文系出身者のための特許翻訳

特許翻訳歴23年、業界改善を目指した情報発信歴20年。
自らの試行錯誤に加え、参加者数のべ1000名を超えるセミナーや講座、多いときには年間50名を超える個別相談などを通して得たスキルアップのヒントをお届けします。


テーマ:
特許取得年と発明者の年齢」からの続きです。

前回、1884年の特許はMeyer Rheinが発明者の可能性あり、1844年のほうは、少なくとも彼に関しては有り得ないというところまで至りました。

特許関連のデータベースを遡るのは限界がありますので、ここで発想の転換です。
あと古い情報を検索できるとすれば書籍ですから、Google Booksに検索の場を移してみましょう。

今までの調査で、Meyer Rhein氏は父親がドイツ人で米国への移民であること、本人はニューヨークで生まれたことが判明しました。
そこで、ニューヨークとRheinを掛け合わせてみます。

 Rhein Meyer "New York"

結果、「Annual Report of the Commissioner of Patents - Page 240」という検索結果の中に、非常に気になる1行が見つかりました。
「Rhein. Meyer L., New York, N. Y. Tooth brush」と書かれています。
そして、この書籍の発行年は、1885年。

中を確認してみると、Name, residence, and inventionとして、氏名や居住地、発明についての情報が一覧で掲載されています。
Rhein氏の欄には、ニューヨーク在住で特許番号として「第306,776号」が。

6桁の番号ですね。さっそく米国特許庁で検索してみると・・・・

発明者:M. L. Rhein
登録日:1884年10月21日
発明の名称:TOOTH BRUSH

米国特許第306776号

ビンゴ!
1884年特許説は、正しかったようです。見つかりました。
そしてキーワードを少し変えて

 Rhein dentist "New York"

とすると、彼に関する情報がもう少し出てきました。
なかには、プレビューが可能な普通の書籍も含まれます。
こうした情報を追う限り、1884年というのは、非常に重要な年のようです。

Another step toward prevention of dental disease was taken by M. L. Rhein of New York City in 1884.
【出典】『Principles of Dental Public Health』 45ページ

Rhein was a pioneer in the field of oral hygiene, reading a paper on the subject published in the New England Journal of Dentistry in 1884.
【出典】『The National Cyclopaedia of American Biography』 71ページ

一方、1860年生まれの彼が1844年に特許を取得することは不可能ですので、1844年特許説については単なる誤りか、あるとしても別の発明者の特許だということになります。

ただし、この連載の初回に①で1844年説をあげていたWIREDの英文記事には、Meyer Rhein patented a three-row toothbrush in 1844 with large tufts of serrated bristlesと記載されています。

「three-row」は③の「three-row "prophylactic" toothbrush in 1884」にも含まれますし、上にあげた図面から明らかなように米国特許第306,776号の歯ブラシもthree-row形式ですので、可能性として高いのは、単なる誤記でしょう。

このため、誤記の可能性が高いという前提で、一応、父親の周辺もあたります。
以前に、「Max」と「Marx」の2通りのスペルが出ていました。
どちらのスペルが正しいのか、あるいは両方誤りなのかの確認にチャレンジです。

 Max Rhein "New York"

 Marx Rhein "New York"

この検索では、有意な情報は得られませんでした。そこでNew YorkをAlbanyに変更します。

 Max Rhein Albany

 Marx Rhein Albany

最後の「Marx Rhein Albany」で、『Albany and Rensselaer, N.Y., Directory』という住所録のようなものが出てきました。1878年刊行版の207ページです。

中を確認すると、「Marx Rhein L.」が歯科医として 97 Hudson ave. h. do.に、そしてすぐ下の行で「Meyer Rhein L.」が同じ住所地に登録されています。

ここで、スニペット表示の形でヒットした資料のうち、Marxのスペルを使っていたのは『University of Pennsylvania』という大学関連資料でした。
念のため、Googleで

"Dr. Rhein" "University of Pennsylvania" dentist

と検索してみたところ、検索結果として表示されている中に、次のような一文が見つかりました。

Dr. Rhein received the M.D. degree from the Albany Medical College in 1880, and the D.D.S. degree from the University of Pennsylvania in 1881.
--Untitled - Journal of Dental Research より--

Rhein氏は、ペンシルバニア大学の「関係者」のようです。
そして同大学の歴史を扱った資料にある父親の名前のスペルと、上で見つけた住所録のような資料にあるスペルが、一致しました。

以上の点に鑑みると、父親のファーストネームは、Marxが正しいようですね。

1884年の特許も見つかりましたし、父親の名前も特定できました。
次は、1844年の特許の謎を追いかけます。

■関連記事(連載です)
誤情報の確認と特許データベース
全文検索「ではない」特許庁の全文データベース
特許取得年と発明者の年齢
1884年のRhein特許は・・・ ←現在地

■その他関連記事
世界初の超音波歯ブラシは?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
全文検索「ではない」特許庁の全文データベース』からの続きです。

前述のように、esp@cenetは、米国特許庁より古い出願まで発明者名などのキーワード検索が可能です。
実際、発明者名にAlexander Bellを指定して、米国特許庁では発明者名で検索できなかった1875年の米国特許第161,739号や翌76年の同第174,465号も取得できます。

この状況から考えて、1884年特許説が正しいとすればesp@cenetで拾えても良さそうなのですが、試してみるとヒットしません。
かたや1844年のほうは、存在していても古すぎてデータベースで検索できない可能性があります。

そこでもうひとつ、Google Patentも検索してみることにしました。
こちらはesp@cenetよりさらに古い出願まで、キーワード検索が可能です。

今回は、探しているのが1800年代の特許ですので、登録期間を1800年1月1日から1889年12月31日までに限定して検索します。
(後ろは1899年でもよいのですが、できるだけ母数を減らすために、esp@cenetでカバーできていることが確実な最後の10年は削りました。)

Google Patent日付指定

キーワード「tooth brush」で最も古い特許は、1857年の Wadsworth特許。
検索結果の中に、発明者としてRheinの名は見当たりません。

キーワードを「Rhein」に変えて検索しても、それらしい特許は見つからず。

ここで、今回の調査の最初のほうでGoogleを使って
 "Meyer Rhein" "1844"

 "Meyer Rhein" "1884"
という検索をしたのを思い出してください。

このとき、「In 1844, Meyer Rhein invented the first three-row bristle brush; however, H.N. Wadsworth was the first to patent the toothbrush」という説明が出ていました。

発明しただけで特許を取得していなければ、特許公報の検索では見つかりません。

ただ、仮に発明だけだとして、今度は1910~1920年代に特許を出願しているRhein氏が当時「何歳なのか?」という素朴な疑問が生じます。
同一人物なら、1920年に90歳だとしても、1844年には弱冠14歳。

この点をはっきりさせるために、Rhein氏の生年月日を探してみることにしました。

米国特許をはじめとする各国の特許公報にはMeyer L. Rheinと表示されているのですが、esp@cenetには「RHEIN MEYER LOUIS」とミドルネームまで表示があります。

そこでこれをそのままGoogleで検索したところ、一番上に

 Rhein, Meyer Louis 1860-1928

という情報がヒットしました。
肩書きは、Dr.になっています。写真も掲載されています。
詳細情報の中に「Dental cosmos, v. 70, n. 9, p. 850」という表示があり、このDental cosmosを調べたところ、歯科分野の情報アーカイブにあたりました。

もうひとつ、Google Booksで次のような検索も試しています。

 Rhein Meyer louis dental

ヒットした結果はいずれもスニペット表示でしたので、検索の工夫をして可能な限り前後のデータを取得したものを示します(強調は筆者)。

RHEIN, Meyer Louis, dentist, was born in Albany, N.Y., Jan. 31, 1860, son of Max Louis and Caroline (Fish) Rhein. His father, also a dentist, came to this country from Germany in 1848 with Franz Seigel (q.v.) and settled in Albany. After receiving his preliminary training at the public schools of Albany and Union College, Schenectady, N.Y., Mever L. Rhein...
【出典】The National Cyclopaedia of American Biography - Page 71

Meyer Louis Rhein, M.D., D.D.S. Dr. Rhein was born January 31, 1860, in Albany, N.Y., the son of Max L. and Caroline (Fish) Rhein. Dr. Rhein's father was a practising dentist of Albany. He was educated in the public schools of Albany...
【出典】The Dental Cosmos - Volume 70 - Page 943

MEYER LOUIS RHEIN, M.D., D.D.S., is a son of Marx Louis and Caroline (Fish) Rhein. His father is a German by birth and studied at Heidelberg, later acquainting himself with the principles of dentistry. As he had become involved in the German Revolution of 1848 he emigrated to America and located at Albany, New York, where he married and practiced his profession of dentistry for forty-five years. Meyer Louis Rhein was born in Albany,
【出典】University of Pennsylvania: Its History, Influence, Equipment and Characteristics; with Biographical Sketches and Portraits of Founders, Benefactors, Officers and Alumni, Volume 2 - page 324


以上のとおり、非常に有意な情報が得られました。
両親の名前が出ましたから、これで Google Booksを検索したところ、いくつか似たような内容の資料が見つかっています。

今回の調査で出ている1910~1920年代の特許権を取得したRhein氏は、1860年1月31日にニューヨークで生まれたとされる、この人物だと考えて間違いないでしょう。

1884年には24歳ですから、特許を取得できない年齢ではないですね。
一方、1844年特許は誤りか、そうでなければ上のMeyer Rheinとは別人のものでしょう。
考案しただけで特許は取得していないという説もありましたが、そもそも生まれていないのです。

1884年の単純なタイプミスから1844年説が出てきた可能性もありますし、同じく歯科医だとされる父親の特許の可能性も、そして1884年と1844年のどちらも誤りの可能性もあります。

そこで、父親の名前がMarxなのかMaxなのかも含めて、次は1880年代の特許とRhein一家の周辺を確認します。


■関連記事(連載です)
誤情報の確認と特許データベース
全文検索「ではない」特許庁の全文データベース
特許取得年と発明者の年齢 ←現在地
1884年のRhein特許は・・・

■その他関連記事
世界初の超音波歯ブラシは?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
誤情報の確認と特許データベース」からの続きです。

前回、少なくとも米国特許庁のデータベース上は、1800年代にRhein氏の特許は存在しないことが判明しました。
そこで次は、欧州特許庁のesp@cenetを検索してみます。

「Inventor(s)」欄に「Rhein」を入力して検索すると、現時点で1068件ヒットします。
表示は最初の500件だけにカットされてしまいますので、キーワードを

 Meyer Rhein

に変更しました。
(esp@cenetでは、スペースを挟んで単語を並べるとAND検索になります。)

これで、10件に絞られます。
内訳は1900年代前半が8件、後半以降が2件です。
1800年代は、見当たりません。
1900年代前半8件は、以下のとおりです(優先日の古いものから並べます)。

優先日/登録日または公開日/番号/発明の名称
1908-10-21/1910-09-06/US969190 (A)/POWDER HOLDING AND DISPENSING CONTAINER
1908-10-21/1910-08-02/US966053 (A)/POWDER HOLDING AND DISPENSING CONTAINER
1915-10-16/1920-01-06/US1327114 (A)/Gage for dental and surgical instruments
1918-03-05/1919-03-18/US1297494 (A)/DENTIFRICE
1918-03-05/1926-04-10/AT102951 (B)/Zahnpulver
1919-01-31/1919-08-12/CA192084 (A)/DENTIFRICE
1921-02-25/1922-01-11/FR531331 (A)/Dentifrice
優先日不明/1921-11-22/CA214397 (A)/DENTIFRICE

ここで、米国特許庁のデータベースで発明者名を「Rhein」として検索したときに、最も古い特許は第1,327,114号でした。

ところが欧州特許庁で検索すると、さらに古い第969,190号と第966,053号が見つかっています。発明の内容は、tooth powderなどの粉体を収容する容器です。

これが米国特許庁側でヒットしなかったのは、なぜでしょうか。

ひとつの可能性として欠番がありますが、Number Searchで番号から検索すると、両方ともヒットします。
欠番リストにも、入っていません。
いずれも欠番ではなく、データとしては収録されているのです。

上に出てきた最も古い特許の発明の名称からキーワードを得て、米国特許庁Full-text DatabaseのQuick Searchで、「Title」欄に「DISPENSING CONTAINER」と入力して検索してみました。
ヒットする結果のうち最も古いのは、第1,331,112号です。
やはり、こちらでは上の2件は出てきません。

ためしに発明者名をAlexander Bellに変えて検索してみると、ヒットする結果で最も古いものは、第1,410,875号です。
ところがベルには、これより前に、最低でもかの有名な電話の特許(第174,465号;1876年3月7日登録)があります。
番号から検索すれば、当然、ヒットします。

そこで米国特許庁のQuick Searchのヘルプを参照したところ、次のように説明されていました。
Patents from 1790 to December 1975 offer only the patent number, issue date, and current US patent classification in the text display, and can be searched only within those fields. However, this limited text display also includes a hyperlink to obtain full-page images of all pages of the patent.

表向きは、1975年12月以前は登録番号と発行日、米国分類だけが検索対象になるようです。
ただ、実際には、キーワード検索で1920年の特許を取得できています。

ここまでの結果から、米国特許庁のデータベースでは、登録番号が6桁未満の特許をキーワードから正しく取得することはできないのでは?という仮説を立てました。

この仮説を、検証してみます。
まず、特許番号第1,000,000号と第999,999号を番号から検索して、情報を取得します。

第1,000,000号
発明の名称:Vehicle tire
出願日:1910年4月25日
出願番号:557,336
登録日:1911年8月8日
発明者:Francis H. Holton

第999,999号
発明の名称:Automatic railway-switch-operating mechanism
出願日:1910年11月8日
出願番号:581,290
登録日:1911年8月8日
発明者:Laniel F. Hoffmann

これらの特許を、キーワード検索から取得できるかどうか試します。

出願日:1910年4月25日 → ×
出願日:1910年11月8日 → ×

出願番号:557,336 → ×
出願番号:581,290 → ×

発明者:Francis AND Holton →×
発明者:Laniel F. Hoffmann →×

発明の名称:railway-switch-operating →×
発明の名称:railway AND mechanism →×
発明の名称:"Vehicle tire" →×

登録番号が6桁か7桁かという問題では、ないようです。

ただ、こうして検索しているうちに、検索語を問わず検索結果で最も古い登録番号の頭が「1,3」で始まっているケースが多いことに気づきました。

そこで、1,300,000号と1,299,999号で上と同じことを試したところ、やはり発明者名や発明の名称などのキーワード検索で情報を取ることはできません。

ところが第1,400,000号は、発明の名称や発明者名などのキーワードから検索が可能になりました。

この第1,400,000号は、発明の名称が「valve grinder」、発明者名「Fidele Richard」です。
そして「Title」欄に「valve grinder」指定した検索でヒットする特許のうち、最も古いものは第1,328,197号。発明者名Fidele Richardでの検索は、第1,400,000号のみヒットします。

今回の調査で最初に拾ったRhein特許は、第1,327,114号でした。
第1,328,197号と第1,327,114号のどちらも頭が「1,32」から始まるため、1,320,000号で上と同じことを試したところ、発明の名称などから情報を取ることは、できません。

とすると、登録番号「1,32X,XXX」のいずれかの番号が、境になっている可能性が高いですね。

米国特許庁のFull-text database。
番号によって検索できる項目が違うということは、初めて知りました。

Rhein特許からずいぶん横道に逸れてしまいましたが、次回、話を元に戻して続けます。


■関連記事(連載です)
誤情報の確認と特許データベース
全文検索「ではない」特許庁の全文データベース ←現在地
特許取得年と発明者の年齢
1884年のRhein特許は・・・


■その他関連記事
世界初の超音波歯ブラシは?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)