女子プロレス専門誌
「LADYS RING」公式サイト
女子プロレス専門誌「レディースリング」

オフィシャルFACEBOOK
Ringstars

リングスターズ
オフィシャルサイト
リングスターズオフィシャルサイト
「リングスターズ」発売中!
RingStars Vol.14 リングスターズVol.14
RingStars Vol.12 リングスターズVol.12
RingStars Vol.11 リングスターズVol.11
「LADYS RING」発売中!
LADYS RING Vol.7 LADYS RING








Yozawa-tsubasa.net

Yozawa-tsubasa.net

2011-10-02 23:59:59

【結果】SHIMMER10・2シカゴ夜

テーマ:★海外

『SHIMMER44』
◆10月2日(日)アメリカ・イリノイ州バーウインクラブ
 
▼30分1本勝負
 カラミティ(5分23秒/バックフリップ→エビ固め)中川ともか

 
 最終戦でもまたブーイングを浴びまくりの中川。まったく意に介さない様子で、コーナーへと上がって水吹きパフォーマンスを披露する。アームホイップを連発されると、中川は「ちょっと待って」のポーズ。相手が攻撃の手を緩めると逆にアームホイップを連発してお返しを見せる。ナックルで応戦されたが顔面かきむしりでやり返し、足を踏むだけの態勢でフォールを取るなど、人を食った態度に出る。客席からは「カラミティ」コールが起きると「ホワイ?」とアピール。コーナーに追い込まれストンピング攻撃、さらにタックルからネックブリーカードロップと攻められる。中川はエビ固めで切り返し、逆片エビで絞り上げる。走って次の技を狙ったがスパインボムでたたきつけられ、バックフリップを決められて3カウントを聞いた。中川は中川らしく、ヒールとしての存在感を存分に発揮して今ツアーは終了。今やSHIMMERのショーには欠かせないキーパーソンとなっている。
 
女子プロレス専門誌『RINGSTARS』 女子プロレス専門誌『RINGSTARS』
 

▼30分1本勝負
 セリーナ(10分46秒/スピアー→片エビ固め)桜花由美
 
 入場時のロープ越えではつまづいてしまった桜花。愛嬌のある笑みを見せると、観客もにっこり。桜花のキャラクターは広くアメリカのファンに愛されたようだ。序盤のグラウンドの展開では「レッツゴー、ユミ―」「レッツゴー、セリーナ」コールがこだまする。セリーナに腕を狙われると、桜花はすぐにエルボーを入れて阻止しようとするも、アームホイップの3連発を受ける。逆に腕を狙いに行くがロープに逃げられてしまった。桜花はコーナーへホイップして串刺しキック。さらには助走つきの顔面キックと得意技フルコース。しかし、逆さ押さえ込みで流れを変えられる。両者スタンディングの状態になると互いにパンチ攻撃を連打。ここでふらついた桜花だったが、スピアーをすかして自爆させる。勢い余ってセカンドロープに飛び乗ったセリーナに突き上げ式の顔面蹴り。さらにさくらドロップ☆スーパーを見せるがカウント2。続けてブレーンバスターを狙ったが、上空で体を切り返され、反対にラリアットの連打を食らってしまった。スピアーを顔面キックで跳ね返しブレーンバスター。助走つきの顔面キックを狙ったが、これをすかされるととうとうスピア―の餌食となり、逆転フォールを許した。
 
 敗れたものの桜花への声援は大きく、一度の遠征ですっかりファンに受け入れられたことは事実。桜花も「ほんとにアメリカで試合できてよかったです! 試合を通じて、気持ちを伝えることで、アメリカのファンの方たちと意志の疎通ができたと思います。プロレスって万国共通だなって。今度はもっとしゃべれるようになって、アメリカのファンの方たちと英語で会話のキャッチボールもしたいな」と早くも次の展望をにらんでいた。
 
女子プロレス専門誌『RINGSTARS』 女子プロレス専門誌『RINGSTARS』

 

▼30分1本勝負
 松本浩代(10分13秒/バックドロップ→片エビ固め)ジェシー・マッケイ
 
 ほかの3試合同様、日本国旗を掲げての入場を果たした松本。この試合が最後とあって、リングインすると大きく旗を振り広げた。相手はSHIMMERの常連選手ジェシー・マッケイ。まずはタックルを連発して破壊ぶりを示せば、続けざまにボディーへニーを落としていく。さらにコーナーへ背を向けて座らせると爪でジェシーの背中を引っ掻くというデストロイぶり。その破壊力はますますパワーがみなぎっている。その後、スタンディング式ニーを浴びたものの、すぐさまナックルで反撃。さらには水平チョップからミサイルキックへ移行。トップロープへ上ったところを雪崩式フランケンで反撃されるも、そのあとが続かず。ここで串刺し式のタックルで勢いを止めた松本が豪快なバックドロップ。これであっさりジェシーはマットに沈んだ。観客は「ヒロヨ、デストローイ!」の大コール。しばしの別れを惜しむかのように松本のスタイルをリスペクトした。松本も国旗を振りかざしてアピール。すると、国旗のポール部分がくの字に曲がってしまい、仕方なしにリング上で真っ二つに折って見せた。最後の最後まで破壊への欲求はすさまじい。これにはファンも大歓声だ。
 
女子プロレス専門誌『RINGSTARS』 女子プロレス専門誌『RINGSTARS』

 

▼SHIMMERタッグ選手権試合30分1本勝負
 浜田文子&〇栗原あゆみ(13分56秒/裏投げ→体固め)●ポーシャ・ペレス&ニコルマヒューズ
 
 長くSHIMMERタッグ王座を守り抜いたカナディアン・ニンジャズが最後の挑戦者チームとして立ちはだかった。やる気十分の文子&栗原だが、ニンジャズはそのやる気をそぐかのように、なかなか戦闘モードに入らない。そこで文子から突っかかり、まずはダブルのラリアットでニンジャズからダウンを奪う。栗原もニー攻撃でマヒューズから先制すると、低空ドロップキックでさらなるダメージを負わせる。そして田村欣子譲りのゆりかもめとスムーズな王者側の攻撃が続く。今度は文子がマヒューズをコーナーへホイップ。さらに文子は栗原もホイップしてマヒューズめがけて投げつけるとヒザ攻撃を見せる。代わったニコルには文子がヘッドバットからスピンキック。文子がニコルとマヒューズ二人まとめてコーナーへ振れば、栗原が二人まとめてのランニングニー。しかし、レフェリーが栗原を制止している間にマヒューズは蘇生。マヒューズはコーナーに栗原を逆さ釣り。そしてリング中央に椅子を置いて栗原を当てようとするが、間一髪これをかわすと、逆にマヒューズの顔面を打ち付けていく。ここでニコルがキックでアシストして栗原の動きを止めると、マヒューズがジャーマン。何とかカウント2で返したものの、続けて二コルがイスで一打。このピンチを文子がスピンキックでカットに入ると、ポーシャがダウン。ここはチャンスとばかりに文子は得意のムーンサルトへとつなぐ。ここで栗原がポーシャを射程距離にとらえ、裏投げに取ると、ついにニコルは返すことができず。元王者組から堂々の防衛を果たした。これでタッグ結成以来、負けなしの4連勝だ。
 
 文子は「せっかく巻いたベルトだから日本に持ち帰りたかったし、浜田文子がベルトを巻いたぞってアピールしたかった。栗原あゆみのおかげでベルトを巻いたぞって自慢したいよね」とご満悦。栗原は「このベルトを長期間持っていた2人が相手だったので、この2人に防衛してこそ価値が上がると思っていました。こうして日本に帰ることができて、ファンの方にも大きな声で報告ができると思います」と喜んだ。

 

女子プロレス専門誌『RINGSTARS』 女子プロレス専門誌『RINGSTARS』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

RINGSTARSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。