だれも書かない★ニューヨーク1%未満★

ちょっとした発想の転換で人生が加速度を増していい方向に向かうことがあります。
NYにいるから見えるそんな目からウロコなことをファッション、お金、ライフスタイルから提案します。

ようこそ! コモンるみです。



クリップ これで笑って^^!
  ⬆CLICK!
 初めて来てくださった方、まずはお近づきのしるしに大爆笑からまいりましょ


宝石白Rish NY (NYから新進デザイナーの服やアクセサリーをニューヨークから直輸入でお値打ちにお届けするオンライン・ストア)



  CLICK⬇
だれも書かない★ニューヨーク1%未満★






宝石白Rish NYの扱うデザイナー、商品などに関するお問い合わせはinfo@Rishny.com
までお願いします。


NEW !
テーマ:

ニューヨークからおはようございます。

昨晩は力尽きて10時台に寝てしまいました。

 

今朝は5時半起きです。

 

今日はこちらの続きです。

 

 

 

「この人はただものではない」

 

 

image

ブルックリン最近注目されているレッドフッド

 

 

みなさんも人生に一度や二度は

会ってご紹介をうけ

話し始めた途端

そう感じてしまう人に

遭遇したことがあるのではないでしょうか。

 

時にそれは打ちのめされるような感覚です。

特にそれが年下の人であれば。

 

けれど次には

心を揺さぶられずにはいられません。

 

それを持つ人は年齢には関係がありません。

 

セス・モウルトン下院議員が

先週末開催した

サポーターに感謝を表明するイベント

 

そこにお招きを受けた人の中には

会った途端それと分かる人が

何人もいました。

 

類は友をよぶのでしょう。

 

彼、彼女たちは何が違うのだろう。

わたしのような凡人とは

致命的な違いがあるのだろうか。

 

 

それを解明するヒントになるものを

先頃、セスくんがした

マサチューセッツ州立大学の

卒業スピーチで見つけました。

 

今日はそれをぜひご紹介したいと思います。

 

ただものではない人も

実は普通の人だった

 

ただ、人生のある重要な時

これを入れるスィッチを持っている

 

 

 

よく卒業式のスピーチで語られるのが

「自分の夢を実現すべく信じる道を進みましょう!」

というもの。

 

けれど、

 

どんなに人生を熟考しても

 

どんなに行動力があっても

 

これがなくては夢を実現することはできない

 

と、セスくんはいいます。

 

それは、「勇気」です。

 

勇気は人生のここぞというときに必要な稀なスィッチです。

勇気をもってした行動がわたしたちを先に進めてくれる。

 

 

ただ、

 

勇気のスィッチは

 

怖いもの知らずだから

 

押せるものではありません

 

怖くても正しいと思えば押すもの

 

例えば・・・

 

セスくんがイラク戦争の際、

海軍の隊長として最前線に送られていたときのこと

 

隊員の1人ライアンが大けがをする事態が起こりました。

そのときアラバマ州出身のジェームズは

ライアンを背負って何マイルも基地まで戻ることにしました。

 

ジェームズは屈強な大男で

高校時代はフットボールの選手でした。

 

だから大人の男を背負うことは何ら難しいことではありません。

 

しかし、そこは試合中のスタジアムではありません。

 

マシンガンの火の嵐が荒れ狂う戦場です。

ジェームズは怖くなかったわけではもちろんありません。

 

けれど、仲間を助けたくて

置き去りにはできなくて、した。

 

勇気を絞り出して。

 

またセスくんが知り合ったシリア人の男性アメン。

 

彼はシリア難民として

3人の兄弟を亡くし本人も両手を失くしました。

 

それでも自分の怪我の回復を待つ前に

勇気スィッチを押したのです。

 

これ以上子供たちの犠牲者を増やしてはいけないと

オバマ大統領に嘆願書を届ける行動を起こしました。

 

アメンは、ドクターになりたいと目指しているそうです。

 

自分が一番かわいいのはDNAに刻まれたこと

 

それでもここぞという時

大きな使命に迫られたとき 

勇気スィッチを押して行動する

 

これが押せるから

自分を、他人を、社会を、世界を

いい方向に進める夢を実現することができる

 

 

最後に、セスくんはこう締めくくっています。

 

 

人生には失敗を認める勇気が必要なときもある

 

人間、自分の過ちや失敗を認めるにはものすごい勇気がいるもの

 

特に役職や地位が上がり世間の期待が大きくなればなるほど

 

渾身の思いで貫いて来たことを批判されたとき

 

絶対に正しいと思って突き進んで来たことがうまく行かなかったとき

 

それを認める勇気を持つのは簡単ではありません。

 

そんな時も勇気スィッチを押して

新たな道に再チャレンジする

 

 

実はこのスィッチが一番難しいと思います。

 

そんなスィッチを持っている人

そのスィッチを押した経験がある人は

「だたものではない」オーラに

謙虚さが磨きをかけ

さらに人間として深く

反面、軽やかになっていく

 

 

そして、着々と夢を実現し

自分を、世界を変えていける

 

みなさんが今、

人生の岐路に立ち

本当は何をするのがいいのか

分かっているのに

どうしても足がすくむのなら

 

まずはそれを自覚できただけすごい!

 

人生、行動するのが怖いときがあって当たり前だもん

 

でも、怖くても、少しの勇気を振り絞ってみない?

 

きっと、できる!

 

そして、あのとき

コモンるみに背中を押してもらってよかった!

って、言っていただける日が来ますよんドキドキ

 

 

 

 

勇気といえば

子供地球基金の鳥居晴美さんもまた

このスィッチを持っている人

 

東日本大震災の1週間後には

小型バン一杯に物資を積んで

道なき道を片道9時間自ら運転をして

東京から被災地にかけつけました。

 

ノロウィルスが蔓延する避難所に雑魚寝をしたのです。

 

世間はあのとき恐怖で縮み上がっていました。

 

そんなときどうしてあんな行動ができたのか。

 

「怖くなかったの?」

そう、晴美ちゃんに聞きました。

 

その時、晴美ちゃんはぽつっと絞り出すようにこういいました。

「怖いわよ」

 

この時なんです。

この人の行動力は本物で

打ちのめされた気持ちになったのは。

 

今年もまた10月14日に東京で

恒例の子供地球基金のガラが開催されます。

 

よろしければぜひご参加ください!

詳細はこちらから

 

 

 

 

わたしに知らせる形で読者登録をしてくださりありがとうございます。

とても励みになっています!

更新状況が随時お知らせされますのでどの記事も見逃すことなくご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 【Rish NY 30日(金)21時まもなく発売】

人気爆発のカーディガンタイプのポンチョが若干入荷します。

http://www.rishny.com/SHOP/cd-f14-01.html

 

今回はお見逃しなく!

 

 

 

 

ハロゥイーン仕様 

 

 

 

ノースリーブのワンピースを秋口から着るのが旬だから

このポンチョが大活躍

 

 

 

 

 

 

 

 

今秋旬のシックなプリント柄

http://www.rishny.com/SHOP/list.php?Search=Rish%20NY%20Favorites

  

 

 

  

洗えてワンピはきちんと裏地付き。

ミニ丈はやっぱり気分が上がります。

(わたしだけか?)

でももうどうしても膝を出したくないというのもありかも。

そんな時はタイツが便利ですよ。

スカートは本物顔だけどビーガンレザー

ペンシルスカート、今年は膝下丈が旬。

 

 

 

 

インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)でご紹介しています。    
フォローや「いいね」をくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^  

  

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください          
  Rish NY Facebook  ⬅Click♡          
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!       

       

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター          
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。          
登録はこちらからどうぞ          
         


ここからお店に飛んでいただけます。CLICK⬇        

  

だれも書かない★ニューヨーク1%未満★

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)