NEW !
テーマ:

【なんでも鑑定団・国宝級茶碗に陶芸家「どう見てもまがい物」】
http://www.news-postseven.com/archives/20170123_486322.html
『今年で放送開始から23年目を迎える、テレビ東京の看板番組「開運!なんでも鑑定団」(火曜夜8時54分~)。常時2ケタ視聴率を記録する同局きっての人気番組に、思わぬ大騒動が持ち上がっている──。』
 
〈『なんでも鑑定団』始まって、最大の発見ですね〉〈国宝になっていたかもしれない大名品です!〉
 
『番組内でこう高らかに宣言したのは、レギュラー出演する古美術鑑定家の中島誠之助氏だ。』
 
『昨年12月20日の同番組では、世界に3点しかないとされる中国の陶器「曜変天目茶碗」“4点目”が新たに見つかったと放送された。』
 
『放送では、いつものように中島氏が虫眼鏡を用いてじっくりと茶碗を鑑定した。司会の今田耕司が「オープン・ザ・プライス!」と声をかけると、電光掲示板に示された数字は「25,000,000」。』
 
『だが、この大発見に異を唱える専門家が現われた。窯業で知られる愛知県瀬戸市在住の陶芸家・九代目長江惣吉氏である。長江氏が語る。』
 
『「番組を見ていて思わず絶句しました。どう見ても中国の商店街で売っているまがい物にしか見えなかった」』
 
『中国陶磁考古学・陶磁史の世界的権威で沖縄県立芸術大学教授の森達也氏も「実物を見ていないのでその点は不正確ですが、映像を見た限りでは本物である可能性は低い」と話す。』


 

Yahooのトップにあがるほど前宣伝も派手だった。
もちろん私には真贋が分からないし、たとえ本物であっても金額に換算した価値は分からない。
 
これが、少しばかり昔のブリキのおもちゃや未開封のプラモデルが、今ではマニアの世界で数万円、数十万円の価値があるという話であれば「ふ~ん」と驚くだけで終わる。
 
しかし、この「曜変天目茶碗」の鑑定は慎重に行うべきだったと思う。
説明を受ければ、素人にも分かる程度の悪い贋作の場合はまだ良い。
納得できなければ、他の鑑定士に再鑑定を依頼することもあるだろう。
 
問題が生じる可能性が高くなるのは、今回のように、一人の骨董商によって歴史を塗り替えるような“真作”の鑑定と値付けがなされる場合ではないか。
 
演出とは言え、虫眼鏡だけで「国宝になっていたかもしれない…」というのは、バラエティ番組の枠を超えている。

 

〈参考〉

https://www.youtube.com/watch?v=Alv5U05Trng

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【豪華マイホームに欠陥 家主の前で崩れる家】
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170117/00000043.shtml
『真っ二つに割れる壁。先月、滋賀県守山市で、ある住宅の解体作業が行われました。その様子をじっと見つめるのは家主の宮本敏明さん(68)。瞳から悔し涙が溢れます。一体、宮本さんの身に何があったのでしょうか?』
 
『宮本さんは欠陥に気付いた後、家を建てた工務店に手直しを依頼しましたが、途中で匙を投げられてなんと10年もの間、この状態で生活しているというのです。』
 
『そこで宮本さんは工務店などに対し、建て直しの費用や慰謝料など約1億7000万円を求め2009年に裁判を起こしました。裁判の証拠を残すため欠陥住宅に住み続けた宮本さん。しかし、7年にわたる法廷闘争の結末は驚くべきものでした。
 
『「工務店は宮本敏明に2411万円を支払え」(2審・大阪高裁の判決)』
 
『7年の裁判に宮本さんがかけた費用は約3000万円で、それにすら満たない結果でした。』
 
『多くの住宅訴訟に携わり宮本さんの代理人も務めた弁護士は、欠陥住宅の裁判で専門知識のない家主が業者と対等に戦うのは難しいといいます。』
 
『「率直に言うと、知識を持っていないお施主さんの場合、施工会社やハウスメーカーのほうが立場として強い。必要な補修費用についても、欠陥についても、業者は自らが建てた建物なので情報量は多いですね」(住宅問題に詳しい 神崎哲弁護士)』
 
欠陥の程度が凄まじい。
不可抗力の瑕疵ではなく、明らかなインチキ建築だろう。
これ、住宅問題に詳しく、多くの住宅訴訟に携わったという代理人弁護士も法廷では非力すぎたのではないか?
 

「率直に言うと、知識を持っていないお施主さんの場合…」と言うが、原告の宮本敏明さんは建築・建設の素人ではない。だから、完成する前に欠陥に気づいたのだ。

逆に言うと、なぜこんなインチキ工務店に依頼されたのかが不思議である。

私の四分の一は滋賀県守山市にルーツがあり、しかも同じ集落なのである。そのため、この件に関してかすかに話を仄聞している。

  
  
【人工関節を左右取り違え手術】
http://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/2063193931.html
『滋賀県守山市の県立成人病センターで、4年前、患者のひざの左右を間違えて人工関節を取り付ける手術ミスがあったことがわかりました。』
 
『県立成人病センターによりますと、平成25年12月、左ひざの関節の痛みを訴えていた70代の男性患者に人工関節を取り付ける手術をする前、50代の男性医師が、同じ日に同じような手術を予定していた別の患者のエックス線写真を見て、右ひざの人工関節を用意し、そのまま手術してしまったということです。』
 
『手術に立ち合っていた看護師らがミスに気付きましたが、医師はいったん取り付けた人工関節を外すと骨を傷めるおそれがあると判断し、そのまま縫合して手術を終えたということです。』
 
『センターは、医師を口頭注意処分とし、再発防止策として、患者の氏名などの確認を徹底するようにしたと説明していて、記者会見したセンターの宮地良樹病院長は「患者と県民の皆さんに不安を抱かせ申し訳ありません」と謝罪しました。』
 



 



→いくつかの疑問がある。
 
・脱臼の恐れがあり、患者自身が違和感があると言っていることに対して病院側が「日常生活に支障はない」というコメントは矛盾しているように思う。どの程度の動きを“日常生活”と考えるかによって見解は異なるのではないか?
 
・実際に過誤し、実害が出ているのだから「不安を抱かせ申し訳ありません」という言葉には違和感がある。
 
・口頭注意処分は妥当な処分なのだろうか?
 
・和解が成立したから公表したのだろうか?

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【トランプ氏が宣誓、第45代米大統領に就任】
http://www.afpbb.com/articles/-/3114869?cx_part=topstory
『ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領(70)は20日、就任宣誓を行い、米国の第45代大統領に就任した。』
 
『米首都ワシントン(Washington D.C.)の連邦議会議事堂前で行われた就任宣誓式でトランプ氏は、エーブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)大統領が使用したものを含む2冊の聖書に手を置き、「私、ドナルド・ジョン・トランプは、米大統領の職務を忠実に遂行し、合衆国憲法を保存し、保護し、守ることに全力を尽くしていく」と誓った。』


 
ライブ中継を見た。
歴代大統領の姿もあり、なかなか興味深かった。
連日のように日本のメディアは、トランプ氏の一挙手一投足に戦々恐々とした雰囲気を伝えるが、これはむしろ“見物”であり“機会”だろう。
 
こういう型破りの人物が各国にさまざまな要求や難題をふっかけるとき、その国がどのような対応をするのか、である。日本も他国から注視されるに違いない。
 
他国の大統領のことをとやかく言える立場はどこの国にもなく、どうであれうまくやっていく手立てこそ重要。「見かけ倒しの良い人」ではなく、「曲者」と思われる人物と渡り合えてこそ、本物の政治、政府ではないか。
  
当事国である米国はもちろん、日本をはじめ各国にとっての試金石となる。
 
 
【潘基文氏弟の拘束要求=韓国政府に米司法当局】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012100158&g=int
『米司法当局は、潘基文前国連事務総長の実弟パン・キサン被告=贈賄未遂罪で起訴=について、韓国政府に身柄の拘束と引き渡しを要求した。事件を担当する検察官が20日、ニューヨークの裁判所で開かれた審理で明らかにした。AFP通信などが伝えた。』
 
いったい韓国はどうなっているのかと思うときもあるが、過去から現在に至るまでなにも変わっていないという点に話は落ち着く。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【なぜ電子出版は軽視されるのか】
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1701/18/news056.html
『不調が続く出版業界の中で、唯一成長している電子出版市場。出版社が電子に注力する価値はありそうに見えるが、実際は業界内の電子への期待はまだまだ薄い。「売れない紙を大事にして、売れ始めている電子を軽視する」のはどうしてなのだろうか。』
 
私は実物を手にとったり、関連書籍を見たいために書店に行く。
一方、電子出版についても決して軽視はしていない。

このようなユニークな出版社もあり、楽しみである。

【あたま出版】

http://atama-pub.net/


 
ただ、少しまだ成熟していないと感じるのは媒体の問題である。
スマホの画面では読みづらく、そうかと言ってタブレットやパソコンを普段から持ち歩くわけにもいかない。
それが安価に解決できればもっと広がりを見せるだろうし、ありがたいのだが…。
 
 
【天下りあっせん、30件前後 監視委調査に証拠隠しも】
http://www.asahi.com/articles/ASK1M76MRK1MUTIL04G.html
『文部科学省が同省前局長の早稲田大学への「天下り」を組織的にあっせんした疑いがある問題で、他にも疑わしい事例が30件前後あることがわかった。さらに、同省が内閣府の再就職等監視委員会の調査に対し、あっせんの証拠を隠すような行為をしていたこともわかり、松野博一文科相は前川喜平事務次官や当時の人事課長を含む幹部ら計7人を懲戒処分にし、前川次官を辞任させる方針だ。』
 
文科省の役人が大学に「天下り」する。
少子化、大学全入時代と言われても大学や何の意味かわからない学部学科が増えるのは、結局、自分たちの天下り先をつくっていることにほかならない。
また、メディア関係者もそうだ。
 
たとえば、これを報じる朝日新聞にしても、かの植村隆をはじめ、元新聞記者が大学などの教職員として「天下り」するケースはいくらでもある。
 
得意を活かして食い扶持を見つけるのは誰にでも必要なことなので、一面的に批判すべきではないのだが、「おまえが言うな」という感覚は残る。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【センター試験 電卓「不正」6人勘違い? 検定は使用OK】
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0358592.html
『15日に実施された大学入試センター試験で、道内の受験生6人が試験場への持ち込みが禁止されている電卓を使い、不正行為と認定された。関係者は「試験対策の事前講習や民間の簿記検定で電卓を使うことがあるため、勘違いしたのではないか」との見方を示している。大学入試センターは今後、所持品について周知を徹底するとともに、不正が起きた試験会場の状況も調べ、再発防止を図る方針だ。』
 
この件に関して「受験生がカワイソウ」「学校はきちんと指導をしなかったのか」「監督者はなぜ試験前に注意を促さなかったのか」という声が多いことに驚いた。
 
・電卓を使用しない簿記の問題などありえない。
・現実離れした試験問題だ。
 
また、上記の2つの批判が目立った。
実際の試験問題を見て、私もそう思ったが、擁護する理由にはまったくならない。
 
最高学府である大学に進学しようかという者が、所持品の不可否を自分でしっかり確認していない時点で失格である。
大学受験は、その日までの体調管理を含めて本人に関する問題はすべて本人の責任である。
当たり前のことではないか。

 

 

【竹刀で生徒の頭たたく=剣道部顧問を停職-千葉】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011800787&g=soc
『千葉県鴨川市立の中学校で剣道部の練習中、竹刀で部員の女子生徒の頭をたたき体罰を加えたとして、県教育委員会は18日、剣道部顧問の男性教諭(39)を停職6カ月の懲戒処分にした。生徒は33日間入院し、現在も通院中。顧問は「生徒の集中力が途切れ、かっとした」と話しているという。』
 
『県教委によると、顧問は昨年11月1日午前7時40分ごろ、剣道場で素振りをしていた2年の女子生徒の態度に不満を持ち、正座させて竹刀で頭や首をたたき、喉を突くなどの体罰を行った。女子生徒は脳振とうの疑いなどで4週間のけがをした。』
 
剣道の経験者であれば分かることだが、防具を着用していても脳天に竹刀が振り下ろされると脳震盪を起こす。
 
私が小学生の頃、大人の先輩に稽古をつけてもらうことがたびたびあった。
私の竹刀は3尺6寸、相手は3尺8寸か3尺9寸。
背丈は10~15cmも違うので、面を振り払おうとしても切っ先はどこかに当たる。これが強烈に痛い。
 
あるとき、理由は分からないが(多分、生意気に思われたのだろう)、子供の私に対して反則技の「突き」を入れる人がいた。
 
小学生用の防具は「突き」を想定してつくられておらず、隙間からまともに喉を突かれた格好である。その場でもんどり打って苦しんだ。
竹刀は見かけより威力がある。
  
剣道だから竹刀で叩きまくって良い、柔道だから投げまくって良いということではない。
相手が無抵抗なら、ほとんどリンチである。
 

顧問は「生徒の集中力が途切れ、かっとした」などと言っているが、武道で最も重要な「平常心」はどうした?

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【トランプ氏演説、小6レベルの文法を駆使】
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170118-OYT1T50029.html
『ドナルド・トランプ次期米大統領の「言葉」は、専門家たちにはどう聞こえているのか。』
 
『20日に迫った就任演説を前に、ポイントを聞いてみた。』
 
『大統領の言葉といえばリンカーン、ケネディなど歴代大統領の高尚な演説が有名だが、最近は「Plain spoken(率直な物言い)」の方が有権者受けがいいとされる。』
 
『カーネギーメロン大が昨年3月に公表した大統領選候補者の英語研究では、トランプ氏の文法は小学6年生レベル。ちなみに民主党のヒラリー・クリントン氏は日本の中学1年生に相当する「7年生」と評価された。』

 

  
トランプ氏を称えるという意味ではないが、分かりやすい言葉使い、印象に残る表現力、言い換えれば『説得の技術』は、指導的立場にある者にとって必須だと思う。
私のように英語が苦手な者でも、トランプ氏の演説の動画を見聞きして、おおよそ何を言っているのか把握できた。
 
オバマ大統領も「Tonight」「People」「Naition」、そしてオバマ氏の代名詞ともなった「Change !」「Yes We Can !」など、ごく初歩的な単語や単純な掛け声が人心を掌握したと言える。
 
トランプ氏の突拍子もない発言のために誤解されそうだが、当然ながら、「分かりやすい=品がない」ということではない。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【ジャンパーに生活保護「なめんな」、市職員訪問】
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170117-OYT1T50059.html
『生活保護受給者の自立支援を担当する神奈川県小田原市の複数の職員が、「保護なめんな」「不正を罰する」などと、受給者を威圧するような文言をプリントしたジャンパーを着て各世帯を訪問していたことがわかった。』
 
『ジャンパーの背面には「我々は正義だ」「不当な利益を得るために我々をだまそうとするならば、あえて言おう。クズである」などの文章が英語で書かれている。』



  
こういう職員に限って、不正受給していそうなヤクザや本物のクズのところでは愛想笑いを浮かべているのだろう。ローマ字や英語で書いている点からも単なる優越感であることが分かる。
 
 
【竹島慰安婦像計画に政府が抗議 菅義偉官房長官「受け入れられず、極めて遺憾」】
http://www.sankei.com/politics/news/170117/plt1701170032-n1.html
『菅義偉官房長官は17日の記者会見で、韓国・京畿道議員団が竹島(島根県隠岐の島町)で慰安婦像設置を計画していることについて「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らしても受け入れられず、極めて遺憾だ」と述べ、韓国側に抗議したことを明らかにした。岸田文雄外相も記者会見で「受け入れられない」と反発した。』

 

 

慰安婦像の問題と領土問題を混同させる極めて悪質な行動である。
この韓国の議員らの表情は、日韓両国の混乱を楽しんでいるようにしか見えない。
韓国国民は自国がどんどん取り返しのつかない方向に向かっていることに気づかないのだろうか?もちろん日本もそうだ。甘い対応をしつづけた結果がこれである。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【世界で最も誠実なのが日本、不誠実なのが中国=英国の調査結果に中国ネットは「全くその通り」「誠実かどうかは政府を見れば一目瞭然」】
http://www.recordchina.co.jp/a160565.html
『2017年1月10日、中国の掲示板サイトに、英国が行った誠実さに関する調査結果を紹介するスレッドが立った。』
 
『最も不誠実だったのはトルコで、中国が続いた。このほかのテストでも中国はうそをつく割合が高く、総合的に中国人の誠実度は最低で、日本人と英国人が最高だったとした。』 

  
『これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。』
 
「この調査結果は全くその通りだと思う」
「文明社会と原始社会の違いだな」
 
「われわれには最低ラインがなく、恥も知らない。天下無敵だ」
「臨機応変、これこそ中国人がこの世界で生き抜くための勝利の法則なんだ」
 
「ある国の人が誠実かどうかは政府を見れば一目瞭然」
「学校に通ったことがある人なら知っているが、クラスメートはみんなテストでカンニングをしていた」
 
「中国はペテン師が増える一方」
「いずれにしても一番だからいいじゃないか」
 
この類いのテストの確度は分からないし、まあ、順位などどうでも良いのだが、ここで挙げられた中国人ネットユーザーは、なかなか素直で誠実ではないか。すがすがしさすら覚える。

 
「われわれには最低ラインがなく、恥も知らない。天下無敵だ」
その通りだと思う。
 
 
【元名大生側、無罪主張=女性殺害、同級生らにタリウム-責任能力が争点・名古屋地裁】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011600020&g=soc
『名古屋大の元女子学生(21)が知人女性を殺害し、劇物の硫酸タリウムを高校の同級生らに飲ませたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた事件の裁判員裁判の初公判が16日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)であり、弁護側は「精神障害の影響で責任能力はなかった」無罪を主張した。』
 
『起訴状によると、元学生は仙台市の高校に通っていた2012年5~7月、同学年の生徒2人の飲み物に硫酸タリウムを混ぜて飲ませ、傷害を負わせたほか、名大1年だった14年12月に名古屋市のアパート自室で、知人の森外茂子さん=当時(77)=を手おので殴り、マフラーで首を絞めて殺害したなどとされる。』
 
『弁護側は、発達障害で他者の心情への想像や共感がなく、タリウムの中毒症状や人が死ぬ過程を観察することに「抑止力が全く働かなくなり、一直線に行動に移した」と説明。刑事責任は問えないとして、医療観察法に基づく処遇を求めた。』
 
「他者の心情への想像や共感がなく…」というのは、被告の元学生本人ではなく、この弁護屋のことだろう。
これだけの罪を犯して「責任能力がなかった」で済まされたら社会の秩序など維持できない。
〈精神障害〉〈発達障害〉といった『言葉』を言い訳に利用するのはよせ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【地蔵菩薩、盗まれる 彦根・長曽根南町】
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170114/CK2017011402000015.html
『彦根市長曽根南町の地蔵菩薩(ぼさつ)が何者かに盗まれ、地区の自治会が十三日、彦根署に盗難の被害届を提出した。ほこらに「日本死ね」と書かれた落書きがあることも新たに分かり、署は関連を調べている。』
 
『この日、署員が調べたところ、ほこらの側面や正面の柱に、くぎのようなものを使って「日本死ね」と書かれているのも見つかった。市内の寺社仏閣では昨年十一月、鳥居や門に「日本死ね」などと落書きされる被害が相次いだ。今回見つかった落書きは、いつ書かれたかは分かっていない。』
 

 

今後も、「日本死ね」などという言葉は、別の意思を持ってこのような使われ方をしていくだろう。そして愚かな言動に間違った正義感を与えることとなる。
   
昨年十一月に彦根市の寺社仏閣で「日本死ね」の落書き被害が相次いだという。
 

流行語大賞の発表が十二月。
そして年が明けて今が一月。

 
良くない流れである。
 
 
【恐竜王国支えるスーパーウーマン 化石を正確に判別、県立恐竜博物館】
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/dinosaur/113148.html
『貴重な恐竜化石を次々に発見し、年間90万人超が訪れる福井県立恐竜博物館(勝山市)。岩石の中に埋もれた化石を取り出す「化石クリーニング」に取り組むのは、恐竜の研究職員ではなく同県大野、勝山の女性たちだ。侮るなかれ。彼女たちは岩か化石かを正確に見分け、削岩機をミリ単位で動かすエキスパート。奥越の女性たちの技が恐竜王国を支えている。』
 
これは遺跡発掘作業を見ていても同じことを思う。
福岡県では至る所で発掘が行われているが、モンペを履き、ホッカムリに麦わら帽姿の女性が大勢、活躍している。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【誘拐の赤ちゃん18年ぶり発見=「育ての親」逮捕-米】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011400084&g=int
『米南部フロリダ州ジャクソンビルの病院から新生児だった1998年に誘拐された女性が、約300キロ離れた南部サウスカロライナ州ウォルターボロで18年ぶりに見つかった。女性を育てたグロリア・ウィリアムズ容疑者(51)は誘拐容疑で逮捕された。ABCテレビなどが13日報じた。』
 
『女性は出生から数時間後に看護師を装った女に連れ去られ、行方不明になった。昨年、サウスカロライナ州にいるとの情報が当局に寄せられ、別名で暮らすこの女性を発見。今週実施したDNA鑑定で本人と確認された。地元警察によると「健康状態は良好」という。』
 
『実の母親は、わが子が発見されて非常に喜んでいるという。ただ、18歳は米国では成人となるため、実の両親に会うかなどは女性本人が決めることになる。
 
実の母親の喜びは理解できる。
ただ、誘拐犯を母親と信じて生きてきた女性が、犯人と良好な関係だったのなら、その被害女性にとっては複雑な心境だろう。また今後、さまざまな難題も起こりそうだ。
もちろん、その責任と罪は誘拐犯の女にあるのだが…。
いいね!した人  |  リブログ(0)