NEW !
テーマ:
【元組員雇用した業者の入札資格優遇 北九州市】
http://www.sankei.com/region/news/160526/rgn1605260009-n1.html
『北九州市は25日、暴力団を離脱した元組員を雇用する業者が市発注の建設工事への入札参加を希望する場合、資格審査を優遇する発表した。元組員の社会復帰を促すもので、市によると、こうした取り組みは全国初。北橋健治市長は記者会見で「暴力団を離脱しやすい社会に近づけたい」と述べた。』
 
『市によると、福岡県警が暴力団を離脱したと認め、就労をあっせんした元組員を3カ月以上雇用していることなどが条件。県警から雇用実績の確認を受けて市に書類を提出すれば、入札参加の資格審査で加点する。』
 
『市は、福岡県警が平成26年に特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)のトップらを逮捕して以降、暴力団排除の取り組みを強化している。』
 
この施策は問題が出てくること必至。
暴力団から足を洗う理由が、これまでの生き方を見直し、禊ぎをしながらまっとうな人生を歩みたいという強い決意ならまだしも、多くは暴力団が資金難に陥っているため「暴力団では食っていけない」というものだ。
 
それこそ真面目一筋に生きてきた人の就職ですら難儀をしている今、元組員に対しては福岡県警が就職をバックアップしている。もちろん正業に就くことは、やり直しの第一歩だと思うが、何の更正教育もなくまるで“里親募集”のような斡旋の仕方には違和感がある。
 
また、一般人でも借金逃れのため“偽装離婚”をする例がある。
“偽装元組員”が送り込まれ、いつの間にか企業舎弟化しないように留意する必要もあるだろう。
なにしろ入札資格の審査で優遇されるのだから…。
  
本当の篤志家なら優遇されるから元組員を雇用するという考えではないのではないか。
いいね!(23)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

【30歳の女性担任教師を回し蹴り、中3男子を暴行容疑で逮捕 兵庫・高砂市】
http://www.sankei.com/west/news/160525/wst1605250010-n1.html
『担任の女性教諭を蹴ったとして、兵庫県警高砂署が暴行容疑で兵庫県高砂市立中学3年の少年(14)を現行犯逮捕していたことが24日、同署などへの取材で分かった。』
 
『逮捕容疑は23日午後3時20分ごろ、室の清掃中に女性教諭(30)から「掃除をしなさい」と注意されたことに腹を立て、女性教諭の両足と腹部を計4回蹴ったとしている。少年は容疑を認めているという。』
 
教師と生徒の関係は極端な例を見聞きする。
うちにも中学生、高校生がいるのでリアルに分かる。
相も変わらず、肉体的にも精神的にも生徒をサンドバッグかなにかと勘違いし、愚帝・暴君のように振る舞う教師がいるかと思えば、完全に生徒に舐められ、モンスターペアレントにビクついてしまう教師…。
 
この事件の場合は、首尾良く警察が逮捕したが、生徒間における暴行・障害・恐喝でも「いじめ」と矮小化し、警察の介入を避けようとするばかりか、「なかったこと」「知らなかったこと」にすらしてしまう風潮を感じる。
 
大学に至っては「自治」という言葉を使い、そもそも警察が学内に立ち入ることを阻む。 

 
小中高は教育の場であり、少年院ではない。
大学は学問の府であり、テロリストのアジトではない。

いいね!(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

【アイドル刺傷 容疑者「ツイッターをブロックされた」】
http://mainichi.jp/articles/20160524/k00/00m/040/126000c
『アイドル活動をしていた大学生の冨田真由さん(20)が刃物で刺され意識不明の重体となっている事件で、岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)が「(冨田さんに)ツイッターをブロックされた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。警視庁小金井署は、書き込みを拒絶されたことで恨みを募らせたとみて調べている。』
 
凄惨な事件が続いている。
この事件について、センモンカが「SNSの登場でアイドルとファンの距離が近づいたことが一因」と言っていたが、「一因」という言葉を使えば何でもそうなる。
 
ファンが兇行におよぶ事例は古今東西、たくさんある。
こういう犯罪者は相手がアイドルでも片思いの一般女性でも同じ行動をとるだろう。
被害者が助かることを心から願う。
 
 
【沖縄の基地反対派を「基地外」自民党神奈川県議が発言】
http://this.kiji.is/107684242636308482?c=39546741839462401
『自民党の小島健一・神奈川県議(53)が今月、東京都内で開かれた集会で、沖縄県内の米軍基地周辺で反対運動をする人について「基地外の方」発言していたことが24日、県議本人などへの取材で分かった。差別的と受け取れる内容で議論を呼びそうだ。』
 
『小島氏は共同通信の取材に「“基地外”のイントネーションに気を付けており、差別発言ではない」と反論した。』
 
『小島氏は8日に東京都千代田区の靖国会館で開かれた集会で「沖縄の基地の周りには基地反対やオスプレイ反対と毎日のように騒いでいる人がいる。基地の外にいる人ということで私は“基地外の方”と呼んでいる」と述べた。』
 
笑、笑、笑。

「キ」「チ」「ガ」「イ」という発言(発声)に対し、なぜ『基地外』の漢字が当てはまると分かるのだろうか?
 

いや、それはともかく苦しい言い訳だ。インターネットを中心に『基地外』は、相手を揶揄する言い方として広まっているが、いわゆる俗語である。その場合、多くは「キチガイ」を念頭に置いて書き換えているとしか思えない。どのような主張であれ、議員が公の場で敢えて用いるべきではないだろう。

 
私は、基地問題とは無関係に、凶悪犯罪者や狂気の沙汰を意味する時、誤解を招かぬようきちんと「キチガイ」と記している。

また、この拙日記は別名「キチガイ日記」と称するものである。
 
 
【スカート内盗撮容疑で弁護士逮捕 栃木小1女児殺害担当】
http://mainichi.jp/articles/20160524/k00/00e/040/160000c
『栃木県警小山署などは24日、2回にわたって別の女性のスカート内を盗撮したとして、宇都宮市大和1、弁護士、梅津真道容疑者(43)を県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕した。梅津容疑者は栃木県日光市(旧今市市)で2005年、小学1年の女児が殺害された事件の裁判員裁判で、被告の弁護人を務めた。容疑を認めている。』
 
まったく嘆かわしい。
自分の職業や社会的役割を十分認識していながら止むに止まない。こういうヤツは何かの病気だろう。

いいね!(26)  |  リブログ(0)

テーマ:

【糖質制限ダイエット実践者による飲食店での“ライス残し” 。従業員から怒りと困惑の声…】
http://nikkan-spa.jp/1114242
糖質制限ダイエットがブームとなっている影響で、飲食店での“ライス残し”が多発している。自身のダイエットのため、という言い分はわからなくもないが、注文しておきながらもライスを残す客の多さに飲食店の従業員は困惑している。』


ここ数年、『糖質制限ダイエット』『炭水化物抜きダイエット』と呼ばれるダイエット法が盛んに喧伝されている。その是非についてここでは問わない。
 

身体の状態によって糖質制限が必要な人も、そうでない人もさまざまだからである。
 
ただし、日本人なら当然、知っておくべきこととして天照大神がニニギノミコトに何を与えて地上に降したか?
 
それが『稲穂』であり、『豊葦原千五百秋瑞穂国(とよあしはらのちいおあきのみずほのくに)』という、我が国の美称があることも忘れてはならない。

  

穀物があたかも人類の敵かのようにバッシングする者は、おそらく日本人ではない。

いいね!(21)  |  リブログ(0)

テーマ:

【若冲展に長蛇の列、4時間待ち「なんで...」給水スポットも出現】
http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/20/ito-jakuchu-tokyo-metropolitan-art-museum_n_10059870.html
『「展示室に入るまで、ただいま240分待ちでーす!」。行列を整理するスタッフの声が、メガホンを通して上野公園に響いていた。』
 
『東京都美術館で開催されている「若冲展」に、観覧希望者が殺到している。江戸中期の町絵師、伊藤若冲の生誕300年を記念したこの展覧会は4月22日から始まったが、入場者数は5月10日に20万人を突破。』



日本が誇る素晴らしい絵師であるのは誰もが認めるところだ。
しかし、これほどの混雑のなかでその絵を満足に鑑賞することができるのか、芸術を味わうことができるのか、はなはだ疑問。
この長蛇の列と待ち時間は、大阪万博を思い出す。
 
 
【校医10人が大量辞任 吉川の小中学校、健康診断の日程影響…懸念も】
http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/05/21/04.html
『埼玉県吉川市の小中学校の校医16人のうち10人が3月末に辞任し、市内11小中学校の健康診断が例年通りに実施できない可能性があることが20日、市や吉川松伏医師会などへの取材で分かった。市と医師会側は事実関係を認めた上で、学校保健安全法規則に基づいて6月末までに、全小中学校の健康診断を実施するとしている。』
 
『市などによると、3月末に同医師会の担当者が市教育委員会を訪れ、校医10人の「解任届」を提出したという。辞任の理由は「一身上の都合」任期は2年で、昨年4月から来年3月までの予定だった。』
 
『市教委から“お医者さまの都合が悪くなった”と学校に連絡があった。別の日程を設けてもらったため、何かトラブルになったということはない」と話している。』
 
任期途中でこれだけ突然の辞任があれば、「何か事情がある」と思うのが普通。
何かあるならきちんと問題を提起すべきである。
 
もし、本当にトラブルもなく「お医者さまの都合が悪くなった」という「一身上の都合」ばかりであれば、なんと無責任でひどい、世間知らずで横柄な「お医者さま」だろうか。

いいね!(30)  |  リブログ(0)

テーマ:

【STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も】
http://biz-journal.jp/2016/05/post_15184.html
『米ハーバード大学附属ブリガムアンドウィメンズホスピタルが、STAP細胞の作成方法に関する特許出願を、日本、米国、EPO(欧州特許庁)、カナダ、オーストラリアなど世界各地で行っており、更新料、維持料が支払われている。これについて5月9日、弁理士でITコンサルタントの栗原潔氏は、同大学が日本国内でも特許出願に関して実体審査請求をしていることを明らかにした。出願審査請求は4月22日に提出されている。』
 
『これまで理化学研究所の公式発表では、「STAP細胞論文はほぼ事実ではなかった」「STAP細胞の実験結果はES細胞の混入したものによる」として、その存在は完全に否定された。』
 
『しかしハーバード大は日本の「STAP細胞は存在しない」という大合唱を他所に、粛々と特許の申請を進めていた。小保方晴子氏の代理人である三木秀夫弁護士は語る。』
 
『「ハーバード大は世界各国での特許申請にかかる費用や維持に、推測で1000万円程度の費用がかかっているようです」』
 
『ハーバード大が特許を申請する研究内容の範囲は広く、細胞にストレスを与えて多能性が生じる方法のメカニズムに対する特許請求である。』
 
学術論文と特許出願は趣を異にする。
 
私はSTAP細胞に対し極めて懐疑的である。しかし、私が当事者なら論文の撤回には応じながら、特許出願は取り下げない。
 
特許は内容の事実を科学的に保証するものではないのである。
 

たとえば、STAP細胞を作成することを目的とした発明について、その方法の流れがA-B-C-D-E-“STAP細胞”だと出願する。
 
実際にはそこに不足があり、後年、本当の手順はA-B-C-D-E-F-G-“STAP細胞”であることが明らかとなっても、手法と考え方が先に出願されているものに含まれていたり、同じ、または似通っていれば後者は特許においそれとはならない。ただし出願者が同一なら簡単である。

 

つまり、後年、真なる発明がなされても他者からの出願を困難にし、自身には有利に働く作用がある。
 
学者センセイは学問的な問題と「事実」にばかりご執心であるが、ビジネスの観点から言えば、特許とはそういうものなのである。たしかに元来の理念からははずれているが、学問的追究とは別世界だと思っておかなければならない。国際的な戦いとなれば、正道も邪道もなく「知的財産権の法制度は利用するもの」と心得ておく必要がある。
 
その観点から見れば、ほぼ無いに違いないが、万が一、有れば莫大な利益をもたらすSTAP細胞に1000万円程度の費用負担ぐらい当たり前なのである。引っ込めるほうがおかしい。

いいね!(25)  |  リブログ(0)

テーマ:

【マジックマッシュルームが重度のうつ病を取り除くことが臨床試験で判明】
http://gigazine.net/news/20160518-magic-mushrooms-depression/
『古代メキシコで儀式の一環として食され、ヒッピームーブメントの中でも好まれたマジックマッシュルームは、現在、日本を始めとする多くの国で規制されています。しかし、新たな研究で、マジックマッシュルームに重度のうつ病の症状を緩和させる可能性があることが判明しました。』
 
『インペリアル・カレッジ・ロンドンの行った研究によると、マジックマッシュルームを2回服用するのに相当する量のシロシビンが、うつ病と診断された12人の被験者の症状を3週間にわたって緩和させたとのこと。また、被験者のうち5人は3カ月にわたってうつ病の症状が軽くなったと報告されています。』
 
『今回の臨床試験に参加した被験者たちは全員、少なくとも2種類の抗うつ剤を服用しても症状が改善されなかったという重度のうつ病患者でした。』

 

 
キノコなら私の担当だろう(笑)。
 

ヒカゲシビレタケ(Psilocybe cubensis)をうまく用いれば、うつ病をはじめとする精神疾患に効くのではないかという考えは私にもあった。
幻覚をもたらす関与成分はシロシビンとシロシン。
 
キノコの研究のなかでも、私が得意とするのはキノコの栽培である。
日本ではシロシビン、シロシンを含むキノコについて2002年6月、麻薬原料植物に指定されたため保管していたこれらの菌株をすべて殺菌、廃棄処分したが、それまではヒカゲシビレタケの栽培研究を行っていた。というのも、ある公的機関から栽培に関する研究協力の要請があったからだ。

 

余談だが、キノコ栽培の研究については、断然、私たち民間研究所のほうが進んでいる。比較にならないと言って良い。これは研究者の質的な問題ではなく、いろいろな栽培試験をするにしても、規模が二桁も三桁も違うためである。

 

閑話休題。 
毒と薬は表裏一体である場合が多い。ヒカゲシビレタケのほかにもそういった「何かに利用できそうなキノコ」はたくさんある。
 
たとえば、ヒトヨタケ(Coprinopsis atramentaria)に含まれるコプリンは、人体内で1-アミノシクロプロパノールに変わり、アルコール代謝過程の中間物質、アセトアルデヒドの分解を阻害する。つまり『悪酔い』が続くのだ。アルコール中毒依存を断ち切らせるのに、方法次第で役に立つのではないかと思う。
 
講演会などでキノコの話をすると、薬用キノコを念頭に置いたと思われる質問で、「本当にキノコが人間の身体に効くのか?そんなものが効くとは到底、思えない」と言われることがある。
 
この質問の答えは今日の引用記事でも分かるとおり、至って簡単で「効くか、効かないかで言えば『効くものもある』」
 
続いて、「ドクツルタケ、タマゴテングタケ、シロタマゴテングタケは“猛毒キノコ御三家”と言われています『キノコなんか人体に効くか!』と絶対的な否定をされるなら、これらを食されるとよく分かります。二度とお目にかかることはないでしょう」と皮肉まじりに笑う。
 
猛毒キノコ御三家にかかれば、食後、直ちに適切な処置をしないと、1,2本で命を落とす。
 
「効くか、効かないか」の二者択一を迫るなら、そういう話になってしまう。

 

たしかに人体に良い効果をもたらすという科学的証明は難しい。

これは毒性試験の場合、微生物やマウスなどの小動物で毒性が認められると、ほぼそれが証明のように扱われるのに対し、『有効性』は、いくらマウスで確認しても、ヒトに対して即有効とは言えないからである。 


もちろん、そのことがキノコの、あるいは天然物由来の食材の有効性を否定するものではない。我々としては、なんとも歯がゆい思いである。

いいね!(28)  |  リブログ(0)

テーマ:

【「働かないと注意したら」35歳弟に姉“刺される”】
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000074989.html
『働かないことを注意され、包丁で姉を刺しました。』
 
『警察によりますと、福岡県香春町の無職・林田晋一郎容疑者(35)は15日、同居する36歳の姉の頭や胸などを包丁で刺して殺害しようとした疑いが持たれています。林田容疑者の生活態度を姉が注意したところ、台所にあった包丁で刺したということです。姉の命に別状はありませんでした。
 
『林田容疑者は「文句を言われ、腹が立った」と容疑を認めていて、姉は「働かずにずっと家にいることを注意したらけんかになった」などと話しています。』
 
絵に描いたようなクズっぷりである。姉の命に別状がなかったことは不幸中の幸いだ 。
このレベルになると、もはや注意だとか、説教だとかは通じないだろう。
刑務所でしっかり働いてこい。
 
 
【山で不明の男性4日ぶり救助】
http://www.nhk.or.jp/lnews/maebashi/1065421351.html
『今月14日、下仁田町の荒船山に登山に出かけたまま連絡が取れなくなっていた69歳の男性が4日ぶりに救助されました。』

『警察によりますと、男性は軽いけがをしているものの命に別状はないということです。』
 
『警察などによる捜索が続けられる中、18日になって男性の携帯電話から家族に無事を伝える連絡があり、午後1時40分過ぎ、県の防災ヘリコプターで4日ぶりに救助されました。』
 
『警察によりますと、男性は山に入ったあと道に迷い、転落してけがをしたためその場から動かずに持っていたパンやサラミなどの食料を少しずつ食べながら救助を待っていたということです。』



こちらのニュースも命に別状がなくてなによりだ。
道に迷った上にケガをした際、その場を動かずにいたことは正解だと思うが、携帯電話が通じたのなら、なぜ、さっさと連絡を入れなかったのだろう?

いいね!(27)  |  リブログ(0)

テーマ:

【三笠宮さま 急性肺炎で入院】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160516/k10010523271000.html
『天皇陛下の叔父で100歳になる三笠宮さまは、16日午後、急性肺炎と診断され東京都内の病院に入院されました。』 
 
『三笠宮さまは、昭和天皇の弟で天皇陛下の叔父に当たり、去年12月、100歳の誕生日を迎えられています。三笠宮さまの入院は、おととし9月に風邪の症状が出て入院されて以来です。』

 

三笠宮崇仁親王殿下は去年12月2日に満百歳をお迎えになった。現在、百歳以上の方は我が国に約6万人いらっしゃるが、歴史上、実在が確かな記録として残るご皇室では初めてのことである。
殿下の一日も早いご快癒を心よりお祈り申し上げます。
 
  
【都知事かたりネットで発注】
http://www.daily.co.jp/society/national/2016/05/16/0009091053.shtml
『東京都の舛添要一知事は16日、知事をかたった何者かが、インターネットのショッピングサイトで、1点980円のシューマイ50点(計4万9千円)などを注文したことが判明したと文書で明らかにした。都庁に業者側から問い合わせがあったり、商品が届いたりしたという。』
 
『知事の事務所が出した文書によると、13日にシューマイ50点が「舛添都知事」の名前で発注され、16日に業者側から都庁に確認の電話があった。』
 
『また、14日に「舛添要一」の名前で発注された商品が、16日に都庁に届いた。開封しないまま返品したが、品名は「本、CD、DVD」と記載され、価格は1185円だった。』
 
シューマイについては業者側から都庁に確認の電話があったとのこと。
そのまま配達していたら「舛添都知事」が食っていたのではないかと思える今日この頃。
 
「本、CD、DVD」のほうは、それが本当なら、1185円はいかにも安い。
どんなモノか知らないが…。
舛添要一がどうであれ、こんなしょうもないイタズラはよせ。

いいね!(23)  |  リブログ(0)

テーマ:

【師走でもないのに僧りょ暴走 しかも無免許 朝倉署が容疑で現行犯逮捕】
http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/244753
『福岡県警朝倉署は12日、福岡県朝倉市、住職の男(51)を道交法違反(速度超過、無免許運転)容疑で現行犯逮捕した。調べでは、僧りょは同日午後0時40分ごろ、同市内を、制限速度を超えるスピードで、無免許で乗用車を運転した疑い。』
 
地元ネタでスミマセンm(_ _)m。
いくら座禅を組んだり、ありがたいお経を読んでも、何の功徳も積まない生臭坊主がいる。
無免許運転というのは、もともと免許を取得しなかったのではなく、免停中か以前に免取にあったのだろう。
  
  
【安倍首相が民進・山尾志桜里政調会長に「議会の運営を少し勉強してほしい」 キレた山尾氏は「男尊女卑政権だ!」】
http://www.sankei.com/politics/news/160516/plt1605160017-n1.html
『16日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相が、質問に立った民進党の山尾志桜里政調会長に「勉強した方がいい」と“忠告”する一幕があった。』
 
『山尾氏は今年1月の衆院本会議で首相が「政策を国民に提案することから逃げて、逃げて、逃げ回っているようでは、国民の負託に応えることはできない」と民進党を皮肉ったことに対し、保育士の処遇改善など議員立法による対案を示してきたことを説明し「なぜ私たちの提案から逃げて、逃げて、逃げまくっているのか」と述べ、首相が審議を拒否しているとの反論を展開した。』
 
『首相は「山尾委員は議会の運営を少し勉強してほしい。(法案を)国会に一度付託したら委員会で決めることだ」と国会運営のイロハを説明した。』
 (中略)
『興奮冷めやらぬ山尾氏は、首相の姿勢を「女性活躍政権ではなく、男尊女卑政権だ」と批判。首相は「誹謗中傷だ。議論をすり替えている。だから議論が軽薄になる」と非難した。』


不正会計問題から、逃げて、逃げて、逃げ回っている山尾志桜里が何を言う?
私は、いわゆる“安倍信者”でもなんでもないが、話の流れをどのように汲んでも「男尊女卑政権だ」という言葉につながるのか分からない。
 

社会のなかで男尊女卑の部分があるとしても、それがすなわち「男尊女卑政権」ということではない。

 
察するに、本来の保育士の処遇改善をすり替えって、自分の思い通りにならない理由を自分が女性であることに求め、勝手にヒスを起こしているのだろう。

いいね!(36)  |  リブログ(0)