怖いBLOG

都市伝説 心霊動画 心霊画像 衝撃映像 恐怖体験 怖い話 怖い心理テスト


テーマ:
今日、この「エイズ=生物兵器説」は未だ定説となることなく、ごく一部の異端学説としてあしらわれ無視されているのが現状である。たとえば書店にでも行ってエイズ関連の本を手にとってみればすぐわかることだが、たいていの書物では、エイズ発生の起源を中央アフリカとし、何らかの外的要因でサルの免疫不全ウイルス(SIV)ないしは古くから存在するとされる風土病が、突然変異によりヒトに感染したものだとして、あたかも〈定説〉であるかのように記述されているはずだ。

しかしこの中央アフリカ起源説は、ゼーガル夫妻の著書『悪魔の遺伝子操作―エイズは誰が何の目的でつくったのか』
において、非現実的非合理的非科学的な通説として、きわめて説得力ある反論によって完膚なきまでに論破された。

このエイズ=生物兵器説に関して、おそらくはたいていの人が、半信半疑の思いであるか、もしくは否定的見解の持ち主であるにちがいない。もしそれが本当なら、なぜ世界中の圧倒的多数の医学者・科学者たちは何の疑問も発せず、無関心であるのか? もし仮にそれが本当だとしても、そんなすべての人間を身の破滅に導くような人体実験を、まともな学者たちがわが身の危険を省みず実行するはずはない──といったような納得のいかぬ思いは、当然誰にでもあるだろう。

これから紹介する本の著者アラン・キャントウェル・ジュニア氏も、はじめはそう思っていた。彼はレッキとした医学博士であり、またガンやエイズの微生物学分野で高名な人でもあるから、この種のエイズ陰謀説に対してはほとんどの医学者・科学者の見方と変わりなく「話としては大変おもしろいが、いささか空想的で現実離れした荒唐無稽な俗説」と見下していた。実際、彼のもとに匿名の原稿が持ち込まれたときでさえ、彼にあっては「現実離れ」としか映らなかった。その原稿の内容とは──


話は数ヵ月前にさかのぼるが、私のところへ匿名である原稿が送られてきた。原稿には「エイズの陰謀─集団殺人」という不気味な題がついており、筆者名はなくて、ただ「西暦1986年」と日付だけがあった。
原稿の中身は私を大いに不安にさせた。そこにはこう書いてあった。「エイズが故意にアメリカへ持ち込まれたのは確実である。エイズは人工の病気なのだ。自然に発生・進化したのではない。人々のあいだへ持ち込むのが目的で、科学技術により開発製造された、細菌兵器の一種なのである。ゲイ、売春婦、麻薬中毒者が最初の犠牲者に選ばれた。彼らは、陰謀者たちが病気をばらまいて目的を達成するための格好の材料だった」。
原稿はショッキングであると同時に挑発的であった。著者(あるいは著者たち)は、エイズを故意にアメリカへ持ち込んだ張本人として、大手国際企業と「それらと協力関係にある米政府内部の者、メジャーオイル、大手銀行、大手化学企業と製薬会社、医科歯科の権威機構、それに情報産業界」を槍玉にあげていた。


だがしかし、ふとしたきっかけで同僚の医師ロバート・ストレッカー氏と出会い、彼からエイズ謀略説のレクチュアを受けるうち、次第に興味を持ちはじめ、次から次へともたげる疑念に頭を悩ませていった。


なぜ今どきエイズが突如として現代に出現したのか?
なぜアフリカでなく、アメリカのニューヨークで最初にエイズが発生したのか?
なぜ誰しも感染する可能性を持つエイズが、「ゲイの疫病」としてはじまったのか?
なぜエイズウイルスが古くからアフリカに存在したというなら、そのアフリカにエイズの症例が80年代より前にまったく見つかっていないのか?
なぜ医学者や科学者は、遺伝子工学というきわめて「今日的」「科学的」なバイオテクノロジーの成果により実験室で人工的に作られたのではないかという、別のエイズ起源の可能性について調査しようとしないのか?
アラン・キャントウェル・ジュニア氏は、さっそく自分の手で事実関係を洗ってみることにした。膨大な文献を丹念に、かつ克明に調べながら事の真相を追及するうち、やがて彼もまた〈エイズの本当の真相〉を知ることになる。それを本にまとめたのが、この6月(1993年)に日本でも翻訳出版された『エイズ・ミステリー──すべての人間に感染する可能性をもつエイズが、なぜゲイの病気として始まったのか?』(リブロポート刊、原題は "AIDS and the Doctors of Death : An Inquiry into the Origin of the AIDS Epidemic")。ちなみに原書は1988年発行。その後、同じ著者による『エイズの陰謀―彼らはゲイの身体にいったい何を入れたのか?』
も刊行された。

この『エイズ・ミステリー』で記述されていることは、おおむね予想を裏切ることはなかった。なぜなら、ゼーガル夫妻が前掲書のなかで指摘したことと寸分違わず同じ見解であり、期せずして同じ結論に到ったからである。HIV(ヒト免疫不全ウイルス)は、遺伝子操作によって実験室で人為的に作り出され/そのエイズの元凶であるウイルスは、2種の動物ウイルス(ストレッカー氏の考えでは、それはウシ白血病ウイルス〔BLV〕とヒツジのビスナウイルスだという)の遺伝子接合によるもので/その起源はアフリカでなく最初にエイズが見つかったアメリカであったと。

ゼーガル夫妻の本では、HIVはHTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)とビスナウイルスの2種のウイルスとされ、偶然とはいえストレッカー氏の唱えた説と重なり合う部分がある。むしろ、悪名高きロバート・ギャロ博士らが1982年に発表した論文に「HTLVは既知のどのウイルスよりも、ウシ白血病ウイルスに近いかもしれない」とあることや、また日本の何人かの科学者が「ウシ白血病ウイルスはHTLV-1と近縁の関係にあり、しかも両者はいくつかの生物学的特質を共有している」と報告していることからいって、ゼーガル夫妻とストレッカー氏の間にはほとんど差がない、と言えるのかもしれない。またHIVは、「いかなるヒトレトロウイルスよりも、ある種の動物ウイルス(レンチウイルス群)にもっとも近い」とむしろ認識されており、とりわけヒツジのビスナウイルスとは「遺伝子配列」が酷似するという(ストレッカー氏は、HIVはウシ白血病ウイルスの特性もまた兼ねそろえていると言及している)。

そもそも既知の非病原性ウイルス(たとえばSIVなど)が、「なかば自然発生的に」「種を飛び越えて」ヒトに感染し、さらに病原性を獲得するなどということがあり得るだろうか。御用雑誌として知られる『ニューズウィーク日本版』(1993年6月30日号)に掲載の記事「エイズウイルスの謎に迫る」では、何百年も前から存在し人類と平和的に共存してきた良性のエイズウイルスが、何らかの要因で突然“進化”を遂げ、悪性ウイルスに変貌したのだという新説を苦しまぎれに紹介していたが、こちらの方が私にはよほど荒唐無稽に思える。

ゼーガル夫妻が説くように、「HIVがSIVと異なる決定的な違いは、一群のSIVがきわめて高い遺伝的安定性を示すのに対し、HIVは遺伝的に不安定であること。そしてこの不安定さの原因は何よりも遺伝子組み換え体としての性質にあり、HIVが人工的に作り出されたことを意味する」。

すると、ではいったいそのようなエイズウイルスが、なぜ突如としてアメリカの大都市に出現し、当初「ゲイの奇病」と誤って喧伝され、ゲイのなかへ「持ち込まれた」のか、ということが大いに気にかかる点であろう。

まず考慮しなければいけないのは、ウイルスは自ら特定の対象を選択することなど決してない、ということである。若いゲイだけを標的にして狙うウイルスなどこの自然界には存在しない。これは自明の理だと思うが、特定の対象、ことにゲイだけを狙い撃ちするウイルスがこの自然界に存在しない以上、唯一可能性として考えられるのは、やはりそれが人工の産物で、謀略をたくらむひと握りの人間たちがゲイ(およびハイチ人・アフリカの黒人)のなかへそれを「持ち込んだ」という推測だ。

すでに触れたように、エイズウイルスが出現したいきさつについて私は、永井 明氏とゼーガル夫妻がともに提起する作業仮説──すなわちエイズウイルスは生物兵器として実験室で製造され、それを刑務所の受刑者らに生体実験したところ、「まったく予期せず」「偶発的に」外へ漏出してしまったという見解を、決して否定しきれないものとして確信していた。少なくともこの『エイズ・ミステリー』を読むまでは!

ところが戦慄すべきことに、ストレッカー氏はきわめて具体的なほど、エイズウイルスがゲイのなかへ「持ち込まれた」いきさつをこう論証する。

エイズの症例がはじめてニューヨークで発見されたのは1979年だが、実はそのすぐ前年の1978年に同じニューヨークのマンハッタンでB型肝炎ワクチン試験が「実験」として実施された。被験者としてモルモットにされたのは、誰あろうゲイの人びとであった(バイセクシュアルをも含む)。しかもその対象は、平均年齢が29歳の/健康で/高い教育を受け/不特定多数の相手と性的関係を持つ/白人の男性のみをリストアップしたものであった。

この試験を執り行ったのはニューヨーク市血液センター。そのスポンサーとなったのが、まことに都合のよいことに、今日では積極的にエイズ予防・治療に取り組んでいる国立防疫センター(CDC)・国立衛生研究所(NIH)、そして国立アレルギー感染症研究所などの各政府機関であった。

この「実験用」B型肝炎ワクチン試験を監督したのが、当時CDCの疫学者であったドナルド・フランシスなる人物で、彼はハーバード大学のマックス・エセックスの研究所でかつてネコ白血病ウイルスの研究に従事し、CDCではエイズ特別研究班長を務めたほどの経歴の持ち主である。つい最近では、「いかにしてエイズが蔓延したかを一番よく知っているのは私だから」(本人の弁)と、大阪HIV訴訟の原告側証人として来日してもいる。その彼の上司だったエセックスは、ギャロとともにHIVの発見者として恩恵に浴した人物であるが、そのエセックスとギャロこそ、今や完全に否定されたエイズ=アフリカミドリザル起源説を最初に吹聴した仕掛人であり、同時に共犯者(グル)でもあったということは記憶にとどめておいた方がよい。

はたして、この「実験用」B型肝炎ワクチン試験の翌年に、同一地域においてエイズの症例が発見されたのはただの偶然だろうか? この試験の被験者にゲイが抜擢され、その直後、エイズウイルスが彼らの間に蔓延していったのも単なる偶然にすぎないのだろうか? さらにまた、この試験のその後の追跡調査を行った結果、実験用ワクチンを接種されたゲイの「実に半数以上が」HIVに感染していた(1986年時点の報告から)事実も、やはり偶然の一致と片づけてしまえるのだろうか? いったい全体、このB型肝炎ワクチンの実験にゲイだけが駆り出されたのは、どういう根拠によるものだったのだろうか?

従来、〈感染経路〉としてゲイのなかにエイズがまたたく間に拡がっていった原因は、ひとえに「肛門性交」「乱交」によるものというふうに強調・解釈されてきた。しかしストレッカー氏が言うように、もしこの試験の真の目的が、生物兵器として新たに開発されたエイズウイルスの威力を試すために、いやむしろ「この地上からゲイを根絶するために」あらかじめ作為的に仕組んだ人体実験だとするなら、かなり空恐ろしいことである。

奇術の世界でよく使われるテクニックに「ミスディレクション」というのがある。肝腎の問題から注意をそらせるために行われる手法で、たとえばマジシャンが左手を観客に見せているときには、決まってその間、右手の方では秘密の動作(タネを取り出すなど)がなされる。観客の心理をほかの関心事に誘導させ、トリックがバレないよう巧妙にカムフラージュしてみせるのである。

この原理をおそらくうまく適用したのが、先の「肛門性交」うんぬんの説明ではなかったろうか。一見誰にも納得できやすいが、しかしその反面、事の本質がはぐらかされ、巧みにカムフラージュされてしまっている。よくよく冷静に考えれば、今では同性愛者/異性愛者にかかわりなく性活発な不特定の人間がHIVに感染しており、ウイルスは自ら特定の対象を選択などしていない。

あるいはまた、こういうトリックも考えられはしまいか。エイズウイルスの発生起源を中央アフリカとする説は、他方でアメリカ起源を隠蔽するためにデッチ上げられたものなのでは? エイズウイルスの起源をアフリカミドリザルのせいにしたのも、他方でエイズとB型肝炎ワクチン試験との関連性をカムフラージュするための“アドバルーン”だったのでは?──と。

事実、世界でもっとも熱心に、かつ執拗に生物兵器の研究・開発プロジェクトに取り組んできたのがほかならぬアメリカであり、そうした生物兵器の効用を実際に試すため、過去幾度となく一般市民を巻き添えにして人体実験が遂行されてきた。医学者や科学者にすれば、人間をモノとして扱いこそすれ、生命の貴さなどさして重要ではない。ならば、それをより正当化できる“逸材”にゲイや黒人は恰好のターゲットとして似つかわしい。

つまり、そういった虫けらのようなゴミみたいな人間が、この堕落しきった社会のいたるところにはびこっているのであるから、なかんずく彼らを一掃し、抹殺・絶滅させるにまたとないチャンスと考え、先端の遺伝子工学が生み出した生物兵器“エイズウイルス”を用いて集団殺戮を試みたとしても一向に不思議ではない。聖書の教えにあるとおり、畢竟それを忠実に実行したまで。まして、それによって世界の人口増加・食糧不足が抑制されるとあれば、それこそ一石二鳥というものであり、彼ら以外の人間に多少なりともリスク(死者)が生じたとしてもそれはいたしかたなきもの、と受けとめておけば済むだけの話である。

とりもなおさずそれは、世界制覇をもくろむアメリカの戦略とも見事に合致する。かつての原爆開発がそうであったように、今まためざましいバイオテクノロジーの力によって世界の政治経済の構造を変え(確実なダメージを与え)、なおかつアメリカの意のままにコントロールし支配下におくことができるのであれば、たとえ結果がどうあれ彼らは必ずやり遂げるであろう。そしてゲイや黒人といったマイノリティに属する人びとは、たぶんにその渦中においてスケープゴートにされてしまったのであろう。

これこそが、原爆を開発し、実際に投下し、被爆者(=被験者)を救済することなく冷酷にその実験データだけを蒐集した人間たちの「本性」であり、「論理」であり、「本質」であり、畏怖すべき「狂気」であり、彼らにすれば正当化された「殺人」なのであった。それを見抜くことなしに、エイズとは何かを本当に知ることなど永久にできはしない。そしてエイズとは、すぐれて政治的な問題であるとも言えよう。医学者の身でありながら、アラン・キャントウェル・ジュニア氏もまた文中で的確にこう述べている──


癌の政治学、医学の権力機構の政治学、エイズの政治学についての知識なくしては、エイズとエイズウイルスの起源を解明することは不可能だということもはっきりしてきた。25年にわたる科学の研究者としての経験から私が学んだのは、事実をすべて確認するまでは、他の科学者たちの意見を考慮から外すべきではないということである。ストレッカーは正しかった。


これもすでに指摘したことだが(彼もまた同じ指摘をしているが)、政府機関に雇われ魂を売った医学者や科学者たちが、HIV患者・感染者のために有効な治療法やエイズワクチン・特効薬を開発するなどということはまずあり得ないし、また期待すべきではない。彼らの好奇心をくすぐる関心事はもっと別のところにあるのだから。何よりも彼らの正体を見抜き、エイズウイルスの起源を正すことこそが、唯一希望を見出すことのできる残された解決方法ではなかろうか。

ヤコブ・ゼーガル氏の言う「一部の人間はモンスターで」「このような人間たちが驚くべき規則性をもって指導的立場まで登って」いった連中とはいったい誰を指してのことなのか?──もはやそこまで書く必要もあるまい。





大人の絵本
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード