全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1030カ所に達しています。
私が走破したのはその内の975カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

●現在の訪問駅数1051か所 全国消化率 96.2% (分母 1093駅)

【全国道の駅塗りつぶし同好会】
における私の塗りつぶしMAPはこの通りです。クリックすると地図が大きくなります。

大きい地図が開きます!   私のホームページが開きます!


■ 全国のお薦め道の駅 ■
私のお気に入りの道の駅を地域別の一覧にしました。


●お薦め道の駅 [北海道]  ※北海道 全駅制覇!(2009年9月)
●お薦め道の駅 [東北]   ※東北 全駅制覇!(2012年9月)
●お薦め道の駅 [関東]   ※関東 全駅制覇!(2014年5月)
●お薦め道の駅 [北陸]   ※北陸 全駅制覇!(2013年7月)
●お薦め道の駅 [中部]   ※中部 全駅制覇!(2013年5月)
●お薦め道の駅 [近畿]   ※近畿 全駅制覇!(2011年4月)
●お薦め道の駅 [中国]   ※中国 全駅制覇!(2009年6月)
●お薦め道の駅 [四国]   ※四国 全駅制覇!(2009年12月)
●お薦め道の駅 [九州]   ※九州・沖縄 全駅制覇!(2008年5月)





テーマ:

2日目の最終目的地となる

道の駅うみんぴあ大飯(おおい) にやってきました。

 

 

 

 

 

 

若狭三方ICから小浜西ICまで高速で走り、道の駅三方五湖から35分程かかりました。

 

ここは若狭湾に面した海辺なのですが、“福井県大飯郡おおい町” は、町の面積の90%が山林です。

ですから自然豊かな山間部と、美しい海岸線の両方の観光資源を持ち、「若狭湾国定公園」 に指定されています。

 

観光スポットの多い 「おおい町」 で、海のリゾート施設として作られたのがここ “うみんぴあ大飯” です。

 

 

 

 

まず周辺の概略ですが、道の駅を中心にホテルやマリーナなど複数の施設が集まっています。

もう少し詳しい案内図をご覧いただきます。

 

 

 

 

青く囲んだ部分が道の駅です。

大きな建物がたくさん建っているので、最初はどれが道の駅か迷いました。

 

 

 

 

 

道の駅は横に非常に長いのでなかなか写真に納まりません。

道の駅パンフレットをご覧いただきます。

 

 

 

 

随分長いですね。

道の駅のすぐ裏側は海ですが、この建物はその波止場に係留している船をイメージしてデザインされたのだそうです。

 

では、早速中に入ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

逆光なので少し見づらいですが、ガラス張りの向こう側はすぐ海なのがお分かりかと思います。

横に長いこの建物は、次のような配置になっています。

 

 

※この配置図はHPからお借りしました。

 

先ほどの写真は出入口から入って、ガラス越しに海側を見たものです。

 

 

 

 

これは海に向かって右手、“フードコート” の方向です。

最初にジェラード工房があり、その先はファーストフードですが、新鮮な魚介類を使った海鮮丼を始めとした、豊富なメニューがあります。

 

そして逆方向がこちらです。

 

 

 

 

左手前の角は “観光案内所” で、常駐の案内の方がおられます。

 

ここで感心したのは、おおい町の観光案内や道の駅、その他の施設のパンフレットがとても充実していたことです。

私は主にこれらのパンフレットの情報を参考にしてブログを書いていますが、それらが乏しい道の駅が結構多いのです。

 

道の駅の目的の一つは観光情報等の発信ですから、もっとパンフレット等を充実させて地域をPRすべきだと思っていましたが、ここはその点十分に評価できます。

 

 

 

 

 

観光案内所の先が “特産品売り場” です。

 

一番奥にお魚コーナーがあります。

若狭沖で獲れた新鮮な魚介類が並んでいますが、ここで魚を買い、刺身にしてもらってフードコートに持ち込み、ご飯とみそ汁だけ別に買って刺身定食として頂くこともできるそうです。

 

なかなか感じの良い道の駅でしたが、次に周囲にある施設も紹介しておきましょう。

 

 

 

 

これは道路を挟んで道の駅の真向かいにある “EL GAIA OHI(エルガイアおおい)” といいます。

外からだと何の建物かさっぱりわかりませんが、これは “エネルギーミュージアム” だそうです。

 

 

 

 

福井県のこの付近、いくつもの原発があることも関係してるかもしれませんが、宇宙発電所など、未来のエネルギーについて学ぶものです。

世界最大級のバーチャル映像シアターや、様々なアトラクションやアニメを通じて、楽しみながら地球の未来を考えるミュージアムです。

 

 

 

 

次はこの、円筒形の目立つ建物ですが、これは “こども家族館” といいます。

遊びを通じて冒険体験と工房体験を家族で楽しめる施設です。

 

 

 

 

ここは4階建てですが、中央の吹き抜け部分に巨大な “帆船” が浮かんでいて、子供たちはさまざまな冒険、探検を体験することができます。

“工房ゾーン” では、クッキングやものづくりが体験でき、また日本最大級のボールプールでも子供たちが楽しく遊べます。

 

 

 

 

そしてここには立派なホテルと温泉があります。

 

この写真の奥のカーブした建物が “ホテルうみんぴあ” で、手前の2階建てが “シーサイドスパ おおいの湯” という温浴施設です。

 

 

 

 

 

 

写真は道の駅の建物の中からガラス越しに撮ったホテルです。

全室がオーシャンビューであり、料理にもこだわりがあります。

 

実は当初、このホテルに泊まるつもりで計画していたのですが、次の日の予定を考え、もうちょっと先まで進んでおくことに変更したのです。

 

それに、普段私たちが泊まるビジネスホテルに比べると値段は高くなりますからね!(^_^;)

 

 

道の駅を出て25分程一般道を走り、この日の宿泊は県境を越えた京都府舞鶴にある “舞鶴カントリークラブ ホテルロージェ” です。

名前からお分かりのようにここはゴルフ場ですが、一般客も宿泊できるのです。

 

 

 

 

 

結構山の中でしたが、ご覧のように窓の外はゴルフ場です。

2食付で、まずまずリーズナブルなお値段でした。

 

ということで、2日目に回った行程は次のようになります。

 

 

※google mapによる自動登録

 

 

 

 

どくしゃになってね…

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

次は大きく移動して

道の駅三方五湖(みかたごこ) にやってきました。

 

 

 

 

 

 

道の駅越前から日本海の海岸に沿ってひたすら走り、“敦賀IC” から北陸自動車道に乗ります。

越前海岸には、途中いくつもの海水浴場がありました。

 

北陸自動車道にのるとすぐにジャンクションがあり、これを “舞鶴若狭自動車道” に進路をとって “若狭三方IC” で下り、出発から1時間15分で到着しました。

 

 

 

 

所在地は “福井県若狭町” になりますが、どのような地域かというのを、道の駅に設置されていた案内板のイラスト地図でご説明しましょう。

 

 

 

 

ここは若狭湾に面した入り組んだ地形ですが、海岸近くの陸地に、三方湖(みかたこ)、水月湖(すいげつこ)、菅湖(すがこ)、久々子湖(くぐしこ)、日向湖(ひるがこ) という5つの湖があり、これを 「三方五湖」 といいます。

 

5つの湖はそれぞれ水質や水深が異なり、水の色も四季折々不思議な変化を見せるそうです。

全長11.2kmのレインボーラインからは、五湖と日本海のダイナミックな景観が楽しめ、野鳥の宝庫でもあるこの湖は、2005年11月に “ラムサール条約湿地” として登録されました。

 

五湖の全景はここからでは見えないので、同じく案内板にあった写真をご紹介します。

 

 

 

少しは雰囲気がお分かりでしょうか?

そしてこの道の駅は、5つの中の “三方湖” のほとりにあります。

 

 

 

 

 

 

この “三方湖” は周囲が9.6km、最大水深が2.5mで、5つの中で唯一 「淡水湖」 です。

 

“日向湖” は日本海に繋がっていて 「塩水湖」 、あとの3つが海水と真水の混じった 「汽水湖」 であり、従ってそれぞれ生息する魚などの生物も違います。

 

 

さて、道の駅の紹介に移りましょう。

まず広域の全体図がこちらです。

 

 

 

 

この左下が今いる道の駅なのですが、隣には広大な面積の “縄文ロマンパーク” “若狭三方縄文博物館” があります。

 

案内板に一緒に描かれていましたが、これらは道の駅と直接関係ある施設なのかどうか、よく分かりません。

 

 

 

 

こちらは別の案内板に描かれていた、道の駅の配置図です。

 

国道162号に面した駐車場を囲むように、「コ」 の字型に建物があります。

この配置図の右手、建物の裏にあるのが先ほど紹介した “三方湖” です。

 

正面から入って左手には、“トイレ・休憩所・道路情報発信センター” の建物があります。

 

 

 

 

 

 

ここには観光パンフレットなどが並んでいました。

そして正面の湖側にあるのが、“漁業体験施設” です。

 

 

 

 

具体的に何をやっている建物かよく分かりませんが、「里あそび工作体験コーナー」 といった張り紙がされていました。

 

そして湖に向かって右手にあるのが、“観光交流センター” で、この道の駅のメイン施設です。

 

 

 

 

 

 

ここの内部はご覧の通りで、特産品の販売コーナーがメインです。

他に観光案内所や、レンタサイクルの駐輪場などがあります。

 

 

 

 

 

 

私たちはここでアイスクリームを買って、湖の見えるウッドデッキで頂きました。

 

 

 

 

 

さて、次はいよいよ本日の最後の道の駅に向かいます。

 

 

 

どくしゃになってね…

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

次は日本海の海岸線に出て

道の駅越前 にやってきました。

 

 

 

 

 

“福井県丹生郡越前町” はご覧の位置にあります。

鯖江市内の道の駅西山公園からは、40分弱で到着しました。

 

越前といえばまず “越前ガニ” が有名ですが、なにより福井県、石川県にかけての日本海に面した海岸線は、その荒々しさ、美しさから “越前加賀海岸国定公園” に指定されています。

 

道の駅はその観光ルートを代表する場所にあり、越前町だけでもそれぞれ特徴ある海水浴場が11カ所もあります。

更に、この道の駅へ到着するまでの間も、たくさんの旅館、民宿、食事処が立ち並んでいました。

 

 

 

 

 

この道の駅の標識、なんだか変だと思われませんか?

 

ここは国道305号沿いにありますが、その国道を挟んで両側に道の駅の施設があります。

ですから、矢印が両方についていますね!

 

 

 

 

これが、海岸線側にある建物です。

そして次は国道を挟んだ山側にある施設です。

 

 

 

 

手前にあるドーム型の建物は、“越前がにミュージアム” といいます。

 

 

 

 

正面から見ると、何となく越前がにの甲羅に似ていませんか?(笑)

 

こちらはあとで紹介するとして、先ほどの海側の建物、大きすぎてよく分からないと思うので、パンフレットから写真をお借りします。

 

 

 

 

 

建物の裏手は日本海です。

随分大きいのがお分かりと思いますが、まずこちらの建物の中に入ってみましょう。

 

 

 

 

 

玄関前の屋根のあるアプローチは、“にぎわい広場” といいます。

 

昼間なのでこの写真ではわからないと思いますが、天井部分には、日本海の生き物が10万球のイルミネーションで飾りつけられています。

 

 

 

 

 

 

 

入り口を入ると、フロア中央に円筒形の水槽があり、左手に情報コーナーがありました。

そして右手にレストラン、奥が温泉です。

 

 

 

 

 

正面左手には “越前ブランドコーナー” があり、日本海の海産物を始めとする特産品が並んでいます。

 

 

 

 

道の駅のパンフレットからお借りした配置図がこれです。

 

私が今いるのは数字の②のところで、奥の③が雄大な日本海を眺めながら温泉を楽しめる “露天風呂「漁火」” です。

数字の⑤は 「アクティブハウス越前」 と書いてありますが、これは “温水プール” のことです。

 

 

 

 

これがその温水プールですが、スライダーから流水プール、25mプールなどがあります。

ここに書いてませんが、これは2階ともつながっていて、深さ3mのシンクロプールまであるのです。

 

そして温水プールと反対側の数字⑥のところは本格的な体育館です。

最上階の3階には、“展望レストラン” もあります。

 

私たちは1階で軽い食事をとり、次は国道を渡って山側の施設を見に行きました。

 

 

 

 

 

道路を渡った山側には、先ほどの越前がにミュージアムの他に、この建物があります。

こちらは越前の水産物を扱っており、新鮮な魚介類やひものを主に販売しています。

 

店舗の前の広場では、魚を並べてその “ひもの” を作っています。

 

 

 

 

台の上や地面にたくさん魚が干してありますね。

 

こちらの建物の2階は、バイキングのレストランになっていました。

しばらく店内を見て回ったあと、“越前かにミュージアム” を覗いてみました。

 

 

 

 

 

 

正面入り口にはでっかい越前がにがいました。

比較するものがないので大きさが分かり難いと思いますが、横幅数メートルはあります。

 

ここは有料だし、ゆっくり見て回る時間の余裕もないので中には入っていませんが、パンフレットによると次のようになっています。

 

 

 

 

3階から、2階、1階と下りてゆき、次第に深海に潜ってゆくイメージになっているようです。

 

越前の海は、表層を対馬海流が流れ、深層には日本海固有水があるので暖流系、寒流系の両方の魚が棲み、豊かな恵みを与えてくれるのです。

 

 

道の駅越前はここだけでも家族でゆっくり遊べるし、周辺観光の拠点としても立地、施設とも恵まれた道の駅だと思います。

 

 

 

 

どくしゃになってね…

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

北陸自動車道を “鯖江IC” まで戻り、

道の駅西山公園 にやってきました。

 

 

 

 

 

 

道の駅の所在地である “福井県鯖江市(さばえし)” といえば、皆さんご存知のように眼鏡フレームの産地として有名で、 “めがねの聖地” ともいわれています。

 

福井県は、MAID IN JAPAN の眼鏡フレームの9割以上のシェアを持ち、100年以上にわたって伝統の職人技が受け継がれ、「日本のモノづくり技術」 の代表的な地域です。

道の駅から車で5分のところに “めがねミュージアム” があり、最新・人気のフレーム2500本以上が展示・販売され、またセミオーダー眼鏡の体験工房や、歴史を紹介する博物館などもあります。

 

この道の駅のスタンプもメガネに因んでいますが、それは最後に紹介しましょう。

 

 

 

 

 

道の駅は、鯖江市の中心部に位置する市街地にあります。

この写真が道の駅の全景で、オープンしたのは2014年4月です。

 

この道の駅の背後は小高い丘になっていて、それが 『日本の歴史公園100選』 の指定を受けた “西山公園” です。

道の駅の建物の屋根の上に四角いものが突き出ていると思いますが、これはエレベーターで、道の駅から直接、エレベーターと専用の歩道橋を使って公園に入ることができます。

 

この公園がどのくらい大きいか、掲示してあった地図をご覧いただきましょう。

 

 

 

 

これが西山公園の全体ですが、道の駅はその一番下のマルで囲ってある部分です。

この建物の大きさと比べて、如何に公園が広いかお分かりですね。

公園内には、日本庭園、展望広場、芝生広場、噴水広場、冒険の森、動物園などが整備されています。

 

西山公園は、“日本海側最大規模のツツジの名所” としても有名です。

 

 

 

 

観光パンフレットから写真をお借りしましたが、園内には約5万株のツツジが植えられ、春はツツジや桜、秋には紅葉が楽しめます。

 

更に、西山公園でもうひとつ有名なものがあります。

公園内の “西山動物園” にいる、“レッサーパンダ” です。

 

 

 

 

この写真もパンフレッからお借りしましたが、日中友好のシンボルとして北京市から贈られたもので、繁殖数は全国トップクラスであり、まさしく鯖江のアイドルとなっています。

 

西山公園自体は150年もの歴史がありますが、西山動物園は昭和60年の開園です。

 

さて、道の駅の紹介に戻りますが、建物の内部は次の通りです。

 

 

 

 

ブリッジで西山公園に繋がっていることがわかりますね。

向かって右側の正面玄関から中に入ってみます。

 

 

 

 

 

 

これは一番右手にある “特産品販売コーナー” ですが、窓の外をご覧になると、斜面になっていてツツジがぎっしり植えられているのがお分かりですね。

 

 

 

 

次は産業・工芸品などを展示する “鯖江ブランドコーナー” です。

 

ここに 「祝 来場者100万人達成」 と書いてありました。

ネットで確認してみたら、100万人に達したのは、2016年4月24日だったようです。

 

 

 

 

このコーナーには鯖江を代表するメガネフレームを始めとするブランド品、工芸品などが展示され、その一角に観光協会の窓口があります。

 

そしてこの部屋にはこんなものもあります。

 

 

 

 

 

ガラスのケースに入っているので反射してちょっと見にくいですが、“切妻山車” といいます。

 

鯖江には1500年の歴史がある “越前漆器” の技があり、この山車も越前塗によって製作されています。

これら漆の伝統産業はここから車で15分ほどのところにある、“うるしの里会館” で見ることができます。

 

さて、ブランドコーナーの隣は、“飲食コーナー・休憩所” です。

 

 

 

 

 

この写真では奥の方が飲食コーナーで、手前が休憩所です。

ここは情報コーナーも兼ねています。

 

 

 

 

 

周辺の観光スポットが映像と写真パネルで紹介されています。

 

さて、最後にこの道の駅の、特徴あるスタンプを紹介しましょう。

この道の駅にはスタンプが2つあるのです。

 

 

 

 

 

このイラストはもちろん鯖江のアイドルである “レッサーパンダ” です。

なぜスタンプが2個あるかというと、それをつなぎ合わせるとこのようになるからです。

 

 

 

 

眼鏡フレームになりました。

さすがに 「メガネの聖地」 だけありますね!(*^o^*)

 

 

どくしゃになってね…

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2日目の2カ所目は

道の駅禅の里 にやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

ここは今年(2016年)3月にオープンしました。

 

上の写真に “永平寺温泉” という文字がありますが、道の駅と温泉施設が併設されています。

温泉の方は2013年7月に既に開業していたのですが、直売所などの施設が完成して今年正式に道の駅になったものです。

 

 

 

 

ですから永平寺温泉としてのパンフレットだけが置いてありました。

 

ここの住所は “福井県吉田郡永平寺町” であり、温泉の名前にもなっている “永平寺” は、曹洞宗の大本山です。

 

曹洞宗の開祖である “道元禅師” が1244年に開いた修行道場です。

境内はおよそ10万坪の広さがあり、七堂伽藍を中心に大小70余棟の殿堂楼閣が建ち並んでいます。

 

永平寺では樹齢680年の鬱蒼とした老杉に囲まれたお堂で、有料ですが座禅や写経体験などができるのだそうです。

道の駅の “禅の里” という名前も、この永平寺に因んでいます。

 

 

 

 

まず全景をご説明するのに、パンフレットからイラストをお借りしました。

左側のL字型の建物が道の駅で、右側の楕円形の建物が永平寺温泉です。

 

先に温泉の方を紹介しましょう。

 

 

 

 

建物の前にテントがあり、その左に “いこいの湯” というのがありますが、これが無料の足湯です。

女性が何人か入っておられますね!

 

 

 

 

 

ここは深さ1,710mから温泉が湧き出ているそうで、ナトリウム、カルシウム、炭酸水素など多くの成分を含んでいて、特に女性の美肌つくりに適しています。

大浴場のほかに、勿論露天風呂もあります。

 

次は道の駅本体の建物です。

 

 

 

 

 

天井に丸く突き出た部分がありますが、これは展望室です。

あとで紹介しますので、覚えておいて下さいね。

 

 

 

 

 

最初のこの部屋は休憩所です。

突き当りのガラス戸の先に情報コーナーがあります。

 

 

 

 

こちらが “情報コーナー” で、中央のディスプレーと、周囲の写真などで永平寺や周辺の観光地の案内をしています。

 

そしてこの部屋にらせん階段があって、先ほど外から見た展望室に上がれるようになっています。

 

 

 

 

これがその展望室で、ここから見下ろしたのが次の写真です。

 

 

 

 

周囲は山が迫っていますね!

では、展望室を下りて、“特産物販売コーナー” に入ってみます。

 

 

 

 

永平寺はごま豆腐が有名なのですが、私たちも土産にいくつか買いました。

販売コーナーの隣が食事処です。

 

 

 

 

 

永平寺の地元食材にこだわったメニューが揃っています。

 

それにしても、新しい建物はやっぱり気持ちが良いものです。

ここには30分程滞在して、次の道の駅に出発しました。

 

 

 

 

どくしゃになってね…

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。