いやー驚きました。
ブログをサボっているのは判っていたけど
一寸覗いてみたら一年間更新なし
これじゃーブログでなくてサボル、駄目ですね
別に死んでいたわけでなく、ちゃんと頑張っています

朝起きて直ぐにローヤルフレッシュをスプーンに軽く一匙
昼間もそれなりに忙しく、夜はワインを美味しく戴き
75の年齢も忘れていました

実は2月、こちらの春節の時期に中国事務所の引越し

それも今回ワインのショールーム酒亭を充実
オープニングパーティー、品酒会、晩会の開催

24階に引越し
24階からの眺めは昆明の開発を一望

オープニングパーティー

世代を超えた朋友
美女に囲まれ

便りがないのは元気な証拠ですが
これから時々投稿を心がけますので覗いてやって下さい

一日一回 ポン! と一押しお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


有難うございました。非常感謝! 未設定
AD
成都糖酒会の折、我々のブースにアテンドしたヨーロッパワイナリー代表4人とは
夜のパーティーや食事の後もホテルのオープンバーで時間を過ごした

フランスの著名な「シャトーポメロール」の若き販売責任者ピエールは大の日本贔屓
大事な市場でもあり東京、大阪、京都は勿論、北海道、信州、九州などの田舎も
たびたび訪れている知日家でもある
彼の経験した日本での親切を彼は次から次に喜々として話していた

ところがその話は同じフランスの南部ミネルバ地区ワインの女性販売員により遮られた
彼女の名はセリーヌ、中国北京に留学し上海にも2年住んだ大の中国びいき
彼女は東京と大阪しか知らないが、若い女性が日本をビジネス訪問する難しさを話す
若いヨーロッパ女性が日本人と取引するのに他の国では味あわない違和感を感じると言う

それと夜の都会で日本人が彼女を見る目、態度に何度も不愉快な思いをさせられたと言う
確かに日本人は規律正しいが、仕事から解放され居酒屋や酒場でお酒の入った男性が
白人女性に向ける好奇な目線、夜の女性に対する許し難い態度や行動に何度も接した

彼女は14歳の頃にフランスで中国人若者と仲良くなり、16歳から北京に留学した
まだ27歳の若さながら、中国人女性、男性の友人も多くこの国では白人女性ゆえの
特別な目線は全く感じないと言った
確かに彼女の中国好きは人並み以上では有るだろうが
彼女の日本観、女性の目から見た日本、味わった不愉快な思いは想像することができる

彼女は日本地区販売は他のセールスマンに替わって貰ったと言うが
日本は島国、本当の意味の国際化、他国民と付き合いに不慣れと言える
オリンピックの舞台、環境ではこのような男性のぶしつけな態度は無いだろうが
「おもてなし」の嬉しい話の後「うらばなし」を聞いていささか恥ずかしさを覚えた

もう一つ彼女がレストランで食事した後、急に雨が降り出していた
レストランの入り口には沢山の雨傘が置いてあり、日本は何て親切なんだと思って
気に入りの傘を選んで外へ出た
後になって彼女がその話を友人にして初めて自分の勘違いを知らされたそうだ
財布を落としても出てくる国、この国に居ると絶対出ない!落としたのが悪い!のだ

この前カルフールで少し高級なお皿を6枚買った
帰ってから見てみると1枚は淵が欠けていた
これも調べなかった自分のミス、他人の責任には出来ないのだ


一日一回 ポン! と一押しお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


有難うございました。非常感謝! 未設定


AD
中国最大の食品とお酒の展示会が3月28日から31日まで成都で開催されました
1955年から開催されその後年2回の開催で今回は60年で90回目となった
中国でも歴史最長、最大の展示会で”天下第一会”と称されるそうだ
毎年春は成都の開催で秋は他の都市、今年の秋は重慶で開催される

出展企業は3000社、専門バイヤーが15万人訪問し初日は10万人近い人混みに度肝を抜かされ
タクシーを降りて会場に入るまで15分要した


巨大な展示場が9ホール、中でも1-3号館はワイン中心
3日間の滞在では一部のホールの一部の展示場しか回れなかった


ここでも韓国は大きな政府館を出展、焼酎やマッカリなどが並んでいた
残念ながら日本の出展は見当たらなかった
秋の広州、貴州貴陽の銘酒展ではウイスキーの出展は殆んど無いが
この成都の糖酒会では世界各地の製品が並び、試飲とサンプル?購入も果たせた


私が雲南代理を務める集軒酒業(Joy Wine)も40㎡の出展
フランス、ポルトガル、イタリーのワイナリー代表4人もアテンドした


会場隣接の歴史あるマンション群(天鵞湖花園)


住居地内に入ると小鳥の囀る公園並みの環境
一軒は最低260平米以上で居住部分は2層建て
二層分の高天井の広々としたバルコニーが付いている
成都事務所はここの10階に有り、バルコニーでは
バーベキューを愉しむワインパーティーが開催できる
最近のマンションと違いこの環境この建物ならバブルも怖く無さそう


何時もながら出張では昼間から飲み放題(ワインテイストです)
夜もイベントパーティで、その後もワイナリー達とホテルのバー
昆明へ戻って一寸控えめにと思っても、、、、
きょうも遅くなったので寝る前にワインを開けましょう!っと
お休みなさい!

一日一回 ポン! と一押しお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

有難うございました。非常感謝! 未設定
AD

葛西選手有難う!

テーマ:
1月21日帰国、4週間の滞在で明日中国へ戻る
滞在中、九州の高校、在京同窓生との集まり
地元のスイミングクラブ仲間との集まりと
毎度の事ながら、元気な友人たちとの食事会が愉しかった

何時の頃からか話題は健康生活が中心となった
それでも、いつも集まれる人たちはお酒も愉しむ至って健康な仲間達
次第に疎遠になり、久しく顔を見せない友人たちの近況が気がかりとなる

74歳ともなれば完全な老人世代だが、仲間と集えばそんな実感は湧かない
一緒に過ごした青春の日々、そして今まだ向上を目指すスイミング
若い頃に感じた74歳に、いざ我が身が到達するとまだ老いの実感はさほどでも無い

葛西選手は41歳、7回目のオリンピックで始めての個人メダルの栄誉
次の45歳で金メダルへの挑戦権が残ったと新たな意欲がにじむ

再生細胞、永遠の生命など夢見るつもりはない
唯、生きてる限り、健康で生活を楽しめる体でありたい
「身も心も健やかに」久しく付き合える仲間達
そして新しい土地で、新しい仲間、新しい若い世代との交友

明日は又中国へと旅立つ、いつかは衰え狭まるこの世の生活であっても
今はより良き、より愉しい、健やかな明日を夢見て頑張るのみ

一日一回 ポン! と一押しお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

未設定

シャングリラ古城の大火

テーマ:
チベット族居住 1300年の古都焼失 中国シャングリラ県
(新聞転載)


 中国南部の雲南省香格里拉(シャングリラ)県の旧市街で十一日午前一時半(日本時間同二時半)ごろ火災が発生、約二百五十棟の歴史的な建築物が焼失し、壊滅的な被害を受けた。新華社電によると、出火原因は調査中で、死傷者の報告はないという。約二千六百人の住民が避難している。
 旧市街は約千三百年の歴史があるチベット族の居住区で、木造の建築物が密集。旧市街の石畳の道は狭くて消火活動に手間取り、乾燥した気候と強風も重なって延焼を防げなかった。チベット仏教の文化芸術品や寺院なども焼失した。
 シャングリラ(旧名・中甸)は、世界遺産で有名な雲南省麗江から続く「茶馬古道」の雲南・チベットルートの拠点で、雲南省から茶葉や塩をチベットに運び、チベットからは馬や羊、毛皮を輸入する交易市場として栄えた。
 英国人の小説「失われた地平線」に描かれたユートピア(桃源郷)のモデルとされ、二〇〇一年に改称。中国国内だけでなく、日本や欧米からの観光客も多い。


上記写真は古城の入り口で石畳の道路も改装済み
一年半前の7月に九州の高校同窓生たちが来た時案内してくれた現地友人
松茸料理をたらふくご馳走になったが
中心部で立ち寄った友人の銀細工の店も全滅したと言う

ここから内部は車も入らない石畳の細道
火災のほかに数十戸の建築物が延焼を防ぐため破壊された
狭い旧市街で10時間も燃え続けたと言うから殆んど全滅だろう

友人たちの住まいは新市街のマンションだが
夜中の大火災なのに死傷者の報告が無いのが不思議でもある

麗江もそうだがこの地域は殆んどが木造住宅
地震には比較的強くても火災では手が付けられなかった様だ
現地で被災された方にはお見舞いの言葉しかない

一日一回 ポン! と一押しお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

今日から74爺 a href="http://stat.ameba.jp/user_images/20131215/18/royalfresh/2d/4a/j/o0053006012781562291.jpg">