船橋に憩う ~食の歳時記~

船橋、中山、市川、千葉県をほっつき歩きB級グルメと酒の日々

NEW !
テーマ:

船橋市民文化ホールは習志野文化ホールと同じように
僕たち演劇人、舞台芸術関係が利用するホールだ。
だから船橋にまったく無関心であった何十年前から
市民文化ホールには収録で行っていたナルナルだ。

 


昨晩、はじめて家庭料理こころで楽しい時間を共有した
友人たちは演劇人だから何度も市民文化ホールには
来ている。ところがどうも仕事で来るとプライベートで
来るとは大きく違うみたいでまるではじめて船橋に
来たかのように二人は写真を撮りまくっていた。
だって、船橋駅南口から歩いて市民文化ホールに
行ってたわけでしょ、って僕は言いたかった。

 


FACEビルのあたりを写真に撮って、ここらへんは
新しくできたんじゃないのなどと僕に言ってくる。

 

 

 

 

「昔はこのあたりに市場があって、こういった感じに
なる前は乾物屋なんかが立ち並ぶエリアだった」

 

 

 

マツキヨのあたりに来て僕はそのまま黙って歩いて行ったが
二人は目敏く仲通商店街に反応した。

 

 

 

 

「ここは昭和の風情を残し飲み屋街なんて言われてるよ。
映画のセットみたいだよ」

 

 

 

スクエア21ビルの交差点まで来ると夕焼けがきれいだった
ので写真を撮っていた二人。

船橋はいいな、いいなあとなぜか感動している。

そんな二人を見ているとやっぱりその昔の船橋を
なおざりにするような形で再開発した市のありかたが
どーったのかしらと思うのであった。

ここまで変わってしまった船橋なのに、
少しでも昔の面影が残る場所に二人はすかさず反応していたからだ。

 

 

 

 

「あっちが海なんでしょ。いい風が吹いてくる」

 

 

 

 

そうニシヤンが言った。

 

 

 

 

「たまに磯臭いことがあるよ。このあたりは埋め立てで
昔は海だったんだよ。」

 

 

 

 

まあ海というより正確には塩田があったといったほうが
よかったか・・・・

市民文化ホールを通り越し、モスバーガーの先へと二人は
歩いて行くから僕はここがもう家庭料理こころだと左の
路地を腕をのばし示した。

 

 

 

 

「ダメですよ、ウソを教えちゃ」

 

 

 

なんとこころの女将だった。

 

 

 

「ああ、こころのお母さんです」

 

 

 

と僕。

 

 

 

お母さんではなく女将なのに僕はいつもお母さんと
言ってしまう。

 

 

 

 

青森産の枝豆は400円しなかったかな。
ニシヤンが注文した。

 

 

 


刺身盛り合わせ三人前。

厨房のご主人が、

 


「鯖大丈夫ですか」

 

 

と僕たちを見て言っている。

もちろん大丈夫。
鯖ってダメな人いるのかしら。

この日はめずらしくウニもあった。

女将からワタリガニをすすめられた。

厨房に大きなワタリガニ。

食べやすいようにほぐしてもらった。

これで1000円!! 驚きだ。

 

 

 

生しらすもいただく。

しかしそれを食べた頃はもう酔いもまわってピンぼけにして、
ブレブレの写真。
とってもアップできるものではない。

二人はネットで唐揚げがうまいという情報を得ていたので唐揚げ。

 

 

 

ほんといろいろ東京によい店を知っている二人だけれども
唐揚げには感動していた。

唐揚げって誰がどーやってもできる料理だけれども、
誰がどーやってもできないくらい違いが出る料理だネ。

 

 

 

 

「マヨネーズがあうんだよ」

 

 

 

 

と僕も唐揚げをほおばる。

次から次へとお客さんが見えて僕たちがよい気分で
店を出るときには店の外で並んで待つお客さんたち。

 

 

 

事前に僕はお二人を某店にご案内することにしていた。

ワインが飲めるし、これこれしかじかのものすごいお店
だからと。

 

で、道路を渡ってお店の前に来るとガーン!!!

閉まっていた。

 

 

 

 

二人はイタリア料理とイタリアのワインに精通されている。

そこで近くで思い浮かんだお店としてはコンパーレコマーレ。

急遽、変更することに。

で、・・・・あらためて日記③ということにまでひっぱらず、
ここに記します。

 

 

マルゲリータとまずは白のワイン。
白ワインは僕個人の感想としては、ターフェルワイン的な
親しみやすさ。胃に落ちていく酸がほんのり鼻を抜ける感じもまあまあグット、

ライトなボディー。

 

 


なんだか話しももりあがってきてつまみを頼もうといいつつも
メニューを見ず・・・・それで今度は赤。


こちらは赤の渋みが強く、どちらかと言うとどっしりとしたボディー。
コクがある。やはりターフェルワイン的な気軽さ。

僕はいつも酒がはいると一人になってどこかに行ってしまう。

だからお店を出るともう一人のモードに切り替わっていた。

しかし東京から1時間かけて来てくれたお二人である。

船橋駅までは一緒に。

そしていつものようにすっと消えてしまった。

またひっぱってしまうからこの先を書いておくけれど
錦糸町の「なりたけ」で普通の醤油ラーメンを食べ帰宅でした。

なりたけレポは日記③としてまた後日記しましょう。

 

 

 

 


すみません・・・今宵、また飲んでおもむくままに日記を
記しました・・・わかりづらいところもあったかもしれません。
船橋ご在住の方にわかるといった記述で説明を欠いていますかネ・・・

 

そこらへんはすみませんです・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<後記>・・・・日記をアップしようとしたら、
テレビで高田馬場での異臭さわぎのニュース。
おいおい、高田馬場ってものすごく頻繁に利用する駅だよ。
なんだか液体をぶっかけたという情報も耳にしたけれど
どーなってんの? 最近の日本は? へんなニュースがありすぎだよ。
自分、明日は法典の湯でリセットするので高田馬場乗り換えです。
やめてもらいたいよ、ホンマ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日は友人たちと船橋で待ち合わせ家庭料理こころで呑んだ。
ここのところブログをさぼっていたけれど、なんですかねえ・・・
話せば長くなるのでやめますけれど、凹んでました。
鬱状態でしたと過去形にしたいけれど、今も鬱っぽいですわ(笑)
パソコンから受けるストレス、なかなか抜けない風邪、仕事の忙しさ、
へんてこな天候、その他諸々・・・・・
ブログを執筆しようという気にもなれず・・・・・
なんだか今年はあんまり僕にとってはいい年ではないみたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「久しぶりの市川駅南口 鈴家 コロッケそば370円」
昨晩は5時半に船橋駅南口交番前で待ち合わせ。
午前中に急ぎの仕事。午後1時にできあがり新宿まで納品。
昼を食べていなかったのでどうしようかと車中考える。
ともかく疲れていて顔も病人のようだから総武線に揺られながら
銭湯を検索。
市川湯なら友人たちと会う前に1時間いることができる。
市川であるならば昼も食べていないので鈴家で軽く。
タワーズウエストから地上を見るとあらあ~~!!
南口切っての繁盛店にして歴史もある「肉の辰野」が
なくなっていた!!
ひゃあ~~~ 驚きでした。
鈴家はあるだろうなあとタワーズイーストへ。
鈴家はほんと大好きなたちぐいそば屋さんだから
なくなってしまっては困るのだ。
昨日は奥さんが厨房に立っておられた。
軽くコロッケそば370円。


最近は蕎麦粉にこだわり手打ちで出していたり、
タワーズウエストの「せね家」のように注文が入ってから
精進揚げを揚げたりとそばや精進揚げにこだわりのあるたちぐいそば屋
がめずらしくない。
そんななか、揚げ置きのメンチ、コロッケ、精進揚げ、
ゆでおきのそばとほんと昔ながらのたちぐいそば屋スタイルを貫く「鈴家」
そこがいいんですネ。
関西の人間が関東にきてビックリするという醤油濃い色のつゆではなく、
関西のように半透明のつゆ。
細くてさっくりとしたはざわりのそば。

 

(写真に一番下の黄色いラベルのボタン スーパードライ缶ビール250円とある)

 

 

 


ところで、スーパードライ缶ビール250円というのが新たにメニューに加わっていた。
奥さんに聞くに、創業以来ビールをだすのははじめてなのだと言う。
ご主人が缶ビールを出してみようかと今年から加わったそうだ!!
たちぐいそば屋で一杯やりたいというオヤヂはいれども、ビールを
置くたちぐいそばは少ない。
いやあ~~ これはたまらんですな。
メンチカツ、ソーセージ天・・・・ソースや醤油もあるので
まずは一杯。
〆はおそばでまた一杯。
次回はそんな感じで「鈴家呑み」を楽しんじゃうのだ。
オッサンにしかわからない世界。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「市川湯」
タワーズウエストのほうへそのまままっすぐ進む。
交差点を越えると小さな公園が右手にありますネ。
さらにすすむと左手に「市川湯」の看板あり。
左の路地にはいると市川湯。


26日はフロの日。風呂の日が休みだったということで
昨日27日に風呂の日で半額!!
ラッキーでした。
そしてスチームサウナが100円と安い!!
半額210円とスチームサウナ100円で310円!!
いやあ~~~ ここのスチームサウナよかったですよ。
「市川湯→鈴家」というコース楽しみだなあ。
スチームサウナで汗を絞り鈴家で缶ビール!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<近況>・・・明日はとりあえず疲れをとりに
法典の湯を予定。明後日30日は向ケ丘遊園にて
撮影。10月になるとまたそれなりに仕事が
入っている。いろいろ業務連絡があるにも
かかわらずメールに返信していない。
やっぱり鬱っぽい状態なのだなあ。
仕事もすすまない。
こういったときには昔のことを思い起こすものだ。
一年前の今頃はなにをしていただろうかとかネ。
人のありがたみを思ってみたり、投げやりな気持ちに
なってみたりもする。
自分はろくでもない人間だと思ったり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんな大きな仕事を!
僕は来る仕事だけをただこなしているだけ。
しかし10年くらい前まではドッカーンっと大きな仕事が
舞いこんできたものである。
それなりにたいへんだったけれどそれなりのものが入ってきたら
2~3週間休みをとってドイツでゆっくりとしていたりしたものだ。
ところがこの10年はだんだんと胸躍るような仕事がなくなってきて
過当競争の真っただ中にいるといった感じだ。
それでも比較的大きな仕事というのが舞い込んでくるのであったが、
今年はすべてキャンセルとなってしまった。
いろいろ事情がある。
たとえば世界的に有名な演奏家のリサイタル収録があったのだが、
某美術館を貸し切ってのリサイタルであった。
直前になってキャンセルとなったのだが、その理由は美術館だから(笑)
なんでまた気が付かなかったのだろうか。
絵画など写ってしまうわけで撮影などそもそもできない場所である。
そんなことが一回だけではなく続いたのでなんだかぼーっとしたような、
鬱状態のような・・・・・
悶々とした日々となっているのである。

 

 

 

 


僕にとって船橋は逃げ場でもあった。
いろいろあっても「あまから屋」に行けば自分はほっとできた
のだ。
5年ほど通い常連組となっていたし黙ってすわれば自分の好きな
銘柄のビールが運ばれてくるのであった。
しかしあまから屋が突然閉店し僕は酒場難民となった。
船橋や中山の居酒屋を70軒ほどめぐり、あまから屋にかわる店を
探したのだが見つからなかった。

 

 

 

 

一昨日は船橋のシャポー食鮮館をぐるっと見てから
缶ビール片手に少しだけ歩き津田沼へと向かった。
東京や埼玉ではそれなりの金額をださなければ新鮮で質のよい魚には
ありつけない。
船橋であれば家庭料理こころや参佰宴本店のようにこんな値段で
出していいのかしらという魚にありつけるのである。

 

 

 

 


参佰宴は断然僕は本店が好きであり魚を食べるのなら本店ときめている。
生意気を言ってしまうと、参佰宴は値段には満足できるが、
種類が少ないネ。また辛口となるけれど300円なりの
刺身だ。それとあたりまえのことだろうけれど
流石にまぐろは300円ではそれなりのものとなる。

 

 


この日は静岡の金目鯛があったのですかさず注文。
限定メニューからぼたんえびも。
この日は当たりだった。

 


2年前にキンメが有名な稲取のホテルへと家族旅行した。
期待したほどではなかったのだが、ホテルで食べたキンメに
匹敵する鮮度と質だった。


写真をご覧になればわかるでしょう。
ぼたんえび。鮮度がおちやすく味噌のあたりはすぐ匂いが
してくるものだ。東京の普通の居酒屋だと頭は食べられない。
しかし頭をしゃぶって食べるほど鮮度はよかった。
風邪をひいているのでニンニク丸揚げを注文。


56のオッサンが一階カウンター席でひとりもくもくと
背中を丸めてニンニクを食べホッピーを飲む。
悲しい風景だなあ(笑)
最後は旬ということでサンマ。刺身もあったが、
やはり塩焼きでしょ。


はらわたと一緒に食べる。苦味がきいてホッピーが
すすむ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぐるなび↓
http://r.gnavi.co.jp/p444500/?utm_id=type-t_dsa_pc_04_g_lis

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


台風があちこちで被害をもたらし温帯低気圧に
変わったとおもえば、息もつかせずまた台風。
6回も上陸し・・・・また来るんだって??
気圧の影響もあって体調を崩してしまう人も
多いようだ。
僕もなんだか調子悪い。
一昨日、法典の湯のヨモギスチームサウナで治ったと
思った喉風邪もしつこく、いやな咳とタンがおさまらない。
果実などからビタミンCをとり、ニンニクを食べたり、
昨晩は熱い焼酎のお湯割りを飲んでみたが治らない。

 

 

 


11時に大進食品の工場直販に行ってみた。
毎月第二金曜と土曜に直販をしている。
お店で買うよりも安く買えるのと、そばとうどんの
試食サービスがあるので楽しいのだ。


以下がオフィシャルサイトだが、「ラーメンの旅」
というコーナーがありますネ。
練馬や埼玉のラーメン店が紹介されている。
http://www.daishinfoods.com/txt/home.html
おそらく大進食品のラーメンを使っているお店なのでしょう。
なんだか行ってみたい気分になります(笑)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

江戸川食堂@築地 牛丼味噌汁付き850円 船橋日記②


東西線茅場町駅から日比谷線に乗り換え築地で降りた。
たくさん写真にメモを撮った。
またいくばくか買い物もした。
この11年、僕は船橋ばかりに行っていたから築地市場の
ことは知らない。
しかし寿司ざんまいがあちこちにあるのを見るとなんか
違うなあという思いとなる。
場外市場のアーケードへと入るとまずは「井上」のいつも
の人気ぶりが目に飛び込んでくる。
ご主人がラーメンを作っている姿、きりっとしまった
風貌といいきまっている。
毎朝、築地に買いつけに行っていたという友人によると
「井上」よりも他の店のほうがうまいということであったが、
やはりガイドブックに載るようになれば知名度だけで
客は他には行かないのであろう。

路地にそれていくとだいたい人気の店はきまっている。
見せ方、売り方がうまいのだなあと思う。
「築地鳥藤」の前にも黒山の人だかりだが、遠目がちに
見ている僕を見つけすかさず声をかけてくる。
売り方がうまいのだ。
場内へと入る手前の「松村」にしても店頭販売が売れている。
乾物屋が削り節を売っているのはあたりまえのことなのだが
見物客が見物客を呼ぶのである。
そして買っていく客に酸化しやすいから冷凍してくださいとか、
冷凍すればかなりもちますなんて話しているのをきくと
自分も買ってみたいと思うのである。
場内の横丁にはいつものように長蛇の列ができており、
こと外国人が多い。
寿司なんてラーメン屋のように行列し体臭のきつい外国人と
肩をすりよせ食べるものでもなかろうと
僕は思うのである。
水産錬にも入ってみようと思ったのだが、警備の叔父さんが
「10時から」という看板を持って一般客がはいらないように
していた。以前は入れたのに10時をすぎないと一般は入れない
ようになったそうだ。
再び横丁にもどると「牛丼 ラーメン」という看板を発見。
これだと決めた。


実は場外の「きつねや」で牛丼を食べようと思っていたのであるが、
こちらに変更。
「きつねや」は有名だが後日訪問とした。

 

 

 

 


「江戸川」は昭和の風情ある・・・・いや、
まったく昭和から時間がとまった
かのような食堂であった。


来られている方方はほとんどが常連。
店と客人にしかわからないような話しばかりしている。
牛丼と味噌汁850円をお願いした。

 

 

 


紅生姜はお店が盛り付けてくれたものである。
牛丼のタレは濃い目のもので甘さも控えめである。
しかし牛丼チェーン店のようにつゆだくではなくつゆをよく切って
から盛っているからほどよい味の濃さとなっている。
肉は特別よいものではないように感じたが、柔らかく美味しい。
味噌汁は濃い目のしっかりとした味。
しじみは時間がたって縮んでいた。
しかししじみのよい出汁が出ていた。

 

 

 


食べ終わり大女将に少しだけお話しをきいてみた。
創業100年ということである。
東京都は看板を変えることに対してきびしいので昔から
牛丼とラーメンというこの看板でやっているということであった。
まあ、常連となれば詳細はわかるのであろうが、
おおざっぱにj百年食堂と言われてもいろいろ質問したくなるものである。
100年の間には日本橋から築地へと市場が移動したわけであり、
その移動は関東大震災があったからである。
二度の戦争があったわけだから当然ながら休んでいた時期もある
ことであろう。
牛丼を食べていて気が付いたのだが豆腐の小さなかけらがひとつだけ
入っていた。
ここは肉豆腐を出しているので、豆腐を抜いた牛肉だけを盛ったものが
牛丼なのであろう。メニューには「豆腐のみ」「肉皿」とあるので、
ちまたの牛丼チェーンとの共通項を見てとれる。
豆腐と言えば、
秋葉原の牛丼専門店「サンボ」や新宿の「たつ屋」は豆腐が牛丼に
盛られている。
文明開化の日本。そして牛鍋。牛鍋には豆腐が入っていたかしら。
時間は10時を過ぎたが法典の湯へといそいだ。
朝は「むさしの」でたぬきそば、かなりはやめであったが昼は
築地「江戸川」で牛丼。
胃を満たしてからゆっくりと湯治するのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「法典の湯」
2日前、夜冷えた。喉風邪をひいてしまった。
いやな咳がでてタンがでる。
咳だけであとはなんでもない。
トロ―チをなめても効果なし。
法典の湯できいた話しであるが、「よもぎスチームサウナ」
で喘息が治った人がいたというのである。
最近、よもぎには抗がんの作用がありそれがかなりのものだと
いうのだ。抗がん剤を使うよりもよもぎの成分を利用し
治療することが研究されているという。
よもぎはともかくいろいろな効能がありますネ。
よもぎスチームサウナの中にも効能表がはられている。
スチームを口と鼻からすいこみ風邪をやっつけることにした。
みるみる喉はよくなっていき完治したように思えた。
また計量もきちんとした。
先日も書いたが僕くらいの年齢になると食べたものが
胃や腸で消化されずに残りそれが腐敗し、腐敗した
ものが身体に散らばっていくのだと言う。
それを「毒素」と言っており、加齢臭なども「毒素」
が原因だと言う。
便や尿からは出ていかないのだそうだ。
毒素がどんどんとたまっていくと歩行困難にさえなるという
からくせものだ。
サウナは汗と一緒に尿などではでていかないストレス物質や
疲労物質なども外に出してくれる。
グランドサウナは苦手なのでこの10年間入ったことはない。
なにか事件があったときなど1分間くらいテレビを見に入る
ことはあるのだが。
よもぎスチームサウナはグランドサウナほど温度が高くない
ので我慢できるのである。
5分経過すると汗も出てきてサウナ室を出たくなる。
しかしそれを頑張って10分いることにする。
水風呂に入ってすかっとして、しばらく休む。
それからまたスチームサウナに入ってと繰り返す。
途中、水分を補給する。
補給した水分の量をおぼえておき、汗を1.5リッター
しぼりだすのが目標だ。
それには5時間くらいはかかる。
昨日は1.3リッターほど絞って法典の湯をでた。
これで身体にたまっていた毒素は出ていったと・・・・
まあ思いこみもあるだろうけれど・・・・
船橋法典駅ちかくのスーパーマーケットでギンギンに冷えた
発泡酒を買い船橋駅へと向かった。
いやあ~~湯上りの缶発泡酒しみるわ(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「日本百年食堂」↓
http://www.bsfuji.tv/100nen/bn15.html

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先週の月曜日に休みをとったきり休みがとれずにいた。
疲れがたまり仕事への集中力がダウンし、神経もやられて
しまった。ということで昨日は船橋法典駅にあるたちより
温泉「法典の湯」へと向かった。
法典の湯へと向かう日はかならず自分が行きたいと思っている
店へと行く楽しみがプラスされる。
湯上りに缶ビールを買い乾いた喉に流し込む。
千葉県では仕事関係の方々と遭遇することはまずないので
一人になり缶ビール片手に馬鹿面さげてふらふらする。
そういったそぞろ歩きの中、神経もすっかり癒され
また働ける身体をとりもどすのである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「むさしの@鷺ノ宮 たぬきそば」
今から40年前、たちぐいそばとクラシック音楽が大好きな
友人がおり、おいしい店があるから行こうとしつこく誘われた。
当時の僕は食べ物には興味がなかったのでしぶしぶつきあった。
それが西武新宿線鷺ノ宮駅の「むさしの」。
まだあるのだろうかと検索にかけると同じ場所にたちぐいそば
屋があることがわかった。
40年ぶりに訪ねてみることにした。

 

 


諸々、思い出したことなりここに綴れば長くなってしまう。
割愛する。ひとつだけご報告しておくなら改装されたようである。
40年前だから不確かな記憶なのだが、たちぐいコーナーだけ
の店で奥が厨房というあのスタイルだった。
現在はたちぐいコーナーはなくくの字のカウンター席のみであり、
厨房は広くまる見え状態となっている。
そろそろ風も冷たくなってきたことだし、もう冷たいそばは
やめ汁そばにした。
立ち食いそば屋はかき揚げそばが人気だが僕はたぬきが好き。
そばはつゆと麺と両方を味わうものであるが、インパクトの強い
かき揚げが入るとつゆと麺の味が曇ってしまう。
天ぷらや精進揚げが丼に入ることにより
油とつゆとが混ざりあったその味でその店の味がわかる。
お店の味を知るにはそのためたぬきそば(うどん)が
一番である。
たぬきであればつゆも麺も主役でいられるのである。
厨房に目をやるとゆでおきのそばをお湯に通しあたため
丼に盛った。
つゆをそそぎ奥にある天かすとネギを散らしカウンターごしに
手渡された。
お店は調理をされている若い女性一人だけであった。

 

 

 


つゆはほんのりとした甘味があり濃口のシャープな味わい。
ゆで置きの麺はいかにもといったたちぐいそば屋だけの
味わいであるが、さっくりと切れる歯触りはなかなかよかった。
そばの香りもなく麺に腰もない。
だからこそたちぐいそば屋らしくこういった麺が映えるのである。

 

 

カレーとのセットがおすすめのようであり、暖簾には
「本格カレー」とあるので次回チャレンジしてみよう。
自分はカレーセットを食べようかとも思ったのだが、
自宅でたちぐいそば屋風セットを楽しんでおり、
前日、カレーセットを食べたのであった。
翌朝、またカレーというのはどうも気分がすすまなかったのである。

 

 

 

 

 

 

「自宅でたちぐいそば屋さん@たぬきそばとミニ丼のセット」
素人のまねっこ料理などお恥ずかしいかぎりであるが、
自宅ではこんな風に楽しんでいる。
たちぐいそば風にゆでおきのこういった麺を買ってきて作る
のである。

 

 

(こういったゆでたタイプの安価なそばがたちぐいそば屋風に

なるのだが、ちゃんとしたそばを使う場合もある)

 

 


ミニ丼は豚丼、親子丼、カレー丼などである。

(ミニ丼 豚丼)

(ミニ丼 親子丼)

 

 


カレー丼のカレーはそば用にとったお出汁と返しとをあわせメリケン粉でのばし
たまねぎと豚バラスライス肉を使っただけのもの。
昭和初期の家庭で作っていたものだ。昭和初期にはカレールーが
まだ販売されていなかったので、カレー粉を使い、メリケン粉で
とろみをつけ、そばつゆなどで味をつけたものであった。

 

 

 

 

 


「築地へ」
さて、鷺ノ宮駅はただ降りて「むさしの」に行っただけで
どこも見ずに高田馬場へと向かった。
むさしのを出たのが朝7時40分くらいだったので、
その足で船橋市場に向かうことは考えていなかった。
船橋市場は朝7時半までにいかないとおおかたの店は閉店となり
限られたものしか買うことができない。
行くのなら7時半がギリギリである。
ということで、ちょいと船橋市場ではあつかっていない乾物も
探したいということもあり築地へと向かった。
ずいぶんと久しぶりの築地である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そば処 むさしの (食べログからコピペ)

鷺ノ宮駅北口降りてすぐです。

[月~土]
6:30~24:00
[日・祝]
7:00~21:00

朝食営業、ランチ営業、日曜営業

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<僕からの一言メッセージ>

日記を書き終えて最近気になっていたことがあるので記します。

過去に何度か僕はなにもかにも嫌になりホームページやブログを断りなく

消してしまったことがあります。読者登録していただいていた方でブログを残したまま

ずっと更新のない方がいますネ。ありがたいです。やはり残しておいてくれることは嬉しい

です。またなんらかのご事情、あるいはお考えがあり消去されてしまった方も今年になって

おられましたが、健康に留意され元気でお暮しくださいませ。このブログは開設から7年がたち今は8年目であります。開設当時に読者登録していただいた方のほとんどはもうアメブロをやめてしまったようでありますが、頑張っている方もいてたのもしいです。また昨晩、FBで精力的に近況アップしている方がいて驚きました。7年前に読者登録していただいた方でした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

我孫子駅の弥生軒は千葉県のたちぐいそば屋&駅そばの
代表格で東京のたちぐいそば本の中でも紹介されるほどの有名店。
市川の鈴家、津田沼の津田沼そば、そして我孫子の弥生軒が
ベスト3でしょ。
ご存じのように山下清画伯が働いていたそば屋である。
ただみなさんそのように認識してるのでしょうが、
自分は山下画伯のファンであり
弥生軒を知る前からいろいろ関連書籍に目を通しており、
働いていたのは事実ではありますが、その当時は弁当屋であり
我孫子駅まで弁当を運ぶ仕事をしていたということを付記しておきます。
山下画伯は徴兵されることを怖れて現在の船橋法典駅近くに
あった学園http://www.yawatagakuen.or.jp/access/index.html
から離れ比較的近い場所でいろいろと住み込みで仕事をしていた
ようであります。
9月10日にオープンした新津田沼駅ホームの弥生軒は
我孫子の支店だと思い本日かけつけました。

 

 

 

 

ご主人からお話しをきくと我孫子の店とはコンセプト
が違うということでありました。
支店でもないということです。
ご主人は我孫子店よりもうまいと言えるほどの自信作を提供
しているとおっしゃっていました。
・・・・実は我孫子駅には行っていない僕なので、
そうきいてしまったら我孫子にいかないとですネ。

 

 

 


2年ほど前であったか船橋の東魁楼本館の4階を貸切り
芝居100回記念のうちあげをし参加させていただいたときに
隣に座っていた役者さんが我孫子で暮らしており
弥生軒のその昔を知っているという話を聞きました。
味は変わっていったそうです。
唐揚げがビックサイズなのは大きな切り身をつかっているわけでは
なく上手に切り身をかさねあわせて大きくしているということです。
揚げ方にも変化があったということです。
津田沼でたまさか飲んでの帰宅であり、長くなってしまいました。
それと少しくどくなったかも(笑)
から揚げ定食480円というのがありそちらにしようかなあと
思ったのですが、もう一度、新津田沼駅には行こうと思うので
から揚げそば400円の感想です。

 

 

 


そばは冷凍ものをお湯でほぐすだけなので10秒くらいの時間で
できあがります。
細いのに食感といい歯触りといい、ゆで置きとは違うよさが
ありました。
つゆは甘味とまろみとがあわさり濃口のコクが映えます。
唐揚げにはうるさいぼくだから費用対効果を考えて100点だと
は思いますが肉質は平均的なものであります。
まだ食べログなど見当たらないので、
営業時間その他は写真を参考にされてください。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

現存するたちぐいそば屋の中で東京最古の店が目黒の「田舎」と
言われている。
2009年の10月に自分はたまには「田舎」ではなく
新規オープンした「そばDiner」に行ってみようと
「かき揚げ丼セット」580円をいただいた。


なんと言いますか、「たちぐいそばレストラン」といった佇まい
ですな(笑)
写真をご覧ください。


このセットは、
かき揚げそばにライスというのと変わらないように思う。
となると安さが売りのたちぐいそば屋としては580円という値段
設定は微妙ですネ。
ちなみに小諸そばではかき揚げ丼セットは500円。
富士そばはミニ丼(かき揚げやヒレカツ)セットは500円。
ゆで太郎もミニ丼になるが500円である。

メニュー構成もなんとなく中途半端なイメージを受けた。

 

 

 


パスタがあったり、ボトルワインがある(笑)
まあ、たちぐいそば風のメニューがずらずらっとあり
あとは不思議なメニューをそろえていたので、
ここだけでの楽しみ方を見つけることができたかもしれない。
まあ、一番ありえる楽しみ方としては、夜にパスタ、チーズ、
ソーセージなどでワインを空け、〆にそばっていうパターン(笑)

それだったらパスタとワインをたべてから並びの「田舎」
に行くほうがいいか。

・・・・・・・・・・・・・・・
近過去B級グルメにはまっています。
このブログは2009年9月からのスタートですが、
たちぐいそば食べ歩きを綴ろうという趣旨もありました。
ということで、東京最古のたちぐいそば屋「田舎」に関連し
アップしわすれていたデータであります。
残念ながら「そばDinar」は閉店してしまいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

食べログ↓

http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13098812/

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事がたまっているので、今日は予定をつぶし朝から
ずっと編集室にとじこもって編集作業をしている。
昨日、書いたようにバッテリー切れ状態でやっているので
ケアレスミスも出ているし、ひどい眠気がおそってきて
はかどらない。
明日は船橋法典へと行き、10時開店から6時間ほど
湯治する予定だ。
台風が来ているが関係ない。
帰れなかったからサウナモンシャトーにでも泊まるよ。
ともかくこんなに疲れていたら仕事にならない。
ブログを書く気力もないので、以前、書いてそのままに
していた日記をアップしましょう。
愚痴を連ねてしまい恐縮だが、昨年の今頃はもっと
ひどかった。あまりに仕事が忙しく鬱状態となり
頭もおかしくなっていた。
そういったことで人から誤解をうけたり、ご迷惑も
おかけしてしまった。
今年はそこまでひどくはなくただ疲れがあるだけである。
週に一度法典の湯に行くとすっかり元気になるので
なんとかなっている。では以前に書いた日記を以下に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「味達@下総中山  しおらーめん600円」
下総中山の「味達」はひと昔、ふた昔前の町角中華屋風情で
とくに何がどーということもないという先入見がはたらくものだ。
牛バラ麺と餃子を食べ、次に醤油ラーメンを食べたが、極普通の町角
中華屋という先入見は崩れていった。
味達はレベルが高いといろいろコメントをいただく中、
3回目に暖簾をくぐる。
先月、大学時代の友人S氏と飲み船橋で別れたが、
一人〆になにかと下総中山に遅い時間に下車した。

 

 

 

 


橙色の温かい光に吸い寄せられるように味達さんへ。

醤油ラーメン450円がよかったから、今回は塩ラーメンにしようと
注文した。
仕事が終わりサラリーマン風のお三方がビールを囲み話しに花が咲き、
僕の後にも若い男性が入ってきた。
ご主人は忙しそうだ。
それにしてはそれほど待たずにひょいと塩ラーメンを運んできてくれた。

 

 

 


きれいな盛り付け。うっすらと背脂が浮いている。
まずスープを運ぶと、
おお!、和のテイストが光を放つようであり、
あっさりとした洗練された色彩をまとうがごとし!
ちょっと大げさか(笑)
さらっと鯛茶漬けをすするようで出汁のうまみがたまらない。
するするといける細麺!
スープをひとくち含んだときに僕は水道橋近くにある塩ラーメン
専門店を思い出した。
白山通り沿いの有名店だ。
鶏ガラないし鶏主体の出汁だったと記憶する。
先入見と書いたけれどほんと重複となるがふた昔まえのどこの町にも
あったような中華屋といった外観が邪魔をしてこのお店の
すばらしさが曇って見えなくなっているということを感じた。
白山通り沿いの有名店より数倍はうまく感じた。

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
味達 食べログ↓
http://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12008081/

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

「マロンド」
京成佐倉駅南口のマロンドってここだけではなく千葉県に数店舗
あるのですネ。知りませんでした。


先日、佐倉へと久しぶりに行ったので船橋ではパンを買わず
マロンドで買おうということで一年ぶりに入ってみました。
カレーパンがおすすめということで前回はカレーパンだったのですが、
なんとカレーパンの横に半熟たまご入りカレーパン180円って
いうのがあるではないですか。


めずらしいので買ってみました。
包丁で切ってみるとこんな感じ。


たまごが入ったことでマイルドな味になるのだけれども、
まあちょいと拍子抜けした感じも否めなかったですな。
ミニブール120円っていうのも買いました。


ブール、好きです。薄く切ってツナサンドにしてみました。
焼くとかなりカリカリとした感じになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ここが世界のガンジーラーメンがあった場所では?」
ところで、京成佐倉南口に「そば太郎」という店。
前回もチェックしましたが、自分は10年前を思い出したので
あります。


10年前、「京成本線ラーメンの旅」の道中、「元祖世界の
ガンジーラーメン」をめざして京成佐倉へと向かった僕。
ちょうど臼井駅に麺屋青山がオープンした頃でした。
麵屋青山は車中から見えるので、いったいなんの店が
オープンしたのだろうかと行ってみたところラーメン屋
だったのです。その頃は花さかじいさんなど臼井や佐倉を
歩いていたのであります。そこで、
後日、ガンジーに向かおうと計画したのであります。
定休日でないことをたしかめて佐倉へと向かったのですが、
ガーン!!
営業日にかかわらず閉まっていたのです。
しかたなく適当に歩いて町角中華屋でラーメンを食べ帰宅。
その後、佐倉へなかなか行くことができずガンジーラーメンは
閉店となってしまったのであります。
で、先週、南口で降りて「そば太郎」を見て思い出しました。
ここにガンジーラーメンがあったのではないかしら。
たぶん、間違いないと思います。
この場所にガンジーラーメンがあったはずです。
ガンジーラーメンは焼いた石を入れ熱々で食べるラーメン
だったよう。たしかカレーラーメンを出すところで
スパイスは店で調合しているという記憶であります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「バッテリー切れ」
今日はどこにもでかけず編集作業に徹するつもりでしたが、
バッテリー切れです。
自分は法典の湯でフル充電して働きますが、最近は5日間しか
持たない。6日目は仕事への集中力が持続しないのです。
やっぱ歳ですわ。
明日は江戸川橋の東京カテドラル聖マリア大聖堂にて
マザーテレサ列聖記念ミサがとりおこなわれるので
出席します。
午前中なんとか仕事をすすめるしかないです。
ミサは15時からなので終わってからはまた東京で
一杯やるというパターン。
結局、疲れをためこんだまま一日が終わることでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マロンド↓
http://www.marond.com/index.html

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。