ようこそ! コモンるみです。



クリップ これで笑って^^!
   ☝CLICK!
 初めて来てくださった方、まずはお近づきのしるしに大爆笑からまいりましょ


宝石白Rish NY (NYから新進デザイナーの服やアクセサリーをニューヨークから直輸入でお値打ちにお届けするオンライン・ストア)



CLICK↓


だれも書かない★ニューヨーク1%未満★


宝石白Rish NYの扱うデザイナー、商品などに関するお問い合わせはinfo@Rishny.com
までお願いします。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:NY流幸せになれる体質作り
May 27, 2015

一生大切にしたい友だち未満★知り合い以上の関係

日々のテンポがやたら早いニューヨーク。
うかうかしているとめまぐるしい変化に取り残されそうな錯覚に陥る街。




娘のともだちの部屋、タイムズスクエア近くのコンドミニアム59階からの眺め


そんな場所にたいした免疫もなくいきなり30代でやってくるとどうなるか。
真っ暗な迷宮の中をあちこちにぶつかりながら駆け回るスペースマウンテン人生を送ることになります。笑


この街ほど、新参者におかまいなく
きびしいパンチをお見舞いする場所は他にないかもしれません。
それはニューヨークにふさわしいといえばふさわしい洗礼。
それをくぐり抜けてこそ体得できる免疫があって、
それを身につけるともうどこに行っても動じない人間になれます。

そんなスペースマウンテンに乗りながら
免疫をつける苦しい修行の日々を送っていたとき
何度も救われたのが細く長~く続く安定した人間関係でした。


そのころ仕事を通じて知り合ったのが、
今はあるファッション誌で編集長を務めるTさんです。

Tさんとはニューヨークと東京という距離を超え、気がつくと細く長い素敵な関係を続けています。


まだ彼女と知り合って間もないみんなが独身だった30代前半のある夏、
彼女と、彼女の親友で日本では第一人者といっていいニュースキャスターのAさん、Tさんと同じ会社のKさんといっしょに、女4人パリでアパートを借りてバケーションを過ごしたのは楽しい思い出です。

今思えば30代前半にしてすでにみんなとても「オトナ」でした。
しかも才媛で優しく思いやり深く、私以外の3人は肩の力も抜けていました。

Tさんは夢のようにすべてを兼ね備えたフランス人男性とつきあっていた時期もあったのだけど、きっぱり別れ、決断したら後ろは振り返らず7歳年下の男性と結婚。
そして2人の子宝にめぐまれました。


残りの30代を、彼女は、フルタイムのファッション編集者として、2人のお嬢さんの母として、同じ業界で激務をこなす男の妻として、文字通り目がまわる忙しい日々をすごしたはずです。


そのTさんと何年かぶりに会いました。今回は多分5年以上ぶりぐらい。
最愛のお母様を亡くされ、四十五日が過ぎて間もないという時期に、
彼女は多忙な時間のはざまを縫って時間を割いてくれたのです。
夕方のカクテルをごいっしょしました。
彼女が指定した場所は銀座ダンヒルのビルの3階にある隠れ家の書斎風のバーでした。


窓際の席に座る彼女の後ろ姿を見つけたとき、彼女に会うときはいつも感じるあの安堵感に包まれました。
お母様を亡くされて間もない時期だというのに、みじんも自分の辛さの殻に閉じこもる感じはなくて、半径1m以内まで彼女に近づくと、なぜかこちらが守られている、包まれているとさえ感じるのです。


彼女は二人のお嬢さんを育てながら海外出張も頻繁なファッション誌の仕事をしてきた人で、とにかく時間に追われていて、わたしの短い帰国中は会えないことも何度もありました。


妻、母、キャリアウーマン、と名前のついたお手玉を落とさないように転がしながらの毎日、わたしなら髪を振り乱し、時にキリキリし、こめかみの辺りがぴきぴきしながら日々を過ごしそうなものなのに。

が、いつ会ってもTさんは全然違います。
彼女のイライラした顔、怒った顔、悲しみに取り乱した顔は想像もつかないのです。


周囲の空気を穏やかでゆったりしたものに変えてしまうオーラを漂わせ忙しさなどもみじんも感じさせません。

彼女のこの安定感はどうでしょう。
何があっても揺るぎない他人を安心させてしまう魅力。

過去20年+の年月のうち、彼女と会った回数は10回未満です。
わたしたちの関係を言葉にするなら、友だち未満、知り合い以上。
それでも最初に会ったときと今、彼女に対する印象には1ミリも変化がありません。

穏やかなほほえみを浮かべ、包み込むようにゆっくりと、まずはわたしの近況を聞いてくれるのもいつも同じ。


カクテルをご一緒した時間は2時間未満。
その間、わたしたちの間にたゆとう時間は、適度な密度を備え暖かくて心地良い。

彼女と会うときはいつも彼女の大きな懐につつまれて
煩瑣な日常を忘れられる。

銀座駅で軽くハグを交わして別れたあとも、彼女のつけていた香水の残り香がいつまでも鼻孔をくすぐり、満たされた時間も同じように持続します。


わたしにとってTさんは、ずっとニューヨークでスペースマウンテン人生を送っているわたしがつかの間羽を休められる場所。
「るみちゃんはそのままでいいのよ」
そんな優しさで包んでくれる人。


Tさん、いつもと変わらない素敵な時間をありがとう。
お母様のご冥福を心からお祈りします。
下のお嬢さんの大学受験うまく行きますように。

すべてが終わったら今度はニューヨークでお会いしましょう。



友だち未満、知り合い以上の関係と言えば・・・
このブログを通じてみなさんといただいたご縁も同じです。

わたしに知らせる形で読者登録をしてくださったり
「いいね」を押してくださったり
コメントをくださったりするみなさまにどれほど励まされてきたことでしょう。

こちらからも時間をみつけてお邪魔し、深めた交流の数知れず。
いただいたご縁には深い絆を感じています。

どうぞこれからも引き続きよろしくお願いします。
このご縁に心から感謝しています!




【29日(金)21時発売 バッジレー・ミシュカの白】


一見ハードルが高い感じがする「白」ですが、白が似合わない女はいないと断言いたします。笑
ウエディングドレスや白むくに身を包んだ女性のハッとする美しさを考えればそれは納得です。
白は「白紙にもどす」再出発の色でもあります。
わたしたちのきれいな部分だけ引き出してくれる清々しい色。
バッジレー・ミシュカの白ならまさに一生物です。大切に着れば10年後もビンテージとしてお嬢さまにお譲りできる格を備えています。
くみこが着ている白は金曜日に発売になります!
るみが着ているほうはサイズMが1枚だけございます。
(ちなみにわたしが着ているのはいつもよりワンサイズ大きいMです。
着丈を10cm詰め、ウエスト&ヒップラインを少し直せばぴったりです)
http://www.rishny.com/SHOP/bm-s15-02.html






NY新進デザイナーのファッションを直輸入でお届けするオンラインストアwww.Rishny.com
お得な情報はニュースレター

会員特典セールなどの機会もたくさんご用意しています!

 コーディネートのヒント、新商品のご紹介はRish NY Facebook
みなさんのお顔が見えるFacebookで「いいね」をしてくださるととても励みになります! 新しい情報がみなさんのところにメールでお届けされます。

こちらは現在ティーンのフィルターを通した目でNYのライフスタイル&ファッションRish NYをご紹介しています! Rish NY Instagram



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇