だれも書かない★ニューヨーク1%未満★

ちょっとした発想の転換で人生が加速度を増していい方向に向かうことがあります。
NYにきて初めて見えたり感じたりしたことをファッション、お金、ライフスタイルから書いていきます!

ようこそ! コモンるみです。



クリップ これで笑って^^!
  ⬆CLICK!
 初めて来てくださった方、まずはお近づきのしるしに大爆笑からまいりましょ


宝石白Rish NY (NYから新進デザイナーの服やアクセサリーをニューヨークから直輸入でお値打ちにお届けするオンライン・ストア)



  CLICK⬇
だれも書かない★ニューヨーク1%未満★






宝石白Rish NYの扱うデザイナー、商品などに関するお問い合わせはinfo@Rishny.com
までお願いします。


NEW !
テーマ:

今日のエントリーは途中まで暗いです。笑

すみません。

 

 

だれにでも

人生の岐路に立たされ、

大なり小なり、

リスクをとらなくては

先に進めない瞬間が

何度かあるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしにとっては、

ニューヨークに来ちゃったことも、こわごわとったリスクでした。

 

 

女はリスクをとる達人。

 

 

 

なぜって、

男は「結婚」によって

人生が劇的に変わることはないけれど、

女にとって意味する「結婚」は

これまでの家を捨て、姓を変え、

出産となれば、かつては命がけ。

 

 

多くの場合は、選んだ相手が運転する

人生という車の助手席に乗って

いっしょに走るようなものだから。

 

でも、なろうと思えば

助手席のナビゲーターが

実権を握る関係も築けるんです。

 

 

一方、女が結婚しないという選択をするのは、それもまた大きなリスク。

 

だから、女はリスクをとることを運命づけられていて、

 

リスクとは

身だしなみのように

しなやかにかかわっていくもの

 

 

日本では、

年収の伸び悩みや、今後の先行き不安を懸念し、結婚に足踏みをする男女は今でも多いのでしょうか。

 

まだまだ劇的に出生率が

伸びているわけではないみたいですね。

 

 

ニューヨークでも、世界大恐慌の後

景気の悪かった1930年代は、

少子化の時代だったといいます。

 

 

 

けれど、あの同時多発テロの後、

恐怖の中でその日その日を、

生きているだけで精いっぱいだった

まさに、一瞬先は闇、

にしか思えなかったあの日から

9ヶ月〜1年後、


ニューヨーク近郊はベビーブームでした。

そしてその年と翌年は

全米的に結婚したカップルが急増しました。

 

 

本でも東日本大震災の後

結婚したカップルが急増

一方、離婚したカップルも多かったといいます。



結婚って、

いつの時代も

考えすぎるととてもできるものではない。

石橋も叩きすぎると壊れてしまう。

 



離婚もまた、

考えすぎるとなかなかできません。

 

 

ただズルズルと魂を殺した状態を選択し

先に控える幸せに飛躍できるチャンスを

逃しているかもしれない。

 

 

ピンチをチャンスに変える第一歩は

おなかの底からわき上がってくるものを

(頭というより身体の中心から)

全身全霊で感じ取り

耳をすませてみること、かなと思います。

 

 

 

ところで、日本人の少子化の原因は

日本人がセックスをしないからだ、と

まるで種族として

生殖機能が弱いといわんばかりの、

それはないでしょ~、と突っ込みたくなる

乱暴な記事がブルムバーグ・ニュースで

流れたことがあります。

 

 

それって、違うのよ。

 

 

10年ほど前の厚生省の統計でみると、

出生数の約3分の1が

中絶されたベビーの数でした。

しかも若い子たちだけじゃなく

30歳以上も多い。

 

今はどうなんだろう。 

 

子供を生むことを選択できない人たちが

まだまだ多い社会なのでしょうか。

 

でも中絶は女性に与えられた

選べる権利だとわたしは思っています。

 

 

とはいえ、最近は3人の小さなお子さんを

抱っこして手を引いているお母さんを見かけます。

 

週末となると

抱っこヒモに子供を入れた

素敵な若い男性をみかけることも。

 

国のサポートも功を奏し

メンタリティが変わってきているのでしょうか。

 

だといいですね♫

 

 

 

かつては日本は「貧乏人の子沢山」といわれました。

 

そういうある意味

突き抜けた本望のまま生き

コミュニティで助け合い

なんとなくサポートしあえる

時代ではなくなってしまったんですね。

 

 

ニューヨークでは、

ホームレスシェルターの女性のかなりの人数が10代の妊娠している女の子たちです。

 

 

わたしがかかわっていたInwood House では

(NY近辺の都会の貧困撲滅と戦う180年の歴史をもつNPOです)

そんな女の子たちを探しだしてきて施設に収容し、

医者に通わせ、学校に通わせ、

職業訓練をしています。

 

 

 

 

そんな彼女たちが生む子供を

アドプトしたくて、

列を作って待っている人が

たくさんいるのですが、

彼女たちのほぼ全員が

産んで自分で育てる道を選びます。

 

 

ホームレスシェルターから、

スーパーのビニール袋一つに

人生を全部詰め込んで

どん底の状態でInwood Houseに

やってくる子たちが、です。

 

そんな彼女たちは産むため壮絶なリスクを取ります。

 

 

崩壊した家庭出身だからこそ

自分を支える血の繋がるものが

なんとしてもほしいのだと

彼女たちにくわしい

Inwood Houseのディレクターが

おっしゃっていました。

 

 

女はリスクをとる達人。

 

いばらの道でも

未来に繋がる「可能性」を選択するなら

なんとかクッションになり

応援してあげたいです。
 

 

一方、アッパーイースト界隈は金持ちの子沢山

 

お父さんたちも

しっかり子育てに参加しています。

 

 

ニューヨーク州は中絶が認められていますが、その数はかなり少ないことでしょう。

 

 

ふと、

たくさんの女が

リスクをとれる社会は、

不穏に満ちた未来を切り開く

地球を支えるマグマのような「力」を

秘めていると思いました。

 

それを受け皿として支え、

助けるシステムが機能すると

女たちも男たちも

どんどん前に進めます。

 

 

わたしもいくつになっても、

直感に耳をすませ、

時には「えいやっ」と

リスクがとれる自分でいたいなと思います。

 

 

そして

若い人たちが「いいリスク」をとる

お手伝いをしたい。

 

 

みなさんにとってのリスクは何ですか?

それは、えいやっととれそうなリスクですか?

 

もしそうだったら、

いっせいのせ、で

そのリスクとってみませんか。

ブログを通じて応援していますよ〜。

 

 

 

 

 

 

小さなリスク

たとえば。。。

 

これまでは勝手に、

絶対自分には似合わないと

決めつけていた服

 

でも、やっぱり着てみたい。

 

だったら、少し勇気を出して着てみましょうよ。

 

 

 

このワンピース⬇ 東京オフィスの福島にとって

これまでは、まず選ばなかったタイプの服だそうです。

 

 

 

 

 

けれど、きっと似合うとわたしの予感。

 

その予感は的中。

本人もそれを認めて

結局わたしたち二人とも

購入してしまいました。笑

 

 

すごく気分が上がります。

また明日からがんばろうと

思えるのです。

 

 

 

着痩せ効果もあります。

テンセルという地球に優しい素材を使用

身長161cm, Size 38(日本サイズ9号)

http://www.rishny.com/SHOP/tb-s17-04.html

 

 

 

 

Rish NY29日21時発売】

あのトルドー首相夫人もコレクター。

一年保証付きデザイナーズ・コスチュームジュエリー

まさに一生モノ。デザイン性も普遍。

清水買いをしても後悔しないブレスレット

http://www.rishny.com/SHOP/dd-s17-05.html

 

 

 

手首にすぽっとおさまりのいいブレスレット

小さな半円真珠が特徴です。

http://www.rishny.com/SHOP/dd-s17-02.html

 

 

 

揺れるとふと目を奪われる半円真珠のイヤリング

http://www.rishny.com/SHOP/dd-s17-03.html

 

 

変形フープ。ジルコニアがキラキラ控えめに光るデザインです。

http://www.rishny.com/SHOP/dd-s17-04.html

 

 

 

 

 

 

星の数ほどあるブログの中からお越しくださりありがとうございます。

わたしに知らせる形で読者登録をしてくださりとても励みになっています。

 

 

 

 

 

インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。    
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^  

  

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください          
  Rish NY Facebook  ⬅Click♡          
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!       

       

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター          
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。          
登録はこちらからどうぞ          
         
ここからお店に飛んでいただけます。CLICK⬇        

        

だれも書かない★ニューヨーク1%未満★  

   

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)