【金属アレルギー専門店】代官山指輪工房

アレルギーの心配がない9種類のレアメタルで世界で他のどこにもない指輪を作ります。


テーマ:
最近、
 
「遠方のため直接お伺いするのが難しいので、メールや電話でのやり取りで指輪を制作していただくことはできますでしょうか?」
 
という、ご相談をよくいただきます。
 
 
代官山工房では、メールオーダーでも思い通りの結婚指輪をお作りさせていただく事が可能です。
 
 
指輪をお作りさせていただくにあたって決めるべき項目は、以下の7つとなります。
 
1.素材 
2.指輪の幅(と指輪の厚み)
3.指輪のサイズ
4.デザイン
5.仕上げ
6.文字列
7.石留め
 
この7つさえ決まれば、指輪の仕様はカッチリと、抜け漏れなく、重複なく決まる事になります。
 
ですので、メールオーダーであっても、代官山にお越しいただいてお打ち合わせをさせていただく場合でも、決めるべき項目は同じく上記7項目です。
 
 
それでは、それぞれにつきまして、ざっくりと考え方と合わせてお伝えさせていただきます。
 
 
 
1.素材

素材に関しましては、こちらのページに
→ http://ringology.org/muscat1b/categories/43396/

それぞれ作例付きで詳しく解説していますので、ご参考にしていただけるかと思います。
 
 
 
2.指輪の幅

指輪の幅に関しましては、こちらの、これまでにお作りした制作例にも
→ http://ringology.org/
 
実際の幅を記載していますので、参考にしていただけるかと思います。
 
ちなみに参考までに、男性リングは幅3mm~4mmnの方が多く、女性リングは、幅2.5mm~3mmの方が多いです。

なお、指輪の厚みに関しましては、サイズとデザインによって、ほぼ自動的に決まる事になりますので、お任せをいただけたらと思います。


男性リングは厚み1.8mmに、女性リングは厚み1.6mmになることが多いです。

 
 
3.指輪のサイズ

指輪のサイズに関しましては、「○○号」というのが日本国内での統一規格ですので、ご近所の宝飾店さんでも快く計測してもらえますし、あとは、東急ハンズのアクセサリーコーナーにはサイズ計測具もあるので、それを用いられてもよろしいかと思います。

なお、代官山工房では、15号と16号の間の15.5号や、場合によっては15号よりもわずかに大きい15.25号という1/4サイズも、ご指定いただく事が可能です、

 
 
4.デザイン

デザインに関しましては、こちらの、これまでにお作りした実際の制作例を参考にしていただいてもよろしいですし、
→ http://ringology.org/
 
イメージを言葉でお伝えいただいたり、絵でお伝えいただいても構いません。
 
いただいたご希望をもとに、サイズ、指輪の幅も合わせて試作をお作りさせていただきます。
 
 
 
5.仕上げ

仕上げというのは、表面加工のことです。
 
仕上げには大きく分けて、鏡面研磨仕上げとつや消し仕上げがありますが、つや消し仕上げには、サンドブラスト仕上げ、ヘアライン仕上げ、綾目へアライン仕上げなどのパターンがあります。
 
鏡面研磨の作例
→ http://ringology.org/banana/2537426
 
サンドブラスト仕上げの作例
→ http://ringology.org/banana/2507014
 
ヘアライン仕上げの作例
→ http://ringology.org/banana/2541607
 
綾目へアライン仕上げの作例
 

 
6.文字列

文字列に関しましては、最大で20文字をお入れする事が可能です。
(デザインによっては不可能な場合や最大文字数に制限もあります。)
 
フォントも選べますので、以下のフォントリストからお選びいただけたらと思います。
 

 


7.石留め

石留めに関しましては、ダイヤモンドをはじめ、ルビーやサファイヤなどの宝石、貴石など、希望に添った石を止める事が可能です。
 
 

見積価格

また、お見積に関しましては、基本的に「素材」と「指輪の幅」の2要素で決まりますので、指輪の幅のご希望をお知らせいただけましたら、その時の地金相場に照らして、お見積を出させていただきます。
 
価格につきましては、こちらのページに価格表を用意していますので
→ http://ringology.org/grape5/

どうぞ、ご参考にされてください。


 
制作手順
 
制作の進め方につきまして、全体的な流れをお伝えさせていただくと、大まかには次のとおりとなります。
 
1.デザイン・仕様の決定
2.ご注文の確定(ご入金をもって)
3.材料発注
4.決定した仕様をもとに試作を制作・確認
5.本制作削り出し
6.石留め
7.文字入れ
8.仕上げ
9.完成、木箱に入れてお渡し(ご注文確定から最大4.5ヶ月)
 
タンタルやハフニウムなどの稀少金属は、材料費が高い事もあり、代金のご入金をもって注文確定、そして、いただいた代金で材料を発注する流れをとっております。
 
材料手配には、4週間〜5週間がかかりますので、その間に試作をお作りして(試作の制作は3週間)、ご確認いただけるように郵送致しております。
 
 



追記:質問回答

追加で、いただきました質問回答を記載いたします。

 
質問1:
メールのみで注文を行った場合の注文から完成までの期間を教えてください。

 
回答:
メールのみで注文を行う場合も、納期は同じです。(2017年6月時点で、納期はご注文から約4ヶ月、デザインの複雑さなど場合によっては5ヶ月)
 
上記の通り、決めるべき7項目は、お会いする場合もメールのやり取りで決定する場合も同じですので、全体的な手順も同じになります。
 
 
 
質問2:
遠方に住んでいる場合のサイズ直し等アフターケアの方法を教えてください。

 
回答:
お住まいの近い・遠いに関わらず、サイズ直し、あるいは再研磨には対応させていただいております。
 
受け渡しには、本制作品は追跡ができるヤマト便、試作品の場合はポスト投函で届く郵送を用いています。
 
ただし、サイズ直しに関しましては、デザインによっては不可能なものもありますので、あらかじめご留意いただけたらと思います。
(この点はお住まいの近い、遠いには関わり無いですが、齟齬があってはいけないので念のため記載いたします)
 
こちらのようにシンプルなデザインでしたらサイズ拡張、サイズ縮小ともに問題なく可能ですが、
→ http://ringology.org/banana/2589695
 
こちらのようにウェーブがかかった形状や

メビウスの輪のデザイン、リング外周に石留めを行ったものなどは、サイズ拡張は可能ですが、サイズ縮小は不可能となっております。

また、リング内周に石留めを行ったものは、サイズ拡張、サイズ縮小ともに不可能となります。
 
なお、本制作の前に試作をお作りしていますので、サイズの確認および調整は、試作で行っていたくのがよろしいかと思います。
 
 
 
質問3:
サイズ変更やメンテナンスなどの保証のようなサービスはございますでしょうか?
もし、あるとしたら期間はどのくらいでしょうか?


回答:
タンタルやハフニウムは堅牢な素材のため、特にメンテナンスなどに対する保証は設けておりませんが、
 
サイズ直しに関しましては、お届けから1年以内は、無償でさせていただいております。(デザインによってはサイズ直し不可なものもあります)
 
これは保証というよりは、季節の変化によって指のサイズが変わる事を見越した対応となっております。
 
また、お届けから1年以降は、サイズ直しは、リング1本につき1万円(税別)、再研磨もリング1本につき1万円(税別)でさせていただいております。
 
 
以上、メールオーダーの際の参考にしていただけましたら幸いです。
 
また、上記の内容で分からないことや、決めきれないことなどがございましたら、お気軽にご相談ください。
 
世界で他のどこにもない価値をお届けさせていただきます。
 

 
 
東京ダイヤモンド株式会社
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩2分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 9時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

*土曜日・日曜日・祝日は、予約枠が埋まりやすいので、お早めにご連絡ください。

*月間の制作数は15〜18組が限界です。そのため現在、納期はご注文から約4ヶ月(デザインの複雑さなど場合によっては5ヶ月)をいただいておりますので、お早めにご連絡ください。


ご来店いただかなくても、メールのやり取りだけで遠方からでも、ご注文可能です。お気軽にお問い合わせください。



新作と、お客さまの声を、写真画像とともに、随時こちらで公開しています。最近はご注文数が多く、2日~3日おきに新しく更新していますので、どうぞご覧ください。
↓    ↓
http://ringology.org
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

廣瀬一京さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります