怖いBLOG

都市伝説 心霊動画 心霊画像 衝撃映像 恐怖体験 怖い話 怖い心理テスト

1454813220OhbkuZfx1wlA6Z81454811902.gif



テーマ:

 大麻を所持したとして大麻取締法違反(所持)罪で逮捕・起訴された末期がん患者の男性=東京地裁で公判中=
の裁判が注目を集めている。
 同法は大麻の栽培や所持、医療目的の使用や研究などを禁止。
 男性は「全ての医師から見放された中、大麻ががんに効果がある可能性を知り、治療のために自ら栽培し
使用したところ症状が劇的に改善した。憲法で保障された生存権の行使だ」と無罪を主張。
大麻を使用した末期がん患者が生存権に基づいて無罪を訴えるケースは初とみられる。

 欧州諸国や米国の20州以上で医療用大麻の合法化が進む中、日本での医療用大麻解禁の是非が
争点になる可能性もある。司法はどう判断するのか-。(小野田雄一)

 無罪を主張しているのは、神奈川県藤沢市の元レストラン料理長、山本正光被告(58)。
山本被告は平成27年12月、大麻約200グラムを所持したとして警視庁に逮捕され、その後起訴された。

 弁護側によると、山本被告は25年6月に肝臓がんが見つかり、医療機関で治療を始めたが、
26年10月に余命半年~1年と宣告。医師から「打つ手はない」と言われた中、インターネットで
大麻ががんの改善に有効な可能性があると知った。厚生労働省や農林水産省、法務省などに
「大麻を医療目的で使うにはどうしたらよいか」と相談したが、「日本では大麻自体や大麻由来の
治療薬の使用は禁止されている」と説明された。製薬会社にも「私の体を医療用大麻の臨床試験に
使ってほしい」と伝えたが、「日本国内での臨床試験は不可能だ」として断られたという。

 そのため大麻を自宅で栽培・使用したところ、痛みが和らいだほか、食欲が戻り抑鬱的だった
気分も晴れた。また、腫瘍マーカーの数値が20分の1に減り、改善の兆候が現れたという。

 山本被告は「医師も『ありえない』と驚いていた。数値が下がったことを示すカルテもある」とし、
「育てた大麻は他人に販売も譲渡もしていない。現代医療に見放された中、自分の命を守るために
やむなく行った」と話した。

 医療用大麻の解禁を主張するNPO法人「医療大麻を考える会」の前田耕一代表(65)は「私も以前、
緑内障患者の大麻の譲り受けを手伝い、大麻取締法違反の幇助(ほうじょ)罪で有罪判決を受けたが、
判決文には『医療目的の大麻の施用は特別な事情がない限り正当化されない』と述べられていた。
同法も『みだりに』栽培したり所持したりすることを禁じている。山本氏の場合はまさに『特別な事情』があり、
『みだりに』所持していたわけでもない」と擁護した。

 弁護側は公判でこうした「生存権の行使」「緊急避難的な措置だった」などと主張する方だ。

http://www.sankei.com/premium/news/160423/prm1604230016-n1.html

大麻所持で逮捕された末期ガン患者 「大麻のおかげで症状が改善した。緊急避難であり生存権の行使だ」と無罪主張
http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1461374262/


米政府が大麻でガン細胞が消滅することを認める
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12066609907.html
カンナビスでガン細胞が死滅する衝撃的映像
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11997513423.html

大麻は2011年にアメリカの国立ガン研究所(NCI)によって抗がん作用を正式に認められた。
ジョフリー博士らの新しい研究によって、年々より詳細な大麻がガンを治すメカニズムが発見されている。http://togetter.com/li/125064
大麻の薬理成分であるTHCが癌細胞の増殖を抑えている映像http://d.hatena.ne.jp/world420/20111108/1320762657
◆マリファナはどのようにガンと闘うのか?(大麻の4つの抗癌作用)http://d.hatena.ne.jp/world420/20120304/1330870011
1. ガン細胞の増殖を抑える
2. がんを新しくつくらせない
3. 癌を転移させない
4. がん細胞を自滅へ導く

大麻で2歳の子供の脳のガンが治ってしまった話
http://www.dailymail.co.uk/health/article-1383240/Boy-brain-cancer-cured-secretly-fed-medical-marijuana-father.html

大量の化学製剤の使用で、副作用が激しく死にそうな状態のわが子に絶望していた父。
独自の判断で治療法を変え、秘密裏に大麻オイルを使ったら脳腫瘍を克服してしまった、というアメリカの話
https://www.youtube.com/watch?v=r4lsvHMkWFg&feature=youtu.be

「マリファナを使うと早い段階でガンを治してしまうため、利益にならないから禁止されているのです」
大麻オイルを使って自力で癌を治してしまった彼の言葉は重い。
日本人はガン患者が金儲けの道具にされている現実と向き合えるだろうか?
https://www.youtube.com/watch?v=JPm0Jq9bj98&feature=youtu.be


 
嘘つきは警察のはじまり
http://i.imgur.com/hGoZHgD.jpg



現実

大麻吸って運転してみた
http://www.youtube.com/watch?v=dw1HavgoK9E

じいちゃんが生まれて初めて大麻吸ってみた
http://youtu.be/L7UXL_lJ0BA?t=79

ばあちゃんが生まれて初めて大麻吸ってみた
http://www.youtube.com/watch?v=IRBAZJ4lF0U

Drunk vs Stoned 酔っ払った俺vs大麻キメた俺で七番勝負してみた
http://www.youtube.com/watch?v=yJJRVleE3_Q

左:酒飲んで酔っ払い
右:大麻でハッピー




安倍昭恵夫人が大マジメにブチ上げた“大麻解禁論”の中身
http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/171/664/00c749b4b76ecbffbd8290bf00eeedc020151214131219283.jpg
http://nikkan-spa.jp/1000384


安倍の嫁がこれだけ大麻解禁派なのに2chで大麻反対レスでひたすら埋めようとするのが
いったいどういう連中なのか不思議に思っている。
少なくとも自民党直系ネトサポじゃなさそうな。

AD
いいね!(98)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【閲覧注意】燃料タンクが爆発して作業員がロケットみたいに打ち上げられる
https://www.youtube.com/watch?v=sj-mctjizFg

WATCH: Brazilian mechanic dies in brutal fuel tank explosion - Video
http://www.zerocensorship.com/t/uncensored-world-news/257294-brazilian-mechanic-dies-in-brutal-fuel-tank-explosion-video
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これは住民の通報で警官と警察署の救急隊員一人が来た直後の映像。
病気を患ってた被害者が目を覚ます(貧血で気絶?)と飼っていたピットブルに顔を噛まれている最中だった。
悲鳴を聞いた隣人が通報。
5分間襲われ続けて顔を食われた。ピットブルはテラスから逃走したけどこの映像と並行して
外で警官がピットブルを射殺してる

現在は病院。
ショック状態で危険な状況。

http://www.bestgore.com/animal-encounters/woman-attack-pitbull-sleeping-face-eaten/




AD
いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【行方不明者への怪電話・怪文書一覧】

・庄山仁くん事件 『悪い友達にさそわれて、人のお金をとりました』と無理やり書かされた本人からの手紙

・松岡伸矢くん事件 「ナカハラマリコの母親」と実在しない幼稚園同級の母親と名乗る女から電話 

・加茂前ゆきちゃん事件  『ミユキ カアイソウ』などと書かれた怪文書が届く
・増山ひとみさん事件 「お姉ちゃんだよ」と中年女性から電話 

・石嵜容子さん事件 「大勢の人がいて帰れない」行方不明翌日本人から電話

・南埜佐代子さん事件 「ああ、苦しい。……悔しい……」ネパールで行方不明数ヵ月後、本人から電話

・日高満男さん事件 モールス信号のような音がする無言電話

・山本美保さん事件 すすり泣く声の電話

・西安義行さん事件 「僕、学校の横」と男性から電話、「明かりをつけましょ、ぼんぼりに…」と歌う女児から電話 他

・猪原修くん事件 『山に男児の遺体を埋めた』と数年後手紙が届くも遺体は見つからず

・鈴木俊之くん事件 近所のホテル・親戚宅・父親勤務先それぞれに女の声で事件を確認するような電話。鮮魚店には本人から電話

・田辺信子さん事件 『私もやっと妻子と別れ、はれて信子と一緒になることが出来ました。ふたりを探さないで下さい』とワープロの手紙

・永島康浩さん事件 失踪数ヵ月後、「康浩さんが病院に運び込まれた」と電話。その番号は通じなくなる

・佐藤順子さん事件 スイスで失踪後数回、実家に決まって日本時間の20時30分頃に無言電話がかかってきた

・ユリア・ブローツカヤさん事件 友人宅に本人から「ウラジオストク出身の女性と一緒に監禁されている」と電話。また友人宅に「イクトカ17番地にいる」と女性から電話

・嵐真由美さん事件 テレビのインタビューを受ける父親の背後の棚に『洋子のはなしは信じるな』(洋子は不明者姉)と書かれたメモが貼られていた 

・工藤陽子さん事件 行方不明から3ヶ月後「家出したのですよ大丈夫です生きています。」という差出人不明の葉書が実家に届く

・光永マチ子さん事件 行方不明1ヶ月後「助けて…」と女の声で電話

・安達俊之さん事件 行方不明数日後、幼い女の子からたどたどしい声で「俊之つかまっているよ」と電話

1454813220OhbkuZfx1wlA6Z81454811902.gif

いいね!(29)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国で発生する、喧嘩がらみの血なまぐさい事件はあまりにも多い。3月2日、またしても中国から衝撃的な映像が届いた。市場で魚を売っていた男が、客の男性に包丁で切りかかり、頭部がほぼ胴体から分離するまで切り裂かれた男性は死亡。現在、その一部始終が動画共有サイト「LiveLeak」で公開されている。

 午後5時、中国のとある市場で事件は発生する。買い物を楽しんでいた男性と、魚を売っていた男が口論になり、男は激高。当然のように、無防備な男性にいきなり包丁で切りつけ、頭部めがけて執拗に包丁を振りかざす。男性は倒れこみ、腕で頭部を守るしかない状態であるにもかかわらず、容赦なく攻撃が続けられた。最後に包丁は男性の頸部あたりに命中。防御姿勢をとっていた男性から力が抜け、虚しく地面に頭を垂れた…。

 事件の凶悪性もさることながら、さらに驚くべきことは、客の男性が血を流して地面に倒れこんでいるにもかかわらず、動画で確認する限り周囲の人間は誰も男性に近づいたり、助けようとする素振りを見せないこと。しかし筆者は、この事実をもって中国人の冷酷さを指摘するつもりはない。日本でも話題となったが、実は以前に中国でこんな事件が起こっている。

 2006年11月、南京の路上で倒れていた老女を助けた彭宇(ポン・ユー)さんは、老女を助け起こし、親切にも病院にまで連れていった。しかし、大腿骨骨折との診断を受けた老女は、あろうことか、彭宇さんに突き飛ばされたのだと主張。結果、彭宇さんは100万円以上の損害賠償を支払うこととなる。この後にも類似の事件が続出。路上に倒れた人を助けると損害賠償を請求されるという風潮が蔓延してしまった。2歳の女児が車にひき逃げされ地面に倒れているのに、通行人計18人が完全に無視し、結果女児は再度車に轢かれて死亡してしまった事件も記憶に新しい。ある新聞社が行った「路上に倒れた人を助けるか」とのアンケートに、「助ける」と答えたのはわずか4パーセントであったという。

 中国には、「2人で井戸をのぞくな」ということわざがある。これはもしも片方が井戸に落ちたら、残りの一方が犯人にさせられるという意味だ。他国の考えに口を挟むつもりは毛頭ないが、路上に倒れる人を見捨てるというのはあまりにも悲しい……。


動画URL
http://www.liveleak.com/view?i=5da_1456848847

1454813220OhbkuZfx1wlA6Z81454811902.gif
いいね!(2)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


銃推進派の女性、4歳の息子に撃たれて負傷 米フロリダ州
2016.03.10 Thu posted at 10:07 JST

http://www.cnn.co.jp/storage/2016/03/10/c01f15e9ebe3543fbe8fbaf9b36b8a70/guns-display.jpg

(CNN) 銃所持の強硬な支持派として知られる米フロリダ州の女性が、4歳の息子に誤って銃で撃たれて負傷したことが10日までに分かった。当局が明らかにした。

負傷したのはジェイミー・ギルトさん(31)。同州パットナム郡保安官事務所の係員が8日のパトロール中に、車線にはみ出た状態で停車しているトラックを発見した。
運転席の女性は助けを求めている様子だった。同乗者は後部座席にいた少年1人だけで、けがはしていなかった。

運転席にいた母親のギルトさんは、4歳の息子に後ろから銃で撃たれていたことが判明。銃弾はギルトさんの腰から入って腹部を貫通しており、車内で発見されたという。

ギルトさんは病院に運ばれ、容体は安定している。

銃はギルトさんが合法的に所持していたものだった。ギルトさんはフェイスブックで銃所持の権利を主張する活動を展開していて、銃推進派の立場から定期的に投稿していた。
個人ページには4歳の息子について「22口径の銃で射撃を行った」と自慢する投稿もあった。

フロリダ州の州法では、子どもの手の届く場所に銃弾を込めた火器を保管したり放置したりすることを禁じている。当局はギルトさんの回復を待って事情を聴き、訴追するかどうかを決める方針。

http://www.cnn.co.jp/usa/35079268.html


1454813220OhbkuZfx1wlA6Z81454811902.gif
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ロシア・モスクワ

2月29日、オクチャーブリスカヤ地下鉄駅の通りで黒ずくめの女性が

「私は民主主義が憎い!私はテロリスト!みんな死ね」
「お前たちは無情にも我々の多くを排除してきた!私の自爆のすぐ後に終末が来るのよ!!アッラーアクバル」

と叫ぶと持っていた袋から少女の生首を取り出し、駅周辺をうろうろし始めた

そのムスリムの女性ギュルキーラ・ボボクローヴァ(38)はベビーシッターをしており、看ていた3歳のアナスタシアを殺害後アパートを放火
彼女は爆弾を持っていませんでしたが、精神異常が診られるとのことで精神鑑定を受けることになっています
少女の母親であるエカテリーナは、ニュースを聞き倒れそのまま病院へ運ばれました

被害者の少女
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2016/02/29/13/31B33AB900000578-3469100-image-a-29_1456754359036.jpg
犯人
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2016/02/29/14/31B1ACAD00000578-3469100-The_victim_was_a_girl_identified_as_Nastya_M_and_the_child_s_38_-m-32_1456756295158.jpg
少女の母親
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2016/02/29/14/31B33A9A00000578-3469100-Nastya_s_mother_Ekaterina_who_had_left_her_daughter_in_the_care_-m-34_1456756308277.jpg
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3469100/Woman-black-burka-holding-child-s-severed-HEAD-shouting-Allahu-Akbar-shuts-metro-station-Moscow.html
動画
http://www.liveleak.com/view?i=7b0_1456739362
閲覧注意
http://www.bestgore.com/wp-content/uploads/2016/02/muslim-whore-cuts-childs-head-off-takes-moscow-metro-station-01.jpg




1454813220OhbkuZfx1wlA6Z81454811902.gif
いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かつてテレビで報じられたニュースが記憶に残っている人は多いだろう。1997年に発生した神戸連続児童殺傷事件のことである。児童2名が死亡し、3名が重軽傷を負うという、あまりにも残忍かつ悲惨な事件である。

・日本中に元少年Aの姿が報じられた
犯人として逮捕された元少年A(酒鬼薔薇聖斗)。彼の現在の顔写真が、人気雑誌「週刊文春」(2016年2月18日発売)に掲載され、日本中に元少年Aの姿が報じられた。誌面には4枚の顔写真が掲載されており、全身写真がグラビアのように高解像度で鮮明に掲載されている。

・自転車を地面に叩きつけてブチギレ
元少年Aの素顔が公開されたことで大きな衝撃を生んでいるが、元少年Aが記者に対してとった行動も、大きな注目を集めている。最初は冷静な態度だったものの、突如として記者に激怒し、自転車を地面に叩きつけてブチギレ。以下は、記者が元少年Aから逃走するまでの流れである。

・記者が元少年Aから逃走するまでの流れ(2016年1月26日)
記者2名が元少年Aの住む東京23区内のアパート前に車を停める

トイレットペーパーを大量にのせたママチャリで元少年Aが帰ってくる

記者が元少年Aに声をかける「○○さんですよね?」

元少年Aは人違いだとい言う「何のことかわからないんで」

記者が根気よく取材を続けて手紙を渡そうとする

元少年Aがブチギレ激怒で自転車を投げる「コラお前なめてんのか!」

元少年Aが完全にキレて記者の腕をつかむ「命がけで来てんだよな!?」「顔と名前覚えたぞ!!」

元少年Aがコートに左手を入れたままで何かを持っているそぶり(刃物を彷彿とさせる行為)

記者は車に戻りたくなったが「車に乗り込む前に元少年Aに追いつかれる」と判断

記者は身の危険を感じてショッピングモール方面に逃げる

元少年Aが全速力で追いかけてくる

元少年Aはショッピングモール近くで人目を気にしてスピードダウン

記者はスーパーの駐車場に入って元少年Aのアパート方面にダッシュで戻る

1キロほど逃走してようやくアパート前に停めた車に乗り込む

元少年Aはガードレールから身を乗り出して記者の顔を鬼のような形相で凝視

無事逃走完了

・元少年Aにとっては不愉快な取材
身の危険を感じつつも取材を続けた記者だったが、とにかく無事に逃げることができて良かったといえる。元少年Aにとっては不愉快な取材だったかもしれないが、手記「絶歌」を出版したことで、このような出来事が発生するのは、ある程度予測していたのではないだろうか。

ただし、元少年Aは法的には罪を償った人物であり、週刊文春の取材に対して賛否両論ありそうだ。








1454813220OhbkuZfx1wlA6Z81454811902.gif

いいね!(32)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブラジル マットグロッソ州 バラ・ド・ガラッソ

アラグアイ川付近にある農業大学で農業機の操作ミスによる事故がありました
農業機の側にいた男性イヴァルド・アウヴェス・デ・バロスフィリオ(33)が農業機のプロペラに巻き込まれ死亡しました

死体画像
http://www.issoebizarro.com/blog/wp-content/uploads/2016/02/helice2.jpg

http://www.issoebizarro.com/blog/wp-content/uploads/2016/02/helice4.jpg

http://www.issoebizarro.com/blog/acidentes-tragedias/universitario-morre-ao-ser-atingido-por-helice-de-aviao-em-fazenda/

おまけ動画
http://www.liveleak.com/view?i=1d3_1443340323
http://www.liveleak.com/view?i=d23_1438957702






1454813220OhbkuZfx1wlA6Z81454811902.gif
いいね!(30)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。