全国の“道の駅”完全制覇の夢!

全国の道の駅巡りをしています。
2006年12月に旅をスタートし、7年半を費やして一応全国制覇を達成しました。

でも、その後に新しい道の駅が次々に誕生し、全国1030カ所に達しています。
私が走破したのはその内の975カ所ですから、まだまだ旅は続きます。

●現在の訪問駅数1057か所 全国消化率 95.5% (分母 1107駅)

【全国道の駅塗りつぶし同好会】
における私の塗りつぶしMAPはこの通りです。クリックすると地図が大きくなります。

大きい地図が開きます!   私のホームページが開きます!


■ 全国のお薦め道の駅 ■
私のお気に入りの道の駅を地域別の一覧にしました。


●お薦め道の駅 [北海道]  ※北海道 全駅制覇!(2009年9月)
●お薦め道の駅 [東北]   ※東北 全駅制覇!(2012年9月)
●お薦め道の駅 [関東]   ※関東 全駅制覇!(2014年5月)
●お薦め道の駅 [北陸]   ※北陸 全駅制覇!(2013年7月)
●お薦め道の駅 [中部]   ※中部 全駅制覇!(2013年5月)
●お薦め道の駅 [近畿]   ※近畿 全駅制覇!(2011年4月)
●お薦め道の駅 [中国]   ※中国 全駅制覇!(2009年6月)
●お薦め道の駅 [四国]   ※四国 全駅制覇!(2009年12月)
●お薦め道の駅 [九州]   ※九州・沖縄 全駅制覇!(2008年5月)


テーマ:
湯布院の町を出て最初に立ち寄ったのは
道の駅ゆふいん です。
 
 
 
 
 
ここは既に何度も来ていますが、道の駅から見上げる由布岳は相変わらず見事です。
由布岳はその姿から、“豊後富士” と呼ばれています。
 
道の駅で軽く腹ごしらえをして出発です。
国道210号の “水分峠” から “やまなみハイウエイ” に進路をとります。
 
やまなみハイウエイ はここ水分峠と阿蘇一の宮の区間をいいますが、由布岳、九重連山、阿蘇の山々を望み、広大な草原のなかを走る絶景の連続で、“日本百名道” の一つにも認定されています。
 
いつもだと観光客で混雑するドライブコースですが、冬場の平日であるこの日は意外に空いていました。
 
 
※九重観光協会のHPより地図画像借用
 
高原の中をひた走る快適なドライブを経て、長者原の タデ原湿原 にやってきました。
ここは九重連山の北側に位置する湿地帯で、2005年11月にラムサール条約に登録されています。
 
湿地帯の中に木道が整備されており、大自然のなかを自由に散策することができます。
 
 
 
 
 
ここには多種多様な植物や動物、昆虫などが生息するのですが、さすがに冬場は草木が枯れてしまっています。
その風景もまた風情があるものです。
 
 
 
 
 
 
山頂付近に雪をかぶった山は “三俣山(1745m)” といいます。
どこから見ても3つの峰が見えることからこの名がついていますが、実際には、本峰、南峰、北峰、西峰の4つの峰から構成されています。
 
 
 
 
白い煙が見えているこの山は “硫黄山” です。
 
ところで、この付近の山々には “九重山”“久住山” という2つの漢字がありますね。
通常この山域一帯を “九重連山(くじゅうれんざん)” といい、この連山の主峰である単独の山を “久住山(くじゅうさん:1787m)” とよびます。
久住山は “日本百名山” のひとつです。
 
ちなみに行政区域としては九重連山の北側であるこの付近は “九重町(ここのえまち:玖珠郡)” であり、南側は “久住町(くじゅうまち:竹田市)” です。
 
 
 
 
 
タデ原湿原を出て次にやってきたのは、 牧ノ戸峠 です。
 
九重連山への登山口としては、先ほどタデ原湿原のあった “長者原(ちょうじゃばる)” と、ここ “牧ノ戸峠(まきのととうげ)” が主な場所になります。
休日だとここには登山装備をした皆さんが大勢おられるのですが、この日はちらほらといった感じです。
 
通常、冬場のこの付近はチェーン規制になることが多く、今回もその規制が解除になったのを確かめてからやってきました。
実は本格的な雪山や霧氷などを期待していたので、この日は山に雪が少なくちょっとがっかりでした。
 
旅館に入る時間までもう少し余裕があったので、次に向かったのは “九重夢大吊橋” です。
 
 
 
 
 
 
2006年10月にオープンしたこの 九重“夢”大吊橋 は、長さ390m、高さ173m、幅1.5mあり、歩道専用として 『日本一の高さ』 を誇ります。
 
実はつい最近まで 『長さ』でも日本一だったのですが、2015年12月に静岡県に “三島スカイウォーク” という400mの吊り橋ができて、一位の座を奪われてしまいました。
 
筑後川の源流域を流れる鳴子川渓谷の上に架かる九重“夢”大吊橋は、その高さと眺望ではどこにも負けていません。
 
 
 
 
 
橋の手前にお店などがあり、この日も大勢の観光客がいますが、やはり中国語、韓国語が多いです。
 
さて、夕方になったので、いよいよ今夜の宿泊先に向かいます。
 
 
 
 
九重町には10以上の温泉地が点在します。
その中で今回は、湯坪温泉 を選びました。
 
湯坪温泉には主なものだけで13か所ほどの宿泊施設がありますが、“民宿” が多く “湯坪民宿村” とも呼ばれています。
その中でこの日泊まるのは、“旅荘 ゆつぼ亭” です。
 
 
 
1500坪もの敷地内にいくつもの離れがあり、温泉も露天風呂、岩風呂など5つの貸切風呂が自由に使えます。
部屋は二間続きの和室でゆったりでき、食事にも十分満足しました。
 
今回 “九重町復興プレミアム旅行券” のおかげでほぼ半額で泊まったわけですが、この地域は1泊2食で1万円前後と比較的リーズナブルなので、いずれまた来てみたいと思います。
 
 
どくしゃになってね…
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週の火曜、水曜(1/31~2/1)で大分県の湯布院や九重を回ってきました。
 
 
 
 
これは湯布院から見上げた “由布岳(1584m)” です。
頂上付近は雪が残っています。
 
そもそも何故この1泊2日の旅行を思い立ったか、というと、大分県九重町(ここのえまち)で、“九重町復興プレミアム旅行券” の抽選販売があったからです。
 
これは例えば2万円の旅行券を1万円で購入でき、それが九重町の宿泊施設や買い物に使えるのです。
抽選倍率が2倍ほどあり、昨年11月にあった抽選では見事に外れてしまったのですが、当選しても受け取らなかった分の再抽選が12月末にあって、幸運にも?当たってしまったのです。
 
冬の九重町は場所によっては道路が凍結します。
毎日情報を見て、チェーン規制が消えたのを見計らってこの日に決めたという次第です。
 
 
 
 
最初は九重町のお隣である “湯布院” にやってきました。
湯布院と言えば全国区で有名な温泉地なので皆さんご存知とは思いますが、念の為に地図を載せておきます。
 
 
 
 
道の駅でいうと、“道の駅ゆふいん” というのが大分自動車道を下りたすぐのところにあります。
 
事前に調べておいた駐車場に車を停め、町を歩いてみました。
湯布院は温泉地であるだけでなく、その町並みが魅力で多くの観光客を集めます。
 
この日は平日なので、ゆっくり見て回れるだろうな、と思っていた予想は見事に裏切られました。
 
 
 
 
 
 
写真だけではあんまりわからないかと思いますが、福岡でいうと “天神” 並みの人混み!(笑)
 
その理由はすぐにわかりました。
日本語が聞こえない!(笑)
 
早口の中国語と韓国語と、なにやら聞き取れない言語!が飛び交っています。
この週は中国の旧正月ですから、ここ九州にもわんさか観光に来てるってことですね!
 
 
 
 
 
ずらりと並んだ観光バスから、どっと大勢の人が下りてきます。
そしてよくわからないのが、でっかい旅行バックをガラガラと引っ張って観光している人たち!
 
この光景は他の観光地でもよく見かけるのだけど、観光バスならバックはバスに置いているだろうし、列車や路線バスで旅行しているのだろうか?
 
 
私が湯布院にやってきたのは何年振りか覚えていませんが、初めて見るようなお店がたくさんあったので、まずはそれを紹介しましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
レトロな店構えが多いのですが、猫カフェなんかもあって、びっくりしました。
一番下の写真は人力車の乗場ですね。
 
そして湯布院の人気スポットとしては、“金鱗湖” が有名です。
金鱗湖の写真を何枚かご紹介しましょう。
 
 
 
 
 
 
 
ごくたまに日本語が聞こえると、思わず振り返ってしまいます。(笑)
 
ということは、もし海外の方が来られなかったら平日は閑散としているかもしれないので、地元の方にとってはありがたいことですよね!
だから看板や商品の案内もたいてい中国語と韓国語が併記されています。
 
 
2時間ほど湯布院で過ごして、次はやまなみハイウエイを通って九重方面に行きます。
次回はその紹介です。
 
 
どくしゃになってね…
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長崎県の南端 “野母崎” で開催されている

のもざき水仙まつり に行ってきました。

 

 

 

 

“野母崎(のもざき)” は、長崎県の最南端にある長崎半島の先端にあります。

地図を水仙まつりポスターからお借りしましょう。

 

 

 

 

 

ここに “野母崎総合運動公園” という長崎市の施設があり、この中の “水仙の里” で毎年開催され、2017年はこのポスターにある様に 「1/18(日)~29(日)」が期間です。

 

私は以前、カレンダーの風景写真でこの場所を知り、そして数日前の新聞に水仙まつりが開催されている記事があったので、昨日(1/15)の日曜日に行ってみたものです。

 

長崎自動車道の終点 長崎ICで下りると、30~35分ほどで会場に到着します。

この水仙の里には50台分ほどの駐車場があるのですが、まつり開催期間はこの駐車場はバス専用となり、その真裏にある広大なグラウンドが臨時駐車場になります。

 

この日は日曜日とあってほとんど途切れなく車が入っていましたが、待ち時間もなく駐車することができました。

 

 

 

 

 

駐車場付近には、いくつもの露店がでており、海産物などの食料品販売や簡単な食事もできます。

臨時駐車場となったグラウンドから見上げた小高い丘に、1000万本もの水仙が咲いていました。

 

 

 

 

臨時駐車場のちょっと先の道路際に入り口の階段があります。

大勢のお客さんに交じって、私たちもこの階段を上ってみました。

 

 

 

 

 

水仙は山肌一面に咲いていますが、多少植える時期をずらせているのでしょうか、ぎっしりのところとまばらなところがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

頂上は広場になっていて、眼下には美しい景色が見渡せます。

 

 

 

 

 

 

 

沖合にはいくつかの島影が見えます。

この最後の写真の沖合にある3つの島は、左から 「端島」 「中ノ島」 「高島」 といいます。

 

一番左の 「端島」 は皆さんご存知のはずですからズームアップしてみましょう。

 

 

 

 

 

もうお分かりですね!

世界文化遺産である、通称 “軍艦島” です。

 

「端島(はしま)」 はかつて沖合の小さな岩礁に過ぎなかったのですが、そこで石炭が発見されたため周囲を埋め立て、当時は珍しかった高層住宅を次々に建設して、最盛期は5300名もの住民が暮らしました。

これは東京都区部の9倍もの人口密度だったといいます。

 

端島は南北約480m、東西約160m、周囲が約1200mで周囲を護岸が囲み、高層住宅などが立ち並ぶ外観が軍艦「土佐」に似ていたことから “軍艦島” と呼ばれるようになりました。

 

軍艦島は長崎半島から西に4.5kmの距離にあり、ここ野母崎の港からもチャーターによる  “軍艦島ツアー” がでており、わずか15分で島に到着します。

 

 

 

 

 

 

水仙と軍艦島のコラボレーションです!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

この野母崎には何年か前にも来たことがありますが、その時は土産品を売る売店の隣に簡単な軍艦島の資料室がありました。

これが昨年7月に、“軍艦島資料館” として独立した立派な建物に生まれ変わっていました。

 

 

 

 

折角なので私たちも見学しました。

 

内部の撮影は禁止なので写真はありませんが、パネルで軍艦島の歴史などが分かり易く説明されており、当時使っていた家財なども展示されています。

 

大型ディスプレイで4K映像が流れており、当時の写真と今の姿を比べたものなどもあります。

昭和の時代にタイムスリップしたような懐かしさを感じました。

 

 

近くには温泉施設、宿泊施設、そして海鮮料理を味わえる食事処などもありますから、水仙まつりの期間中に、機会があれば行ってみられることをお勧めします。

 

 

どくしゃになってね…

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

翌日はかねて予定していた

唐戸市場 に立ち寄りました。

 

 

 

 

 

宿泊した源平荘からは、10分もかからない距離です。

 

以前山口を回った帰りに一度だけ立ち寄ったことがありますが、夕方だったのでとっくに閉ってました。

営業時間が朝5時からと早い代わりに、15時には閉店するのです。

 

上の地図に、“唐戸市場”“カモンワーフ” というのがあります。

この2か所を今回は紹介したいと思います。

 

 

 

 

実はこの日、カメラに何らかのトラブルがあり、朝から電源が全く入らなかったのです。

 

多少値の張るカメラで、買ってからまだ2年もたたないのでこれはショックでした。

アマゾンの通販で買っているので、メーカーのCANONに直接持ち込むしかないな、とがっくりしていたのですが、自宅に戻って再度充電したら治りました。(;^_^A

 

でも出発前日にフル充電していたし、普段4~5日の旅行でも十分もつのでなぜバッテリーが空になったかは謎のままです。

 

そんなわけでこの日の写真はスマホで撮ったもので、枚数自体もあんまりないのでご容赦下さい。

 

 

 

 

唐戸市場は “関門の台所” といわれ、フグの水揚げが一番有名ですが、タイやハマチの市場としても知られています。

市場の中には農産物の直売所もあり、下関市民にとっての総合食料品センターであるばかりでなく、近年は外国人を含めた観光客にも人気です。

 

朝の5時から開きますが、7時頃までの早朝はプロの料理人や業者の方が多く、9時以降だと一般客で混雑するのだそうです。

 

 

 

 

これが 唐戸市場ガイドブック に載っている市場内の配置です。

 

配置図の上側 “食料品センター” は屋内ですが、それ以外はオープンな市場内にたくさんの仲卸業者のお店が並んでおり、とにかく活気があります。

 

 

(パンフレットより参考写真)

 

中の写真を撮ってないので、パンフレットからお借りしました。

同じようなお店がたくさん並んでいるのでどこで買うか迷います。

 

私たちのお目当てのフグ刺しも、いくつもの店の店頭に並んでいます。

トラフグと真ふぐでは倍近い値段の差があることも知りました。

 

私たちは小さめのトラフグの刺身と、同じく昆布締めの真ふぐの刺身の二つを買いました。

結局二日連続でフグ刺しを味わう贅沢をしてしまいました。(^~^)

 

それ以外の加工食品も普段買うスーパーよりずっと安いので、いっぱい買い込みました。

 

唐戸市場では、毎週末と祝日に 「活きいき馬関街(ばかんがい)」 が開催され、旬の魚が安く買える他、多数の海鮮屋台が出店しますが、残念ながらこの日は月曜日でした。

 

 

 

 

唐戸市場のすぐ裏手の海には、たぶん養殖だと思いますが、たくさん生簀が並んでいます。

そしてここからの景色はご覧の通りです。

 

 

 

 

一番左に大きな観覧車が見えますが、ここは “はい!からっと横丁” といい、平成25年(2013年)にオープンしたアミューズメントパークです。

 

そのすぐ右手の大きな建物が “市立しものせき水族館 『海響館』” です。

ここには世界でも数体しかないシロナガスクジラの全身骨格標本(実物)や、日本最大級のペンギン展示施設 「ペンギン村」 などがあります。

 

そしてこの写真の一番右手のある大きな建物が、これから行く “カモンワーフ” です。

 

 

 

 

唐戸市場の前身は大正13年に発足しましたが、老朽化などにより2001年(平成13年)に現在の場所に新築移転しました。

 

その、旧唐戸市場の跡地にできたのが、“カモンワーフ” です。

 

 

 

ここは3階建てで、海産物などの物産店が12店舗、飲食のレストラン等が18店舗入っています。

 

さすがに海鮮関係のレストランではフグ料理が目玉です。

今回私はフグ料理を味わうのに宿に泊まりましたが、日帰りならこれらの店舗がお勧めです。

 

唐戸市場の駐車場は1時間無料で、それを越えても比較的安いですから、ここでフグ料理を味わい、唐戸市場で買い物をするのも良いかな、と思います。

 

 

 

 

 

カモンワーフの裏手にある “ウッドステージ” には、こんな愛嬌のあるフグがいました。(笑)

今回の旅、わずか1日半でしたが、十分満足しました。

 

 

さて、今年の投稿はこれが最後です。

今年1年、皆様には私の旅にお付き合いいただき、大変感謝申し上げます。

 

来年も引き続きよろしくお願い致します。

皆さま、良いお年をお迎えください。

 

 

どくしゃになってね…

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今夜宿泊する

関門の宿「源平荘」 へは10分程で到着しました。

 

 

 

 

 

下関の旅館を、『下関 フグ料理 宿』 のキーワードで探すと、だいたい相場としては一人2万円前後が多いようで、料理の内容次第ではもっと高くなります。

 

そんな中、“消費税込みで一人 12,929円” というのが目につきました。

それがこの “関門の宿 源平荘” で、平日限定(日曜も含む)の “ふくふぐプラン” というものです。

 

他に比べてかなり安いので逆に気になったのですが、意外と皆さんの評価が高く (5点満点の4.13:楽天トラベル)、クチコミのコメントも好意的な内容が多いのです。

 

更に、決め手になったのは次の言葉です。

『宿泊者限定:ロビーでビール飲み放題!ソフトクリーム食べ放題!』 (笑)

 

そんなわけで、この旅館に決めたという次第です。

 

 

 

 

ここは “関門橋” のほぼ真横にあり、“火の山公園展望台” に上るロープウェイ乗場のそばにあります。

ただ、このロープウェイは3月から11月までの季節運行ですから、12月の今は休業中です。

 

 

 

 

館内はご覧のような3階建てですが、リニューアルされているのでしょうか、中はとても綺麗です。

洋室と和室があり、私たちは3階の洋室を選びました。

 

3階はすべての部屋の窓から関門橋が望めます。

 

 

 

 

関門橋の全体が見えるかと思っていたのでちょっとがっかりしましたが、それでも橋を行き交う車がすぐ間近に見えます。

 

大浴場は光明石温泉で、夜24時までと朝6時から入れます。

 

そして食事は1階のレストラン “関彩” で、堀こたつ式の半個室です。

ランチタイムメニューもあり、食事だけで来ることもできます。

 

 

 

 

最初に出てきたのは勿論 “ふぐ刺し” です。

 

このコースではトラフグが14枚、真ふぐのたたきが6枚、それにふぐ皮湯引き、ふぐにこごり、ふぐ寿司などが大皿に盛ってあります。

ふぐにこごりというのは初めて食べたけど、これは特に旨かった!

 

全部の写真は撮っていませんが、この他にフグシューマイ、フグちり鍋、フグの唐揚げ、フグ釜飯、それに赤だし、漬物、デザートなどが出ます。

 

 

 

 

 

そしてフグ料理にはもちろん、“ひれ酒” ですね。

これは別料金で1080円ですが、香ばしさがあってとっても美味しかったです。

 

実は通常料金(税込み最低18,000円) の場合は、トラフグが30枚となり、サザエのつぼ焼きなどほかの料理も追加されます。

 

予約の時にだいぶ迷ったのですが、その差額で唐戸市場でフグを買って帰った方が良いね、という結論になったのです。

この判断は正しかったようで、私たちにはこの量で充分でした。

 

 

食事に十分満足し、そのあとはロビーでビールの飲み放題です!(笑)

 

ロビーにはビールサーバーと、ソフトクリームの機械が置いてあり、自由に使うことができ、テーブルと椅子もいくつか備え付けてあります。

売店に簡単なつまみを売っていますが、私たちは道の駅で買って準備していたので持込です。(^_^)

 

でも食事を済ませた後なんで、あんまり飲めなかったな~ σ(^_^;) 

 

 

 

 

これは翌日の朝食で、昨日と同じレストランでいただきます。

 

この宿、従業員の方たちの対応もとっても親切だし、クチコミの評価が高かったのもうなずけます。

また来てもいいね、と思いました。

 

このあと、唐戸市場に立ち寄ったので、次回ちょっとだけ紹介して最終回とします。

 

 

※関門の宿「源平荘」HP → http://www.genpei-sou.com/

 

 

どくしゃになってね…

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。