森本毅郎という人間

テーマ:
先日、噂の東京マガジンという番組のことを取り上げました。

その中で、バカ司会者である森本毅郎という人間が

どれだけ下らない発言をしていたか、ということを

ここに示したいと思います。


まず、冒頭にて


 救急車を呼んでも なかなか搬送先が決まらない「たらい回し」

これが全国で相次いで社会問題になってるわけですけど

いったいなぜこんなことが起きてるのか、そこにはいろんな背景が

あるそうなんですが、今回は救急医療について取り上げたいと思います
 



 


いまだに「たらい回し」という言葉を使ってしまう、

不勉強な司会者です。

この時点で、番組の程度が知れてしまいます。


そして、長野県にある佐久総合病院というところが紹介されます。

ここは600床、医師200名で24時間救急外来をやっており

なんでも医療連携室長とかいう人間が言うには、

「この地域では当院がありますので、たらい回しは一切ありません」

とのこと。医療関係者まで「たらい回し」って言っちゃったよ・・・

で、36時間連続勤務している救急医なんかも紹介されるわけですが、

VTRが終わって、司会者の発言は


 この病院がすごいなと思うのは 相当無理がきてるわけじゃない、

それでも受け入れようっていうね 基本的な姿勢がゆるがないっていうね

とにかく受け入れよう 受け入れようとしている病院ね そこがやっぱり

すばらしいね
 



はぁ、まるで現実がわかっていません。36時間連続勤務している医師の

労働基準法違反だとか、過労死のリスクだとか、診療の質の低下とか

そんなものは一切関係ないのです。

十分な診療ができない可能性が合ったとしても、

ただただ受け入れればいいのです。

その結果、悪い結果になって訴訟が起こされることなんて

微塵も想像していないのでしょうね。

この司会者、ちゃんと日々のニュースを見ているんでしょうか。


あぁ、「ちゃんと」マスゴミに洗脳されているから、悪い結果は

すべて医師の責任だと思っているのか・・・



続いて、この佐久総合病院が最近急に患者が増えてきたことを受けて

近隣の病院の勤務医が減少し、患者のしわ寄せが来ている、と

紹介されます。それを受けての司会者のコメント・・・



 つまりお医者さん不足ってのが一つ大きな原因なの

だけどさ 佐久総合病院はあんまりお医者さんが減らないんでしょ

ほかの病院はなんでへっちゃうの
 



それに対して、過酷な労働から逃げ出した勤務医が開業していることに

触れられます。

すると、司会者は・・・


  それもどうなのかね 単なる医師不足じゃなくてお医者さんが

まぁいってみればキツイから辞めるとか 儲からないから辞めるとか って

去っちゃうってことでしょ。 お医者さんのモラルの問題もあるんだよ ねぇ
 



でました、バカを象徴する発言。36時間連続でもかまわず

働き続けてください、それが医者のモラルです・・・


続けて


 佐久総合病院は割りのいい病院なの?待遇がいいの? 


もはや、この司会者には医師として働く基準が

「割りのよさ」「待遇のよさ」しか眼中にありません。

このバカな質問に対しては、佐久総合病院には研修医が多く集まるんだ、という

コメントがありました。それに対して、司会者は




 だから、(他の病院も)そういう病院になればいいわけじゃない

逆にいえばねぇ
 



なにを逆に言っているのか分かりませんが、

聡明な司会者が画期的な解決法を述べてくれましたね。

研修医さえ集まれば、問題は全て解決するみたいです。


で、この後に最悪なコメントが・・・

競馬のことしか頭にない井崎脩五郎とかいうバカな老人が


 医者育てるために助成金ってかたちで大学に

お金いってるでしょ あれ税金なんで 医者は卒業したあと勝手に

そんなすぐやめて自分で開業するようなことがないような縛りが

あって当然だよ。すごい大金いってますからね、大学に
 



でました、都市伝説。医師一人当たり1億円かかってるって噂ですかね。

あぁ、「噂の」東京マガジンだから、この程度でいいのか。


で、ギャンブル狂いの老人に触発されたのか、森本も

調子に乗ります。


 開業医なんて結構ヒマしてる人いるよねぇ。ゴルフ場でよく会うだろ。 

ここで、取ってつけたような観客席の爆笑の声が入りますが

こっちはクスッとも笑えません。


次のインタビューでは、救急医学会の理事とか、偉い先生が

「救急医という限りある資源を無駄使いしてはいけない。

今の医療の問題は、結果が悪ければ訴えられることだ。

これを避けるには、診ない という選択肢しかない」

と発言されていましたが、司会者の耳は高齢のために

難聴になっているようで、まるで通じていません。



 患者からすれば救急車にまず乗りました。

で、救急車のほうから連絡すると、うちは今専門医がいない と

言って、もうそこには行かれないから他へ回されると。

で、事件になったのはもう30箇所くらいになったわけだけど
 



番組構成者は何を考えているんでしょう。まるでインタビューと

司会者のコメントがつながっていません。こんな老人に司会をさせて

おいていいのでしょうか。


次に紹介されたのは土浦共同病院というところ。ここの救急外来では

この10年近くの間に、救急患者が3万人から5万人へ増えたこと。

2次・3次救急患者は変化がないのに、1次救急患者だけが

増え続けていることが、グラフで示されました。

それを受けて、馬が好きなだけの老人は、核家族化で

不安なお母さんに助言をする高齢者がいなくなった、と

なげいていました。

それに対する司会者のコメントが、




 僕はね、病院のコンビニ化というのは抵抗があるね。

そりゃだってねぇ、今は働き方が24時間、夜働く人もいる、

昼間遅くまで働く人もいるから、病院に昼間行こうったって

行かれない人もいるわけよ。

ところが夜間にどれだけ病院が開いてるかって言ったら

救急しかあいてないってケースがほとんどでしょ。

そうするとね、そりゃ重病じゃなくたって病院に行かれる

場所ってのは救急しかなくなるわけよ、行かざるを得ないんじゃないの。

病院は夜やってもいないでね、救急に来るのはみんなコンビニ化だって

いうのは言い過ぎだと思うよ。
 



はぁ、こういう輩がいるから救急医療が崩壊しているんですよ。

それが全くわかっていない。重病じゃないのに夜中病院に行って

そのせいで、医者が36時間連続勤務している、その現状を何とも

思わないわけですか。それを「生活スタイルの変化」で片付けて

しまうんですか。この司会者には、圧倒的に医師数が不足している、

という視点が完全に欠落しているようです。

なぜ、他人の仕事を優先させるために、医師が徹夜で働かなければ

ならないんですか。



そして、この司会者のバカ発言を真に受けて、隣に座っている

小島奈津子というバカ女が


 むしろコンビニ化してほしいですよね 


で、森本は



 なんでコンビニが受けるかっていえば、便利だから受けるんだよ。

だけど病院は昔っから変わらず昼間しかなくて、初診なんて午前中しか

受け付けないでしょ。こんなのに対応できる人間なんて限られてんだよ 



誰か、バカにつける薬をください。

なぜ、コンビニが受けるように病院を変えなくてはいけないんですか。

病院には入院患者もいて、午後はその検査や手術があるから

初診なんて受けられない、って事情がわからないんですか。

そもそも、初診でいきなり大きな病院に来ること自体、

間違っているのがわからないんですか。


まぁ、いいでしょう。この森本とかいう人間が入院した

病院では、主治医が外来の風邪患者の対応に追われて、

自分の治療に支障をきたしても、文句を言わないのでしょう。



で、他の出演者が、生活のスタイルが変わってきている、という

発言をしていると、それを遮るようにして、この森本は


 変わってないんだよ 病院は!! 


はぁ、アナタの頭の中身が「お変わりに」なってるんじゃないですかね。



つづいて、番組内では東京ERというのが取り上げられます。

それに対しての、森本のコメント・・・


つまり日本の場合は、専門医が軸になってみるわけでしょ。

本来は幅広く見られるお医者さんてのを、独自に育てるっていうかね

そういう人たちを養成するっていうのと、

(アメリカのERは)ちょっと違うんだよね

でも行政がそういうものに目を向けたってのは決して悪いことでは

ないと思うんですよ。

東京都全部を網羅するERを都がやるってわけには、なかなかいかないから

そういうものと民間が上手く呼応してればいいのに、なかなかお互いが

接点を見出だしていない。

ともに手を携えてってことに どうもなってないんじゃない?
 



まぁ、ここでの発言は特に問題ないですかね。

終盤にきて、やっと落ち着いたのかな、と思っていたのですが・・・




年配の人や小さいお子さんをもっている人ってのは、

1番中心にもっている不安てのは夜なんだよね。

また何故か子供さんってのは夜具合が悪くなるんだよな。

だから夜子供が具合悪くなったときに、重症か軽症かなんてことを

考えてる暇は親にはないんじゃないか。

町医者も最近はなかなか夜はみてくれない。

たずねていってもいない。そういうケースが多いわけじゃない。

昼間だって町医者にいっても、ちょっとややこしいと病院いったほうが

いいよと、病院に投げられるケースもあるわけよ
  



もう何が言いたいのか分かりません、この人は。

開業医は夜も眠るな、難しい症例でも、全部開業医のところで

解決しろ。


つまり、この森本が考えているのは、患者が治療を受ける場所と

時間は全て患者が決めるんだ。

夜中に総合病院で風邪を診てもらいたかったら、それに対応しなければ

いけないし、脳出血で開業医にかかったら、開業のところで

全部治療しなければならないんだ、と・・・



で、番組もまとめに入り、他のコメンテーターが


「森本さんおっしゃるのも、医者がだらけてるということではなくて」


といったところで、あろうことか、この森本は


 「そう」 


と、相槌を入れたのです。あれだけ、開業する医者には

モラルがない、とか、ゴルフ場に来てることを非難しておきながら

何を言ってるんですか。ほんの数分前の自らの発言も

覚えてないんでしょうか。

そして、他のコメンテーターが、抜本的に日本の医療そのものが

時代にあってない、と発言すると、森本は抜け抜けと、



そう、僕はそうだと思うね。なにをもって重病だというのか

これはお医者さんはわかるかもしれないけど、患者は自分たちでは

判断できないわけじゃない。やっぱりなんでもないのに病院には

いかないじゃない。どこか恐かったり気になったりするから

病院を頼るわけで。それをコンビニ化して安易に来るって拒否される

社会って、やっぱり僕は不健全だと思うんだよね。
 



あなたの思考が一番「不健全」です。



心配だからっていって診てもらえる社会じゃなきゃね。

何のための医療かって僕は思うね
。 



何のための医療か?世界最高レベルの医療を世界最低レベルの

医療費で実現しているのに「何のための」だと??

これほど、医師を侮辱した発言はありません。

この森本という人間だけは、応召義務に違反したとしても

診療拒否するべきです。



今の生活のスタイルと全く病院のシステムってのはあってないなぁ。

それをずって続けながらね、困った困った疲れた疲れたって

言われても困っちゃうよね



なんですか、この軽い発言は。

ヒトが36時間連続でヘトヘトになるまで必死で働いているのに、

その人間の気持ちが「困った困った、疲れた疲れた」???

そんな事言われても「困っちゃう」???

なんなんですか、この低レベルな人間は。

こんな小学生レベルの頭で、よくテレビ番組の司会者が

つとまりますね。

AD

コメント(31)