シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?

~マインドフルネスNLP:深層心理を解きほぐす自由への心理学~

宝石紫ホリスティック心理セラピーとは

=ヨガや呼吸法や瞑想や心理療法とヒーリング
を融合したマインドフルネスNLP

ヒーリングでもあり、心理セラピーでもあり、
心理カウンセリングでもあり、コーチングでもある。

難しい技法など使わずにすべてが
ホリスティックに融合した新しい感覚のセラピーです。

脳や神経系統への直接的な働きかけにより、
さまざまな強制的な‶枠組み”から
解放され自由な人生を歩めます。

東京・仙台・福岡・大分を中心に個人セッションやホリスティック
心理セラピーの講座やマインドフルネスNLP講座や瞑想会など
全国で活動しております。


グーグル、Facebook、インテルなど多くの先進企業が心のトレーニングを取り入れるようになってきています。

近年、生活環境において私たちはパソコンなど多くの電子機器を多用し、プライベートでも携帯やスマートホンやテレビなどから目を離せない環境下にいます。

これは、いままで人類史上に観られない状況にあり、私たちの脳の中心部にある視床下部や下垂体や脳幹などへの刺激過多になっているといっていいでしょう。

そのため、外からの刺激に過敏に反応してしまったり頭に血が昇ったり、胸がムカムカしたりさまざまな感情に振り回され何らか強い情動が湧き上がりやすくなっています。

そうなっていれば失言してしまったり視野が狭くなって冷静な判断ができなくなってしまうことも少なくありません。


このような生理反応は、私たちが原始時代から身に着けていた自分の生存本能に基づく闘争逃走反応というもので、生命を脅かす出来事に反射的に行動するために必要不可欠なものでした。

ただ、現代社会では生きていくためには、それはそぐわない。

そのため脳もパソコンと同じようにデフラグして最適化し、過剰に負荷がかかっている脳や内臓や脊椎などを調整しリフレッシュさせる必要があるのです。


そしてマインドフルネス(今この瞬間に意識を向ける)ための身体のリバランスすることで、本来の自分らしさを取り戻し、さまざまな問題から解放されていきます。

プロカウンセラー・セラピスト・気功師・整体師など多くの癒しのプロがセラピーの質の向上を目的にハカラウやホリスティックセラピーを体験しています。

癒しのプロでなくても
宝石赤健康面で悩みを抱えている
宝石赤仕事や家族や恋人との関係がうまく行ってない
宝石赤人前であがってしまう・自信がない
宝石赤頑張っているのにうまくいかない
宝石赤頼まれると断れず何でも抱え込みすぎてしまう
宝石赤うれしいとか悲しいとかの感情が希薄だ
宝石赤ちょっとしたことで動揺してしまう
宝石赤いつもイライラしていて怒りやすい
宝石赤心を開いて人と付き合えない
宝石赤人生がむなしい
宝石赤何のために生きているのか?その使命を知りたい
宝石赤プロヒーラー・プロセラピストになりたい

そういった方もさまざまな事を手放し本来の自分を取り戻し、望ましい人生を創造するようになります。

ホリスティック心理セラピー 心理療法家 竜二

ホリスティック心理セラピーに脳のクレンジング「アクセスバーズ®」を取り入れました。
1日講座の案内など脳のクレンジング専用のブログを立ち上げました。

バーズ

$シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-kuroneko おすすめ記事!$シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-kuroneko

●見つめるだけで寝かせてしまう?
●男らしさと女らしさの見破り方!('-^*)/
●なぜダメな男を好きになるのか?   ●怒りって無責任?
●なぜ自分のまわりには聞く耳をもたないひとが多いのか?


 読者になる

NEW !
テーマ:
6月16日、今回のインドでの意識レベルを上げるための「修行」が始まった。

ぶり

会場に入ると前回まではテーブルつきの椅子だったものが、

机
ミカン箱の底をとったかのような形のテーブルに座椅子といった
ものに変わっていた。

まあ日本人にとっては、こういった感じは慣れているけど。
西洋人にはどうだろう?
なんてことを思ったモノだが、
どうやら取り越し苦労だったようだ。

熱い季節のはずだったんだけど
ソファ
比較的穏やかな空気が流れ

理恵なじむ
パートナーもこの環境に随分馴染んだ感じがしたものだ。

6月末までここに居て
7月末にまたここに来る。


額に(^-^)
う~ん。そろそろリゾート気分で普通の海外旅行をしたいものだと
ふと思ってしまう。

自称「破戒僧」の竜二 です。



内側に感情があるとき
それを抑え込まなかったとしたら
溜息とか
怒声とか
悲鳴とか
笑いとか
または上のように言葉で表現でいないものとかで
自然に音として表現されるもの。

それが本来の自然の状態です。

赤ちゃんのとき
誰もがそれらを気の向くままに自然に表現していた。

強い感情的な反応はそのまんま表現されていた。



だけど
少し成長すると

騒いじゃいけない!とか
静かにしてなさい!とか
大人に諭されて
素直な子供ほど抑えることを身につけます。



音としてその感情が響くとき
生まれたエネルギーはそのまんま表現されていく。


物理の法則には
エネルギー保存の法則っていうのがあって
もし、生まれたエネルギーが表現されなかったとしても
そのエネルギーは、消えることはありません。

もし、表現しなかったとしたら…。
表現されるべき音の行く先は?
どこにいくのだろう?

それは、音で表現するよりも
低い周波数レベルで別の表現をするようになります。



感情って声や振る舞いに一切表現されなかったら
観えるものじゃあないですよね。

観えないもの多くは、観えるものよりも周波数が高いです。

本来観えないものとして表現されるはずだったものが
表現されない時、その周波数は低くなっていき、
それがたまることで目に観えるようなものへと
表現方法が変わっていきます。

抑え込んだ感情の多くは否定的なものですから
否定的な物質化が起こることになります。
それが病気というものなのでしょう。



もし今、ため込んでいる感情に心当たりがあるのなら
その感覚的反応をみてみましょう。



例えば怒りのようなものを感じているのなら
胸の上部が熱くなるような感覚や
両腕の皮膚がチリチリするような感覚や
腹まわりが熱くなるような感覚など
人によってそれぞれ身体の反応がありますが
それが感覚的反応です。



その感覚を思い出したら
意識を広げていきます。

ここでいう
意識を広げるやり方は
目を閉じているのなら、部屋の外の様々な音を耳にしてその存在感を感じるように広げていくということです。

道路を走っていく車の音とか鳥の声とか子供のはしゃぐ声などを耳にして
その範囲を広げていきます。

もし目を開いているのなら、周辺視野を広げていきましょう。



そしてそうやって広げながら
感情が身体のどこで体験しているのか
意識を向けて感じていきます。



それを感じ続けます。



そして、十分に感じたら、
その反応している部分に意識を向けながら
大きく息を吸って、吐く息と共に、その感情を「音」で表現します。



そうすると感情の風船のゴムの部分が徐々に経年劣化して
内側の感情という「空気」が少しずつ抜けて
しぼんでいきます。

残るのは経年劣化した感情の風船。

この感情の風船はなくなりません。

ただ残っていたとしても膨らむことはありますが、
膨らんだ状態をとどめる力は徐々に失われていきます。


感情の風船を探してみましょう。
ひょっとすると新品同様でゴムが活き活きしているものを
見つけられるかもしれません。

今日も心が響くような1日を創造しましょう。




先日の新宿での瞑想会にご参加の野村純子さんよりこのようなご感想をいただいております。
(掲載についてご本人の承諾をいただいております。)

Q:ご参加前の状況は?

3か月前から、電話占い師を始めまして、最初はお客様もさほど多くなくマイペースで仕事ができていたのですが、3か月目から、会社の規定で(初めてのお客様は10分無料鑑定)になったところ、1日息つく暇もなく何十人ものお客様から電話があり、対応していました。

ら、文字通り、息ができなくなってきて病院や整体に通いました。

痛み止めの注射や薬で様子をみながら仕事をしていましたが、もうこれは竜二さんのところに行くしかないとお休みを取り参加しました。


Q:ご参加の決め手は?

緊急にどうにかしなければまずい!とあせったからです。

電話占いでお客様から受けてしまうエゴの波動は、思ったよりも手強く、人から「電話占い師はメンタルをやられて皆辞めて行く」と言われた意味がやっとわかりました。

命の危険を感じました。


Q:ご感想は?


いろいろ病院や整体など通い、ウォーキングもして体操もして様子をみていたのですが、前よりは動けるようになっても肩や首の痛み、ひいては全身の痛みは依然としてあり、戦っていました。

ときどき声がでなくなることもありました。

こんなことでやってゆけるのかと不安に思いながら仕事をしていました。

今回久しぶりに参加させていただいて、少し緊張しましたが、わたしにうまくできなくても参加さえすれば、良くなることは分かっていたので、お任せで力を抜きました。

最初の20分くらいは強烈にバリバリと音がするような勢いで(実際には音はしないのですが)いろんなものが取れました(涙)

もうそれだけで朝まで寝ていたい気分になりましたが、竜二さんもメニューをやさしいものに変えてくださったので、なんとかなりました。座っているだけで精一杯でした。

ものすごい勢いで浄化と癒しが行われているのが分りましたし、波動の高い存在たちのエネルギーを感じていました。
やはり遠隔とはまったく違いました。

自分ではとても呼べないエネルギーなので、場のエネルギーがそういうことになっているのを感じていました。

この上ない至福の時間でした。

急速に身体が楽になって、同時にぐったりしました笑

竜二さんの説明してくださる声が心地よく、お話の深さに聞き惚れました。

個人的には、真喜子さんと繰り広げられるお話がとても興味深く得しました。

この変革と浄化のエネルギーが来月20日くらいまでずっと続くというのも、素晴らしいです。

感謝でいっぱいです。

野村純子さん(松戸市在住 セラピスト)

ご感想ありがとうございます。

誰かや何かと接することで生まれる癒しの多くは、互いの共鳴によって起ります。

共鳴するわけですから互いに影響し合うわけです。

その状態を「マインド」で認識したとき、「腑に落ちた」とか「共感した」という言葉が口から出て来るものです。

エネルギーを失ったと感じているとき、失ったエネルギーを補給したくなるので、
共感してもらいたいという想いも強くなっていきます。

カウンセリングという仕事の多くは、共感するプロセスがありますから
エネルギー体レベルにおいても、エネルギーが枯渇したり、
観えないところで汚れがつくこともあるでしょう。

もしそうなら、ときどきお掃除が必要なのかもしれませんね。

ご参加ありがとうございました。


●開催予定の瞑想会・講座など

■ハカラウ瞑想会 8月
2016年8月30日(火) 19:00~ 新宿文化センター



ヴィシュヌサイキックプロテクションスプレー
Vishnu
否定的な感情や外部からの攻撃、害のある環境から保護するだけでなく。
空間に結界を張ることが可能な「結界スプレー」です。
ご購入はコチラ まで


テクノストレスなどで疲れた脳幹を癒し、脳をデフラグすることで活力が湧きあがる今話題の脳エステ。
ホリスティック心理セラピー講座を卒業された全国のセラピストが施術し始めています。(^-^)


全国のホリスティック心理セラピー・脳エステ美脳エステ サロン等

仙台

心理セラピールーム Berry's collor 庄司真弓 さん

心理カラーセラピールーム さくら香~sakurako~ 岡野さおり さん

エサレン®ボディーワーク プライベートサロン スフィアタッチ 佐藤千恵 さん

Crital Maria 心理ヒーリングセラピスト MARIA さん


宮城・多賀城・塩竈

心理学教室 いさな悦子 さん


東京

自由が丘スピリチュアルカウンセリングサロン
 アイスブルーキッス 美脳エステ なみか さん

サウンド・ボイス・セラピー 美脳エステ 村山友美 さん

ホリスティックセラピーサロン シャイン・ア・ライト 田代睦子 さん


神奈川 

スピリチュアルWebマガジン Freeep代表  ヒーラー カワセタロウ さん


大分


セラピスト 大城ゆうき さん




シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-ダンス
うぉおぉぉ!いぇえぇえ!(^^)



シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-バナー

誰でも参加できる瞑想会を開催しています。
ここでは歩行瞑想のやり方もご要望に応じてお伝えします。


解放

瞑想会お客様の声



■こんなセミナーを開催してます!

■ホリスティック心理セラピスト養成講座(レゾナンスヒーリング)
いわゆる「ヒーリング」とは異なります。
セラピー・カウンセリング・コーチングを包括したホリスティックなセッションが可能になります。


セミナーにご参加のみなさまからは、こういった感想をいただいております。
(以下ご本人のブログにて)
お客様の声  
 
 
シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-募集中講座バナー


各種情報

シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-公式HPバナー

シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-お問い合わせバナー

シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-個人セッションバナー




ペタしてね

読者登録してね

このブログの心理カウンセラー人気ランキングは

 

↓こちら!今何位?

 
 
心理カウンセラー ブログランキングへ

このブログのNLPブログ人気ランキングは 

今何位?↓ここをクリックすると解ります。(^-^)

にほんブログ村 健康ブログ NLPへ
にほんブログ村


Copyright 2016  Ryuji .ehara All rights reserved. 無断転用禁止

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)