弟子だったころ、

喫茶店で気軽にホロスコープを描いたら

先輩に叱られたことがありました。

 

 

 

 

「なんで?(゜д゜;) 」

 

 

 

 

と問うと、その先輩は、円とか、十字にクロス

させる区切りとか、棒グラフなんかはみんなもう

描くだけですでに

 

 

 

 

「魔法陣」

 

 

 

 

なのであり、うかつに描いてはいけない、

というのであります。

 

 

 

 

ホロスコープなどは円で描かれることが多いのですが

(インドではスクエア型ですが)、そういうものは

みんな魔法陣なんだと。

 

 

 

 

実はその先輩は、占いで失せモノを見つけたり

株価を予想したりする名人でしたが、とにかく

占いの図形やシンボルとは、霊的なものであり、

とても神聖なので扱いを気をつけるように言いました。

 

 

 

その時の私はスピ嫌いだったので

 

 

 

「まっさかぁ~♪」

 

 

 

と、その先輩の言うことをあまり聞かずに、

気軽に書いていましたが、今となってみれば

ホロスコープが魔法陣だ、というのはよーーーく

わかります。。。

 

 

 

 

 

んで、魔法陣ですから、ホロスコープの中心には

天使や悪魔が通る穴があり、人間がそこに何を

尋ねるか? どう問いかけるか? によって、悪魔が

召還されてしまうこともあれば、天使が感応することもある。

 

 

 

 

つまり、神聖なるホロスコープや、タロットや、易に

質問をするとき、よこしまな質問の仕方をすると、

それ、相手の潜在無意識に届いちゃいますよ、

ということなのだ。。。

 

 

 

 

こんな実例があります。

 

 

 

 

私が占い師だったとき、ある仲のよい男女の

友人同士が、二人して私のお客さんだった

ことがありました。

 

 

 

女の子のほうはA子ちゃん、

男の子のほうをBくんとしますが、

最初は二人別々に、互いの進学について

などを私に聞いていたのですが。。。

 

 

 

あるときBくんは、別の占い師のところに

通い始めました。

 

 

 

 

それと時を同じくしてA子ちゃんが、

 

 

 

 

「最近Bくんが気持ち悪い」

 

 

 

というようになったのです。

 

 

 

それまですごく仲良しで、気さくな親友という

感じの二人だったのに、突然A子ちゃんが

Bくんをイヤ、というようになった。

 

 

 

しばらくして理由がわかりました。

 

 

 

 

なんとなくA子ちゃんを異性として意識し始めた

Bくんが、別の占い師のところでやたらとA子ちゃんの

気持ちについて占っていたのです。。。

 

 

 

タロットカードやホロスコープ、八卦、といったものは

魔法陣ですから、念をものすごく増幅します。。。

 

 

 

自分の心をのぞき見したBくんの念を、A子ちゃんの

深層無意識は敏感にキャッチしてしまったのです。

 

 

 

 

私の経験上

 

 

 

 

「相手の気持ち」

 

 

 

 

を占いに尋ねる女性、または男性が、尋ねた

相手と上手く行ったという話をほとんど聞いた

ことがありません。。。

 

 

 

 

たぶん相手の霊魂が、心をのぞき見するその

ズルさ、弱さ、情けなさをちゃーーーーんと

察知してしまうのですよ。。。

 

 

 

また、夫について占いに尋ねてばかりいた

ある女性は、占いから帰宅するといつも以上に

夫の暴力に悩まされる、ということもありました。

 

 

 

 

おそらく占いの諸手続きが、念を増幅して

しまうために、質問するその心が弱いと

 

 

 

 

「魔」

 

 

 

 

を呼び込んでしまうのだと思います。

 

 

 

 

 

反対に、自分が覚悟を決めたことを、後押し

してもらいたい、勇気を足して欲しい、というとき、

今度はホロスコープやカードを通じて

 

 

 

「良い精霊」

 

 

 

 

が現れるのです。。。

 

 

 

 

これも何度か経験があります。

 

 

 

 

親の病気で、もうやれるだけのことはやったが、

最後にどうしても気になる病院があり、ダメもとで

そこへ行きたいが、高額なためふんぎりがつかないので、

ふんぎりをつけてほしい、という質問のとき、占いをした

翌日に思い切ってその病院に行ったら、実はそこの先生が

その病気の権威で、治せます、と断言してもらえた、という

ケース。

 

 

 

 

そのほかにも、もう自分の限界まで努力して、50回も

オーディションを受けたけどダメで、最後にもう1回受ける、

というその前に、占いを受けてみようと思った、などという

ときも、その人の想念が良かったのか、翌日見事に受かった、

ということもありました。

 

 

 

 

このように、実は占いは

 

 

 

 

「占う前にもう、すでに結果が決まっている」

 

 

 

 

ものなのです。。。

 

 

 

 

だから、せっかく高いおカネを払って占いを

受けるのであれば、受けると決めた前日、

しっかりと

 

 

 

 

「ずばり、何を聞きたいか?」

 

 

 

 

ということを、しっかりとメモやノートにまとめて

おく必要があるのです。

 

 

 

 

そのとき肝心なことが2つ。

 

 

 

 

 

まず一つ目は、

 

 

 

 

「他人の気持ちを絶対に占いに尋ねてはいけない」

 

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

それは恋人だろうが、仕事の人だろうが同じ。

 

 

 

 

そもそも、相手がどう考えているのかは、

相手に直接聞けばいいことです。

 

 

 

 

もしも直接聞くのが気がねするとか、はばかられる、

というようなときは、すでにその関係はとっくに破たん

しているか、努力が足りていません。

 

 

 

そんなことさえ本人に聞けないのか、この

情けないヤツめ!!

 

 

 

 

と、カードを通して魔がやってくるパターンです。

 

 

 

 

そういう人の恋愛は120%上手く行きません。

 

 

 

 

 

勇気を出して、本人の気持ちは本人に聞く。

これが運を呼び込む大原則のその①。

 

 

 

 

 

続いて二つ目は

 

 

 

 

 

「我よし、相手よしの精神を忘れない」

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

「〇〇くんは私に振り向いてくれますか?」

 

 

 

 

と聞くのではなく、

 

 

 

 

「二人の幸せにとって、自分はどう行動する

べきなのだろう」

 

 

 

 

というような聞き方をしてください。

 

 

 

 

あるいは

 

 

 

 

「双方にとってどういう行動をとることが

良いことなのか」

 

 

 

 

みたいに、必ず両方の幸せを尋ねること。

 

 

 

 

 

そうすればカードを通じて、あるいは、ホロスコープ

や易の魔法陣を通じて、摩訶不思議な感応が

もたらされ、不思議と開運パワーが降りてきます。

 

 

 

 

だから、占いは、占いを受ける前日にもう

すべて結果が決まる。

 

 

 

 

占いは相手の腹を探ったり、未来を思い通り

にさせるためにあるものではありません。

 

 

 

 

神にも悪魔にも感応してしまう、恐るべき

 

 

 

 

「念の増幅装置」

 

 

 

 

だということを肝に銘じてください。

 

 

 

【ところで告知】

 

酒井日香 著  占い大河小説

「VICE-ヴァイス―孤独な予言者」

は、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓    ↓     ↓

http://ncode.syosetu.com/n0911cq/

↑      ↑        ↑

孤高の天才占い師、郷原悟が、

占いの限界に挑むため、命をかけて占い賭博をする。。。

というお話です☆彡(^_^;)  

占い版アカギ、カイジ、みたいな作品☆彡

 

 

 

占いとは何だ? 霊能力とは何だ? 

ということを果敢な取材と考察で描いた

渾身のドキュメンタリー

「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」

も、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓     ↓      ↓

http://ncode.syosetu.com/n7247de/

 
 
 
 
どうぞよろちくび( ´艸`)

 

 

 

 

 

そんなわけで、実は西洋占星術の見方

の話を書こうと思ったら、違う話になっちゃった

ので、ホロスコープの読み方はまた今度ねぇぇ☆彡

 

 

 

 

んじゃ☆彡

 

どくしゃになってね…

ペタしてね

 

 

いいね!(44)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

突然ですが

 

「占いを学ぶことの本当の意義について」

 

というお話。。。( ´艸`)

 

↑ 写真AC様より。。。☆彡

 

 

 

さて、突然ですがタロットカードでも四柱推命でも、

易でも占星学でも、オラクルでもカラーボトルでも

なんでもかんでも

 

 

 

「占いに触れると超能力が開花する」

 

 

 

と言ったらみなさんは驚きますか??

 

 

 

 

実はこれは本当です。

 

 

 

 

詳しくは

 

 

「小説家になろう」

 

 

 

という小説投稿サイトに置いてある、私の

単行本用原稿

 

 

 

 

「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」

http://ncode.syosetu.com/n7247de/

 

 

 

 

 

に書いてありますが、さまざまな占いの

類に触れると超能力が身に付きます。。。

 

 

 

 

世間の占い師の大半が、占いを誤解している。

 

 

 

 

占いとは何らかの未来を漠然と教えてくれる

ツールだと思っていますが違います。

 

 

 

 

占いとは超能力を発現させるスイッチで

しかないのです。。。

 

 

 

 

 

占いのあの意味深な相とか、星座とか、惑星記号

そのものに意味はありません。私が毒舌なのは

生まれ星座が毒々しい

 

 

 

 

「さそり座だから」

 

 

 

 

というのとは一切関係ないし、私がナマケモノで

朝起きられないのは第六ハウスに海王星が入っている

からとも違います。

 

 

 

ところが世間の占い師の多くは(ほとんどは?)

彼にもし何か問題があったとき、それは、彼の

天球図の中に問題があるからだ、と考える。

 

 

 

 

だからおかしな誘導をしてしまう。。。

 

 

 

 

占いと人生の結果にはなーーーーーーんの

関係もありませんし、そもそも古代の賢者

たちは、そんなことを考えて占いの体系を

作ったのではありません。。。

 

 

 

 

あれは

 

 

 

 

 

「超能力開発システム」

 

 

 

 

なのです☆彡  そして占いをある程度触って

カンがするどくなったり、直観力が磨かれてきたな、

と感じて来たら、そこから先はヨーガの世界です。

 

 

 

 

占いからは離れて、精神の錬磨に専心しなければ

なりません。

 

 

 

 

占いとは、果てしないヨーガの中の最下層の学びです。

 

 

 

 

初心者向けなのですね。。。

 

 

 

 

皆さんは人生の意義は、どこにあると思いますか??

 

 

 

 

もしも寿命80年、ただただ、飲んで喰って排泄して、

目先の欲望に追われるだけで死んでしまうのだと

したら、きっと長すぎる寿命に退屈して、辟易して

しまうのではないでしょうか。

 

 

 

実際そういう人います。

 

 

 

生きているうちに夢や希望を見出せなかった

人は、たまたま縁のあった会社で働き、お給料

をもらい、消費してただ死んでいく。

 

 

 

 

そういう人生もあることはありますが、しかし、

イエス・キリストが言ったように

 

 

 

「人はパンのみに生きるにあらず」

 

 

 

 

で、もう少し何か、自分らしさだとか、天命

だとか、何ごとか成し遂げて死にたい、という

願望も、人は誰でも持ち合わせているものでしょう。

 

 

 

 

実はそれを見つけて

やるための道具が

「占い」

なんですね。。。( ´艸`)

 

 

 

 

人生に目標がある人は強いです。

 

 

目標があるとどんな困難にも負けません。

 

 

 

 

この世界に実現したい夢・目標を持てる

人は、持てない人よりはるかに困難に

耐えることができます。

 

 

 

 

 

ボーイズビーアンビシャス、少年よ大志を

抱け、という言葉はとても深いのであります。

 

 

 

 

 

その、夢や希望や目標が実に

ハッキリしている人種こそ

 

 

 

 

「経営者」

「自営業」

 

 

 

 

の人たちでありまして、占いセミナーや自己啓発

セミナーがこの手の人だらけである、というのも

無理からぬこと。

 

 

 

 

経営者や自営業や、クリエイター志望などは

自分がこの世に残したいこと、目標がはっきり

しているからですね。。。

 

 

 

 

そして常にその目標に向かって精神を鼓舞し、

よい言葉で燃料を与え、いつもやる気を出して

いたいのです。

 

 

 

 

 

占い師やセミナーコーチは、その願いを

叶えやらなくちゃいけない。

 

 

 

 

 

彼らの仕事は目標に燃えるクライアントに

 

 

 

 

「大丈夫。夢はきっと叶う。あなたならできる」

 

 

 

 

 

と、延々と側でささやいて洗脳しつづけてやること。

 

 

 

 

暗示を与え続けてやること。

 

 

 

 

ウソも100回言い続ければ真実になる。

 

 

 

 

 

どんなに才能がないヤツでも、耳元で

 

 

 

 

「お前は天才だ!!」

 

 

 

 

とささやき続ければその通りになる。

 

 

 

 

 

ささやいて行動させ、またささやいて行動させる。

 

 

 

 

 

 

その繰り返しの果てに、彼が目指す人生の

極みがまっているわけですね。。。( ´艸`)

 

 

 

 

だからアメリカ人は、こうした占いやカウンセリング

に多額の金銭を投入します。

 

 

 

 

側で誰かに

 

 

 

 

「あなたはできる。やれる。ダイジョウブ」

 

 

 

 

と暗示され続けることのパワーを心底実感

しているからでしょう。

 

 

 

 

 

んで、もうそういう

 

 

 

 

「生涯の夢や理想、目標」

 

 

 

 

 

が見えた人なら、占い師はあとは繰り返し、

タロットや星を根拠にして

 

 

 

 

 

「あなたはやれる。できる。ダイジョウブ」

 

 

 

 

と、ウソを100回でも200回でも言い続ける。

 

 

 

 

 

どんなに彼が途中

 

 

 

 

「先生、俺はもうだめだ。

夢なんか叶いっこないよ」

 

 

 

 

と弱音を吐いても、それに引きずられてはなりません。

 

 

 

 

「ダイジョウブ、ダイジョウブ、ダイジョウブ。

あんたならやれる、できる・・・・・・」

 

 

 

 

 

と、オウムのマントラのよーに言い続けてやるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ってか、それしか出来ねぇ。

わはは☆彡(≧∇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、そこまで人生の夢や目標がないよ、

っていう人にこそ、ホロスコープや四柱推命

などは有効なのですにゃあ。。。

 

 

 

 

 

彼がその気を持ってくれそうな分野、職業、目標を、

ホロスコープや命式をもとにさまざま、ご提案して

いって、だんだん彼がその気になってくれたら

しめたものであります。。。

 

 

 

 

 

占いとはこのように

 

 

 

 

「天命を知る」

 

 

 

 

ためのツールで、そして

 

 

 

 

 

「天命を知る」

 

 

 

 

とそれだけで、霊的エネルギーが一気に

強くなり、願いを引き寄せるパワーが増大

するんですね。。。

 

 

 

 

なんでだか、この人体というか、我々の存在

というのは

 

 

 

 

「目標を持つ・持たない」

 

 

 

 

という、たそれだけのことが、霊的エネルギーの

フタをしているみたいで、

 

 

 

 

「俺はこれをやるんだ!!」

 

 

 

 

と思い込んだ瞬間、どうも脊椎にあるスシュムナー管

(霊的エネルギーの通り道だと考えられている管)

ぐわっと広がる、というか、太くなるというか、どうも

そういうことのようなのです。。。

 

 

 

 

 

んで、尾てい骨付近の第一チャクラから、脊柱沿い

に脳のてっぺんまで昇っていくスシュムナー管の中を

流れる微細霊エネルギーのことを

 

 

 

 

「プラーナ」

 

 

 

 

 

といい、スシュムナー管をかけぬけて脳を刺激

する精神の暴走のことを女神になぞらえて

 

 

 

 

 

「クンダリニ―」

 

 

 

 

 

と呼んでいます。。。

 

 

 

 

 

 

スシュムナー管およびチャクラ、プラーナ、

クンダリニ―などは現代の医学では否定されて

いますが、現に症状としては紀元前から知られる

ものであり、なんと今から4500年以上も昔の中国では、

 

 

 

「経絡」

 

 

 

 

という、クンダリニ―の流れに沿ったツボに針を

刺すことで外科手術までしていましたし、現代でも

この経絡が電気エネルギーの流れと同じであると

いう証拠が多数あるのです。。。

 

 

 

 

 

だから人体には、そこら辺の医者を超越するような

摩訶不思議なパワーがある、というのは事実です☆彡

 

 

 

 

だいたい医者なんてね。。。

 

 

 

 

日教組と同じでね。

 

 

 

 

 

厚生労働省のガイドラインに従った

治療しかやれないんだよね。。。(汗)

 

 

 

 

 

それを踏み越えた医者は、厚生労働省から

にらまれてしまうし、医師会からも後ろ指さされて

しまう。。。

 

 

 

 

だから、医者が権威ではないのだ☆彡

 

 

 

 

案外マニュアルにおんぶにだっこで、自分の専門分野

のくせに不勉強な医者もわんさかいる。。。

 

 

 

 

余談ですが。( ´艸`)

 

 

 

 

んで、人生に夢や目標を持つと、そのクンダリニ―

が目覚め、それによって生涯、心の統御、コントロール

を余儀なくされる。。。

 

 

 

 

 

 

なぜかというと、目標を持っても、その目標に逆に

縛られすぎて、清原さんとかASUKAさんみたいに

 

 

 

 

「むしろメンタル弱すぎじゃねぇか!!」

 

 

 

 

みたいなことにもなってしまう。。。

 

 

 

 

クンダリニ―は、私は

 

 

 

 

「才能と情熱」

 

 

 

 

 

と言い換えていいんじゃないか、という気がしています。

 

 

 

 

 

人生に夢や目標を持った人は、その瞬間、クンダリニ―

という名の才能・情熱に目覚めていく。。。

 

 

 

 

才能とは情熱そのものである。。。

 

 

 

 

 

だがしかし、情熱とは常に危険な諸刃の剣。。。

 

 

 

 

 

情熱が間違った方向に向かってしまうと、自己の

思いを遂げるために殺人や犯罪にまで行ってしまうし。

 

 

 

 

人格障害や統合失調症、双極性障害の

元にもなってしまう。。。

 

 

 

 

 

才能や情熱とはあくまで

 

 

 

 

 

「自分自身」

 

 

 

 

に向けられるものでなければならないこと、

他人と自分の情熱とは一切関係がないこと、

自分さ信じ続けていれば人生は変えられること。。。

 

 

 

 

などを、占い師やカウンセラーは辛抱強く彼らに

伝えていかなくてはなりません。。。

 

 

 

 

 

 

私はこの世でもっとも

 

 

 

 

「願望達成力」

 

 

 

 

のあるものは、まぎれもなく

 

 

 

 

「殺人犯」

 

 

 

 

だと思っています。。。

 

 

 

 

 

多くの経営者や自営業者を見てもそう

思います。

 

 

 

 

 

起業家や自営業者の人の頭の中は、

目標のためならばトモダチでさえカネに変えて

やると思っているし、起業家や自営業者がいう

トモダチ、という言葉は、イコールで

 

 

 

 

「カネずる」

 

 

 

 

 

 

という意味です。( ´艸`)

 

 

 

 

 

こいつらが殺人犯になるか、ならないかは

紙一重にすぎません。

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

「大煩悩・大解脱」

 

 

 

 

とはよく言ったもので、クンダリニ―という

ある種の、狂気じみた情熱が目覚めている

人は、その果てに大解脱してしまう可能性も

あるということですにゃあ。。。

 

 

 

 

 

そういうパワーバランスを上手に取れるよう、

彼のクンダリニ―(情熱)が、彼自身や周囲の

人たちの脅威にならないよう、我々は正しい

情熱の向け方、願望達成の方法を伝えなくては

ならない。

 

 

 

 

この段階に来ると、占い技法はむしろセラピーの

邪魔で、むしろ毒となりえます。

 

 

 

 

この段階に来ていて、クンダリニ―が暴走し、他人や

自分を傷つけ初めている人には決して占いなどやって

みせてはダメ。

 

 

 

 

占いとはこのように、用い方がすべてで、処方となんら

変わらないのであります。。。

 

 

 

 

それなのに、いまだに多くの占い師が、自分が結婚に

向かないのはいて座の金星のせいだ、といい、今日の

プレゼンがうまくいかないのは水星逆行のせいだといい、

上手く行くのも行かないのも、自分の性格的な欠点でさえ

ホロスコープのせいにしてしまう。。。

 

 

 

 

なんでもなすりつけられるホロスコープがカワイソウですね。。。

 

 

 

 

 

そういうことじゃない。。。

 

 

 

 

 

占いとは、あくまでもクンダリニ―のエネルギーを

着火し、目覚めさせ、たきつけるための種火にすぎない

のであります。。。

 

 

 

 

そういうことをしっかり指導できる占い師が

いないから、この業界にはカス人間しか

いねぇのかって言いたくなったりするのだにゃーん☆彡

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ところで告知】

 

酒井日香 著  占い大河小説

「VICE-ヴァイス―孤独な予言者」

は、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓    ↓     ↓

http://ncode.syosetu.com/n0911cq/

 

 

 

占いとは何だ? 霊能力とは何だ? 

ということを果敢な取材と考察で描いた

渾身のドキュメンタリー

「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」

も、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓     ↓      ↓

http://ncode.syosetu.com/n7247de/

 
 
 
 
どうぞよろちくび( ´艸`)

 

どくしゃになってね…

ペタしてね

 

いいね!(19)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、7月15日から10日間の日程で

日本に滞在し、日本でエネルギーワークを

学びたい方々へ向けてたくさんのセミナーを

行う世界的ヒーラー

 

 

「ジュディ・リチャーズさん」。

 

 

 

そのジュディさんが行うセミナーの内容を、

心の癒しと統御に興味ある方々にもぜひ、

このブログで説明してくれ、という、JMA林代表

からのミッションを遂行中なのでありますが☆彡

 

 

 

ジュディさんの発想や思想のベースを知らないと

書けないので、今日は実は、ジュディさんがヒーリングや

カウンセリングを学んだ母校である

 

 

 

 

「米国クリアサイト」

http://www.clearsighthealingcenter.com/

 

 

 

 

のことを調べて、さらにそのクリアサイトの

設立者である

 

 

 

 

「レバナ・シェル・ブドラさん」

 

 

 

 

の著書を読んでみました☆彡

 

 

 

 

それがこちら↓    ↓     ↓

 

 

 

読んで第一に思ったことは

 

 

 

 

「あ、すごくマトモなことが書いてある!!」

 

 

 

 

 

ということ!!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。

 

 

 

 

最初はちょっと不安だったのです。。。(汗)

 

 

 

 

 

占いツッコミストとして、占い評論家として、

妄信&狂信の霊能狂いセミナーみたいなのは

絶対におススメできない!! と。。。

 

 

 

 

それをやったら私のこの

 

 

 

 

「占い死ね死ね♡ブログ」

 

 

 

 

のブランドに傷がついてしまいますからねぇええ。。。(涙)

 

 

 

 

だからそこを見極めるためにも、ジュディさんのお師匠様

の著書を読んでみる、というのは避けて通れないところ

だったのですが、読んだらまぁビックリ!!!

 

 

 

私が占い師生活を通して学んだ

 

 

 

「この世の簡単な真実」

 

 

 

 

が、この本にはあっさり書いてありました!!!

 

 

 

 

もうそれだけでさすが!! JMAが提携を選んだ

ヒーラーさんなだけのことはある!!

 

 

 

 

と、林代表の目利きに感動。。。(ほんとに)

 

 

 

 

やっぱり、私が10年かけて占い業界で学んだ

霊的な真実、実にシンプルな事実が、アメリカの

ヒーリング業界でもごく当然のことだったのですね。。。

 

 

 

 

さすが、癒しの先進国であり、霊的探求の盛んな

アメリカであります。。。

 

 

 

もうすっかりレバナさんが好きになったし、その元で

学んだジュディさんにも興味深々です~!!!

 

 

 

 

 

さて、この本で語られていることは、拙作

 

 

 

「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」

http://ncode.syosetu.com/n7247de/

 

 

 

 

 

でも、私が書いたように

 

 

 

 

「イメージング能力を利用して

マインドをコントロールする技法」

 

 

 

 

でございます。。。

 

 

 

 

①地に足をつけて生きる

②集中力を身に着ける

③自分自身の開放

④今すぐ幸せになれる

⑤自分自身に許可を与える

⑥真の自尊心

 

 

 

↑ この6つを、

 

 

 

「イメージング技法」

 

 

 

 

によって目覚めさせ、現実の人生をコントロール

していこう!! という、まさに私が

 

 

 

 

「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」

http://ncode.syosetu.com/n7247de/

 

 

 

に書いた内容とリンクする方法で、まさしくそれは

正しいこと、正解なことなのでございますよ。。。

 

 

 

 

 

だけどフツーの人は、イメージング能力の源泉である

 

 

 

 

「スシュムナー管」

 

 

 

 

 

が開いていないので。。。。

 

 

 

 

 

そこを事前に、タロットを触ってもらったり、ホロスコープ

に触れてもらったりしてつついて、刺激しておくのね。。。

 

 

 

 

そうしてイメージング能力の通り道である

 

 

 

 

「スシュムナー管」

 

 

 

 

の弁を開けて、摩訶不思議な霊的エネルギー

であるところのプラーナを体内にため込み、

その力で現実の成功と幸福と、それに必要な

感情コントロールをしていこう!! という、まさしく

私がいいたいことがそのまま書かれてありました。( ´艸`)

 

 

 

 

たぶん、ジュディさんが言いたい&指導したいこと

もそういうことだろうと思います。

 

 

 

 

だから、占いをやったり、ヒーリングセミナーを受ける

ことの真実の意義は???

 

 

 

 

というと。

 

 

 

 

実のところそのセミナーが終了して、だいぶ経ってから

 

 

 

 

「ああ!! そういうことか!!」

 

 

 

 

と気づいたり、

 

 

 

 

「新しい出会い」

 

 

 

 

に出会えたりする。。。

 

 

 

 

私の知人のヒーラーさんなどは、開運効果があると

もっぱら評判でございまして。。。

 

 

 

 

彼女にエネルギーワークをやってもらった

翌日、絶対に無理だと思っていた超難関オーディションに

受かった女優さんがいます。。。

 

 

 

 

それ以外にも、彼女に会った数日後に正社員になれた、

とか、娘の家出が収まったとか、体調がよくなったとか。。。

 

 

 

 

本当にエネルギーワークができる人なら、むしろセミナー中

よりもセミナー後に

 

 

 

 

「運が少しめぐってきた!!」

 

 

 

 

と感じることが多いのですね。。。

 

 

 

だから、料金が多少高くても、アメリカ人はそれは

当然だと考えるし、日本のセレブな人たちも現実に

効果があることを知っているから、数万円程度なら

惜しまないわけで、そのうえセラピストはそういう開運

に寄与するために、

 

 

 

 

「自分自身の生体エネルギー(プラーナ)」

 

 

 

 

を注入しているのですから、おカネをいただいて

当然なのですよ。。。

 

 

 

 

それはおカネが欲しいから、というわけではなく、

おカネ、というものが、ヒーラーが注入した生体エネルギー

を数値化させたものであるからです。。。

 

 

 

 

この世はすべて循環。

 

 

 

 

何らかの代償も払わずに人に何かをしてもらう、

なんていうことはありえません。

 

 

 

 

それを確認しあうのが、こうしたスピリチュアルに

まつわるおカネであり、代金をもし払わないでエネルギー

だけ注入してもらうなんてことは、あとで受けたほうにも

負荷がかかることなんですねぇ。。。

 

 

 

 

 

そういう意味で

 

 

 

 

「スピリチュアルにおカネを取るのは双方のため」

 

 

 

 

なのであり、それでいい生活がしたいとか、それで

うまいモンを食いたいとか、豪邸が欲しいとか、いい

車が欲しいとかではないんですね。。。( ´艸`)

 

 

 

 

ここを間違うとヒーラーはとたんに悪い結果

しか出せなくなるし、表情が暗くなり、悲壮感が

ただよい始めます。。。

 

 

 

 

そういうのも、スピリチュアルに慣れてくると

こちらもすぐに見抜けるようになってくる。

 

 

 

 

 

そんな感じで、

 

 

 

 

「イメージング力を駆使して自分を癒す」

 

 

 

 

という、米国クリアサイトのヒーリング技法

なんだけど。

 

 

 

 

 

これってよくよく考えると、今流行りの

アドラー心理学

 

 

 

「他者承認の否定」

 

 

 

 

にもつながってくることだ。。。。

 

 

 

 

 

つまり、自分自身の内側にある、誰のもの

でもない自分自身の

 

 

 

 

「イメージング能力」

 

 

 

 

で、子どものころの自分を思い描いたり、

自分だけを癒す医者を思い描いたりする。

 

 

 

 

 

そしてその中で、自分で思い描いたイメージに

自分を許してもらったり、自分を褒めてもらったり

するわけでしょ??( ´艸`)

 

 

 

 

これ以上ないくらいの

 

 

 

 

「他者承認の否定」

 

 

 

 

 

なんである。。。

 

 

 

 

 

ところが、人間がおかしくなるのはまさにこの

 

 

 

 

 

「他者承認」

 

 

 

 

というヤツ。

 

 

 

 

 

 

あたしもおなにぃ自己満足小説なんか描いている

からわかるけど、ともするとすぐ

 

 

 

 

「PVという他者承認が欲しい」

「誰かに面白いよって言ってもらいたい」

「たくさんイイね!! してもらいたい」

「〇〇さんよりイイね! が少なくてへこむ」

 

 

 

 

なんていう

 

 

 

 

「他者承認乞食」

 

 

 

 

に陥ってしまうから要注意だ。

 

 

 

 

こういう病魔に侵されると、小説なんて何一つ描い

ててオモシロいことは無いし、自分が何を描きたかった

のかさえ忘れてしまって、他人のために生きる最悪の

人生になりかねないのだ。。。

 

 

 

そうじゃなくて、自分が自分を面白いと思えれば

それですべてだし、自分で自分の作品をいいね!

オモシロいねこれ!! もっと読まれたいね!!

って思えたら、現実もそれに沿って展開し始める。

 

 

 

 

他者承認を求めず、自分のイメージで自分を

慰めよう、という、イメージング能力を用いた

ヒーリングは、効果がかなりあるだろうと思う。

 

 

 

 

実際に霊魂の世界では他と我の区別など無いので、

自分の内から出たものに慰められるだけで、その通り

になったと脳が錯覚して落ち着くのである。。。

 

 

 

 

そんなレバナ・シェル・ブドラさんのもとで学び、

神学や形而上学も学び、独自に心理学や哲学なども

学んできたジュディリチャーズさんのセミナー。

 

 

 

 

 

酒井さんも全部は行けないかもですが、開催される

うちのいくつかはぜひ参加したい!! と考えていて、

今からでもとてもジュディさんにお会いするのが楽しみ

なのでありました☆彡

 

 

 

 

 

みなさんもぜひ、ジュディさんに会いに行って

みてくださいねぇぇ~☆彡

 

 

 

 

お申し込みはJMAライトワークスの

公式ホームページ

http://www.light-works.jp/category/event

 

 

 

またはお電話にて。

 

お電話は

03-5437-0851  JMAアソシエイツ 

までお願いします。

 

 

 

【ジュディ・リチャーズさんセミナー日程】

 

2016年7月15日(金) 

イブニングセミナー 18:30~21:30まで

「今こそ必要なエネルギーワーク」

受講料 ¥4,000-(6月1日までのお申込みなら¥3,000-)

 

 

 

 

 

2016年7月16日(土)

1DAYセミナー 10:30~17:30まで

「花のエネルギーを取り込み、豊かさを深める方法」

受講料 ¥4,0000-(6月1日までのお申込みなら¥35,000-)

 

 

 

 

 

2016年7月17日(日)・18日(月)

2DAYセミナー 10:30~17:30まで ※両日とも

「すぐに使える! 実践手相術入門」

受講料 ¥80,000-(6月1日までのお申込みなら¥70,000-)

 

 

 

 

2016年7月20日(水)

集中セミナー 18:30~21:30まで

「エネルギーワーク入門 ~輝く7つのチャクラ~」

受講料 ¥12,000-(6月1日までのお申込みなら¥10,000-)

 

 

 

 

2016年7月21日(木)

集中セミナー 18:30~21:30まで

「エネルギーワーク入門 ~新体験アストラル界への旅~」

受講料 ¥12,000-(6月1日までのお申込みなら¥10,000-)

 

 

 

 

2016年7月23日(土)・24日(日)

2DAYセミナー 10:30~17:30まで ※両日とも

「すぐに使える! 実用タロットカードリーディング」

受講料 ¥80,000-(6月1日までのお申込みなら¥70,000-)

 

 

 

 

 

さらに

7月20日~22日の間は、

セミナー前後にジュディさんの個人セッションが受けられます!!

通訳さんがつきますので英語ができなくても安心!! しかも1時間たっぷり見てもらえます!!

 

 

 

 

ワンセッション ¥40,000-(6月1日までお申込みで35,000ー)

※通訳さんを必要としない方はさらに¥7000-引きますので、

通訳なし、6月1日までのお申込みならなんと!!!

 

 

 

1時間セッション代金が¥28,000-に!!

 

 

 

 

お申し込みはJMAライトワークスの

公式ホームページ

http://www.light-works.jp/category/event

 

 

 

またはお電話にて。

 

お電話は

03-5437-0851  JMAアソシエイツ 

までお願いします。

 

 

お申込みはどうかお早めに!!!

 

どくしゃになってね…

ペタしてね

 

いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日(5月18日)、

 

「さんまのホンマでっか?!TV」

 

で、死後の世界の実在についてやって

いましたね。。。(^_^)

 

 

 

 

 

私も、死後の世界の実在は信じたくない

ですけど、もうあると諦めるしかないのかな

って思っていますよええ。。。☆彡

 

 

 

あたしはサルトル、ヘーゲル、デカルト、ハイデッガーといった

近代哲学、脱キリスト教形而上学の哲学者の本を二十歳

くらいのとき、夢中で読んだ哲学好きな人でして。。。

 

 

 

ニーチェももちろん読みました☆彡

 

 

 

ニーチェの名言

 

 

 

「神は死んだ」

 

 

 

は、ものすごく胸に刺さりましたねええ。。。

 

 

 

 

 

なんでかっていうと、もし神様がいるのなら、

なぜこんなひどい世界を作ったのだ???

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

この世界はひどい世界です。郵便局のCMで

能年玲奈ちゃんが

 

 

 

「この人生は夢だらけ」

 

 

 

 

なんて言ってるけど、そんなのはウソですね。

 

 

 

 

 

この世は丸ごと地獄。

 

 

 

 

なんだけど、そう割り切って、地獄で生きる

のも悪くないかも、と心を切り替えて、落ち着いて

みれば、地獄にしては楽しい部分、素敵なことも

起こる世界だから、地獄だと思えば楽しいし、

天国だと思いすぎるとつらくなる。

 

 

我々は生き続けるかぎり、カネで自らの

創造性や安楽を売りとばし、朝から晩まで

働かされて税金を搾取され続け、何もできない

まま死んでいくのですよ。。。(●´ω`●)ゞ

 

 

 

 

だからサルトルとか、ニーチェといった

 

 

 

「虚無哲学」

 

 

 

 

は、若者にはとても

 

 

 

 

「刺さる」

 

 

 

 

わけだ。。。

 

 

 

 

 

私も実際、20代はサルトルかぶれでした☆彡

実存主義者になりたい、アンガ―ジュマンを

自分が体現したいと願っていました☆彡

 

 

 

 

 

そして飛び込んだ占いの世界。。。

 

 

 

 

まぁ、占いダイヤルの事務職をしていたんですが、

聞こえてくる会話がとんでもなかった。

 

 

 

ある霊感占い師は、体が不自由な人に

向かって平然と

 

 

 

 

「それはあなたが前世、

悪いことをした報いだ」

 

 

 

 

と言い切りました。

 

 

 

 

 

私はそれを聞いてもう、はらわたが煮えくり

かえりそうになりました☆彡

 

 

 

 

虚無哲学にかぶれていたため、彼の幸福や

不幸は、彼自身のみにしか決められないはずだと

信じていたのです。(今でもそう信じていますが)

 

 

 

 

それを平然と

 

 

 

「前世の報いだ」

 

 

 

と言い切る霊能者。

 

 

 

 

こんな親の元に生まれたのも前世の報い、

今貧乏なのも前世の報い。

 

 

 

成功しないのも、ブスで未婚なのも

前世の報い。

 

 

 

 

そーゆうトークを聞かされるたび、理不尽で

なりませんでした。

 

 

 

 

占いだってそうです。

 

 

 

 

ホロスコープが発達した背景には、インド特有の

 

 

 

「輪廻転生思想」

 

 

 

 

 

があります。

 

 

 

 

もともとホロスコープや天球図というのは、

 

 

 

 

「たましいの査定」

 

 

 

 

のための道具だったのです。道教系ホロスコープ

である宿曜とか、算命学とか、四柱推命なども

本質は

 

 

 

「たましいの査定」

 

 

 

 

であります。

 

 

 

 

これは階級制度がはっきりしていた封建的

社会ではいいことなのでしょうが、身分よりも

能力主義ではかられる現代人にとっては

受け入れがたい思想であります。

 

 

 

 

ホロスコープや前世で何もかも決まってしまう、

ということならば、努力なんか無駄じゃないか!

 

 

 

 

ということになりかねないし、なんでもそういう

もののせいにし始める、というのが、現実に

統合失調症の初期症状や、解離性障害、人格障害

の初期症状だったりするのです(魔術的思考)。

 

 

 

 

実はここのところが常に仏教をめぐる

論争では持ち上がってくるのですが。。。。

 

 

 

 

それに関しては実のところ、仏教はさらに

もう一段考えがありまして、実は仏教の言う

輪廻転生とは、単純にある人が死に、その意識が

そのまま来世に持ち越されるような、単純なシクミ

ではないのであります。。。

 

 

 

その昔、ギリシャからインド北部を治めるために

やってきた大王

 

 

 

「メナンドロス1世(ミリンダ王)」

 

 

 

が、ナーガセーナという仏教の修行者と数日間に

わたり徹底的に死後の世界について議論した法話

 

 

 

 

「ミリンダ王の問い」

 

 

 

 

 

の中に、メナンドロス王がまさしくナーガセーナに、

 

 

 

 

 

「前世の報い、ということが本当なら、やはりこの

私の意識そのものが来世持ち越されるということか?」

 

 

 

 

 

と質問すると、ナーガセーナは

 

 

 

 

「いいえ違います。持ち越される私などはないのです。

しかし、前世の報いを受けるのです」

 

 

 

と言い張ります。

 

 

 

 

 

それを聞いたメナンドロスは

 

 

 

 

「だったら、やっぱりこの私が来世も持ち越される

のではないのか」

 

 

 

 

と、軽く怒るんですが、それでもナーガセーナは

 

 

 

 

「持ち越される我、自我などありません」

 

 

 

 

といい、続いて

 

 

 

 

 

「大王よ、この働きはまさにとても

言葉では言い表せません。お釈迦さま

ほどの人物でさえ、この因果を

明らかにするにはとても慎重に

ならざるを得ないほどです」

 

 

 

 

と言ったのですね。。。

 

 

 

 

 

前世はあるし、我々はそこから影響を受けてはいるの

だけれども、それは単純に前世悪いことをしたから、

今生その罰を受けているのだ、みたいな、単純な話では

ありません。。。

 

 

 

 

たくさん修行し、考え、悩み抜いて、へとへとに

なるほど苦労してようやく

 

 

 

 

「あ、そういうことかも・・・・」

 

 

 

 

みたいに感じる世界です。

 

 

 

 

 

霊能者が簡単に決めつけて、受けるほうも

ああそうですか、と鵜呑みにすることはできません。

 

 

 

 

自分の深い内面から自然に湧き出てくる

というか、誰に言われなくともなんとなく

わかる。

 

 

 

 

そういうものが本物の前世。

 

 

 

 

キリスト教なんかもっと過激で、

人はみな誰もが

 

 

 

 

「原罪」

 

 

 

 

を負って生まれてくるのだという。。。

 

 

 

 

 

つまり生まれながらに人は罪人であり、

罪を償うために生まれてきたのであり、

罰を受け、いじめられ、苦しみのたうつ

ため生まれてきたのだというのであります。。。

 

 

 

 

 

だから、前世なんかあろうがなかろうが、

苦しいのは当たり前。

 

 

 

 

諦めて原罪を償いなさい。罰されなさい。

 

 

 

 

そういうとき、祈れば神はあなたの側に

いるのですよ、という教え。

 

 

 

 

どっちにしろまぁ、

 

 

 

 

「生きるってつらいよ」

 

 

 

 

って言っているので、結婚したから幸せ、ではないし、

裕福に暮らせたら幸せ、でもないし、健康だから幸せ、

というわけでもなく、栄冠も成功も地位も名誉も大してさ、

意味ないじゃんBYミスターチルドレン。。。。ということですなぁ。。。

 

 

 

 

 

何をしたって、どう生きたって苦しみしかないんだから、

諦めて、じたばたせずに、笑って生きるしかないじゃん

ははは☆彡

 

 

 

 

みたいな感じ。( ´艸`)

 

 

 

 

人間、あんまりにシャレにならないと笑いが

こみあげてくるもんですが、そーゆうことだよねぇ

たぶん。。。☆彡

 

 

 

 

 

 

そんなわけで虚無主義も仏教も、

キリスト教も突き詰めると似たところがある

んですが、虚無主義哲学はもともと、

 

 

 

 

「神の名のもと、霊魂において」

 

 

 

 

ということを振りかざして、人の心をがんじがらめに

していたキリスト教社会から、キリスト教の権威への

反発として生まれてきたものでありまして。。。

 

 

 

 

この虚無主義を通ることで、人は、しっかり

グラウンディングできるというか、他人の痛みが

わかるというか、相手のことがわかるようになるわけね。。。

 

 

 

 

だから、虚無主義哲学も学んで悪いという

ことはない。

 

 

 

 

虚無主義を学ぶことで、霊や神を受け入れられない

人がどれほど人に優しく、絶望しきって生きているか、

ということがわかるからね。。。

 

 

 

そしてそういう虚無主義とは、よくよく考えると、

霊や神を信じることがたやすくできない現代人

全員に向けた哲学だということです。

 

 

 

 

つまり、この私のために書かれた哲学なのだ☆彡

 

 

 

 

しかし、もし虚無主義にさらされた人が、苦しみの

果てに一筋の光明を見たならばどうなるだろう。。。

 

 

 

 

虚無の果ての光。。。

 

 

 

 

 

虚無に絶望しなければ気づけなかった永遠。。。

 

 

 

 

そういうものがある、という気がする。

 

 

 

 

つまり、神を信じても、それが極まれば懐疑になるし、

懐疑を突き詰めれば信じる心が生まれる。

 

 

 

 

信・不信は常に表裏一体。

 

 

 

信じたいと思うから人は疑うのだし。

 

 

 

 

疑いきるからこそ疑いようのないものに出会う

ことができる。

 

 

 

 

こうして、死後の世界の存在証明がテレビでも

語られるようになった、ということは、それだけ

人類の意識がさらなる変化の時を迎えている

のかも知れない。。。

 

 

 

んで、スゥエーデンボルグの言うことには、

人間が死ぬときに感じる苦痛・恐怖・絶望や、

他人を押しのけてでも目的を達成したい、とか、

事物に溺れる弱い心などと、安楽・幸福の心が

常にこの宇宙でせめぎあっているのであり。。。。

 

 

 

 

そのパワーバランスに左右されて、人間界に生まれ出る

たましいの質も変化するという。。。

 

 

 

 

つまり私たち人間は、この全次元宇宙から見たら

 

 

 

 

「腸内フローラそのもの」

 

 

 

 

というか、人間にも善玉菌と悪玉菌、日和見菌

がいて、霊界のエネルギーバランスに左右されて、

生まれ出る割合が変わっていくのだという。。。

 

 

 

確かに精神疾患の問題などを見ていると、

この世には人格障害者、と言われる連中がいて、

さらにその何割かは良心のかけらもないタイプ

というのが存在する。。。

 

 

 

 

スゥエーデンボルグがいうには、そういう、悪玉菌

型の人間が多くなるか、少なくなるかによって、この

地球生命圏における生きやすさ、生きにくさが変わって

くるし、良い世界にしようと思うのなら、少しずつ良い心

の人間を増やして、そういう心で人間を霊界に帰す

しかない、と言っている。

 

 

 

 

 

霊界に帰るたましいの質が良くなれば、

巡り巡って全体の集合霊の透明度が上がり、

そこから分魂して生まれてきた人間が作りだす

社会も、それに応じて清くなる、、、と。。。。

 

 

 

こうして死後の世界の実在が科学的に

立証されてきている今、スゥエーデンボルグ

の言うことにも実に信憑性が出てくるわけ

ですにゃあ。。。☆彡

 

 

 

 

んで、ジュディ・リチャーズさんの話に

なるわけですが。

 

 

 

 

ジュディさんのようなお仕筝をしている人のことを

 

 

 

 

「ライトワーカー」

 

 

 

というんです。。。

 

 

 

 

まさにスゥエーデンボルグがいうところの

 

 

 

「人霊が清くなれば集合霊も清くなり、

そこから生まれ出でる人霊の質も向上し、

最終的に地上が良くなる」

 

 

 

 

ということを、実践しようとしている人たちに

他なりません。。。☆彡

 

 

 

 

とてつもない気の遠くなるような

努力であります(汗)。

 

 

 

 

 

ライトワーカーが見つめているのは、現世

だけでなく、来世や、さらにそこからまた

この世に戻る霊魂のことまで考えて

いるのですから。。。(ノω・、)

 

 

 

 

しかし、ジュディさんほどのことではなくとも、

我々だって、自分の身近な人の苦痛や恐怖を

取り除くお手伝いくらいはできる。。。

 

 

 

 

 

私なんぞは、スゥエーデンボルグの本を読んで以来、

介護施設の年寄りたちを苦痛と恐怖で死なせたら、

霊界の環境汚染になってしまうから、できるだけ

そういう死に方をさせないように心掛けて世話する

ようにしています。。。

 

 

 

 

 

夜勤のとき、こっそりじいさん、ばぁさんに

 

 

 

 

「死ぬときの心構え」

 

 

 

 

の話をしてやったりもして。。。。(見つかったら

クビになっちゃうだろうけど)

 

 

 

 

 

だけど、そんなこと恐れていられません。。。

 

 

 

 

 

今、目の前にいる人に安楽になってもらう

ことが、100年後の地球を明るいユートピア

に変えていくことに繋がるのですから。。。

 

 

 

 

 

そんな大変な世界の伝道師である、

ジュディさん。

 

 

 

来日する機会はそうそう多くないので。。。

 

 

 

 

ぜひ、ジュディさんに会って、そのお仕事の

片鱗でも体験してみていただきたいですね。。。☆彡

 

 

 

 

 

そしてセミナーを受けたみなさんが、周囲の

人をハッピーにできたら、それがいずれ果てしない

時間を超えてこの世界に良い影響をもたらすんです☆彡

 

 

 

 

そのためのエネルギーの整え方や、発想方法、

メディテーション、メッセージの受け取り方などを

ぜひこの機会にジュディさんから学んでください!!

 

 

 

来日日程は以下の通りです☆彡

 

 

 

 

【ジュディ・リチャーズさん来日セミナー日程】

 

2016年7月15日(金) 

イブニングセミナー 18:30~21:30まで

「今こそ必要なエネルギーワーク」

受講料 ¥4,000-(6月1日までのお申込みなら¥3,000-)

 

 

 

 

 

2016年7月16日(土)

1DAYセミナー 10:30~17:30まで

「花のエネルギーを取り込み、豊かさを深める方法」

受講料 ¥4,0000-(6月1日までのお申込みなら¥35,000-)

 

 

 

 

 

2016年7月17日(日)・18日(月)

2DAYセミナー 10:30~17:30まで ※両日とも

「すぐに使える! 実践手相術入門」

受講料 ¥80,000-(6月1日までのお申込みなら¥70,000-)

 

 

 

 

2016年7月20日(水)

集中セミナー 18:30~21:30まで

「エネルギーワーク入門 ~輝く7つのチャクラ~」

受講料 ¥12,000-(6月1日までのお申込みなら¥10,000-)

 

 

 

 

2016年7月21日(木)

集中セミナー 18:30~21:30まで

「エネルギーワーク入門 ~新体験アストラル界への旅~」

受講料 ¥12,000-(6月1日までのお申込みなら¥10,000-)

 

 

 

 

2016年7月23日(土)・24日(日)

2DAYセミナー 10:30~17:30まで ※両日とも

「すぐに使える! 実用タロットカードリーディング」

受講料 ¥80,000-(6月1日までのお申込みなら¥70,000-)

 

 

 

 

 

さらに

7月20日~22日の間は、

セミナー前後にジュディさんの個人セッションが受けられます!!

通訳さんがつきますので英語ができなくても安心!! しかも1時間たっぷり見てもらえます!!

 

 

 

 

ワンセッション ¥40,000-(6月1日までお申込みで35,000ー)

※通訳さんを必要としない方はさらに¥7000-引きますので、

通訳なし、6月1日までのお申込みならなんと!!!

 

 

 

1時間セッション代金が¥28,000-に!!!

 

 

 

 

【一見、お高い代金にも思えますが。。。。】

 

 

 

 

ぶっちゃけ、お高いですね♪

 

 

 

 

アタシもこのジュディさんのセミナーの

値段を見たとき、正直言って

 

 

 

 

 

 

高っけぇぇぇぇぇぇ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

と、心の中で絶叫してしまいました♪

 

 

 

 

でも、よーーーくみると、2DAYセミナーの

手相講座&タロット講座と、1DAYセミナーの

お花のパワー講座の料金に目が行き過ぎてしま

ってましたが、7月20日、21日の集中セミナー

なんかは1万円前後で3時間みっちりですので、

そんなに高い感じもしないです。。。

 

 

 

 

 

実のところ6月1日までの割引を使えば、2DAY

セミナーも1DAYセミナーもそれほどべらぼうな

値段ではないのかも。。。☆彡

 

 

 

 

 

というのも、ジュディさんを日本にお招きする

だけでも航空機代、滞在費、通訳さんの手配、

コーディネーター代などのコストがかかって

おりますし。。。

 

 

 

 

ただ、そこはさすが、オモシロ体験には素晴らしい

目利きであるところの、JMA林武利代表が厳選

して、わざわざおカネかけてまで日本に招聘する

ヒーラーさんなのがジュディ・リチャーズさんですから。

 

 

 

 

そんじょそこらの

 

 

 

 

 

「ええ?! こんなゲロ高いカネだけ取って

特にオモシロくもねぇ、不思議なことも起こら

ねぇカスセミナーかよ!!!」

 

 

 

 

みたいなのとはわけが違うのです。。。(汗)

 

 

 

 

 

恐るべきは林さんの

 

 

 

 

 

「摩訶不思議な体験に対する脅威の目利き」

 

 

 

 

 

なのですね。。。ジュディさんがただの講師ではない

ことがもう、それだけでわかります。。。

 

 

 

 

 

日本にベータ―システムを初めて導入したのも

林代表ですし。。。

 

 

 

 

レゾナントマシーンや水素水、食べる珪藻土などなど、

時代の先端の癒しを日本に紹介し続けてきた林さん。。。

 

 

 

 

その林さんが呼んだヒーラーさんですから、

セミナーではどんな摩訶不思議な、楽しい体験、

眼からウロコが待っているのか楽しみです☆彡

 

 

 

 

 

お申し込みはJMAライトワークスの

公式ホームページ

http://www.light-works.jp/category/event

 

 

 

からもできますし、お電話でのご予約は

03-5437-0851  JMAアソシエイツ 

までお願いします。

 

 

 

 

 

また、この占い死ね死ねブログ主催、酒井日香

へのお申込みでもOKです~☆彡 ( ´艸`)

 

 

 

 

 

酒井さんへの直通メールアドレスは

gouhara_satoru☆yahoo.co.jp

 

です☆彡  ☆を@に変えてちょんまげ☆彡

 

 

 

 

ではでは、次からはジュディさんの各セミナーに

ついて、その内容に迫っていきたいと思います!!

 

 

 

 

お申込みはどうかお早めに!!!

 

どくしゃになってね…

ペタしてね

 

 

いいね!(60)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、長年占い畑を歩み、
西洋占星術の大家の弟子を
8年もやっちゃって、占いライターを
していた酒井さんにとって、
 

「スピリチュアル」
 
 
 
とか
 

「ライトワーカー」
 

とか
 

「ヒーラー」
 
 
 
とか
 
 
 
「アチューンメント」
 
 
 

とか
 
 
 
「エナジーワーク」
 
 
 

とかいう言葉は、ほんの数年前までは
邪教の教え、悪魔の教えというか、
カスミみたいに実体がなさすぎる、
占い以上に説明の難しい、困った分野
だなと思っていました☆彡
 
 
 
 
 
 

それは詳しくは、単行本書籍用に書き下ろした
こちらの原稿↓    ↓     ↓
 
「占いと霊能力 ~承認欲求の源泉~」
 
 
 
 
という評論作品にも書きましたので、スピリチュアルな
ものに興味あるかた、占い師の方はぜひ読んでください。
 
 
 
 
 
この
 
 
 
「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」
 
 

という作品は、占い師生活を10年やり、占星術の大家の
じーさんの弟子を8年やる中で私が到達した
 
 
 

「本当の占いの意義とは」
 
 
 
 
 
ということを見出したプロセスが、恥も内面も
全部さらして書いてあります☆彡
 
 
 
 
 
ほんとは商業出版で書籍化が決まっていましたが、
本にするなら自主製作でできるし、それよりも
ネットに置いておいて誰にでも読んでもらえる
ほうがみんなの役に立つだろうと思い、
 
 
 
 
 
「小説投稿サイト・小説家になろう」
 
 
 
 
 
に置いてあります。。。☆彡
 
 
 
 
 

さて、2000年、ミレニアムの始まりだった頃
占いライターをしていた酒井さんは、占星術の
ネタを持って雑誌社や編プロに営業に行っても、
 
 
 
 
 
「ああ、今はスピリチュアルだから」
 
 
 

ということで一蹴され、ぜーーーーんぜん相手に
してもらえない、という経験をします☆彡
 
 
 
 
 

つい1、2年前までは、占星術系のネタや企画を
持っていくと、比較的容易に記事にしてもらえて
いたのに、2000年代に突入した途端さっぱりダメ。
 
 
 
 
 

その原因は自著
 
 
 
 
 
「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」
 
 
 
 
 
 
にも書きましたが、ハッキリ言って
 
 
 
 
 

「江原啓之さん」
 
 
 
 
 
です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アタシに仕事を振ってくれていた編集者たちが
全員、掌を返したよーに江原啓之信者になって
しまい(汗)、スピスピスピスピ言い始め、
変な宗教に入信したよーになってしまいました(笑)。
 
 
 
 
 
まぁ、実際、傍から見ると、なんの宗教なのだろう、
みたいに思えなくもない
 
 
 
 
 

「スピリチュアルブーム」。
 
 
 
 
 

実際その内容の多くは、ネイティブアメリカンの
教えやマヤの教えだったりして、教団化している
宗教ではないものが多いし、仏教やキリスト教を
取り入れながらも、やっている人たちは教団化して
いるわけでもなかったりして。。。
 
 
 
 
 
 
 
無派閥宗教、みたいな感じです。
 
 
 
 
 
 
 
占いはどうかと言えば、占いは完全なる
 
 
 
 
 
「アテもの」
 
 
 

であり、言い当ててナンボ、お客をビビらせて
ナンボ、みたいな技術であります。
 
 
 
 
 

だから私が書いた小説
 
 
 

「VICE-ヴァイス-孤独な予言者」
 
 
 

の主人公、郷原悟は、
 
 
 
 
 

「アテものとしての占星術」
 
 
 
 
 
の限界に挑むため、
 
 
 
 
 
「占い賭博」
 
 
 

なんていうとんでもない占いスタイルを
やっているのでございます。。。(汗)
 
 
 
 
 

占いがアテものでなかったなら、私は
 
 
 

「VICE-ヴァイス-孤独な予言者」
 
 
 
 
なんて小説は描こうと思わなかったし、アイディアも
出てこなかったでしょう。
 
 
 
 
 

占いがまぎれもなくアテもので、アテものであるが
故に究極の緊張感が生まれる、という体験を自分が
したからこそあの作品が描けたわけですね。。。
 
 
 
 
 
スピリチュアルムーヴメント自体は2000年代以前にも
ありましたが、あっちはやたらと
 
 
 

「霊」
 
 
 

を前面に出すので、「霊」ではなくて純粋なる
「アテもの」である占い師の我々からすると、
スピなんてのは疑似宗教というか、不気味な連中
というか、アタマおかしいんじゃないの?? 
みたいな、キモチ悪い連中だったわけ。。。(汗)
 
 
 

そんでスピの人の占いスキルはハッキリいって
百戦錬磨、過激言い逃げ大予言占星術をやってきた
あたしたちから見たら、ひどいリーディングにもほどが
あり、ぜんぜん
 
 
 

「アテものエンターテインメント」
 
 
 
 
 
としてのワクワク・ドキドキ感がないというか、
平気で家の間取り透視だの、病気診断だの、株価予想
だのやってきた我々占星術サイドからみると子ども
だましというか、もうちょっとなんとかならんのか
というか、そんなリーディングでいいんなら誰だって
いいし、そもそもカードなんかいらねぇじゃん!!
 
 
 
 
 
みたいな感じで見ていてその中途半端さにイライラ
すること数年。。。(汗)
 
 
 
 
 
今でも、スピリチュアル系の人の占いの多くは、占い師の
レベルから見たらだいぶ拙い技術だなぁと思うことが
多いんですけども。。。
 
 
 
 
 
だからといってじゃあ、郷原悟(孤独な予言者の主人公)
みたいに、当てることだけを純化させていくとどうなるか
というと、バクチ打ちになるしかないというか、身も心も
荒んでボロボロになるし、占うほうも占われるほうも幸福
からほど遠くなるというか、統合失調症を発症してしまう
ことにもなるし、とにかく誰も幸せにならない。
 
 
 
 
 
郷原悟もこのまま
 
 
 
 
 

「アテものだけに魅入られた占星術」
 
 
 
 
 
をやり続けると、いつかどこかでとんでもない
しっぺ返しがやってくるのかも知れません。。。
 
 
 
 
 

そしてアテものを追及するためには
 
 
 
 
 
「無心の一撃」
 
 
 
 
 

を出さなくちゃいけない。
 
 
 
 
 

「当ててやろう、当ててやろう」
 
 
 
 
 
とすると占いは全然当たらない。
 
 
 
 
 
むしろ我を捨て、無心になり、たとえ外れた
としても、すべての責任は自分で取るのだ。
死してもともとよ。。。
 
 
 
 
 
と思うと、とんでもない一言が当たるわけです。。。
 
 
 
 
 
 
だから私が書いた小説
 
 
 
 
「VICE-ヴァイス-孤独な予言者」
 
 
 
 
の主人公、郷原悟は、占う際、拳銃で頭を
撃ちぬかれる装置に自ら座り、時間内に
答えなければ死んでしまう状況に自らを追い詰めて、
無心になって占いをしているのです。。。
(詳しくは本作をお読みください☆彡)
 
 
 
 
 
 
 
なんでそんなこと言っちゃったんだろ。。。。
 
 
 
 
 
みたいな予言が当たる。
 
 
 
 
 

自分(占い師)自体が愕然とする。
 
 
 
 
 
そーゆう、
 
 
 
 
 
「会心の一撃」
 
 
 
 
 
みたいなものを出したいがゆえに、私はたぶん
占星術をやり続けていたのだと思います。
 
 
 
 
 

しかし、その会心の一撃を出すには、我を捨て、
自分の身の破滅さえ恐れない勇気が必要で、
それってよくよく考えるとまさに
 
 
 
 
 
「ネイティブアメリカンの教え」

「ヨーガの教え」

「仏教の教え」

「キリスト教の教え」
 
 
 
 
 
に他ならず、占いとは、精神練磨のためのとんでもない
 
 
 
 
 
「究極のメンタルトレーニング
システムであった」
 
 
 
 
 
ということに気づかされていったんですね。。。
 
 
 
 
 

それを書いたのが
 
 
 
 
 
「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」
 
 
 
 
 
 
という原稿。
 
 
 
 
 
 
 
だから、スピリチュアルと占いは、同じ山の
頂を目指しているものであり、表裏一体だった
んだけど、入り方が違うだけで、結局言いたい
こと、目指す境地は同じものであったわけです。
 
 
 
 
 

だけど、よくよく考えると、何もこれってスピ&占い
のことだけじゃなくて。
 
 
 
 
 
スポーツを極めてもそのようなメンタルになっていくし、
お料理も経営も絵でも小説でも、数学でも研究でも
なんでもかんでも、達人だけが到達できる
 
 
 
 
 
「哲学」
 
 
 
 
 
になっていくわけ。。。
 
 
 
 
 

人格向上とか、霊性を高める山、というのは、
それこそ無数の登山口があり。。。
 
 
 
 
 

自分の日常生活のすべてが本当は、霊性を
高めるための修行になりうるのだ。
 
 
 
 
 
ということですわねぇ奥さま。。。☆彡
 
 
 
 
 
ただ、スピ&占いが素晴らしいのは、日常の
仕事や趣味よりも
 
 
 
 
 

「登山道だということがわかりやすい」
 
 
 
 
 
ってことと、
 
 
 
 
 
「初心者向けの登山道である」
 
 
 
 
 
ということなんです。。。☆彡
 
 
 
 
 

だからこの世の全員がスピリチュアル
セミナーに来て欲しいし、占い師体験を
してほしいくらいなのです!!!
 
 
 
 
 
月~金までは
 
 
 
 
 
「仕事・生活」
 
 
 

という登山道で修行をするのだが、それをいきなり
開眼するのはむつかしい。。。
 
 
 

土日にスピに触れ、山の登りかたのコツをつかんで、
またそれぞれの仕事で才能を発揮してほしい。
 
 
 

私はそう願っています。
 
 
 
 
 
だから専業占い師でいるなと、いつまでも初心者
コースでいるなと、後輩たちには口をすっぱくして
言っているわけだよ。。。(汗)
 
 
 

このスピ&占い登山コースを体験したら、応用編で、
もっと苦しい現実の仕事や、子育てをどうにか
できる人になってもらいたい。
 
 
 
 
 
そこまで導けてこそ本物のスピリチュアル
ティーチャーだと思うのだった。。。☆彡
 
 
 
 
 

さて、そんなこんなで、わが国における
スピリチュアルの総合商社
 
 
 
 
 
「JMAアソシエイツさん」
 
 
 
 
 
に呼び出されたあたくし、酒井日香。。。
 
 
 
 
 

JMAの林武利代表よりいきなり
 
 
 
 
 

「おまんを世界的ヒーラー、
ジュディ・リチャーズさんの
外部宣伝要員に任命する」
 
 
 
 
 
 
 
という、とんでもミッションを賜ることに
なりました☆彡 わはは☆彡
 
 
 
 
 

実はあっちこっちで
 
 
 
 
 

「占い死ね死ねブログの取材費が欲しい!!
占い死ね死ねブログでたくさんヒーラーさんや
占い師の宣伝をしたい!! だけどカネがない!!」
 
 
 
 
 
と言いまくっていたら、見かねた林代表が
 
 
 
 
 
「んじゃあ、この占い死ね死ねブログで
どこまで宣伝できるか挑戦してみなはれ!!」
 
 
 

と、おっしゃってくださったのであった。。。☆彡
 
 
 
 
 

つまり、私がジュディさんの宣伝を書くことで、
もし集客があれば、この占い死ね死ねブログが今後
 
 
 
 
 
「占い&スピリチュアルの情報発信サイト」
 
 
 
 
 
になるかどうか、見極めができるということ。
 
 
 
 
 

これは大きな挑戦をいただいたわけですにゃあ。。。☆彡
 
 
 
 
 
 
 
私はスピ&占いというのは将来的に
 
 
 
 
 
「社会人研修」
 
 
 
 
 
として企業さんにもっと注目して欲しいですし、
社会に出る前の心構え作り、という意味でも、
この生きがたい人生を前向きに楽しむメンタル
タフネスを手に入れるためにも、
 
 
 
 
 
「オンナ・コドモ」
 
 
 
 
 
のものにしておきたくはありません。。。
 
 
 
 
 

そして教えたい人は占い師志望や、ヒーラー
志望の人じゃない。
 
 
 
 
 

何かかなえたい大きな夢があり、会社や
家庭でがんばりたい人、生活の義務から
逃げない選択をする人にこそ学んでほしいのだ。。。
 
 
 
 
 

聞けばジュディさんの願いもそこにある、とのこと。
 
 
 
 
 
しかし、占いビジネス、スピビジネスに
つきまとう常として
 
 
 
 
 

「自分たちで自分たちを宣伝するには
限界がある」
 
 
 
 
 
という部分なんですね。。。
 
 
 
 
 

どうしても扱っているものが摩訶不思議な
ものだから、自分たちで宣伝するとなると
懐疑的な文言は書きにくい。
 
 
 
 
 

かといって世間の多くの人は、スピとか占いとか
いうとどうしても懐疑的なのだ。。。
 
 
 
 
 

でも、スピをいちばん届けたい人はだぁれ???
 
 
 
 
 
と考えると、摩訶不思議なものに心をゆだね
られないがゆえに苦しんでいる
 
 
 
 
 
「歪んだ形での懐疑的な人々」
 
 
 
 
 
なのである。。。
 
 
 
 
 
いや、もっというと
 
 
 
 
 
「懐疑的」
 
 
 
 
 
ではあっても、それで幸福を感じられている
人ならばいいのだ。そういう人にスピはいらない
だろう。
 
 
 
 
 
ちゃんと自分で自分の行く道をわかっているのだ。
そういう人は。。。
 
 
 
 
 
だけど、そうじゃない人もいっぱいいる。
 
 
 
 
 

中には自分自身に起こったことさえ信じることが
できず、混乱と苦しみの中でもがき続けている
人がいる。。。
 
 
 
 
 

そういう人にもし、目の前にずっと前から
差し出されていた救いの手に気づけてもらえたら、
それこそがジュディさんの願いだろうし、私の
願いでもあり、人々の幸福増進を願って設立された企業
 
 
 
 
 
「JMAアソシエイツ」
 
 
 

の願いであるはずだ。
 
 
 
 
 

そういう人たちに我々の願いを届けるためには
けっこう逆説的になっちゃうんだけど、
 
 
 
 
 
「占い死ね死ね!!」
 
 
 

とか
 
 
 

「スピのやろうゴルァ!!」
 
 
 
 
 
みたいな、下品だけど、とんがった姿勢も
必要な気がする。
 
 
 
 
 

本当に苦しい人に上っ面の言葉は届かないから。。。
 
 
 
 
 
そういう意味で、私にこのプロモーションを
やらせてくれた林代表は、感謝の言葉しか
ありません。。。(涙)
 
 
 
 
 

選んで後悔しなきゃいいけどな~~(^^::)
 
 
 
 
 
すでに後悔してたりしてははは☆彡
 
 
 
 
 
まぁ、それでも、上手く行っても行かなくても、
スピではすべてこれ
 
 
 

「たましいの学び」
 
 
 
 
 
ですから大したことおまへん。。。☆彡
 
 
 
 
 
ね??? 林さん??? 
(^^;;)
 
 
 
 
 
 
 
このチャレンジが私自身を、かなり鍛えて
くれるでしょうから。。。
 
 
 
 
 

そんなわけで占い死ね死ねブログが
むしろ占い師やヒーラーをご紹介する
という初の試み
 
 
 
 
 

「ジュディ・プロジェクト」
 
 
 
 
 

が、先日ひっそりとスタートいたしました☆彡 (笑)
 
 
 
 
 
 
 
占い死ね死ねブログの限界まで、ジュディさんの魅力、思想、価値あるワークの
数々をご紹介し、みなさまと出会いたいと思います!!!
 
 
 
 
 

今後このブログが
 
 
 
 
 

「スピリチュアル業界、占い業界と、
それを求めている人々の架け橋」
 
 
 
 
 

になればいいなぁと、心から思っています☆彡
 
 
 
 
 
 
 
そしてもっというと私は、精神科医療を
スピ&占い&芸術教育で変えられると
思っているのだ☆彡
 
 
 
 
 
私が小説を描き続けるのもそーゆうことだし、出版事業にかかわりたいと思っているのもそのためなのだ☆彡
 
 
 
 

そんなわけで、このブログではジュディさんの
セミナーが始まる7月15日(金)まで、
世界的ヒーラー、ジュディ・リチャーズさんの
魅力を徹底紹介!!!
 

がんばってたくさんの人に
ジュディさんに会いにきて
もらうゾ~☆彡
↑ 笑顔が親しみやすいジュディさん。。。☆彡
  どことなくたこ焼きが似合いそうな気がする
  のは私だけだろうか。。。☆彡
読者登録してね
ペタしてね
 
いいね!(41)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

突然ですが

 

「パーソナル(個人的)アドバージング(広告)」

 

という言葉を今、作りました☆彡。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

↑ 本日、遊びに行った老舗占い館

「原宿・塔里木(タリム)」

さんの写真☆彡

 

 

 

奥に映っている女性のうち、左側の黒い服の

人が占術協会理事、みほし朱夏さん、その隣

がタリムのオーナー、岸穂子さん☆彡

 

 

 

 

 

岸さん、めっちゃ素敵な人です~~。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

 

 

 

 

 

さて、そんなわけで酒井さんが突然

今日、作った言葉

 

 

 

「パーソナル(個人的)アドバージング(広告)」

 

 

という言葉なんですが。

 

 

 

これはまったくの個人が、企業や職業人を

広告する、という概念で、あたしが今日作った

言葉なんざんす☆

 

 

 

つまり、

 

 

 

「ただの個人である酒井日香」

 

 

 

が、

 

 

 

「企業さんやプロ占い師の広告を書く」

 

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

そして私が広告を書くことで、心あるヒーラーさん、

占い師さんと、お客さんをつなぐというプロジェクトです☆彡

ヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

 

それをずっと挑戦してみたい、と思っていた

んですが、まさに今日がその第一歩となりました☆彡

 

 

 

それがこのお写真のタリムさん。

 

 

 

 

タリムはもう名店中の名店で、占い番組がロケ

をするときにはもうほとんどがここの占い館で

あるという。。。( ´艸`)

 

 

 

実は酒井さんはその昔(今から18年くらい前か?)、

まだタリムが、竹下通りのマリオンクレープの隣に

あったころ、占い師の面接を受けて落とされた経験が。。。(ノ◇≦。)

 

 

 

いや、あの頃はあたくし、若かったですし。

 

 

 

あの当時の占いブームはもうほんとすごくて、

鑑定士になりたいニーちゃん、ネーちゃんがわんさか

いた時代で占いダイヤルがまだQ2サービスを利用した

走りだった頃で、ミスティもモニクも元気だったころだから、

占い師デビューするのは生半可なことでは無理だったのです(涙)。

 

 

 

 

 

それが時を経て、こうしてまたタリムさんに

呼んでいただけるだなんて。。。(ノ◇≦。)

 

 

 

 

マジで感慨深いものが。。。(ノ◇≦。)

 

 

 

 

そして代表の岸さんと、いろいろお話をして、

もしかしたらなんとあこがれだったタリムで、

もう1回占い師をやらないか??? みたいな

お話も本日、ちょっとできました。。。☆彡(///∇//)

 

 

 

いやーん!! うれしい~☆彡(*⌒∇⌒*)

 

 

 

そーしたら日香、全力でタリムの宣伝しちゃう

もんね~☆彡(///∇//)

 

 

 

これも一つの

 

 

 

 

「個人(パーソナル)アドバージング(広告)」

 

 

 

 

なんですけど、広告とはいえただの広告では

ないのれす 。。。☆彡

 

 

 

 

酒井さんは、なんと広告を書くかわりに、

マイおなにぃ小説

 

 

 

「VICE-ヴァイス-孤独な予言者」

 http://ncode.syosetu.com/n0911cq/

 

 

 

の告知&宣伝ができるというメリットが。。。☆彡

 

 

 

 

つまり酒井さんはカネでは動かないのだ☆彡

 

 

 

 

自作小説の宣伝ができて、小説が読んでさえ

もらえたそれ以上はーーーーーーーーーーーーー

んにも要らないのでござーした☆彡

 

 

 

 

なんとお安い(むしろ高い??)広告料なのでしょう!!!

 

 

 

 

 

そんなわけでタリムの岸さんにも

 

 

 

 

 

「日香のおなにぃ占い小説、読んで読んで読んで読んで読んで読んで

読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで

読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで

読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで

読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで

読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで~~~~!!!!」

 

 

 

 

 

と、

 

 

 

 

 

 

ダダこねまくってきた☆彡(///∇//)

 

 

 

 

 

ある意味、カネで動いてくれる

ブロガーのほうが面倒くさくないかもしれない☆彡(●´ω`●)ゞ

 

 

 

 

 

でも日香はカネで動かない☆彡

 

 

 

 

あくまでも あたくしのおなにぃ占い大河小説

 

 

 

 

「VICE-ヴァイス-孤独な予言者」

http://ncode.syosetu.com/n0911cq/

 

 

を 

 

  

  

 

「もう何もいらないし、なんでもお手伝いするから

読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで

読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで

読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで

読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで

読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで読んで~~~~!!!!」

 

 

 

 

 

なのだ。。。☆彡(ノ◇≦。)

 

 

 

 

 

それくらい読まれたいの。。。

おなにぃ小説が。。。・°・(ノД`)・°・

 

 

 

 

だって自分が描いた愛しい郷ちゃん(息子)の

ことを、たーーーくさんの人に知ってもらいたい

んだもの。。。・°・(ノД`)・°・

 

 

 

 

 

我が子(おなにぃ小説)のためなら日香、

なんでもやるわ~!!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

 

 

 

・・・・・なんですけど、タリムさんは、いい加減な

占い師とか、実力ない人は採用されないくらい、

超名店なのです!!!

 

 

 

 

「タリムで鑑定した!!!

(またはしている)」

 

 

 

 

というだけでも、この業界では一目置かれる

くらいの老舗で、ブランドなのですにゃあ。。。☆彡

 

 

 

 

なのでみなさん、お悩み、または人生の決断を

迫られたときなどは、どうぞぜひ原宿タリムへ

お越しください。。。☆彡

 

 

 

もうほんとに、雑誌やテレビで有名な占い師さん

目白押しで、人気鑑定士揃いな上、岸さんの方針が

素晴らしいので、鑑定士さんのサービスも行き届いて

おり、本当に東京では3本の指に入るくらいの安心できる

お店です!!!

 

 

 

JR原宿駅の「竹下口」を出て、目の前の竹下通り

をずーーーっと行って、左手にセブンイレブン見えたら、

そのお向かいの角を右に曲がるとこんな落ち着いた

おしゃれな洋館が出てくるので

↓    ↓      ↓

 

 

↑ ここが原宿タリム☆彡

 

 

 

そしてタリムさんの予約&ホームページは

こちら↓    ↓     ↓

http://www.uranai-tarim.jp/

 

 

 

よろぴくぴく~~!!! (BYギガギガちゃん)

 

 

 

 

 

そして原宿タリムのあとは、酒井さんは

すぐに山の手線に乗り、今度は五反田・JMA

ライトワークスさんの会議室へ。。。☆彡

 

 

 

 

 

これって、なかなか歴史的なことなのだ。。。☆彡

 

 

 

 

なぜなら、けっこう長いこと、占い業界とヒーリング

業界はどこか反目しあっていたからである。。。

 

 

 

 

 

いや。。。

 

 

 

 

 

私の評論

 

 

 

 

「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」

http://ncode.syosetu.com/n7247de/

 

 

 

 

 

でも書いたように。

 

 

 

 

そもそも占い師から見たら、ヒーリング系のカード

リーディングなんて子どもだまし、片腹痛いわ~。。。

の世界だったし。

 

 

 

 

ヒーラーさんかしたら、占いの人は屁理屈ばっかりで

ものごっつい上から目線で、人間性のダメな禅天魔。。。

みたいに思われることが多かった。

 

 

 

 

 

占い業界からすればヒーリング業界ってぇのは

幕末のペリー提督率いる

 

 

 

 

「黒船」

 

 

 

 

以外の何物でもなく。。。

 

 

 

 

すっかり伝統的な易占や、四柱推命や、西洋占星術や、

宿曜占星術、算命学などのお客がヒーリング系の

オラクルカードとか、エンジェルカードリーディングなどに

喰われてしまったわけで。。。(汗)

 

 

 

 

占い師からしてみるともう、呪っても呪い足りない

くらいの邪教の教え&伴天連の、ヤンキーの、鬼畜米英

の文化で、唾棄すべき連中なのだ☆彡

 

 

 

 

 

それがこうして、占いの巨塔、タリムからの、ヒーリングの

先端企業、JMAライトワークスさんへ。。。という流れは、

なんだか非常に暗示的でもあり、不思議でもあり、根っこは

同じものというか、みんなで手を取り合って健全なメンタルヘルス

に貢献できるようにしなくちゃね。。。という、大天使ミカエルの

よーな、ジブリールのような、観世音菩薩のよーなものが

言っているのだろううんうん☆彡

 

 

 

 

 

そしてJMAであたくしを待ち構えていたのは。。。。

 

 

 

 

 

 

後編に続くよ!!!!

。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ

 

 

 

 

 

 

ところでみんなも、日香のオナニー小説

読んでぇぇぇぇぇぇぇl!!!! 

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

↓       ↓         ↓

 

酒井日香 著  占い大河小説

「VICE-ヴァイス―孤独な予言者」

は、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓    ↓     ↓

http://ncode.syosetu.com/n0911cq/

 

 

 

占いとは何だ? 霊能力とは何だ? 

ということを果敢な取材と考察で描いた

渾身のドキュメンタリー

「占いと霊能力~承認欲求の源泉~」

も、こちらで無料全文公開中~☆彡

↓     ↓      ↓

http://ncode.syosetu.com/n7247de/

 
 
 
 
どうぞよろちくび☆彡( ´艸`) 

 

 

 

 

ペタしてね

 

どくしゃになってね…

  

 

 

いいね!(48)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。