人気ブログランキングへ
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年04月29日

食い違う返事

テーマ:12 日記

 昨日、ホテルのレストランで夕食をとった。スープやサラダなどが順番に出てきて、全部食べ終わって、ふとお水がないのに気がついた。最初にビールを飲んでいたので、気にならなかったのだが。


 たまたま、食器を片づけようとボーイさんが来たので、「お水はいつ出るのですか?」とたずねた。するとそのボーイさんは「今、コーヒーが出ます。」と言って、去っていった。

 

 水のことを聞いたのに、コーヒーのことで返答するのはおかしいな、と思っていると、女性のウエイトレスさんがコーヒーとお水を持ってきた。

 

 食事もおいしかったし、コーヒーもおいしかった。お店の雰囲気もよかったのに、そのボーイさんの食い違った返答だけが妙に気にかかった。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年04月28日

休日の移動時間の扱い

テーマ:04 賃金・手当

 例えば、月曜日の朝からの仕事のために、出張で前日移動した場合は、その移動時間は休日出勤にならないのでしょうか。


 出張等で目的地まで赴くために乗り物に乗っている時間は、拘束時間にはなりますが、労基法上の「労働時間」には該当しません。休憩時間と同じような時間と考えられます。

 

 通達でも「出張中の休日はその日に旅行する等の場合であっても、旅行中における物品の監視等別段の指示がある場合の外は休日労働として取り扱わなくても差し支えない」となっています。

 

 また、判例でも「休日の日曜日を利用して出張先へ移動したとしても、休日に労働したわけではないので休日労働にはあたらず、労働時間に含まれない」(平成1.11.20、東京地裁、東葉産業事件)とあります。

 

 したがって、この出張の移動時間は、通常の労働日であれば所定労働時間の労働とみなされ、休日であれば、休日をとったものとみなされます。


ホームページ「出張の移動時間の取り扱い 」もご覧ください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年04月26日

残業削減が85%

テーマ:09 世間の出来事

 内閣府経済社会総合研究所が上場企業対象に行った「企業行動に関するアンケート」で、景気減速のなかで利益を確保するための取り組みについて(複数回答)は、45%の企業が雇用調整を行っていると回答した。

 

 雇用調整の方法は、正社員が対象の場合は「残業削減」が85%で最も多く、「採用抑制」が50%、「賃金調整」が40%で、「解雇」は4%であった。

 

 一方、正社員以外に対する雇用調整の方法は、6割程度の企業が「残業削減」と「採用抑制」を行ったと回答したほか、29%の企業が「解雇」を行ったと回答している。

 

 簡単に言うと「正社員は賃金の抑制、非正規社員は解雇」ということになる。ここでも、非正規社員の弱い立場が浮き彫りになっていることがわかる。

 

この調査は毎年行っており、今年は2月に上場企業1027社から回答を得たとのことである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年04月24日

つり銭が多いとき

テーマ:12 日記

 JRの窓口で特急券を買った。1,990円というので1万円札を払ったら、先に10円のおつりを渡され、その後、5千円札1枚と千円札4枚をテーブルに並べるようにして、私に渡そうとした。

 

 私が「違いますよ」と小声で言うと、女性の販売員さんが「特急券は1,990円ですから、この通りになります。」といいながら私の顔を覗き込んできた。

 
 「だから、1枚多いのですよ。」と私が言うと、間違いに気づいたらしくあわてて1枚抜き取って渡してくれた。そこまではビックリしたような顔をしていたが、お金を受け取り「ありがとう」というと、なんともいえない笑顔で「ありがとうございました」と頭を下げてくれた。


 その笑顔は、ホント、素敵な笑顔だった。こちらも気分よかったし、多分、相手もいい気分だったのではないだろうか。

 

 以前にも同じようなことがあったような気がする。 → ネコババ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年04月23日

営業社員の内勤業務の残業代

テーマ:04 賃金・手当

 外勤営業マンについて、事業所外みなし労働時間制を適用し営業手当を支給して、残業手当を支給していません。ところが、営業マンの方から内勤業務は別だから残業手当を支給して欲しいと言われました。支給しなくてはいけませんか?

 

 難しい問題ですね。2パターンありますので注意が必要です。


 事業所外みなし労働の時間が所定内労働時間であれば、「当該事業場内の労働時間も含めて、所定労働時間労働したものとみなされ」ます。そのような通達があります。


 この場合は、内勤業務の分は時間計算で残業手当を支給する必要はありません。
ただし、その事業場内での業務が外勤業務と一体となった内勤業務の場合であり、営業研修とか会議とか個別の業務命令により内勤業務した場合は別途労働時間に加算されるものと考えられます。

 

 

 所定内労働時間を越えてある一定時間勤務したとみなし、所定労働時間を上回った分(残業分)を営業手当という形で支給している場合は、「事業場外の時間」についてだけ「みなし時間」ということになります。


したがって、事業場内労働があった場合は「事業場内の労働時間と事業場外で従事した業務の遂行に通常必要とされる時間とを加えた時間の労働をしたものとみなされる。」ことになります。これも通達があります。


 この場合は、内勤業務の分は時間計算で残業手当を支給する必要があります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年04月22日

雲のない富士山

テーマ:12 日記

 久しぶりに新富士駅で下車した。今日は、富士山に雲がかかっていないかった。地元に人に聞くと、この時期では珍しいそうである。


人事コンサルタントのブログ-fuji1

(↑ 新富士駅前からの写真)



人事コンサルタントのブログ-fuji2

(↑ 道の駅 富士川楽座から)



人事コンサルタントのブログ-fuji3

(↑ 第2東名高速度道路の工事箇所から)


ここに来るたび、いつも富士山が見える地元に住んでいる人がうらやましくなる。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年04月21日

希望退職の割増加算

テーマ:05 退職金

 私の会社は希望退職者を募集しています。退職金にプラスして特別加算金(月給×3ヶ月)が支給されるというものですが、先日、上司から「希望退職も考えてみて」と遠回しに肩たたきをされました。

 私は特別加算金が12ヶ月分ぐらいならば希望退職してもいいと考えています。この程度の割り増しは常識範囲内でしょうか?あと人事にはどんな風に交渉したら良いでしょうか?

 

 対象年齢にもよりますが、希望退職の割増加算金が3ヶ月とは少ないですね。中小企業でも6~12ヶ月、大企業では12~24ヶ月位は加算するのですけれど、・・・。


 それほど厳しいということか?あるいは、希望者がいなくても良いということか?はたまた、退職勧奨を強化して無理やり受け入れさせよということか、。色々考えられますね。

 

 いずれにしましても、希望退職は会社側からの提案に、社員が応じるかどうかの問題ですから、条件が合わなければ応じなければ良いだけのことであって、交渉するものではありません。

 今の条件に納得できないのであれば、応じなければ良いのです。それで何もなければ、今まで通りで元々勤める気持ちであったわけですから問題ありません。

 

 もし、会社側のほうから、はっきりと「やめて欲しい」といってきたら、条件交渉することになります。その場合は、希望する条件を言えば会社がそれを受けるかどうかの判断になります。

 この場合でも、倒産してしまうと元も子もありませんから、状況に応じて妥当な金額で手を打つのが良いでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年04月20日

今年の新入社員

テーマ:12 日記

 新入社員研修も一通り終わったが、今年の新入社員はいつになく明るい感じがした。

 

 複数の会社の新入社員研修を10年以上担当しているが、ここ数年は、今年の新人は昨年より「優秀だな」と感じていた。
今年は、ただ優秀なだけでなく、明るくて積極性があるような感じがした。

 

 休憩時間にもどんどん話しかけてくるし、廊下ですれ違っても話しかけてくる。一つの会社だけでなくどの会社も新人も同じような傾向があった。


 厳しい経営環境の中で、厳選された社員だからなのだろうか、それとも、内定取り消しなど不安のなかで実際に入社できての安心感からなのだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年04月17日

ドロリッチ

テーマ:12 日記

 先日、妻と買物に行ってその帰り、車の中でコーヒーでも飲もうと、途中コンビニによった。 「何にする、私はドロリッチにするわ」と妻が言うので、私も「同じでいいよ」と応えた。

 
 車が動き出し、妻がおいしそうにドロリッチを飲み始めたので、私もストローを刺してぐっと飲んだ。


その瞬間、「ワッ、これ腐っている」、私は叫んで、飲んだものをそばにあったティッシュペーパーに吐き出した。

妻は、「どうした、おいしいよ」と不思議な顔をしている。「何か固まったものが、入っていたよ」というと、「そうよ、ドロリッチだもん。」を返ってきた。

 

人事コンサルタントのブログ-dororich2

 ドロリッチというのは、コーヒーではなくて、コーヒーゼリーを砕いて、ミルクに混ぜてある飲み物であった。

てっきり、普通のコーヒーだと思っていたので、想定外の食感にビックリしたのである。

このような飲み物だとわかった上で飲んでみると、何の違和感もなくおいしく飲める。


 おいしいものでも、想定外の味や感触だと、おいしいを通り越してビックリしてしまう。仕事も想定外のことが起きると、ビックリして思わぬ判断をしてしまう。


 日頃から、想定の範囲を広げておくことが必要だ。

 

しかし、「ドロリッチ」より「トローリッチ」の方がおいしそうなネーミングのような気がする。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年04月17日

兼任の場合の評価者

テーマ:03 人事考課

 マトリックス組織や部下の仕事の兼任で、指示命令する上司が複数いる場合は、誰が評価するのがいいでしょうか。それぞれ別々に行うのがいいでしょうか。

 

 その会社の考え方にもよりますが、組織上の上司またはより関わりの強い上司が、その他の上司から状況を聞き、責任を持って評価するようにすると良いと思います。

 

あるいは複数の上司がそれぞれ評価し、上司間で刷り合わせて、評価するという方法でも良いと思います。

 

複数の上司が項目を分けて別々に評価すると、責任の所在がはっきりしませんし、部下も戸惑います。

 

上司同士のコミュニケーションを密にして、直属上司が責任を持って行うのが良いでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。