船橋に憩う ~食の歳時記~

上級食育アドバイザー 食育インストラクター 食のエッセイスト
テレビグルメ番組にて取材 20代に船橋市宮本町在住


テーマ:

 


歴史の重みが伝わってくるような風格。
二回目の訪問は前回になく期待に胸が膨らんだ。
前回、<汁なし鴨坦々>という変わり種に気が付いた
のでぜひ賞味したく伺った。
 

あら??
担々麺と汁なし担々麺はあるものの鴨坦々というのが
ない。



「汁なし鴨の担々麺って出来ますか」



「あれはもうやめました」



実にあっさりと言われてしまいガックリ。

ないのであれば・・・・
汁なし担々麺(780円)にしよう。





 
 

運ばれてくると中国山椒のさわやかな春めいた香りが鼻腔をくすぐる。

よくまぜていただくと、しかし山椒の香りはほとんど感じられず
濃厚な練りゴマと肉みそがぐんと前へとでてくる。
こういった重たいソースにはやはり太麺でしょ。
 

松の実ともよくマッチして美味しくいただけました。





 

ところで汁なし担々麺にはいろいろなタイプがある
けれど僕は重たいものよりも
軽やかなタイプが好きです。
練りゴマを控えめにし山椒の香りを立たせ、
細麺でさらっといけるやつネ。
みなさんはどんなタイプがお好きかしら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
食べログ↓
http://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12004326/


 

AD
いいね!(20)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんだかここのところ「いいネ」がはいらないなあと
思っていたら相互読者登録のブロガーさん、
アメブロをやめてしまったことを知りました。
ブログを消去するとなんにも残らないんですネ。
まあ、そんなこともありますネ。
僕も予告なくブログをやめてしまったことありますもの。
アメブロをやめてしまい残念ですがどうぞ
お元気でお暮しください。






さて、先日でありますが、門前仲町のらーめん弁慶
に行ってきました。
弁慶はホープ軒系であり、千駄ヶ谷ホープ軒から
枝分かれしたと言われています。
最近、ホープ軒系のラーメンを食べ歩き、歴史も
調べているのですけれど、丸長系やがんこ系の
ようなきっちりとした系図が作りづらい系統だと
感じています。
らーめん弁慶はしかしホープ軒系の二大系列
ですから多くの方方に明瞭であると
思います。
弁慶から「なりたけ」も枝分かれしていきましたが、
その代になると把握はきわめて困難と思われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

「らーめん弁慶 門前仲町店」
門前仲町の感想は浅草にきわめて近い味であり、
僕が食べたその日だけだったのかもしれないですが
微妙にとんこつを煮出す匂いが浅草よりも強かったと
いう印象であります。



 

ラーメンを食べている間も大きな木杓子で寸胴の
底のほうからゆっくりととんこつをもちあげ、まぜて
いました。
一番の違いは立ち食いだったこと。
一階はすべて立ち食いです。
たちぐいスタイルのラーメン屋さんってどんどん少なく
なっていきますが、このスタイルも
なかなかいいものだと思いました。



 

東西線門前仲町の6番出口から地上に出て
首都高のほうを見ると弁慶の灯りが見えます。
信号をわたった先には船橋の漁出し亭にルーツが
ある「双麺」もあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下は弁慶の公式サイトです。
http://www.ramenbenkei.com/

 

AD
いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原木中山駅にはじめて降りたときにここにも
づめかんがあるのかと思った。
づめかんには恐縮だが、ただ安いだけで
なんだか層が低い人たちのたまり場的な
イメージを持ってしまい払拭できなかった。


 

昨晩はじめて入ってみたらすべて先入見が
間違いであったとすっきりとした。
広い厨房には笑顔をたやさないかわいいおばあちゃん。
おばあちゃんと言ってよいのか、おばちゃんと
言ってよいのか微妙なのだけれども、おばちゃんかしら。
調理担当の若いご主人はかっぷくがよくきびきびと
仕事に徹している。
店内サービス係りの娘さんはすごく若くて
美人。みなから愛称で呼ばれていた。
お客さんの中には女性客もいて明るくて
和やかな雰囲気のお店だ。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボードメニューからしめさば(200円)
 

鮮度がよいためか、軽くしめている。
同じくボードメニューかられんこん肉づめ(250円)
 

丸いれんこんの空いた穴に肉をつめて揚げたものかと
思ったらこんな風に長い串にさして出された。
衣はやや厚く、カラッと揚がっている。
冷奴(150円)はもめん豆腐を使っており、
薬味のおろし生姜はわきに添えられている。
 

生姜がきらいな人への配慮だろうか。
酎ハイ(200円)を3杯飲んだ。
最後に赤紫蘇ハイ(200円)を飲み〆て1400円。
十二分に酔えた。
原木中山にオープンしだいたい6年ということだ。
年中無休で16時から24時まで。
原木中山駅改札を出て右手を見ればお店が見えます。


 

AD
いいね!(15)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

原木中山と下総中山を食べ歩きのフィールドと
し約100軒の飲食店データをとった。
原木中山の「肉のアヅマ」に感動し何度か
通うなか、ご主人から肉のアヅマの歴史に
ついてお聞きする機会があった。
以下のような内容であった。



>昔、浅草の吾妻橋にアヅマという精肉店が
あり多くの御弟子さんが修行していた。
修行が終わると御弟子さんたちは江戸川の東と
西へとお店を開いた。
ご高齢となり閉店したお店もあり現在は
数えるほどとなったけれども行徳のアヅマも
同じく浅草の味を今に伝える精肉店である。<






 

そこで、
肉のアヅマめぐりをしようということで
昨日は行徳に行ってみたのだが、
原木中山でお聞きした話しと食い違いが
出てしまった。
昨日、行徳に行き少しだけお話しをおききした
のだけれども行徳のお店は浅草とは無関係であり
暖簾分けしたわけでもなく単独であると言う。
行徳に根を降ろし40年になると言う。
これまた困ったことになったものです。
ゆっくりとしたペースになりますが篠崎のお店にも
伺い、アヅマの歴史について聞き取り取材は
継続していきましょう。
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は行徳コロッケ(85円)2つ、串カツ(150円)、ハムカツ(130円)。
行徳コロッケはやや大きめのパン粉部分がサクサクしていて美味しい。
中にほとんどそのままのジャガイモが入っていた。
潰れていないジャガイモだったので珍しいなあと
思った。
 

そこであとひとつを二つにわって
中を撮影してみることに。



 

すると今度はちゃんとつぶれていた。
手作りだからこんなこともあるのですネ。



串カツは玉ねぎがみずみずしく、且つ、しゃっきりと
しており美味しい。
ハムカツは今日ハムカツサンドにしてみた。

 



時間がたってしまい衣もべったりとしているが、
美味しくいただけた。
ハムを数枚かさねて揚げていますネ。
さて、行徳のアヅマはお弁当のランキング表がある。
 
(クリックで拡大します)



第一位がしょうが焼き弁当。
「人気NO.1」というポップもあるから次回はしょうが焼き弁当をいただいてみよう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記>・・・・ハムカツサンドを食べていたら
母がハムカツサンドの話しをした。
50年前に弟が生まれたときに僕たちは世田谷区の
代田に住んでいたのだが、ハムカツサンドがとっても
美味しいパン屋さんがあり、毎日朝はハムカツサンド
だったという。僕は幼稚園だったから憶えていない。
父はパンよりもご飯が好きなのにハムカツサンドだけは
食べていたと言う。
弟が生まれたお祝いをいただいたのでお返しに
そのパン屋さんで小さなバースデーケーキをたくさん
作ってもらったと言う。
弟の名前入りのケーキ。
そのパン屋さんはケーキも売っていたということだ。
まだあるか母にきいてみるともう40年も50年も
前のことだからわかるはずもないと言った。
ところで子供の頃から僕はハムカツサンドが好きだった。
もしかすると自分では憶えていなくとも代田の頃に
毎日食べていたハムカツサンドがあったから
今も好きなのかもしれない。
昔のハムカツサンドはサンドではなくドック。
細長いドックパンにキャベツとハムカツを挟んで
いた。代田のハムカツドックも同じで
あり、練馬区に移転し近所のパン屋さんで買っていた
ハムカツドックも同じタイプであった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<アヅマ肉店>
スーパーマーケット「オリンピック」のはす向かい。
妙典駅からが近い。
お弁当の販売は午前10時半から。

 

いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大衆あさひで飲んでいたら大将が普段は
どこで飲んでるのときくから、あまから屋の
住人だと言ったら大将は笑った。



「あそこの社長さんて船橋ケイバが好きで
若い頃はちょっと仕入れに行ってくると言っては
自転車で競馬場に行っていたってききましたよ」




たしかにお品書きにあそこはお馬さんのイラストが
あったし、船橋ケイバいりびたりの住人もいた。

だから船橋市民にとってのあまから屋のイメージ
っていうのは、ギャンブラーが朝から酒を飲んで
いて競馬場がよいしているというものではなかった
ろうか。

あまから屋の存在は・・・それはたしかにあれだけの
人気店だし知ってはいたが入りづらいものがあった。

しかし勇気を出して入ってみたらみなが抱くイメージ
とはまるで違う世界があったのであった。

僕にとってあまから屋こそが船橋の心臓だった。

そこに集う人たちの人間模様もけっして下衆な
ものでもなかったし、インテリジェンスさえ感じられた。

あまから屋は続いてもらわないとならない文化遺産
だったのだと思う。

あまから屋ほどの歴史はないけれどらーめん亭&
アッサムも同じ。

船橋の庶民食文化そのものを刻んできた時計だった。

あまから屋とらーめん亭&アッサムがなくあった
ときに僕が好きだった船橋もほぼなくなったのである。

そんな僕に最近うったえかけてくるというか・・・
それはホープ軒。


 

ホープ軒の歴史をたどる旅。

新横浜ラーメン博物館に行った方はラーメンの歴史
を展示しているコーナーを見ていることでしょう。

100年以上前に浅草で産声をあげた来々軒が
東京醤油ラーメンのルーツとされている。

それまでは南京町で中国人が作る豚骨ラーメンや
中国からもどってきた人たちが焼け野原に出した
屋台ラーメンが日本のラーメンだった。

しかし復興をとげて頭角を現した屋台ラーメン
こそがホープ軒である。
まあ、当初は錦糸町の「貧乏軒」であったわけで、
後に「ホームラン軒」として爆発的ヒットをした
屋台ラーメンである。

僕がホープ軒に最近になってここまでこだわって
食べ歩いているのは、あまから屋とらーめん亭&
アッサムがなくなったから。

やっぱり自分が生きてきた昭和を自分の中に
とどめておきたいからなのである。

浅草の来来軒って言ってもそれを知っている人は
もうかなりの年齢の方だ。
来来軒を引き継いだ店はあるものの、来々軒の
味がどうであったのかをほんとうに知っている人は
ひとにぎりである。
こうだったのではないかとか、再現をして
テレビでも放送されたし、僕も録画をして残して
いるけれど、それは不確かな記憶からおこしたことで
しかない。

ところがホープ軒は創始者がお亡くなりになったものの、
まだまだご子息はご健在であり、まさしく東京の
ラーメンを今に伝える生きたラーメン店なのである。
つまり来々軒というのは史実の範疇にあるけれど
ホープ軒こそが今も健在な東京唯一の歴史的な
ラーメンだと言えるということである。




 

僕にとって、東京ラーメンというのはホープ軒なのであり、
ホープ軒以外ではない。
おふくろも高校時代に新宿の大ガード近くにあった
ホームラン軒で食べて感動した。
このブログには三光町(現在は存在しないが歌舞伎町
ちかくにあった番地)のホームラン軒で働いていたのが
自分の母親だというコメントもいただいた。
お母様はご健在で今もラーメンがお好きということである。
昭和一けた世代にとってのホームラン軒やホープ軒、
そして僕たちの世代のとってもホープ軒系こそが
まさしく東京ラーメンの代名詞なのだ。

 

さて、最後に船橋のらーめん一丁であるが、
一丁のマスターは香月となりたけ津田沼店で修行
された。
ラーメンは香月を引き継ぎ、多くの数をさばいたり
といった技能はなりたけから受け継いだと言われて
いた。
たしかに一丁のラーメンになりたけを感じることは
なかった。
現在、ご主人は小岩でラーメン店を営んでおられるが
二郎系と勝手に位置づけられている。
これはご主人にとって心外なのではないだろうか。
一丁は香月となりたけと生粋のホープ軒系の店で
あるわけだから、大久保の店から小岩に移った
現在、ラーメン二郎インスパイアなどと言われる
筋合いはないと僕は確信する。


 

いいね!(32)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

参佰宴@船橋 
なぜなのかはわからないのだが
今年になって僕は昔のことばかりを思い、
心とざすかのように自分だけの世界に入っている。
やがて終わりのときをむかえる孤独な老人のように黄昏ている。
久しぶりに船橋駅に降り立ったものの眼差しは消えていった船橋に。
大昔船橋で働いていた頃や10年前に歩いた船橋
のことを思い出していた。
少しだけ歩き、参佰宴で一杯やることにした。
 

 
  
  


 


館山漁港のすずき。
甘味があり鮮度もよし。




 

握り寿司(二人前600円)は
左からかつお(銚子)、真鯛、真鯵(館山)、
タコ(アフリカ)。
味には満足だけれども握りの形がやっぱ居酒屋だネ。





 

あともう少しいけそうなのでおまかせ3点盛り。



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<近況>・・・なんだかテレビのニュースも
暗いことばかりで沈みがちになる。
パッとしない毎日です。
明日は八潮メセナで丸一日収録があり、
明後日は目黒で収録。
目黒の芝居は「大安吉日」http://gekidan-kyu.com/
で、仮面ライダーブラックのヒロイン役田口さん率いる
劇団球の本公演。
舞台の下見に伺ったので言えるのですけれど、
これは見に行く価値ありですわ。
まだお席があるみたいなのでご観劇おすすめです。
明後日は一番後ろで僕は撮影しております。

 


 

いいね!(23)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「木久蔵ラーメンの夢」
「笑点」の司会が桂歌丸さんからどなたかにかわると
いうことで気になっていたのだろうか。
僕はテレビをみないので「笑点」も母が見ている
ときにちらっと見ている程度だ。
しかし笑点の中で今はそのネタで笑いをとっているのか
否かは知るに至らずだけれど、木久蔵ラーメンが
まずいというネタがあることくらいは知っていた。
そんなことを思って床についたから木久蔵ラーメン
の夢を見た(笑)
夢の中の店は「木久蔵ラーメン」という名前で
あったけれど、違いますネ。
「全国ラーメン党」という名前のチェーン店でした。
ところで、僕は西武新宿線の武蔵関駅が最寄り駅で
10歳から30代前半までそこに住んでいました。
都内に出るには高田馬場乗り換えか、そのまま終点の
西武新宿に出るのです。
西武新宿駅を降りると否が応でも目に飛び込んで
来るのはあのヤマダの巨大液晶ビジョンです。
すごい音量で音楽のライブなんかを流している。
その液晶ビジョンにスマホのレンズを向け
撮影している人たち。
中国人もたくさん。
それが現在の西武新宿駅の風景。
僕は昔の人間だからどーもなじめなくて、嫌いなんです。
ヤマダもなにもなかった昔は西武新宿駅のあたりも
静かだったし、爆買い中国人たちもいなかった。
あのいつまでも追いかけてくる黒人のポン引きも
いなかったし、少しは品性を感じる町でもありました。
ヤマダのあたり・・・・・今は吉野家になっている
あのあたりに大きなラーメン店があった。
それが「全国らーめん党」でありました。
けっこうな人気で老若男女、ぞろぞろと入っていって
みなさんラーメンを食べていた。
僕もどんなものか一度は食べてみようということで
20年数年前に入ったことがあった。
今風でしたネ・・・システムが。
アルバイト店員さんたちでやっておられ
ファミレスみたいな印象を受けました。
木久ちゃんラーメンというのをいただきましたが、
まあ普通の東京醤油ラーメンといった記憶であります。
あの頃は「麺ロード」とかチェーン展開のラーメン店が
都内のあちこちに増えていき、ラーメンもチェーン展開
の時代なのではなかったかしら。
僕が好きだったのは喜多方坂内チェーンやげんこつ屋
チェーン。
しかしまだまだ店舗数は少なかった時代です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「泡のごとくに湧き泡のごとくに消え去る」
泡のごとく湧いては泡のようにはじけてなくなって
いく。神田神保町あたりを歩いていると不謹慎ながら
笑ってしまうのです。
ラーメン屋さんのシャッターが降りている。
「短い期間ではありましたがご愛顧賜りありがとう
ございました」
なんて張り紙が目にとまる。
で、次に行くとまたラーメン屋さんになっている。
その次に行くとまた閉店の張り紙がしてある。
何回も何回もそれを繰り返していて、いったいこの
ラーメン屋さんって何回塗り替えられのだろうかって
笑ってしまうのだ。
どうせオープンしたって潰れてしまうわけなのに
なぜラーメン店を開業するのだろうか?
もしかしてはじめからつぶすつもりで開業?
居抜きで入れば安く済むし、オープン
当初は客も入る。利益がでて客足が途絶えなければ
続けるけれどダメそうだったら利益を残すか、
とんとんですぐにやめてしまう。
そういった傾向にあるのだろうか?
税金対策もかねたりで多少の赤字でもまあいっかっていう経営?
しかし、昔の静かな新宿が好きで木久蔵ラーメンの
夢をみたりする70年代超オヤヂ・ナルナルにとって
は泡のように湧いてはじけてしまうお店って行く気がしないんです。
70年代超オヤヂ世代の中には今風になじんで
やっている人もそれはいるでしょうけれど、
僕にとってのすごいらーめん屋、あこがれの
らーめん屋っていうのは
勝丸みたいな歴史をもった店なんです。
タクシーの運転手をしていてラーメンが大好き。
いろいろ食べ歩きタクシーをやめ屋台からスタート。
こつこつと毎晩屋台をひきためたお金でやっとことさ
お店を持つに至る!!
そのお店もまた評判で、新横浜ラーメン博物館が
オープンしたらそこに堂々と店を出した!!
佐野実さんの店だって、他のお店だってみんな
苦労した時代があって、その苦労が深い味の世界と
なっているのだ。
資本にものを言わせ、あっちゃあ、こっちゃあ、
パクリまくって寄木細工みたいなラーメンを考案し
ぽっこり町にオープンするラーメン屋は嫌い。







「ハッスルラーメンホンマ@錦糸町」
昨晩、錦糸町乗り換えで門前仲町へと向かおうとしたが
ハッスルラーメンの前まで行くと衝動的に入ってしまった。
 
  

前回は亀戸本店創業当時の「復刻ラーメン740円」
をいただいたので今回は普通の「ハッスルラーメン640円」に
したのだけれども見てくださいな。
 

これって、どこからどーみてもホープ軒ですよね(笑)
ホープ軒と関係があるのかしら。

 
久しぶりのハッスルラーメンですが、
とんこつの臭みが感じられず、第一印象としては
甘味がほんのりと舌に伝わってくる。
いろいろな素材があわさって彩り豊かな味わい
だけれども千駄ヶ谷ホープ軒、香月とはまた
別種の味わい。オリジナリティーがあります。
全体的にまろみのあるスープ。





 

ホープ軒の麺は至って普通の麺と感じるけれど、
ハッスルラーメンの麺はもちもちとした食感が
あり尚且つ腰がある。(浅草開化楼)






錦糸町のハッスルラーメンに初めて伺ったのは
2007年の1月でしたが、あの頃から比べると
なんだか洗練されてきたように感じました。
生意気言ってすみません、昔はもう少し
屋台風の粗っぽいところがあったように個人的で
はありますが、そう感じていたんです。
それが好きだという人もいるでしょうけれど
昨日の一杯は僕の口にあいました。
亀戸本店への期待が益々高まります!!!


 
 

いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

地元狭山の若手農業家。
大野ファームの大野さん。
たんじゅん農法をされており東京にも
食育をかねて出店されています。
大野さんの育てたたんじゅん農法野菜は
都内こだわりのイタリアンレストランなどで
そのすばらしさを発揮しています。
たんじゅん農法というのは・・・僕も
よくはわかりませんが、炭素循環農法の
略号で土壌を菌症化し菌(キノコ)の力で
野菜を育てる最先端農法のようです。



そんな大野さんとFBを通じていろいろ情報を
交換しあっているんだけれどもラーメンの話しに
なって西武新宿線の狭山市駅のラーメンショップ
よこづながおすすめということで行ってみることに
した。
なんでも大野さんが学生時代から慣れしたんだ
ラーメンとのことだ。



 

かなり昔からやっているお店のようで老朽化して
いる。

ラーショと言えばネギラーメンが定番と思うけれど
ここはあえてラーメン500円にして様子見。



 

なんだかラーメンショップぽくないラーメン。
細くて縮れのある麺。
とんこつ臭さがなくこれまでラーメンショップで
味わったスープすべてに該当しない
僕には判別しかねる出汁を使っている。
癖はないのだけれども野趣を感じさせるスープだ。
また脂も少なくてあっさり目に仕立てている。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<予定変更>・・・21日(土)は江戸川橋駅
から歩いてカリタスジャパンへ。ボランティア
養成講座の第一回目。
ところが今日、飛び込みで収録が入り、それが
21日。ちょうど講義の最中の収録。
場所は八潮。
地図を見ると西新井が近いですな。
涌井浮上です。
日曜日は目黒で収録なので連ちゃんだ。
明日あたり・・・・午後から船橋に行き
充電??
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラーメンショップよこづな(狭山市駅)
http://tabelog.com/saitama/A1106/A110602/11025166/

  

 

いいね!(18)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 
 

浦安駅メトロセンターの牧和すし、
原木中山駅メトロセンターの福徳食堂、
松戸の福徳食堂、松戸南部市場の海鮮福徳は
同系列もしくは母体が一緒みたいネ。



こちらのブログに原木中山
メトログルメショッピングセンター
にある福徳食堂が以前は牧和すしだったと
いう驚きの情報をいただいた。


加えて、原木中山の統鳥(第二メトログルメショッピングセンター)は
以前は鳥起だったとのこと。
http://ameblo.jp/dehiro1039/entry-12076323614.html

関連した情報は他の方からもいただきました。
中山はまだあまりわからない僕。
みなさんには感謝であります。



 

ということでともかく
浦安のメトロセンターまで行ってみました(笑)


 

メトロセンターには「鳥起」もありましたわ(笑)





 

そして牧和すしです!


 

ランチはこんな感じ。
安いわ。


ネタの内容は変わるかもしれないですが、
ランチタイムでないと梅握りは1000円。
なので150円お得。


 

握りセット850円は8貫にかっぱ巻き。
あさりの味噌汁付き。
甘さひかえめのシャリ。さびをほんのりきかして
いる。わさびだけもらっている女性客さんもいました。
まぐろはよかったです。
お椀がつくのでこの値段だと回転寿司と変わらないですネ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
牧和すし
浦安メトロセンター
電話 047-351-8443
ランチ 11:30~14:00
*クレジットカードはランチタイムは避けて
くださいということで15時から使用できます。
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いいね!(12)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

法典の湯
16日に法典の湯に行った。
温泉や銭湯が大好きな僕。
でかけるときにはいつもお風呂セットを持っている
のです。
埼玉県の秩父に住んでいたことがあって秩父は
温泉郷なのでともかくいろいろいきました。
温泉としてはまあ平均的というか・・・・はっきり
申せばいまいちといった泉質なのですが、一番
家から近かったのが武甲温泉。
よく行っていました。
車で5分だったからネ。
それから東京に戻るとスーパー銭湯や銭湯に
行った。2005年だったかしら、法典の湯が
船橋法典駅ちかくにオープンするとすっかり
ここが好きになって回数券を買ってずっと通って
いる。
年に一回。秋に格安回数券を発売するので
そのときに3冊くらい買う。すると一年間持つ。
一回500円くらいだネ。
安いもんだよ。
もっとも船橋法典駅までは下総中山から160円かかる
し船橋駅からもそのくらいかかるでしょ。
だから往復320円で一回の入浴料は820円か(笑)
でも一年間健康でいられるのは法典の湯に行っているからだし安いもんだよ。
16日によもぎスチームサウナに入っていて
冗談めかして開店当時はこんなにケチってないで
6つくらい袋があったのになあと言ったら
うなずいて笑ったご年配の方がいた。
10年前に開店したときにはよもぎスチームサウナは
すごくさわやかな香りがしていたものだ。
よもぎを入れた袋はたしかに6袋あって、香りが
よく出るように袋を並べ替えている人がいたものだ。
喘息の人がよもぎスチームサウナで治ったとか、
いろいろと温泉めぐりをしているけれどここのスチーム
サウナが一番よもぎのよい香りがすると言っている人も
いた。
いやあ~~好きだったなあ。
そして今も好きなのだけれども、今は3袋だろ。
香りがあまりしないから「一年前のをそのまま
使ってんじゃねえの」なんてケチをつけている人もいる。




ところで・・・・今日は思いつくままに書いてしまって
モノローゲンぽくなっており読みづらいかもしれず
恐縮ですが、炭酸泉の話しに移らせてください。
自分は炭酸泉も大好きなんです。
炭酸は温度が高いと蒸発してしまうからぬるいお湯
ですよネ。
僕はぬるいお湯にゆっくりと入るのだが好きなんです。
なるだけ名前は出さないようにしているのだけれども
このブログにこっそり名前を出してしまうので
広めないでください。
練馬区の関町に松の湯という銭湯があって
そこの人工炭酸泉は最高です(笑)
ネットであまり紹介されていないので人が少なくて
ゆっくりできるんですよ。
しかし紹介されてさわがれるほどとってもよい
銭湯なんです。だからなるだけ言わないようにしている。
温度もよいし、寝そべるようにして入れるのもいい。
冬はとくにいいです。
炭酸泉があるのは外気が入ってくる別の浴場なので
炭酸泉につかっているときに頭に冷たい風が吹くん
です。これがいいんだわ(笑)
それとここのロッキーサウナっていうのがまた格別に
よくてねえ。
熱すぎずじわじわと汗を絞り出せるんです。
法典の湯とくらべると人工炭酸泉とグランドサウナ(関町はロッキーサウナ)は
関町の勝ちだネ。
法典の湯の源泉も炭酸泉ももうほんの少しぬるいほうが
僕は好きなのだ。
源泉かけながしもあと1度か2度低いと長くつかって
いられるんだけどなあ。
最近は法典の湯の寝ころび湯が人気でなかなかあかない。
あそこでずっと眠っている人いるもんね。
自分も背中をまっすぐにのばしたいし少し眠りたいから
寝ころび湯にも行きたいのだけれども平日でも空かないのだ。
寝ころび湯のすぐ近くに壺の湯がありますネ。
五右衛門風呂。
あそこも下から熱い湯が沸いてくるのが嫌だなあ。
破産したんだろうね、あのやまとの湯。
今、僕が住んでいる狭山には狭山やまとの湯があって
そこの壺の湯がほんとよかった。
温度もよかったし大きさもよかったしねえ。
回数券がまだ9枚も残っていたのに破産してかえして
もらえなかったわ。
さあ、話しがあちこちに飛んでしまったけれど法典の湯。
10年前からずっと通っている人ってけっこういますネ。
それと従業員さんたちもけっこう10年選手がいるみたいだね。
まさか、たちより湯で写真なんか撮ったら逮捕されちゃうし
そんなことはしようとも思ったことはなかったけれど
10年前の写真があったらなつかしいだろうネ。
みんな10年わかかったわけだし(笑)
散髪のコーナーのスタッフさんも9年っていう人が
いてネ(笑)とっても感じのいい人なんだ。
僕が埼玉のド田舎からやってきていることも知っていて
いつも笑顔で挨拶してくれる。
16日も帰り際に「来週だネ」と言ったら笑っていた。
そろそろ散髪しないと(笑)
僕はいつも法典の湯で散髪してるのよ。
前々回だったかテレビのあるあのスペースで待って
いたら爆睡してしまって、何度も「成毛様、成毛様」
と呼ばれて目が覚めた。
ほんとうは船橋にあればいいのだけれども、船橋は
ゆとろぎの湯もなくなってしまい、とっくの昔に
常盤殿もなくなったのでスーパー銭湯や立ち寄り温泉は皆無だネ。




法典の湯は6月にメンテナンスの日があって休館します。
今回は長くて、6月7日と8日。
確認してから行かないとネ。

 

 

いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。