神奈川JR横浜線相模原 アーユルヴェーダ|若返りのオイルマッサージ  tel : 09096461921 

「本場・スリランカの医師から直接指導を受けた“真のアーユルべーダ”とよもぎ蒸しの発汗で疲れや不調を解消し、若々しい毎日を過ごしませんか?」


ご予約・お問い合わせ TEL:090-9646-1921
女性専用 / 予約制 / 営業時間9時~22時(最終受付 19時)


テーマ:

● よもぎ蒸しのおかげで帰りも寒くなかったです。

 

こんにちは。

 

神奈川・相模原アーユルヴェーダサロン、ルナーシャの関です。
 

 

最強寒波がやってきているだけあって、外は冷蔵庫のようですね。

 

ご来店いただいたお客さまから、このようなメッセージをいただきました。

 

 

昨日は、長時間ありがとうございました。

とてもリラックスできて、途中、寝てたかも?!笑

よもぎ蒸しのおかげで、帰りも寒くなかったです^^

オイルマッサージのあとには、からだを温めて、発汗していただいています。

 

からだに、染み渡ったオイルが、老廃物とまじわって、それを排出させるのです。

 

発汗には、よもぎ蒸しかドームサウナを選んでいただいています。

 

よもぎ蒸し初体験の方は、みなさん、よもぎの良い匂いと、沢山の汗と、いつまでも温かいからだにビックリされます。

 

よもぎ蒸しは、薬草を蒸した蒸気で下半身をあたためる、韓国600年の歴史のある民間療法です。

 

よもぎ蒸しの本来の目的は、出産後の肥立ち・回復をより良くするためのものでした。

 



上の写真の椅子の上に座っていただきますが、その際、下着は外してマントを羽織っていただきます。

体の中で最も吸収率の高い粘膜に、蒸気を当てることで、子宮や内臓が温まり血流がとっても良くなるんですよ。

多くの婦人病は、下腹部の血行不良によって、生理機能が衰えていることが原因と言われるので、体が温められて血行が良くなることで症状の改善がみられます。

 

実際に、トリートメントとよもぎ蒸しを、定期的に受けられることで、生理痛やPMS(生理前症候群)がとても軽くなったと、おっしゃる方が多いです。

 

サロンでは、みなさん、こんなふうに、頭からマントをかぶっていらっしゃいます。

 



よもぎ蒸しの良い匂いの蒸気が、肺まで届いて、お顔もうるおいます。

 

インドやスリランカのアーユルヴェーダの発汗法に、よもぎ蒸しはありませんが、よもぎは昔から日本人に馴染みのある植物です。

 

日本の大地に自生するよもぎは、日本人の私たちにとても合っているんですよね。

一番寒いこの時期は、よもぎ蒸しで、内蔵から温めるのがおすすめです。 

 

 

JR横浜線相模原駅徒歩1分
【「心と体」「痛みや滞り」を健康メンテナンス
たおやかな女性を作る
アーユルヴェーダサロン・ルナーシャ】
メニュー・料金表

サロンのご案内・アクセス
お客様の声
最新ご予約状況
初めての方へ・よく頂くご質問
ご予約フォーム
ホームページ
電話番号 090-9646-1921
メールアドレス runasa.ayur@gmail.com

女性専用・予約制・営業時間9時~22時(最終受付19時

 

神奈川/相模原・横浜・川崎・大和・伊勢原・厚木・藤沢・湘南・東京/町田・稲城・多摩・八王子・埼玉 遠くは 名古屋・三重からもご来店いただいています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● からだの不調と、オイルマッサージと、毒素排出の関係

 

こんにちは。

 

神奈川・相模原アーユルヴェーダサロン、ルナーシャの関です。

 

 

 この週末は、最強の寒波がやってきていますね。

 

明日、15日(日)11時以降のご予約枠が空きましたので、お時間の合う方はご利用ください。

 

ご予約希望の3時間前までに、ご連絡くださいね。

 

さて、お正月もあっという間に過ぎて、通常の生活に戻っても、からだが重く感じていませんか?

 

そんなときには、アーユルヴェーダのオイルマッサージが良いのですよ。

 

どうしてなのか?ご説明しますね。

 

からだが重たかったり、なんとなく不調なのは、年末年始に食べ過ぎた食事が、栄養にならず、排泄されず、からだの中に溜まっているのかもしれないのです。

 

アーユルヴェーダでは、からだの不調の原因として、食事の未消化物が、血管や、リンパ管、気の管に蓄積して毒素になるからと考えます。

 

日々溜まっていく老廃物を、そのままにしておくと、いつか許容量から溢れてしまうのですね。

 

毒素はやがて、それぞれの人の弱い部分に集まり、浸透し、病気の発症に繋がるのです。

 

からだが老廃物で、いっぱいになると、免疫力も弱まってしまうんですよ。

 

そこで、病気になる前に、オイルマッサージをしましょうと、いうのですが、その理由ですね。

 

アーユルヴェーダでは、病気を招く、老廃物(未消化物=アーマ)は、ネトネトした油っぽいものと考えられています。

 

オイルマッサージで使用するオイルも、ネトネトした油です。

 

同じ油性の性質を持つオイルは、体から染み渡って、体内の管にこびりついた老廃物と融合するのですね。

 

そして、からだを温めて発汗することで、老廃物の排泄を促します。

 

毒素排出ですね。

 

毒素が溜まって病気になる前に、毒出しすると免疫力がついて、風邪をひかない体質になりますよ。

 

冬の寒さは、これからなので、もちろん、毎日の生活習慣に気をつけながら、毒素を溜めないからだにしていきましょう。

 

JR横浜線相模原駅徒歩1分
【「心と体」「痛みや滞り」を健康メンテナンス
たおやかな女性を作る
アーユルヴェーダサロン・ルナーシャ】
メニュー・料金表

サロンのご案内・アクセス
お客様の声
最新ご予約状況
初めての方へ・よく頂くご質問
ご予約フォーム
ホームページ
電話番号 090-9646-1921
メールアドレス runasa.ayur@gmail.com

女性専用・予約制・営業時間9時~22時(最終受付19時

 

神奈川/相模原・横浜・川崎・大和・伊勢原・厚木・藤沢・湘南・東京/町田・稲城・多摩・八王子・埼玉 遠くは 名古屋・三重からもご来店いただいています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 目にオイルを入れるメニューはないのですか?

 

こんにちは。

 

神奈川・相模原アーユルヴェーダサロン、ルナーシャの関です。
 

 

今日は1月11日ですね。

 

111は、思考が現実になりやすい数字だそうなので、良いことを沢山考えてみましょうね。

 

さて先日は、目の疲れを感じているお客さまから、次のようなご質問をいただきました。

 

「アーユルヴェーダで、目にオイルみたいなのを入れるのを見たことがありますが、ここではやらないのですか?」

 

目にオイルみたいなのを入れるというのは、アーユルヴェーダの施術の一つなのですね。

 

目に入れるのは、オイルではなくて、ギーと呼ばれる、バターから水分とタンパク質を取り除いたものです。

 

「ネトラタルパナ」と呼ばれていて、目の疲れやドライアイに、とても効果的な施術です。

 

ただ、薬事法や衛生面で心配なので、私のサロンでは、メニューに入れてないのですね。

 

小麦粉で溶いたドーナツ状の土手をゴーグルの枠のように、両目の周りに置いて、目に温かいギーを注ぎます。

 

その中で、瞬きをして、瞳をギーで満たすのです。

 

実は、私はその施術を受けたことがないのですが、目がとってもクリアになって、瞳が綺麗になるそうです。

 

もちろん、乾燥した目にオイリーなギーが満たされるので、ドライアイもよくなるのですね。

 

ネトラタルパナは、ちょっと大変なのですが、ギーを目薬のように瞳に垂らすだけでも、目の疲れやドライアイには良いですよ。

 

私の友人は、ギーを目薬がわりに使っていたら、視力が改善したと言っていました。

 

ギーの作り方はこちらをご覧下さいね。

 

目に垂らすときには、新鮮なギーを用いて、衛生面では充分に注意してくださいね。 

 

JR横浜線相模原駅徒歩1分
【「心と体」「痛みや滞り」を健康メンテナンス
たおやかな女性を作る
アーユルヴェーダサロン・ルナーシャ】
メニュー・料金表

サロンのご案内・アクセス
お客様の声
最新ご予約状況
初めての方へ・よく頂くご質問
ご予約フォーム
ホームページ
電話番号 090-9646-1921
メールアドレス runasa.ayur@gmail.com

女性専用・予約制・営業時間9時~22時(最終受付19時

 

神奈川/相模原・横浜・川崎・大和・伊勢原・厚木・藤沢・湘南・東京/町田・稲城・多摩・八王子・埼玉 遠くは 名古屋・三重からもご来店いただいています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)