NEW !
テーマ:
【死迫る患者に好きなたばこを…全面禁煙除外要望】
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170227-OYT1T50063.html
『死が迫る患者に好きなたばこを楽しむ時間を――。』
 
『政府が今国会に提出を予定している健康増進法改正案で、医療機関の敷地内が全面禁煙となる方針であるのに対して、がん患者が最期の時を過ごす緩和ケア病棟での喫煙を例外的に容認するよう、緩和ケア医らが求めている。同法改正案は、非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙を防ぐのが目的。』
 
『厚生労働省は「患者が集まる医療機関は配慮が特に必要」と説明する。』
 
『同協会の約200施設が答えた調査では16%の施設が病棟に喫煙所を設けていた。他に、玄関横やベランダでの喫煙を認める施設もある。志真泰夫・同協会理事長は、「残り時間の少ない人を追い詰めるのはいかがなものか」と訴える。』
 
昨日のエントリーと密接な関係のある話題で、しかも正反対の主張。
 
私は健康を追求し推進する立場であり、決して喫煙も受動喫煙も良しとする考えではない。 
厚生労働省の指針も正しいと思う。だが、法律で許されているたばこを吸う権利もある。
 
ここで重要なのは、第三者の「説得」と本人の「納得」はまったく別物であるということ。
一括りに指す“患者”の状態が異なるために議論のすれ違いを生じているのである。
 
末期がんの痛み止めに使うモルヒネの中毒を心配するようなもので、死が遠くなく迫っている人からまで、たばこを取り上げなくていい。
 
最期に向かう途上の苦痛を減らし、残りの時間を他人に迷惑をかけない範囲で楽しむことも「健康」のうちである。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【小規模「居酒屋」も禁煙方針】
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00350853.html
『受動喫煙防止のため、飲食店を「屋内禁煙」とする新しい法案で、喫煙を認める「例外」は、小規模のバー、スナックに限り、「居酒屋」や、おでん、焼き鳥などの店は、喫煙を認めないことが、FNNの取材でわかった。』


 
喫煙しない私にとってはどうでもいいのだが、こんなしょうもない決まりを作り始めたら、やがて「焼き鳥屋などPM2.5を発生させる店は営業禁止」と言い出すことになる。
 
ベテラン医療関係者の悪友が言う。
 
「最近の若いモンはあかん。酒は飲まん、タバコは吸いよらへん、ギャンブルもしよらん。カネがかかるっちゅうてクルマにも乗りよらへん!風俗にすら興味なしや!」。
 
「そのすべてを極めてるおまえが何を言う?わしはクルマを仕事で使う以外はどれも当てはまらんぞ」。
 
「おっさんは、自分でコントロールしてるからええんや。そやのうて、何のストレス発散もせんでええようなヤツは、所詮、ストレスが溜まらん程度の仕事しかしよらんのじゃ。そんなカスみたいな生き方、何がおもろいっちゅうねん」。
 
普段はあほな男だが、一理ある。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【沖縄巡る番組、MX側「大きな問題ない」 BPOへ報告】
http://www.asahi.com/articles/ASK2S51XYK2SUTIL02J.html
『沖縄の米軍基地反対運動を一方的な立場で伝えたとして批判が上がっている東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組について、同局が放送倫理・番組向上機構(BPO)に出した報告書の内容がわかった。大きな問題はなかったとする一方、誤解を生む余地があったことは遺憾だとしている。制作の経緯も明らかになった。』
 
『報告書は今月3日付でBPOに提出された。1月2日放送の「ニュース女子」について「事実を曲げた捏造(ねつぞう)やデマを報じるものではない」と説明。具体的な事実や取材に基づいて制作、放送し、放送法や放送基準に準じた妥当なものだとの認識を示した。特定個人や団体の名誉毀損(きそん)、差別、誹謗(ひぼう)中傷に当たる内容も「確認できていない」としている。』


 
話題になってからだが、私もこの回の「ニュース女子」を見た。
正直なところ、報道というレベルには達していなかったと思う。
反対派の集団を遠巻きに撮しながら、リポートをしている井上和彦氏がその凶暴性を暗示するばかりで、隔靴掻痒の印象は否定できない。
 
ジャーナリストを自称するなら、一方聞きのインタビューではなく「テロリストみたい」と名指す相手にも取材すべきではなかったか。少なくともこればかりは残念である。
 
もちろん、反対派に偏って一方的な話を垂れ流す地元メディアや、事実を把握していながら「さわらぬ〇〇に祟りなし」とばかりに無視をする大マスコミより、一歩を踏み出そうとする姿勢は評価したい、いかんせん、決定打にかける中途半端な内容だった。
 
スタジオの討論も居酒屋会議風で、建設的ではなかった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【廃棄PCのHD流出 美濃加茂の中学校】
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170224/201702240839_29077.shtml
『岐阜県美濃加茂市教育委員会は23日、市内の中学校で使用され、業者に廃棄処分を委託したパソコンの内蔵ハードディスク(HD)1台がインターネットのオークションで落札され、HDに生徒ら約750人分の名前のデータが残っていた、と発表した。流出経路を調べ損害賠償請求も検討している。』
 
『廃棄処分を請け負ったのは学校教育向け情報システムを取り扱う名古屋市の企業。取材に対し、学校から引き取ったパソコンは複数の産廃業者に破壊処理を委託したが、このうちの1業者がHDを有価物として破壊せず、HDがオークションにかけられた可能性がある明らかにした。』
 
『名古屋市の企業の社長は「産廃業者とは全てのパソコンを粉砕によって破壊するよう委託契約していた。有価物として扱われているとは気が付かなかった」と話し、適正に処分が行われなかったことを謝罪した。』
 
たまたま落札した人が正直に連絡して発覚したことであり、流出したハードディスクが1台とは限らない。まったく油断も隙もないな。

もし、生徒の情報が流出してしまえば、おおもとの中学校はどのような対応をするのだろうか?
 
パソコンの処分方法なら、議員センセイがあまり良くない手本を示している。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【NASA、7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見 3つは生命存在可能】
http://sorae.jp/030201/2017_02_23_nasa.html
『これまでもさまざまな生命の存在が可能な惑星「ハビタブル惑星」が発見されてきましたが、今回はさらなる快挙です。NASAは2月22日、地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。』
 
『この赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する系外惑星のうち、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」に相当。地球外生命体の存在の調査が期待されます。』




素晴らしい発見!
意外に距離が近いことにも驚いた。
もし3つの惑星に高度な知能を持つ生物が住んでいたら、どんな暮らしをしているのか、非常に興味深い。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【民進 テロ等準備罪に反対の見解まとめる】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170222/k10010885411000.html
『民進党は、政府が「共謀罪」の構成要件を厳しくして新設を目指す「テロ等準備罪」について、一般市民も処罰の対象になりかねないうえに、基本的人権を侵害する可能性が極めて高いなどとして、反対する見解をまとめました。』
 
『政府は、組織的なテロや犯罪を防ぐための「国際組織犯罪防止条約」の締結に向け、犯罪の実行前の段階での逮捕などを可能にする「共謀罪」の構成要件を厳しくして、「テロ等準備罪」を新設する法案を今の国会に提出する方針です。』
 
『これについて、民進党は21日、「次の内閣」を開き、現時点での党の見解をまとめました。』
 
民進党のリクツが分からない。
テロ組織やテロ犯罪者と一般市民は別々に存在するのではなく、誰であろうともテロを企て、組織化すれば「テロ組織」になるし、実行する者は「テロリスト」ではないか。
テロ等を準備する者は、相応の処罰が必要。
 
なお、心配しなくとも、民進党に託される「次の内閣」は無い。
 
 
【釜山の慰安婦像に「安倍政権の対応を謝罪します」のはがき、韓国メディア報じる 差出人が「朝日新聞記者と同姓同名」とネットで話題】
http://www.sankei.com/entertainments/news/170222/ent1702220008-n1.html
『韓国・釜山の日本総領事館前に設置されている慰安婦像に、安倍政権への批判や慰安婦を支持する文面の手紙やはがきが複数置かれたとする報道があり、はがきについては差出人が「朝日新聞記者と同姓同名同漢字」と、ネット上で話題になっている。ネット情報について、朝日新聞は「質問にお答えする立場にない」としている。』
 
たしかにこういう噂や話題に対し、朝日新聞としては「質問にお答えする立場にない」だろう。
あとは、朝日新聞が得意のファクトチェックで明らかにすればよい。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【民進・後藤祐一氏、防衛省職員にパワハラか】
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00350451.html
『民進党の後藤祐一衆院議員が、防衛省の女性職員に対して、「お前の人事評価を下げてやる」などと、パワハラともとれる言動をしたとして、稲田防衛相は、後藤議員に抗議したことを明らかにした。』
 
『政府関係者によると、後藤議員は先週16日、PKO部隊の日報問題で、議員会館の自分の事務所を訪れた防衛省の30代の女性職員に対し、机をたたきながら「戦闘という言葉が入った日報を総理は見たのか」、「お前の人事評価を下げてやる。お前なんかクビにできる」などと、威圧的な言動を繰り返したという。』

 

 

後藤祐一は、もともとこういうやつだ。
 
【民主・後藤祐一氏に禁酒令 「釣り銭受け取る法的根拠は何か!」泥酔してタクシー運転手に難癖、警察沙汰に】
http://www.sankei.com/politics/news/150604/plt1506040020-n1.html
 
今回も酒に酔っ払っていたというのか。
 
防衛省は、「後藤祐一から一方的に理不尽な戦闘を仕掛けられた」と日報に記すべきだろう。
念願の『戦闘という言葉』が入ったではないか。
 
それはさておき、これはもう完全な脅迫罪である。
議員バッジをつけたヤクザだと言っても過言ではない。
 
 
【小金井女子大生刺傷事件初公判…被告へ「死んでしまってほしい」】
http://www.hochi.co.jp/topics/20170220-OHT1T50277.html  
『証拠調べでは、冨田さんの供述調書が検察官によって読み上げられた。全身をメッタ刺しにされた冨田さんは、顔や首、右肺など大きな傷だけで34か所あり、口元はまひし、食事や会話にも支障があるという。』
 
『全身の傷だけでなく、女優、歌手になる夢も砕かれ、心にも傷を負ったという冨田さんは「(岩埼被告が)“死んでしまいたい”とツイッターで書いてましたが、自分で言っている通り、死んでしまってほしい。できないなら、一生刑務所に入っていてほしい。そうでないと私を恨み、(出所後に)また殺しに来る」と厳罰を望んだ。』
 
事件前後の警察の対応もひどく、岩埼友宏の弁護人もクズそのものである。
犯人の岩埼友宏が用意周到に犯行を準備し、「死ねっ。死ねっ。死ねっ」と被害者をナイフで動かなくなるまで何度も刺しているにも関わらず、「計画的で強固な殺意はなく、突発的なものだった」とヌカす。
 
被害者が置かれた状況で、「死んでしまってほしい」は嘘偽りのない率直な気持ちなのは理解できる。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【名鉄「香りバス」に異論 化学物質過敏症の患者団体】
http://www.asahi.com/articles/ASK2M5CR4K2MOIPE00D.html
『名鉄バス(名古屋市)が昨年11月から運行している「香りバス」に疑問の声がでている。夜行バスの乗客にリラックスしてもらおうと始めたのだが、「化学物質に敏感な乗客が利用できない」と患者会から再考を求められた。
 
『名鉄バスは、車両の出入り口付近にアロマ発生器を設置したバスを計3台導入した。ドアの開閉と同時に香りが生じる仕組みで、昨年11月19日の名古屋―福岡線を皮切りに3路線で走らせている。』
 
『この取り組みに対し、患者らでつくる「化学物質過敏症あいちRe(リ)の会」(名古屋市)が14日、名鉄バスに見直しを求めて質問書を提出。「化学物質過敏症の患者ら、香料で健康被害を起こす人もいる」「夜行バスは代替手段がなく、特定の人たちが排除される」などと訴えた。名鉄バスの担当者は「質問書の内容を吟味し、今後の対応を考えたい」と話している。』
 
私は以前、化粧石鹸の開発に携わり、化粧品製造販売業の総括責任者だった。香りについても多少は知らないといけない立場で、アロマテラピーについても勉強をしていた。柄にも無く、アロマテラピーアドバイザーの資格を持っている(笑)

 
そのようなわけで「香りバス」という言葉に反応したのだが、こればかりは好き好きだ。
香りが好きな人も苦手な人もいる。
 
無論、化学物質過敏症の方々にとっては、好みの問題ではないことは十分理解できる

  
ところで、化学物質過敏症の方がこの夜行バスを利用する頻度はどのぐらいなのだろうか?患者会の誰かが実際にこのバスに乗車して、感じたことなのか今ひとつ分からない。

  
【化学物質過敏症 あいちReの会】
『名鉄バスアロマ香料使用についての公開質問書 、朝日新聞で取り上げられました。』
http://blog.canpan.info/aichirenokai/
 
本当の目的は、注目を集めることのように見える。

 

化学物質過敏症についてもっと世間が注意すべしということだと察するが、私企業にすぎない名鉄バス、しかもたった3台しか導入されていないにも関わらず、『見直しを求めて質問書を提出』とまで踏み切るのは、逆に自分たち以外の存在を否定することにならないか?
 
世の中にゼロリスクはなく「香料で健康被害を起こす人もいる」とまで言われてはどんなプラニングも出来なくなる。

 

少数の意見を尊重することと、そのひとつの正論を盾に、全体を統べることは全く違う。最近の、「なんでも反対!」の風潮に“息苦しさ”を感じる。

 

妥協案として、運行表に「香りバス」の車両についてはその旨を表示すればよいのではないか。もっとも、「香りバス」が乗客に支持されていればのことだが…。

  
なお、本来のアロマテラピーではアロマ香料合成物は一切使わない。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』呉座勇一著 硬い「室町もの」が異例の大ヒット】
http://www.sankei.com/life/news/170218/lif1702180013-n1.html
室町時代から戦国時代への転換点として名高い応仁の乱全国の大名を巻き込んで11年も続いた大事件ながら、あまりにややこしい経緯のためか、歴史的重要性の割に詳しい内容が知られていない。
 
『この大乱に挑む著者は、国際日本文化研究センター助教で新進気鋭の中世史家。2つの大名連合の勢力争いを中心に、多数の参加者の間で合従連衡が繰り返された複雑な戦争を描くにあたり、本書は同時代を生きた奈良・興福寺の高僧2人の日記に視点を置く。一定の観測点から叙述するという技を使うことで、高い学問的水準と読みやすさを両立させている。』



 

京都人にとって、「この前の戦争…」「先の大戦…」は、「応仁の乱」や「蛤御門の変」を指すと語られるが、一般庶民においてそのようなことはまずない。
 
ただし、壊滅的な被害を受けた傷跡は確実に残っており、一部の人の記憶には、まるで遺伝子のごとく刻まれている。
 
私の友人の一人が不動産を取り扱っているが、昨年、こんなことがあった。
 
有名な観光寺の住職が、日本列島で突然、起きる天災に備えて、事務仕事をするための部屋を探しているとかそういう事情で打ち合わせをしていたそうだ。
 
住職曰く、「うちの本堂もこないだ火事におおたしなぁ…」。
 
「えっ、ホンマですか!」。
 
住職:「えらい被害やったワ」。
 
(不動産を生業にする者にとって、地元の名所旧跡が大きな災害に遭ったこと、況や自分のお客様が火災被害に遭ったことを知らないなど、まったく不名誉で、しばし言葉が出なかったらしい)。
 
「何も存じませず、失礼しました。それは何年ほど前のことでしょうか?」。
 
住職:「550年ほど前。『応仁の乱』の時ですワ」。
 
吉本新喜劇なら舞台で全員、ズッコケる場面だろう。
しかし、決して大げさではなく、時折、このような逸話が語られる。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【正男氏殺害、女はだまされ犯行関与か 知人ら「信じられない」】
http://www.afpbb.com/articles/-/3118299?cx_part=topstory
『北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された事件をめぐり逮捕されたインドネシア人の女について、インドネシア当局は17日、人々にいたずらを仕掛けるテレビ番組に出演中であると思い込まされて犯行に及んだとの見方を示した。』
 
『だがインドネシアのティト・カルナビアン国家警察長官は、事件に関連し逮捕された容疑者3人のうちの一人であるインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)について、隠しカメラでいたずらの様子を撮影する「ドッキリ番組」に出演していたと思い込まされていたと述べた。』
 
『カルナビアン長官は同国メディアに対し、アイシャ容疑者は過去にも3、4回にわたり、金銭と引き換えに人の目に向けて液体を噴射するいたずらを別の女性と共に仕掛けた経験があったと説明。正男氏を標的とした依頼では、「有害な物質」が使われたと述べた。』
 
『アイシャ容疑者の元夫の父親(56)は、ニュースを聞き「ショックを受けた」といい、「あれほど人柄の良い人が、こんなことをするわけがない」と語った。また元隣人の女性(25)もAFPに対し、「彼女はいたって普通の人だったので、とてもショックを受けた。全く信じられなかった」と語った。』
 
情報が錯綜しているうえに、それぞれの国の利害関係が絡んでいるので真相は不明のまま適当に話が作られていくように思う。
 
私の感覚では「人柄の良い人」「いたって普通の人」『金銭と引き替えに人の目に向けて液体を噴射するいたずら』をするというのはイメージと乖離がある。
 
その一方、日本でも何か大きな事件を起こした犯罪者のなかには、「まさか、あの人が…」というケースもなくはない。
 
そうかといって、鍛え抜かれた本物の工作員でもなさそう。
いいね!した人  |  リブログ(0)