オフィシャルFACEBOOK
Ringstars

リングスターズ
オフィシャルサイト
リングスターズオフィシャルサイト
「リングスターズ」最新号発売中!
RINGSTARS

電子書籍「リングスターズ」発売中
RINGSTARS








Yozawa-tsubasa.net

Yozawa-tsubasa.net

リングスターズ オフィシャルページ
リングスターズオフィシャルサイト
★ 最新刊からバックナンバー、増刊号、DVDマガジンの全てのデータベース!
★ ショッピングカート連動で欲しい商品がすぐに購入できる!
★ リングスターズと女子プロレス最新情報のブログ&ツィッターをインデックス化で簡単にチェック!



女子プロレス専門誌「RINGSTARS」

女子プロレス専門誌『リングスターズ Vol.20』
 1500円(税込)

 オールカラー64ページ


2014年、春の女子プロレスをプレイバック!
●Sareeeインタビュー
●中島安里紗、25歳。 「結婚してプロレスに専念したい」
●林結愛が中学卒業
●朱里、真琴、日向小陽、小林香萌グラビアほか



女子プロレス専門誌「RINGSTARS」

 電子書籍『リングスターズe-book 第9号』

 電子書籍・1000円(税込)

 ファイル形式=PDF/オールカラー46ページ
 利用環境/
 windows、mac、iPhone/iPad、Android


●2014年、春の女子プロレスをプレイバック! ほか

★商品ページURL
 
http://www.dlmarket.jp/


RINGSTARSメールマガジン

 このブログはメッセージ、コメントはお受けしますが、基本的にお返事はできません。例外もありますが、ご了承ください。コメントは承認制です。誹謗中傷したものはもちろん、公開するのにふさわしくないと判断したものは公開できません。こちらで判断させていただきます。『RINGSTARS』へのご意見は読ませていただきますが、公開する必要がないと判断した場合は公開しませんので、あらかじめご了承ください。よろしくお願いいたします。また、深夜に更新することもあります。読者登録し、メール送信を希望されている方はご注意ください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-08-27 18:06:34

豊田&華名vs倉垣&米山/OZ9・6新宿全カード

テーマ:☆OZアカデミー

『Outlast』
◆9月6日(日)東京・新宿FACE(18:00)


▼紫雷美央最後のOZアカデミー出場・45分1本勝負
 尾崎魔弓&桜花由美&紫雷美央vs加藤園子&ダイナマイト・関西&アジャ・コング
▼30分1本勝負 
 小林香萌vs松本浩代
▼30分1本勝負
 豊田真奈美&華名vs倉垣翼&米山香織
▼30分1本勝負
 志田光vs花月
▼20分1本勝負
 AKINOvs旧姓・広田さくら
※試合順は当日発表。


◇問い合わせ
 OZアカデミー info@oz-a.com


AD
2015-08-27 18:00:07

明日(28日)マーベラスがお台場で特別試合

テーマ:長与千種/MARVELOUS

『お台場夢大陸~ドリームメガナツマツリ~女子プロレス「Marvelous」スペシャル試合』
◆8月28日(金)東京・夢大陸マイナビステージ フジテレビ本社屋(15:30)


◇出演&出場予定選手
 長与千種、ダンプ松本、KAORU、渡辺智子、雫有希、彩羽匠ほか。
※長与千種の歌のコーナー、子どもたちのプロレスリング体験あり。


※観戦無料。録音・録画・撮影は禁止。天候などによりイベントの中断や中止の可能性あり。イベント終了後、2000円以上のマーベラスグッズ購入者を対象に長与千種がサイン会を行なう。

AD
2015-08-27 10:49:03

【結果】シードリング8・26後楽園

テーマ:☆SEAdLINNNG


 スターダムを退団した高橋奈七永が昨年6月に引退した南月たいようとともに立ち上げたSEAdLINNNG(シードリング)の旗揚げ戦は、主要団体のトップ選手が集結し大盛況での船出となった。オープニングでは奈七永と南月がリングに上がりクラウドファンディングで資金を集めて作られた新しいリングマットを紹介。南月は「皆さんのおかげでこんなにステキなリングマットを作ることができました。ありがとうございます! 今日は大事な大事な一歩目を皆さんと一緒に踏み出せることを本当に嬉しく思っております」。奈七永は「高橋奈七永がプロレスのリングに帰ってきました~っ!!(会場からの声援に)…言葉がありません。女子プロレスの闘いの苗、これをどんどんもっともっと増やしていきたいと思ってシードリングを旗揚げしました。今日、この場で見てくださっている皆さんが太陽であり、水であり、育ててくれる栄養剤となります。今日8月26日、この日がまた新たな女子プロレスの起点となると思います。最後まで精いっぱい闘いますので、熱い声援をよろしくお願いします!」とあいさつ。


 第1試合ではともにスターダム出身の瑛凛と彩羽匠がシングル初対決。第2試合は朱里のナルシストキャラに険しい顔を見せた京子だが、15分を闘い抜くと2人で一緒に鏡をのぞき込んで会場を笑わせる。第3試合は南月のプロデュースによるハイスピードの攻防が期待されるタッグマッチ。レフェリーとしてデビューした南月は超高速カウントで、観客はもとより闘っている選手たちをも驚かせた。セミファイナルの6人タッグ戦は松本、中島の誤爆を立て続けに食らったさくらを「ことり」がフォール。堀田と豊田は笑顔で「ことり」の健闘を称える。メインイベントは新しいテーマ曲とコスチュームで臨んだ奈七永が、以前よりも巨大化したアメージング・コングに苦戦しながらも、最後は冷蔵庫爆弾(ダイビング・ボディープレス)で勝利。試合後はタッグを組んだ文子が「対戦しても組んでもおもしろい」と奈七永と向き合うと、中島と松本もリングに上がり奈七永に対戦を要求。アメージング・コングはアジャ・コングを呼び込み、かつて猛威をふるったWコングの復活を宣言した。第2回大会は11・25(水)後楽園ホールで行なわれる。


SEAdLINNNG the First Match
『SEAdLINNNG ~Let's get started!』
◆8月26日(水)東京・後楽園ホール(19:00)
観衆855人


▼15分1本勝負
 彩羽匠(8分4秒/ライガーボム→エビ固め)瑛凛
▼15分1本勝負
 井上京子(時間切れ引き分け)朱里
▼南月たいようプロデュース試合・20分1本勝負
 ○米山香織&MIZUKI(8分19秒/ダイビング千豚♪→片エビ固め)藤本つかさ&●Sareee
▼30分1本勝負
 堀田祐美子&豊田真奈美&○「ことり」(15分24秒/モーニングスター)●さくらえみ&松本浩代&中島安里紗
▼60分1本勝負
 ○高橋奈七永&浜田文子(23分34秒/冷蔵庫爆弾→片エビ固め)里村明衣子&●アメージング・コング


▼リングアナは水原英里さんが担当。故・今井良晴リングアナの愛娘、愛里さんがJK宣伝部長としてグッズをPRした。
























AD
2015-08-27 10:41:26

シードリング8・26後楽園、各選手のコメント(2)

テーマ:☆SEAdLINNNG


★メインイベント後のマイク
 里村「おい高橋奈七永。シードリング? 今日が始まりって私とあなたは今始まったばかりじゃないだろ?(会場に向かって)前から始まってますよね? 今の女子プロにはアンタの熱さが必要なんだよ」
 文子「里村選手、あなたの言う通りです。(奈七永に)今日は組ませて頂いてありがとうございました。でもな、高橋奈七永と浜田文子は対戦しても組んでもおもしろいんじゃない?」
 中島「シードリング熱いですね。私もあなた(奈七永)と闘いたい」
 松本「高橋奈七永! 復帰おめでとう。オマエがどこにいようと、海外にいようと日本にいようと、どこの団体にいようと私は高橋奈七永をずっと追い続けてる! まだ倒してない! おぼえとけよ」
 奈七永「いいねいいね。もう言いたいことあるヤツいないか? 私は闘いに飢えてたんですよ。だからオマエもオマエも…みんなみんな、私はいつでも闘いたいと思ってます。そのためにこのリングを作ったんで、私が主役だとは限らない。そういうギリギリのところもいいと思ってます。そしてアメージング・コング! 久々に日本まで来てくれてありがとう。なんか言うことあるか?」




 (アメージングコングは大笑いしたあと英語でまくし立て、アジャ・コングをリングに呼び込む)


 アジャ「(ひまわりを差し出して)復帰おめでとう…なんて言うと思ったか? 言っとくぞ。今日のアメージング・コングは本物のアメージング・コングじゃないんだよ。里村と組んでる時点で。アメージング・コングと言ったらアジャ・コング。Wコング。シードリング、新しいリング、どんどん闘いの種を蒔いてく? だったらその種…種ごと全部つぶさせてもらうわ。オマエが言ったことだろ? 10年前、全女でWコングにいいようにやられて、最後タッグのベルトウチらが持ったまんまだよな? オマエ1回もWコングに勝ったことねぇんだよな!? だから今回怖くてこのカード組めなかったのかな~? まぁいいさ。いつでも誰の挑戦でも受けるって言ったよな? その言葉、そのままそっくり返してやるわ。Wコングは誰にも負けない。いつでも誰の挑戦でも受けてやる。お楽しみはこれからだ」
 (アジャをはじめほかの選手たちがリングを降りて、リング上は奈七永1人に)
 奈七永「Wコングでアピールをして、そしたら私の周りに誰かいなきゃいけないのに、今ここに1人しかいない! まぁまぁ…いつでもどこでも私は闘いますし、ああやって10年も前の話を持ち出して、このリングに来るほど魅力があったっていうことでいいでしょうか?(会場から歓声)みんなが熱くなってきた! 私ももっともっと熱くなりたい!! そのためにはリングが必要だ! 闘う場所が必要だ! 次の大会、発表します!」


 (スクリーンで11・25後楽園大会を発表)
 奈七永「私は今日、全然納得いってない。まだまだここからだと思っています。高橋奈七永の20年目、まだまだここからです! 私がここに立っていられるのはホントに皆さんのおかげです! 私が一歩踏み出せた、それはホントに私1人の力じゃない。今日リングに集まった選手のみんな、足を運んでくださった皆さん、来られなかったけど声援を送ってくださった皆さん、その皆さんのためにも私はここでもっともっと命を燃やして闘っていきます。その姿をどうかずっと見ていてください。よろしくお願いします!」


 (会場からナナエコール。『やればできるの“d”、レッツ・ゲット“d”』のかけ声で締める)




★高橋奈七永
 「ありがとうございました。今日シードリングLet's get started、さぁ始めようっていう思いでこの大会を開催することを決意しました。その前に会社を作ることを決意したんですけど、いろんなことがあった中でこういった決断になったことに関してはすべてに意味がああると思ってますし、その意味をこれから自分の手で作っていこうと…そういうふうに思ってます。闘いの苗を植えるっていう気持ちでシードリングって名前を付けたんですけど、今日来てくださったお客さんや選手もああやってアピールをし出して、アジャ・コングがまさか来るとは思わなかったし。そうやってみんなを動かすものになっているんだったら、自分も負けずにその先頭を当たり前のように切ってるとは思わずに、これからもっといろんな努力をしていきたいなと思ってます。今日の試合内容とか納得いってるわけではないので、勝てばいいってもんじゃないし、もっとやんなきゃいけなかったと思うんですけど。久々のアメージング・コングはデカかったしパワーがハンパなかったですね。また次があるでしょう。Wコング、10年も前の話を持ち出されるとはホントに思ってなかったんで、10年前、全女でWコングと争ってたときとかあったんですけど、それを覚えてるなんてアジャ・コングすげーなって思いますね。そんぐらい、アジャ・コングだって闘う相手がいないんじゃないんですか? だったら私が相手してやりますよ。今日ベテランの選手も何人か出場してもらってますけど、安住の地はないと思うんで、闘ってる以上。そういう意味も込めて、みんなで闘い始めましょうよって…そういう気持ちです」

 ━━次の大会まで3ヶ月空くが。
 「ホントはもっと短いスパンで定期的な興行をやっていきたいと思ってはいるのですが…1回1回とにかく成功させて、今日が終わることに必死だったんですけど、ここで終わったら燃え尽き症候群になってしまうと思ったのもありますし、みんなが熱くなってるところで“さらに次”っていう場所を用意しなければ意味はないと思ったんで。今度は11月25日に向けて全力で頑張りたいと思ってます」

 ━━9・16ディアナ新宿への参戦が決まっているが、他団体にも出ていく?
 「そこに闘いの苗があるならば。または、自分がそこに苗を植えたい、コイツと試合したい…そう思うものがあればどんどん出ていきたいと思います。この何か月間か高橋奈七永が女子プロレス界にいなかったわけで、こうやってみんながアピールをしてくるってことは、高橋奈七永に飢えていたってことだと思うんで。みんなが求めた闘いの熱さというものをもっともっと打ち出していきたいですね。中島安里紗も松本浩代も、私の目の前に立ったんだからもうやんなきゃダメでしょ。自分がこういう場を作ったことによって、また女子プロレス界動き出せば。今日が起点になればいいなと思っていますんで。今までがダメだったとかではなく新たな起点。ここからまた始まるものがあると思うんで。やるかやられるかの闘いをどんどんしていきたいです」

 ━━相当忙しくなるのでは?
 「もう試合をやってなくてもメッチャ忙しかったんで(苦笑)。でも限界を決めるから限界なだけで、限界なんてないと思うんで。そのハードルをどんどん飛び越えていきたいです。その姿を見てもらって、少しでもお客さんの日常のなんかのパワーになれば自分はすごく嬉しんで、そういういい循環をもっともっと作っていって、女子プロレスの業界自体の熱さを上げたいなって思います」

 ━━新しいコスチュームとテーマ曲について。
 「私20年目になったんですけど、今までの19年をゼロにしてシードリングを始めたいと思ったんで、名前も変えましたし(奈苗→奈七永)いろんなものをリスタートじゃないですけど“あぐらかくなよ高橋奈七永”っていう意味で。どんどん進化、負けたら追い込まれる…そういう状況で。“だって私、高橋奈七永だもん”っていうのは通用しない状況に自分を追い込みたかったっていうのもありますし、新たなイメージも作っていきたいと思います」

 ━━新人を育成したい気持ちは?
 「もちろん、それが1番キレイな苗だと思います。高橋奈七永の遺伝子を全部伝えられるような人材を見つけて育てて、女子プロレス界に送り込めることが1番…私が純粋にすべてを注ぐっていうのがやったことないことでもあるので、自分が挑戦したいっていうのがあって。自分が始めたので、いろんなことに挑戦したいです」

 ━━いずれは団体にしたい?
 「そうですね。今は1人しかいないので、とても団体とは言えないんですけど。将来的には団体として活動していけるぐらいまで人数を増やしていけたらと思います

 ━━国内で5か月ぶりの試合だったが。
 「なんだろう…? ちょっと前のほうが調子が良かったんですけどね。プレッシャーとかに意外と弱くて、もっとガシガシいく高橋奈七永をお見せしたかったなっていうのがあるんですけど、やられてやられて立ち上がっていくのも高橋奈七永なんで。ここからです。内容ではアメージング・コングに押されてたと思うし、課題があるほうが大きくなるチャンスだと思うし。ここからです。自分の前の試合、見れてないんですけど、各自それぞれの思いをもってリングに上がってくれてると思うし、今日は中島と松本がマイクを持ちましたけど、そういうのがホント大歓迎で。アジャ・コングが来るとかありえないことが起きてて…なんかもう言葉が出ないです。こうやってみんなが熱くなるものがシードリングにあるならば、女子プロレス界のさらなる向上のきっかけに絶対なると思うんで、それを信じて進みたいです」


2015-08-27 10:32:37

シードリング8・26後楽園、各選手のコメント(1)

テーマ:☆SEAdLINNNG


★藤本つかさ&Sareee
 藤本「(南月について)ハイスピードレフェリーということで、あんなの悪徳レフェリーですよ! ホントにもう…(苦笑)。(Sareeeに)負けちゃったけど、ハイスピードいいんじゃない?」
 Sareee「ありがとうございます」
 藤本「今日、三角飛びプランチャとかもやってて、ハイスピードいいと思うので。女子プロレス界のハイスピード枠に入ってもらって盛り上げましょう!」
 Sareee「よろしくお願いします! 自分には全然ハイスピードなんてダメだっていうふうにずっと思ってて…。ああいうふうに動けてる人すごいなって、自分もやりたいなってずっと思ってたんですけど、自分には無理だってあきらめてしまってて。奈七永さんと南月さんが練習見てくださるようになって、そういう動きをやっていってすごく楽しくて。“できないことはない”っていうふうに教わったので、もっともっと練習していって米山さん、藤本さん、南月さんに追いつきたいです。頑張ります!」


★「ことり」
 「堀田さんとは初めて組んだんですけど、すごいもうレジェンド級のレジェンドで…。自分がこんな感じの、身長も何もかも違う中、高校2年生の田舎から来た群馬の私が、この後楽園という聖地に立って3回目にして初めて勝って。師匠であるさくらさんから獲れて嬉しいです。そして、試合終わった後に堀田さんと豊田さんがハグとかしてくれて、すごい組めて良かったなと感無量で。またぜひ組みたいなと思ってます」



★瑛凛
 「すごい昔に戻った気持ちになりました。レフェリーがバーブさんで対戦相手が匠で。しかも(入場時の)ロープ上げを南月さんがしてくださったっていう、すごい幸せな試合だったと思います。自分がスターダムにいた頃っていうのを思い出させられるような試合でした。匠とは約2年ぶりぐらいで対戦は2~3回あったかな? ってぐらいでシングルでは初めてだったので、すごいドキドキとかいろいろあったんですけど、負けたくないっていう気持ちもある中、すごい懐かしく楽しいっていう気持ちと、南月さん奈七永さんに今の自分たちの成長している姿…そういったモノを見せられたんじゃないかなと思います。旗揚げ戦の1本目に立たせて頂いてすごい光栄ですし、今日はJWPの瑛凛と、元・奈苗軍団のパッション娘である(須佐)えりであったかなって気持ちです」

2015-08-26 15:16:50

京子&Sareeevs青野&唯我/ディアナ9・6道場全カード

テーマ:☆ディアナ

『道場マッチ』
◆9月6日(日)神奈川・ディアーズ・リング・カワサキ(13:00)


▼エキシビジョンマッチ・5分間
 井上京子vs田中盟子
※途中でフォールやギブアップがあっても試合が続行される。
▼20分1本勝負
 伊藤薫vsジェニー・ローズ
▼20分1本勝負
 井上京子&Sareeevs青野敬子&唯我
※全3試合

2015-08-26 15:11:28

JWPチケット情報

テーマ:☆JWP

『Weekday JWP in花やしき』
◆10月20日(火)東京・浅草花やしき座(19:00)


◇チケット料金(花やしき遊園地の入場料込み)
 最前列席=5000円
 指定席=3500円
※FC会員は500円引き、当日はそれぞれ500円増し、18歳以下は指定席のみ1500円。
◇取扱所
 ぴあ、ローソン、イープラス、後楽園ホール5F、水道橋チャンピオン、JWP
※8・30道場イベントにて先行発売、一般発売は翌31日(月)より。
◇問い合わせ
 JWP女子プロレス 03-5849-2341

2015-08-26 13:17:03

【結果】OZアカデミー8・23横浜

テーマ:☆OZアカデミー


 約2年ぶりとなるOZアカデミーの横浜文化体育館大会は4時間を超えるロング興行に。第4試合ではこの試合でOZを卒業する永島千佳世が浜田文子とのシングルマッチに勝利。フリーとなって最初のターゲットを文子の持つレジーナ王座奪取とした。セミファイナルのタッグ選手権試合は、尾崎魔弓の毒霧で顔を赤く染めた小林香萌が紫雷美央を押さえ込んで、花月とともに王座を奪回。喜びを爆発させた。

 メインイベントはOZ無差別級王座が懸けられた6人タッグ変則イリミネーションマッチ。選手たちが入り乱れてのカットプレーの応酬でなかなか3カウントが入らないまま時間が経過し、26分50秒でまずはAKINOが脱落。続いて倉垣翼と志田光が姿を消し、加藤園子が松本浩代と中島安里紗の2人と闘う図式となるが、連係の乱れをついて加藤が中島をフォール。加藤と松本がラストウーマン・スタンディングマッチとして3カウントの後にダウンカウント10で決着となる一騎打ちへ突入。壮絶なガマン比べを制した加藤が、キャリア20年にして初めてのシングル王座を獲得した。


 珍しくすんなりとベルトを授与するかに見えた尾崎だが、疲労困憊の加藤に対し今この場で美央とのタイトル戦を宣告すると正危軍が急襲。MK4も応戦して乱戦となるが、わずか2分半で加藤が勝利して初防衛に成功する。マイクを持った美央はOZでのラストマッチとなる9・6新宿FACEで、尾崎&桜花&美央vs加藤&アジャ&関西の6人タッグ戦をリクエストして決定した。


『~プラムの花咲くOZの国2015~ YOKOHAMA DRAMS PARK 3』
◆8月23日(日)神奈川・横浜文化体育館(16:00)
観衆2025人


▼20分1本勝負
 豊田真奈美(10分56秒/ジャパニーズオーシャン・クインビーボム→体固め)米山香織
▼30分1本勝負
 ○コマンドボリショイ&旧姓・ボリショイキッド(11分48秒/ピコニー・スマッシュ→体固め)●星ハム子&松本都
▼20分1本勝負
 ダイナマイト・関西(4分52秒/スプラッシュ・マウンテン→エビ固め)希月あおい
▼永島千佳世OZアカデミー所属最終戦・30分1本勝負
 永島千佳世(21分18秒/変形逆打ち)浜田文子
▼30分1本勝負
 ○アジャ・コング&葛西純&鈴木みのる(23分32秒/裏拳→片エビ固め)●桜花由美&砂辺光久&伊東竜二
▼OZアカデミー認定タッグ選手権試合・30分1本勝負
 花月&○小林香萌(17分22秒/変形ジャックナイフ式エビ固め)尾崎魔弓&●紫雷美央
※第22代王者組が初防衛に失敗、花月&小林が第23代王者組となる。
▼~THE WIZARD OF OZ~OZアカデミー認定無差別級選手権試合・第18代王者決定戦・時間無制限変則ルール
 松本浩代&志田光&中島安里紗vsAKINO&加藤園子&倉垣翼
 [1]松本(26分50秒/エビ固め)AKINO
 [2]志田(32分28秒/魂のスリーカウント→片エビ固め)倉垣
 [3]加藤(34分48秒/クーロンズゲート→片エビ固め)志田
 [4]加藤(41分8秒/クーロンズゲート→片エビ固め)中島
 [5]加藤(56分43秒/ドラゴンバレー→片エビ固め)松本
※イリミネーション式6人タッグマッチでスタートし、2人が残った時点でラストウーマン・スタンディングマッチへ移行。3カウントを取ったあとに10カウントを奪えば勝利となる特別ルール。加藤が第18代王者となる。
▼~THE WIZARD OF OZ~OZアカデミー認定無差別級選手権試合・時間無制限1本勝負
 加藤園子(2分33秒/ドラゴンバレー→片エビ固め)紫雷美央
※第18代王者が初防衛に成功。























2015-08-25 23:10:27

仙台幸子が結婚引退

テーマ:☆センダイガールズ
 仙台幸子が結婚のため、来年1・17(日)宮城野区文化センター大会で引退することが決定。27日の宮城野区大会にて、本人より報告される。
2015-08-25 17:00:26

本日(25日)加藤園子がニコプロに生出演

テーマ:☆OZアカデミー

 25日(火)22時よりニコニコプロレスチャンネルに加藤園子が生出演。8・23横浜文化体育館大会で、デビュー20年目にして初のシングル王者となった心境を語る。同大会のダイジェスト映像も放送。進行は中村裕之リングアナ。


★番組URL
 http://live.nicovideo.jp/watch/lv232091177

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇