全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1030カ所に達しています。
私が走破したのはその内の975カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

●現在の訪問駅数1053か所 全国消化率 96.3% (分母 1093駅)

【全国道の駅塗りつぶし同好会】
における私の塗りつぶしMAPはこの通りです。クリックすると地図が大きくなります。

大きい地図が開きます!   私のホームページが開きます!


■ 全国のお薦め道の駅 ■
私のお気に入りの道の駅を地域別の一覧にしました。


●お薦め道の駅 [北海道]  ※北海道 全駅制覇!(2009年9月)
●お薦め道の駅 [東北]   ※東北 全駅制覇!(2012年9月)
●お薦め道の駅 [関東]   ※関東 全駅制覇!(2014年5月)
●お薦め道の駅 [北陸]   ※北陸 全駅制覇!(2013年7月)
●お薦め道の駅 [中部]   ※中部 全駅制覇!(2013年5月)
●お薦め道の駅 [近畿]   ※近畿 全駅制覇!(2011年4月)
●お薦め道の駅 [中国]   ※中国 全駅制覇!(2009年6月)
●お薦め道の駅 [四国]   ※四国 全駅制覇!(2009年12月)
●お薦め道の駅 [九州]   ※九州・沖縄 全駅制覇!(2008年5月)





テーマ:

今朝は朝4時半に起きて、ホテルから15分の 〝美幌峠” に向かいました。

目的は早朝に発生する可能性のある雲海、それがなければ屈斜路湖からの日の出を楽しむためです。

 

ホテルの窓からうっすらと屈斜路湖が白み始めたのを見計らって出発したのですが、高度が上がるにしたがって霧が出始め、美幌峠に着いたときは駐車場の入り口さえ見えないほどの深い霧の中でした。

雲海を楽しむところか、その雲の真っただ中に入ってしまいました。(ノ_・。)

 

 

 

 

再びホテルに戻って朝食を済ませ、この日に回ったのは次の4か所です。

 

 ①道の駅おだいどう

 ②野付半島 トドワラ

 ③道の駅摩周温泉

 ④900草原

 

そして現在、阿寒湖のほとりにある 「ニュー阿寒ホテル」 に泊まっています。

 

 

 

 

これが①の 〝道の駅おだいどう” で、今回北海道にやってきた 〝本命” です。

 

ここは北方4島の国後島に近いことから、その返還運動がテーマになっており、屋外にモニュメントがあるほか、2階と3階はその資料館と展望室になっていました。

 

2か所目は、以前から行きたいと思っていた 〝野付半島” です。

ここでは、駐車場から片道1.6kmを歩いてトドワラの先端まで行ってきました。

 

 

 

 

後日詳細はレポートしますが、今まで出会ったことのない風景に感動しました。

 

3か所目は一度行ったことのある道の駅ですが、以前来た時は小さな観光案内のログハウスでしかなかった 〝道の駅摩周温泉” が立派な施設に生まれ変わっていました。

 

 

 

 

4か所目は摩周温泉の近くの 〝900草原” で、ここはロケーションの美しさです。

 

明日はもう最終日です。

飛行機の時間が昼過ぎなので、あまり時間もありません。

 

有効に時間を使って、3日間の北海道の旅を締めくくります。

 

 

どくしゃになってね…

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝の9時に福岡空港を離陸し、東京羽田空港経由で、北海道 「女満別空港」 にやってきました。

現在、屈斜路湖湖畔の “屈斜路プリンスホテル” に宿泊中です。

 

 

 

 

今回北海道にやってきた本来の目的は、ただ1か所の道の駅を制覇するためです。

地図でお分かりのように、私がまだ制覇していない北海道の道の駅は5か所あります。

 

地図の左側、最北部稚内から最南部の函館までの4つの道の駅は、北海道を北から南まで縦断すれば、一応一筆書きで回ることができます。

ですが、東の端の1か所だけがどうしてもルートに組み込めないのです。

 

従って、その東の端の1か所 「道の駅おだいどう」 を制覇するために、今回わざわざ2泊3日の行程を組んだという次第です。

 

といっても勿論それだけでは勿体ないので、観光も組み込んでいます。

初日の今日は女満別空港からレンタカーで出発したのが13時半ですから時間の余裕もなく、次の3か所を予定していました。

 

 ①道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠

 ②津別峠

 ③摩周湖

 

①の美幌峠は、私が北海道の道の駅の中でトップに入るお気に入りです。

ここからの眺めは、次のとおりです。

 

 

 

 

眼下に広がるのは “屈斜路湖” です。

 

速報なので詳細は割愛しますが、次に向かったのが②の “津別峠” です。

ここは、標高947mから屈斜路湖を見下ろす位置にあり、特に日の出前に行けば、雲海に遭遇できる可能性が高いのです。

 

期待をしていたのですが、なんと先日の台風の影響で道路が土砂崩れでふさがり、 「通行止め」 になっていました。

 

3か所目は 〝摩周湖” です。

以前にも行ったことはありますが、もう一度行ってみたかったのです。

 

 

 

 

でも、対岸の摩周山は雲に隠れているし、湖面の色も、以前来た時の濃紺と違って、あんまりきれいではありません。

季節やその日のお天気の具合で違うのでしょうが、ちょっとがっかり!

 

そして今は屈斜路湖畔まで戻って、宿泊しています。

 

 

 

 

ビュッフェスタイルの夕食でしたが、おなか一杯に食べてきました。

部屋からの眺めも素晴らしく、満足できるホテルだと思います。

 

 

明日、早朝に起きれたら再び美幌峠に向かって、ご来光の撮影にチャレンジするつもりです。

 

 

どくしゃになってね…

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

熊本県に新しくオープンした新駅

道の駅芦北でこぽん に行ってきました。

 

 

 

 

 

九州自動車道を一気に南下し、八代ジャンクションから “南九州西回り自動車道” に進路をとります。

 

九州自動車道は今年(2016年)4月の熊本地震で大きな被害を受けましたが、今は全線開通しています。

ただ、熊本から八代までの一部の区間ではまだ復旧工事が続いており、片側車線のみの対面通行の箇所があります。

 

“南九州西回り自動車道” は現在 “津奈木(つなぎ)IC” までが開通していますが、その一つ手前である “芦北IC” を下りてすぐの場所に、この道の駅はあります。

 

 

 

 

 

元々この施設は、2009年4月にJAあしきたが開設した “ファーマーズマーケットでこぽん” という産直市場だったのですが、今年の5月14日に道の駅とし再オープンしたものです。

芦北町には既に “たのうら” “大野温泉センター” という2つの道の駅がありますから、ここが3カ所目になります。

 

“芦北町” は熊本県の南部に位置し、総面積の8割が緑豊かな山々で人口は1万8千人強です。

 

不知火海(八代海)に面した芦北海岸は天草の島々を望み、美しいリアス式海岸を形成しています。

古くからの漁法である “うたせ船” が芦北のシンボルであり、また、“御立岬公園” “芦北海浜総合公園” といった家族やカップルで楽しめるでっかいレジャー施設もあります。

 

 

うたせ船(参考資料)

 

道の駅の名前の “でこぽん” はご存知ですね。

頭の部分がぴょこんと出ているみかんですが、JAあしきたのオリジナルキャラクターでもあるのです。

 

 

(HPより画像借用)

 

道の駅のオープンの時に登場した “デコポンくん” です。

 

 

 

 

 

ご覧の建物が、産直市場である “JAファーマーズマーケットでこぽん” です。

そしてもう一つの建物が、レストランです。

 

 

 

 

産直市場の右隣にあるこちらの建物が、“レストランぎゅーぎゅー亭” です。

では、産直市場からまず入ってみましょう。

 

 

 

 

店頭には大きく 「がんばるけん熊本」 の文字が!

 

この言葉は熊本震災からの復興を目指す統一のスローガンで、「がんばるけん熊本機構」 という一般社団法人も立ち上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

海に近いのでお魚なども新鮮で豊富です。

ブランド牛である “あしきた牛” の産地でもあるので、お肉の売り場も充実しています。

 

そして店内にもやっぱり “がんばるけん熊本” の言葉がありました。

 

ここでいくつかの買い物を済ませて、隣のレストランに食事に行きました。

“きゅーぎゅー亭” という名前の通り、あしきた牛を使ったメニューが自慢です。

 

 

 

 

ステーキにはちょっと手が出なかったので、焼肉定食にしました。

たれは2種類ありますが、とっても柔らかくて美味しかったです。(^~^)

 

 

食料品のほかに、この道の駅で買ったものがもうひとつあります。

それがこちらです。

 

 

 

 

九州の道の駅スタンプ帖ですね!

店頭にいっぱい並んでいたので、つい手に取ってしまいました。(;^_^A

 

九州のスタンプ帖はこれが3冊目です。

1冊目で全駅制覇の認定証を貰い、2冊目もほぼ全部スタンプを押しています。

 

九州の場合、五島列島、奄美大島、沖縄といった離島があるので完全制覇はハードルが高いのですが、それらを除いた九州本島だけの認定証もあるのです。

 

このスタンプ帖は2016年度版なので申請の期限は来年(2017年)3月末までですが、次のスタンプ帖と合わせてスタンプを集めれば期限なしで認定証が貰えます。

 

私も3周目を目指してみようかと密かに企んで、このあと “道の駅たのうら” にも立ち寄ってこの日2つ目のスタンプをゲットしました。(^_^;)

 

 

 

 

どくしゃになってね…

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年(2016年)7月23日に大分県で新駅がオープンしたので、早速行ってきました。

道の駅慈恩の滝くす がそれです。

 

 

 

 

 

“大分県玖珠町(くすまち)” は大分県の西部に位置し、面積は県全体の4.5%を占め、人口は1万6千人強です。

九州最大の河川筑後川の上流にあたる “玖珠川” が東西を貫き、この道の駅の真裏を流れています。

 

 

 

 

玖珠川の本支流には随所に滝や湧水地があって人々を楽しませてくれます。

更に玖珠盆地を取り囲む “万年山(はねやま)”、“伐株山(きりかぶやま)” など、テーブル型特徴ある形の山々が連なり、山と川の調和のとれたロケーションに恵まれています。

 

玖珠町には既に “童話の里 くす” という道の駅がありますから、ここは2か所目です。

今年登録されたばかりでまだ地図にも記載が無かったので、道の駅パンフレットからアクセス地図をお借りしました。

 

 

 

 

 

“童話の里くす” が大分自動車道の “玖珠IC” のそばにあるのに対し、ここは “天瀬高塚IC” からの方が距離的には近いです。

日田市と玖珠町との境目に近い国道210号沿いにあります。

 

 

 

 

 

 

道の駅にあった案内板がこれですが、“物産館” “休憩室” “トイレ” だけのシンプルな施設です。

こじんまりしていますが、建物が新しいので新鮮な印象があります。

 

 

 

 

これが情報コーナー兼休憩室の入り口です。

 

 

 

 

 

私が訪問したのは8月27日の土曜日なのですが、休日ということもあってか次々に車が入ってきて、小さな施設にしてはとってもお客さんが多いです。

 

休憩室のテーブルは5席あって、ちゃんと無料Wifiも完備されています。

 

 

 

 

そしてこちらの建物が物産館の入り口です。

 

 

 

 

 

あまり広くない店内ですが、土産物や農産物が豊富に並んでおり、特に特産の生シイタケが安いのに感心しました。

 

この道の駅、施設は小さいのにお客さんがひっきりなしに入ってくるのには訳があります。

もう一つの目的があるからです。

 

 

 

 

先ほどの道の駅パンフレットから、散策MAPをお借りしました。

 

「裏見の滝コース」 「滝の下流散策コース」 というのがありますね。

道の駅の名前にもなっている “慈恩の滝” というのが、道の駅から歩いてわずか1分のところにあるのです。

 

 

 

 

道の駅から一段下がったところに食事処が2軒ありました。

その奥が目指す慈恩の滝で、まさに歩いて1分です。(^_^)

 

 

 

 

滝の正面に橋があり、そこが絶好の撮影スポットです。

橋を渡った先には、こんなものも!

 

 

 

 

龍の頭があり、その先にはなにやら祀られた祠があります。

では、あと何枚か正面からの慈恩の滝をご覧いただきましょう。

 

 

 

 

 

この2枚の写真、同じような構図ですが、上はシャッタースピードが6分の1秒、下の写真は2500分の1秒です。

上は水流がシルキーで滑らかな印象を受けるのに対し、下は力強く、迫力があります!

 

ご覧のように滝は二段になっていて、上段が高さ20m、下段が10mの、合計30mの落差です。

この川は万年山を源流とする “山浦川” なのですが、この滝のすぐ下流で、最初に写真をお見せした “玖珠川” に合流し、やがて九州最大の “筑後川” の流れになります。

 

では、シャッタースピードの速い、大迫力の滝をあと何枚かお見せしましょう。

 

 

 

 

 

 

ところで、それぞれの滝の写真の後ろに人影があるのにお気づきですか?

 

実はこの慈恩の滝は別名を “裏見の滝” といって、滝の裏側を歩けるようになっているのです。

正面から見て左側から入って、先ほどの龍の像があるところに出る一方通行です。

実際足場が悪く、水に濡れているので、細心の注意を払って通らねばなりません。

 

では、その裏側からの滝をご覧頂きます。

 

 

 

 

 

激しいしぶきで、眼鏡とカメラレンズが濡れながらの撮影でした。

最後にこんな写真も!

 

 

 

 

樹の幹に降りかかるしぶきの写真でした。

 

この滝の真正面をJR久大線の鉄道が走っているのですが、この前に来ると徐行していました。

列車の中からもおそらくきれい見えるのだと思います。

 

なかなかの見ごたえのある慈恩の滝でした。

 

 

 

 

どくしゃになってね…

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

標高1280mの龍神村から山をおり、まず立ち寄ったのは

道の駅青洲の里 です。

 

 

 

 

 

 

実はここ、今年(2016年)3月末に道の駅としてオープンしたのですが、私が訪問したのはその1か月前で、正式な看板も登録証も、道の駅スタンプさえ無かったのです。

 

ですからちゃんと道の駅になったのか、再度確かめに来た、という次第です。

 

 

 

 

駐車場へのこのゲートは前回のままでしたが、その横に立派な道の駅標識が作られています。

駐車場の脇には、前回無かった電気自動車の充電ステーションもできていました。

 

 

 

 

そういえば、今回訪問した道の駅はほとんど例外なく充電設備がありましたね。

まだまだ利用者自体は少ないですが、これからの重要なインフラになると思います。

 

 

 

 

ここは、江戸時代の外科医 “華岡青洲” の生誕地であり、それに関連する史跡や資料室などもあります。

前回の記事でその内容は詳しく触れているので、今回は割愛します。

 

2016年2月の記事 → 紀伊半島の旅:道の駅になるのはいつ?“青洲の里”

 

 

 

 

 

建物も以前ご紹介した通りですが、看板に 「道の駅」 の文字が書き加えられています。

前回の看板と比べてみましょう。

 

 

(2016/2/6撮影)

 

以前の看板には道の駅の言葉はありませんね!(^_^)

では、店内に入ってみます。

 

 

 

 

 

道の駅の登録証も掲示されていたし、以前は無かった情報コーナーが新たに作られていました。

そしてもちろん道の駅スタンプも!

 

 

 

スタンプのモデルはやっぱり華岡青洲でしたね。

 

 

とりあえずリベンジできたところで、次はここからわずか4kmの

道の駅紀の川万葉の里 に向かいました。

 

 

 

 

 

地図からもすぐ近くであることがわかりますね。

ここで時間調整をして昼食も済ませます。

 

 

 

 

 

この道の駅は、私が近畿地方を回り始めた最初の頃、2010/1/22に訪問しています。

 

その時の記事 → 和歌山の旅:くつろぎの公園!“紀の川万葉の里”

 

ですから、これも詳しいことは割愛します。(;^_^A

道の駅裏手を “紀の川” が流れており、とってもロケーションの良い場所です。

 

 

 

 

河川敷に “日向ぼっこ広場” が作られて、ジョギングや子供たちの遊び場に最適です。

 

 

 

 

昼食はこの道の駅の食堂です。

私はラーメン、嫁はお腹がすかないとかでコーヒーだけで済ませていました。

 

ここから大阪泉大津のフェリーターミナルまでは1時間20分程です。

17時30分発の阪九フェリーで帰途につきました。

 

 

 

 

今回訪問した道の駅は19カ所で、その内15カ所が新規の道の駅です。

4日間の走行距離は、1452kmでした。

 

“近畿方面の旅” シリーズを最後まで見て頂き、有難うございました。

次は、今月下旬から北海道に出かけます。

 

 

google mapによる自動登録

 

 

どくしゃになってね…

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。