小林行政書士の元気が出る家族法務(離婚・相続・遺言)相談室

離婚不倫・相続・遺言など家族法務に精通している北海道、旭川市の行政書士が、離婚・相続などにかかわる基本的な知識やQ&A事例を紹介し、離婚、不倫問題・相続・終活問題に直面して悩んでいる多くの方のお役に立つことを目的としたブログです。

北海道、旭川市の小林行政書士事務所、代表の小林政浩です。


離婚・不倫関係の業務を全国各地から多数ご依頼頂いています。


ネット上の正しくない情報や、誤ったうわさに翻弄されて必要以上に悩んでいる人がたくさんいます。

正直申しまして、自称「離婚専門」と告知している行政書士のHPやブログでも正しくない記述や不安をあおる記述を多数目にします。


正しい情報があれば、必要以上に悩むことも減ると思います。


このブログでは、年間1000件以上の相談・実務を受けている行政書士が、初歩的なことから、ほかでは手に入らないような情報まで織り交ぜて情報提供していきます。


当事務所で作成する内容証明などの書面は、一言一句すべてをご依頼主様に確認頂き、

100%納得していただいた、依頼人の気持ちを100%反映した書面作りを心がけています。

納得いただけるまで何度でも訂正いたします。


書面の作成は書面作成のプロフェッショナルにお任せください。


〒070-0877

北海道旭川市春光7条8丁目14番8号

小林行政書士事務所


電話番号0166-59-5106

FAX   0166-59-5118


内容証明作成、               1万3650円~

離婚協議書作成、公正証書原案作成  1万2600円~

和解協議書、示談書、念書作成       8400円~

1ヶ月間メール相談し放題          5250円

1ヶ月間電話相談し放題           7500円


書面作成は、作成後の相談も対応いたします。

書面作成、相談共に全国対応でお受けいたします。

現在、3000円以上の相談・書面作成をご依頼いただいたお客様には

ご希望により、公正証書作成にも活用できる「離婚協議、条項確認リスト」を

差し上げます。


お気軽にお問合せください。


要望の多かった養育費・婚姻費用算定サービスを始めました。

算定は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。


HPに行けない方は、アメブロのメッセージからお問い合わせください。


小林行政書士事務所 離婚情報室


$小林行政書士の元気が出る離婚相談室-abauto   

「All About プロファイル」登録専門家
「All About プロファイル」で質問に答えています
「All About プロファイル」でコラムを連載しています


このアメブロのQRコードです。

離婚で困っているお友達が居たら、ぜひこのブログを教えてあげてください。

離婚問題解決!! 行政書士の離婚相談室-QR

NEW !
テーマ:

こんにちは、

9月24日にハーフマラソンを走る予定の旭川の行政書士の小林政浩です。

 

さて、今日は、お問い合わせのあった婚姻費用分担の始期についてお話ししたいと思います。文章が長くなるので、コメント欄に書かないでこちらで紹介しようと思います。

 

>あやさん
本が届きました。
ということで、早速該当ページを確認したところ、
以下のように記載されていましたのでそのまま紹介します。

「婚姻費用分担の始期」
婚姻費用について、過去に遡って決定することは許される。(最高裁昭和40年6月30日大法廷決定・民集19巻4号1114項)。どこまで遡れるかについては、いろいろな考え方があるが、いずれにしても裁判所の合理的な裁量に属する問題と言える。東京家庭裁判所の一般的な審判例としては、調停・審判の申し立て時からとする例が多い。もっとも、内容証明郵便等で請求日が明らかな場合などは請求日からとする例もある。(東京家事事件研究会編「家事事件・人事訴訟事件の実務」法曹会96項〔松谷佳樹著〕引用。

 

執筆者紹介によると、執筆時、〔松谷佳樹〕さんは東京家庭裁判所の判事でした。この本はすべて執筆時現職の判事・判事補が書かれている本でした。

この文章の中には「メール」という単語はありませんでしたが、伝えたいことは「請求日が明らかな場合」ということなのだと思います。
 

メールで婚姻費用を請求した場合、送信履歴が残っていて、そのメールに対して相手から何らかの返答が来ていれば、相手にこちらからの請求の意思が伝わったとの証明ができる状態であるとおもいます。その場合、内容証明と同様に「○月○日に婚姻費用分担請求の意思を伝えた。」と同じ効果があり、「○月○日に請求しているので、その月から認めて欲しい。」と調停や審判で主張しても良いのだと思います。

 

ただ、やはり、合理的な裁量に属すると文中で書かれているように、証明が出来ても、調停で相手が応じなければ最終的な判断は裁判官に委ねるしかないのだと思います。

 

取り急ぎ紹介します。

もうすこし調べてみようと思います。

 

今日はこの辺で。(^-^)ノ~~

 

離婚協議書作成、内容証明郵便作成、示談書作成

相続人調査、など

相談から、実務、講師までお気軽にお問い合わせください。

 

旭川、小林行政書士事務所

0166-59-5106

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。