船橋に憩う ~食の歳時記~

船橋、中山、市川、千葉県をほっつき歩きB級グルメと酒の日々

NEW !
テーマ:


第二次ラーメンブームの頃からのオールドファン
はご存じの店と思います。
だいたいあの頃のラーメン本には載っていた店
ですからネ。
自分も25年くらい前に行きました。
当時の僕は川崎市の梶ヶ谷に住んでいた。
だから小竹ってすごく遠くてなかなか行けなかった。
でもどうしても食べたくてラーメンを食べに
小竹まで行ったのであります。

その頃はまだまだ味覚も鍛えられていなかったので

正直わからなかったという感想であります。

はっきり言ってしまうとそれほど感動しなかったのであります。

 

 

 

さて話しは25年後の平成29年であります。
 

 


昨年、遅い時間に仕事が終わって車で狭山に帰る途中、
いつもは使わない道を使いました。
すると夜遅い時間に煌々と輝く店。
よそ見運転は危険なので1秒ほどちらりと見て前を向く。

 


ラーメン一番であることを思い出した!!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「わき目もふらず一直線!」
一昨日は東長崎に納品がありその後江古田で友人と
一杯やり向かうはラーメン一番。
武蔵野音大を通り環七に出て右にすすむと一番の
灯りが近づいてくる!!!
ゲゲッ!!!

 

 

 

「ゲロゲーロ!!」

(こちらはてすた六さんのブログに影響され加筆です)

 

 


なんだかすごい行列だ。
とりあえず行列に加わると僕の後ろに並んだ30代くらいのカップルが

互いに顔を見合わせている。

 

 

 

「これだと1時間はかかるね」

 

 

 

そう話すとあきらめて行ってしまった。

 


自分はここまで来て引き返すわけにもいかず
スマホで写真を撮ったりでFBに近況アップしたりで
時間をつぶした。

友人たちからラーメンが食べたいとコメントが入った。

 

1時間がすぎてもまだ順番はまわってこなかった。

 

やっとこさ順番がまわってきたのは1時間20分後!!!

 

 

 

 

ラーメン750円ににんにく(50円)

どう見てもホープ軒系のビジュルアル
なのでニンニクは欠かせない。

で、小ライスもと思ったけれどライスはやってないんだネ。

ラーメンができあがり許可はとらずに写真撮影。
その前に店員さんと少し話しをしたので許可なしOKと
いった感じになっていた。

 

 

 

完全ホープ軒ですネ。
細かい背脂、しゃきしゃきのもやしとネギ、ホープ軒
本舗を思い浮かべる脂身のないしっとりとしたチャーシュー。

 

 

 

まずはスープを。
おお!! しかしスープはちょっと違ったネ。
鶏ガラとんこつ、そして本舗と同じように野菜類
でとっているということで材料は似ているけれど
バランスが違うのか、乳化したとんこつスープの味
が前に出てくるのではなく全体にさらさらとして
あっさりしているのだ。かといって香月のような
あっさりともまた違う。本舗や香月よりもあっさりと
しているのだけれども背脂のコクとあわさると
みごとなハーモニーなのだ!

 

 

 


で一番感動したのは麺だった。
九州ラーメンのようであるけれど、
それよりもやや太めでしなやか。
さっくりと切れてすごくいい。

 

 

 

 

 


そして忘れてました!
最後に記すべくはコーンですな。
これがここのオリジナリティだよなあ。
もりつけたときの色合いもいいし、
これにやられちまったのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
創業30数年 老舗の味
ラーメン一番
https://r1ban.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


「江古田もつ焼き あぶさん」
「船橋に憩う」というタイトルだから江古田ネタは
短く行きます。
10周年を過ぎ人気が衰えることなく老若男女
の楽しい笑声が街路にも漏れてくる<もつ焼きあぶさん>

新規開店の時から通っているナルナルです。

 

 

 


昨晩は大学時代の友人S氏と久しぶりのあぶさん。
やっぱ専門店はいいですネ。


ホッピーセット(380円)の焼酎の量を見てくださいな(笑)
これでは飲めないっていう方もご安心。
別にグラスを用意してくれます(笑)
 

 

 


やきとん、やきとり、牛もつは
種類豊富で飽きさせないです。
もちろん炭火焼きで、こと店長が焼くとぐんと
味もアップしますネ。


90円のやきとんは11種類もあります。
安価なやきとんは小さかったり質の落ちるものを
使っていることが多いと思いますが
そんなことは一切ないですな。

(手作りつくね(右)160円はオーダーが入ってから串にさす)

 

 

 

 


<ガーリックバターおにぎり>は炭火に
炙られ外側はカリッとしており遠赤外線で短時間で熱がはいった
中身は蒸されたようになって湯気がふわっと立ちます。
こちらも10年前からのお気に入りであります。




やはり同じ値段であればよりうまいものがいい。
白い煙がたちのぼるなが味わう大衆酒場の雰囲気も友人との
語らいの時間をより楽しいものへとかえていきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「松屋一号店」

S氏とはあぶさんで別れ、僕は単独〆のラーメンへ。
あぶさんの焼酎があとからきいてきて、
へべれけになって江古田駅に戻る。


帰り際に松屋の前を通ると今までなかった
2枚の額がかかっていた。
その写真が撮りたいがために牛丼をテイクアウト。

(どちらも蛍光灯が反射して見づらくすみません)

 

 

 

 

 

 


学生時代、こちらの松屋にはずいぶんとお世話になった
けれどここが本拠地だったとはつゆ知らず。
中華料理屋のご主人が吉野家の牛丼を食べ感動。
自分のお店で出してみたというのが松屋ストーリーの始まり。
それにしても中華料理屋のご主人が
一代で大企業を築くなんて映画やドラマのシナリオが
書けそうですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「近況」
TBSラジオで耳鳴りの治療をしている医師が話していました。
耳鳴りの原因をパーソナリティーがきいたところ、
原因は不景気という意外なこたえでありました。
景気が悪いとストレスがかかり自律神経が
おかしくなるのだそうです。
かなり多くの人が耳鳴りがするようですね。
まあ、僕もその一人であります。
ストレスはたしかにありますネ。
50代の半ばを過ぎた僕としましては、
だんだんと自分の体調を保つにはどうしたらよい
かということがわかってきたように思えます。
日々の食事は和食がしっくりときます。
油や塩分がすくない食事であり野菜もたくさん
とれますネ。ごはんも麦飯なのですが麦飯を
食べていると体調がよいです。
発酵食品や食物繊維のあるものも和食では摂取できる
ので朝に排便というパターンになるのが理想です。
ヤクルトレディーからヤクルト(甘さをひかえたもの)
を配達してもらっています。また朝は無農薬ニンジンの
スムージーを飲んでいます。
あとは法典の湯ですネ。週に一度行くのが理想だけれども
なかなかいけないです。5時間以上いて休息(睡眠)を
とりながらゆっくりと湯治します。副交感神経が
はたらき体調がもどり免疫力もアップします。
またラーメンやつゆそばでとった過剰な塩分もよもぎ
スチームサウナで汗とともに絞り出すことができます。
汗は1リッター以上は絞るようにしています。
そしてなによりも湯上りのビールとうまいものめぐりです。
気分転換、ストレス解消となります。
日々の食事、法典の湯、いちふなでの食べ飲み歩き。
この3つで体調管理。健康維持。
今日は深夜まで仕事をしてなんとか形になれば
明日念願の法典の湯に行けるかもしれないです(笑)
ひとつ前の日記に記しましたが、今月はシャポー食鮮館の
閉店があるため、いつもとは違いシャポー中心となります。
亀戸と行徳で働いていたことがあり、仕事が終わると
よく行っていました。シャポー食鮮館は
12年前から親しんだ<僕の船橋>スポットでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<追記>・・・先ほど千葉震源M5クラス最大震度4
の地震がありました。埼玉も震度3というところが
あったようですが僕の住む新狭山は揺れませんでした。
地震に敏感な僕はなんとなく揺れたような気がした
のでちょうど食事をしており隣に母がいたので
地震ではないかというと全然揺れていないと。
ここは地盤が硬いのでニュースで震度2とか3で
あっても実際にはそれよりも低い揺れなのです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は東長崎に納品。
友人と江古田で一杯。
小竹向原でラーメン。
という一日。
またいつものように酔っぱらって遅くに
帰宅となるだろうからでかける前に<雑記帳>を
つけていこう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
❶<浜町浴場>
先日、船橋駅から歩いて浜町浴場へと行った。
浜町橋を渡り浜町商店街に入ったらすぐに左に
まがる。これが浜町浴場への近道。

 

 

 

 

 

船橋中心地の銭湯めぐりをしていた数年前。
浜町浴場は露天風呂があり好きだった。
スチームサウナも無料で入れるので船橋の銭湯の
中でもとくに気に入っていた。
ところが久しぶりに行ってみると十二分に満足と
いうまではいかなかった。
スチームサウナがあまりきかない。
露天風呂は午後4時にお湯の入れ替えがあり
お湯が大量に注がれ温度も下がる。

このときをねらってくるお客さんがいるほどだ。

やはりぬるい湯が好きな僕なのでこのときは十二分満足がいくのである。






❷<叔父夫婦からいただいた唐辛子>
大阪の叔父夫婦が庭の畑でそだてた唐辛子を
いただいた。

 

 

 

 

麻婆面にしようと調理し出来上がった。
と思ったらラーメンのスープを作るのを忘れてしまった(笑)


しかたないからゆでた麺の上に麻婆豆腐をかけて食べた(笑)
唐辛子はただ辛いだけではなくやはり無農薬で育った自然な
味わいがあってよかった。







❸<カキフライ>
カキフライも作った。広島県産の生食用のカキを
使うと家庭でもおいしくできる。


でもお店で食べるように形よくは揚がらないネ。







❹<あんぱんや>
新梅田食堂街であんぱんやという憶えやすい名前の
お店を見つけた。

 

 

 

 

ピロシキを食べた。なんじゃろ、
カレーパンみたいな感じのピロシキだった。
翌日名古屋に向かうと名古屋駅に立ち並ぶお店の
中にもあんぱんやがあった。
そうか、あっちのほうのチェーン店なのだな。







❺<突然の訪問>
今週の月曜日、佐倉の友人と一杯やりかなり
酔った。おとなしく帰ることができず
終電の時間が気になるも大久保の佳香に顔をだした。
遅い時間だからマスターは驚いた。
そして瞬時に僕が酔っていることもわかったのだろう。

 

 

 


僕はにやにやしてマスターを見た。
ビーフンが美味しいからまたビーフンをお願いしようと
思ったのだけれどもちょっと変わった味にしてもらいたかった。
カレー味とか・・・

 


「マスター、なんか違う味で作ってくれない?」

 

 


「辛いの??」

 

 


そういわれると辛いのもいいなあと思った。

 

 


「じゃあ、辛いの。激辛がいいや」

 

 


「おいしくないと思うよ」

 

 


「いいや、激辛でいいや」

 

 

 


マスターは辛いものが嫌いなのである。
で、いつものように厨房でむせながら激辛ビーフンを
作ってくれた。

 

 


辛い、辛い、辛いよお~~~(笑)

 

 


スマホを見るとやばい時間だ!!
マスターもはやく帰らないとという顔をして僕を
見送ってくれた。
翌日、あまりわがままを言ってはダメだぞと反省をした。

 

 









❻<僕の予定>
仕事はそれほど忙しくない。でも納期がすぎている
編集があるのでなかなか法典の湯にいけない。
ああ! 法典の湯に行きたい!!
一週間の疲れを法典の湯でとりまた一週間。
それが一番よい生活パターンなのだ。
今日は納品と友人との飲み会だけれども
うまく行けば火曜日に新橋に納品の予定があり
その足で法典の湯に行けるかもしれない。
普段とは違いシャポー食鮮館の閉店ということが
あるので今月はともかくシャポー食鮮館メインと
なるだろう。

 

 

また東武地下のブーランジェリー
<マルホン>も今月一杯で閉店となる。
マルホンもあと一回は行き普段より多く買い
冷凍保存したいと思っている。
実はマルホンのホームページから問い合わせを
させていただいた。
創業当時から変わらずに作っているパンがあるのか、
たとえば食パンやカレーパンなどというメールを出した。
するとすぐに返信いただき丁寧にお答えいただいた。
食パンとカレーパンも創業当時の作り方をかえておらず
ほとんどすべてのパンが昔とかわらないというメールだった。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

第二次ラーメンブーム。1995年東京では
ホープ軒系を筆頭に行列ができ、ホープ軒系に
影響されたインスパイア系の店が各地に産声をあげた。
2017年。ホープ軒系ブームは沈静傾向にあるが、
ここ数年は、錦糸町あたりから千葉方面総武線沿線に
なりたけ系の店が多々新規オープンし目を見張るものがある。
第二次ラーメンブームの頃にホープ軒本舗(吉祥寺)から
多摩方面に向けて多々インスパイア系の店ができた頃を
思い出すこの頃だ。

 

 

 

 

 

 

 


平井駅から1分ほど。

なりたけ系の<濃厚こってりらーめん つばめ>をめざした。
店前に掲げたれたメニューを見るとつけ麺の種類が豊富
なこと、魚介風ラーメンや担々麺があることが
なりたけのメニュー構成との違いのようだ。
さて、基本のしょうゆらーめん700円をいただくことにした。
ランチタイムに付き小ライスのサービス。

店内はゆったりとしておりカウンターも
清掃がゆきわたっている。
広い厨房には若い男女のスタッフさん。
大将なのだろうか?

 

 

 

 


しゃきしゃきのもやしの上に小口切りのネギ。
弁慶のルーツを感じる。
そしてなりたけとの違いは・・・チャーシューかしら。
二枚あった。


スープは女性客にも受け入れてもらえそうなマイルドさがある。

 

 

 

麺についてはなりたけは自家製麺でありこちらは
浅草開化楼の麺を使用していいるようだ。
若干なりたけより細くしっかりとした食感の麺である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つばめ
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13170116/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


なりたけ津田沼店で修業されたご主人が手掛けるみそらーめん。
太麺でいただくのが美味しいのでしょうが、前回同様に
細麺にかえていただいた。
同じ千駄ヶ谷ホープ軒系でも僕は香月系を好むので
どうしても細麺でいただきたくなる。


まず、スープを。
おそらく合わせ味噌なのではと思われる。
日本酒を口に含んだような芳醇な香りがふわっとひろがる、
背脂のコクとすごくマッチしてバランスがよい。
ところで自分はつい癖で間違ってしまい「脂多め」にして
しまった。千駄ヶ谷ホープ軒系はそもそも普通でも
脂はものすごく多いわけだから「脂多め」はご法度。
むしろ「脂少なめ」のほうがよいかもしれない。
でもまあ脂多めだとこんなになってしまいますという体験が
できたということで、これはこれでよしとします(笑)


みそらーめんもなりたけのガツーンと来るアグレッシブな
感が和らいでいてマイルドな仕立でありました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
亥龍
https://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12005035/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まあその~~ なにがなんですかね?
日々、悶々としさえない気分のままであります。
今日もなにがしら・・・食レポをアップいたします。
そろそろ大阪・名古屋日記を終わりにしたいと思います。
・・・・・・・・・・・・
太閤通り口から立ち飲み屋「立陣へと向かった。
「まちゃこの気まぐれ日記」
http://ameblo.jp/machakot-28/
のまちゃこさんから情報をいただいたので
はじめから決めていた。


のれんには「串かつ どて焼き」とあり
表の黒ボード看板には白チョークで
串かつが100円からで40種類あるとPRしていた。
まだ開店から4年ということである。
厨房を囲むコの字のカウンターなのだけれども
厨房はかなり広い。

お店自体が広いので解放感がある。

この日はすでにいろいろ食べているので
脂っぽいものは入らない。


そこでまずは酎ハイ(300円)とどて焼き(120円)
をお願いした。
キャベツが出たけれどこちらはお通し
ではなくサービスであった。
酎ハイはかなり濃いめ。酒飲みの僕にはうれしい。

 

 


どて焼きは本場と言え東京と
それほど違わなかった。
ここに来て串かつを食べない手はないだろうとも
思ったけれど前途したように脂は身体がうけつけなかった。

しめさばをお願いする。

 

 


しめさばをバーナーで炙ったので・・・
??と思った。
ところがメニューをよく見ると
「炙り大トロしめさば400円」と、ちゃんと「炙り」
と書いてあった(笑)


なかなかよいところを使っていておいしかった。
二杯目はレモンチューハイ(300円)
こちらも濃いので2杯で酔いがまわった。
まちゃこさんからコメントをいただかなければ
たどりつけなかった店だけに感謝であります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「大黒」
さて、立陣を出ると
ビックカメラから広小路をすすむと立ち飲み屋が
2軒連なっていた。

 

 

 

 

 

「こうして競いあっているとどちらもグレードが高いぞ」

 

 

 

 

 

ということで右手の大黒に入ってみた。


黒ホッピー(450円)。
焼きとんは90円ものを全種類注文した。


奥にもカウンターがあり二階は立ち飲みではなく
居酒屋のようになっているようだ。
目前で焼いている若い大将にどのくらいたつのかと
か、いろいろ話しをした。

 

 

 


7周年ということだ。
埼玉から来たと言うとカウンターに置いてあるチラシを
もっていってくださいと言うからチラシを見ると
なんと隣の立ち飲み屋も同じ経営であることを知った。
なんだよ・・・・ちょっとがっかりした。
また大黒と隣の魚椿はチェーン展開しており
9軒ある。さらに「偽家系」ラーメン店も
経営している。「横浜家系ラーメン金山家」と言う。
そちらは3軒ある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
帰りの新幹線で缶ビールを飲んでいこうと思い
キオスクに行くと世界の山ちゃん柿の種と
いうのがあったので買う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新宿で降りると調子づいて〆にラーメンが
食べたくなった。
ブログにコメントをいただくことがある「酒人」さん
がときたま行くことがあるという青梅街道沿いの
博多天神に行った。

(写真を見ると直営15号店とありますネ。写真からそれを知りました)

 

 

 

 


いつも僕は歌舞伎町の店を利用しており、こちらは
あまり行くことがないのでたまにはこちらにしようと思った。
新宿の一等地で500円。しかも替え玉無料という
のはギリギリの線だろうネ。


卓上の辛子高菜漬けを入れて食べた。

 

 

 

 


朝は叔母の手料理。昼はらいおん堂のたこやきと
スガキヤのラーメンセット。夜は立ち飲み屋二軒
はしご。そして博多天神。
ちょっと食べ過ぎでしたネ(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

<朝>
朝はいつもとかわりばえしない献立。


名古屋がらみでは名古屋で買った「すずみそ」で味噌汁と
茄子炒め山椒かけ。

 

 


<昼>
今日は13時から下北沢にて芝居の撮影だったので
船橋マルホンのグラハムブレッド、平井やまざきの
コロッケをはさんだコロッケパンをお弁当に。

 

 

 

 


<晩>
下北沢から小田急線で新宿へ。
たつ屋で牛丼+たまご。

(40年前のたつ屋は豆腐がもう少し大きく牛肉は見た目にも国産といった感じであり

若干煮込まれて色が濃かった。玉ねぎももう少し存在感があった。しかしタレの味は

40年前を思い起こすなつかしさがある)

 

 

 

 

 

 

 


本年初のたつ屋。
牛丼を食べ終わるとカツ丼が食べたくなった。
そして高校時代のひとこまを思い出した。

(厨房、カウンターに近くで調理しているスタッフさんは僕と同い年。なんと同じく16歳の時に

神保町・水道橋のたつ屋で牛丼を食べ感動し、そのままたつ屋へ就職し40年間働いている。こちらのお店ではお客さんから愛されるいるオヤジさんだ。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「たつ屋で牛丼とかつ丼を食べる」
ちょうど40年前に僕はたつ屋で牛丼とかつ丼を
食べたことがあった。
それ以後、一度もそういったことはないので
よく憶えている。
たつ屋の牛丼は日本一うまい牛丼と信じていた。
食べ物に興味がなかった高校時代、たつ屋の牛丼
だけは夢中になっていた。
今ではもうあの味はコスト的に無理だとたつ屋さんも
おっしゃっていたけれど、40年前はなんとかなり
よい国産牛を使っていたのである。
吉野家と比べると多少牛肉の量は少なかったように
記憶しているが、それでも吉野家のアメリカ牛と違い
脂身もある国産牛はピカ一だった。
神保町から水道橋にかけて4軒ほどたつ屋があった
という記憶である。
白山通り沿いの店で神保町交差点を背にして左側
にあった店で僕は同級生の桜井と一緒にいつものように
たつ屋に入った。
僕も桜井も本の虫だったから練馬区の田舎から毎週神保町に
行っては本を買っていたのである。
高校生だからお金もなく食べると言ったらたつ屋の牛丼
だった。
自分はそんなある日、あまりにもたつ屋の牛丼が美味しくて
食べ終わり、かつ丼も食べたくなった。
そこで牛丼を食べ終わるとかつ丼を注文したのである。
桜井は食べ終わり僕がかつ丼と格闘するのを見ていた。
自分は後半辛くなり苦しみつつかつ丼も完食した。
桜井はそんな僕に軽蔑のまなこをしめした。
なにも言っていなかったがなんでまたそんなに食べるのかと
あきれかえっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「となりの居酒屋」
たつ屋のとなりは焼き鳥屋だと思っていた。
今日はためしに入ってみた。
やきとり屋ではなかった。

ほぼ満席。
来店するもあきらめて帰っていくお客さんたち。

はやっている。
しかし・・・・船橋で飲んでいる僕としては
どうしても船橋と比較してしまい・・・・・
いろいろな判断からここはダメでした。


丸干し400円のみで退出。
備長炭焼きで身が大きなやきとりを100円で出すサンキュー
本町店とか、鮮度よし味よしという刺身の中から
その日の特別な仕入れがたまにヒットする津田沼の
参佰宴本店の300円の刺身などと比べてしまうと
都会は絶対に勝てないですネ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

いやまあ~~なんですかねえ~~
shige さんhttp://ameblo.jp/chee05/ の書き出しに
影響されちゃったのか・・・最近はいやまあ~~で
はじまっている僕です。
なんといいますか、僕の「いやまあ~~」は
冴えない感じのいやまあ~~であって今年もなんとなく
さえないことばかりでいやあ~~まあ~~とため息まじり
なのであります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食べ歩きの原点」
いきなりですが、僕が食べ歩きをスタートした頃の
ことを思い出しました。
弊ブログにも書きましたが大学時代ですネ。
馬喰横山に祖父母が経営する呉服問屋があり
父と叔父が引き継ぎました。
父が代表取締役だった頃に僕は大学生で他の
大学生と一緒にバイトをしていました。
社長の息子だからといってなにか特別ということも
なくみなと同じ時給と食事代で働いていました。
なにせ遊びが忙しい大学生ですから昼食代の800円
をなるだけ使わないようにしたのです。
だからもっぱら吉野家の牛丼かたちぐいそばでした。
吉野家ではたまごをつけたい、特盛りにしたいという
気持ちを押し沈め大盛りだけで我慢。
たちぐいそばも天ぷらにしたいのを我慢して
かけそばとかたぬきとか(笑)
あの当時はインディーズ系牛丼屋があちこちに
あったし今となってはもう検索にもあがってこない
いろいろな店があったのですよ。
だからめずらしくて吉野家以外の牛丼を食べるようになり
味比べをしていたのです。
また大人たちにもみくしゃにされながらたちぐいそばを
すすっていたらたちぐいそばの情緒がすきになってしまった
僕であります。
あの頃は趣味はなんですかと聞かれて食べ歩きですなんて
こたえる人はいなかったです。
読書です、映画鑑賞です、テニスです・・・・そんな感じで。
で、自分も食べ歩きをやっているという感覚ではなかった。
メモもとらないしともかくいきあたりばったりで
不思議な牛丼屋を見つけると入ってみた。
記憶の中で整理し、やっぱりここがうまいと友人たちに
自慢していたのであります。
たちぐいそばも同じで店名さえチェックせずにあの場所に
ある店がうまいという風に記憶整理をしていただけであります。

 

 

 

 

 

「らいおん堂@駅西商店街」
で、やっとこさ、名古屋の話しになるのだけれども
名古屋に到着した僕はなんの下調べもせずに
大学時代と同じようにあてずっぽに、どこかうまそうな
ものはないかなと歩いていたのであります。
ただ旅の思い出に写真はビシバシとります。
それがあの頃と違っている点。
人影少ない商店街を歩いていたら「らいおん堂」という
印象的な店名。
なんだかうまそうだ。

 

 

 

 

 


名古屋定番のしょうゆ味で買ってみた。

 

 


マヨネーズをかけて楊枝でひとつ口にほうりこんだ。
うわあ~~~熱いや(笑)
火傷しそうになり口のなかで転がす(笑)
外側がカリッとして中がとろとろのタコ焼きだ。
今回はらいおん堂を検索にかけるのもやめました。
きっといろいろと出てくることでしょう。
食べ歩きの原点にもどるというのか・・・・
たくさんデータをとることに必死になったり、
どこがどうたらといろいろレポしていると
なんだかそっちがメインみたいになっちゃいませんか?
下調べなどなしにぼんやりとしてそぞろ歩くなか、
なんとなく見つけたお店で食べる・・・・
食べ歩きの原点にもどろう。

 

 

 

 


西口から歩いていったらあった商店街なのですが、
ふるめかしい銭湯もありました。
写真をアップしておきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は下北沢で舞台写真撮影なのでこれから
行ってきます。みなさん、よい一日でありますように。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



なんですかねえ~~
特にこれといって食べ歩きネタをご披露したいって
わけではなく、なんとなくアップしておこうかしらって
感じなんです。
で、名古屋駅西口すぐの「たこいち」。

 

 

 

名古屋だけれどもこちらは大阪たこやきの居酒屋ですネ。
で、店頭ではタコ焼きを焼いている。

 

 


見てください!! この看板。メッチャうまいとかほんまもんの
たこやきとかいろいろ記されてど派手な看板。

 

 

 

 


母になにもお土産を買っていなかったなあと思い出し
電話をしたらなんにもいらないと言うので
せめてもタコ焼きくらいと思ってテイクアウトした。

(6個320円)

 

 

 


翌朝、冷めたものをレンジでチンして母は食べていた。
ひとつ味見してと言うから食べてみた。
まあ、普通ですな。・・・っていうか、焼き上がりで
ないとタコ焼きなんてわからないから。
それとレンジでチンしちゃうととろとろの中身に
火が通ってしまうしネ。
自分は若い頃にグルメ番組の取材をやっていたことが
あって大阪タコ焼きは食べたことがあります。
でも興味なかったから味は忘れちゃった。

 

 

 

 


タコ焼きへの関心は2年前の名古屋出張からだった。
ミュージカルの撮影で歩く時間もなく走っていたくらい
のいそがしさ。お店にはいけなかった。
撮影が終わって夜遅くにホテルへと向かったときに
タコ焼き屋がやっていてテイクアウトしてホテルで
食べた。それがメッチャうまのほんまもん名古屋タコ焼き
だったんで、それから興味が湧いたのだ。
で、今回は大阪でも食べたけれども、はっきり言って
大阪と名古屋との違いはそれほどよくわからない。
大阪はソースで名古屋は醤油ですよネ。
それくらいしかわからない。
でも中のタコが東京より大きいんだよなあ。
そして中がとろとろなの。
やっぱ本場にはかなわないネ。

 

 

 

 

 


生前、父が大阪の造幣局の前に並ぶタコ焼き屋台で
タコ焼きを食べたという話しを叔父からきいた。
今回の大阪旅で叔父からその話しをきいたのだ。
桜が有名なのでしょ。
で、うちのオヤジは叔父へ感動して電話したらしい。
大阪に行ったら造幣局前のタコ焼きを食べてみなさいと。
タコが大きくてうまいとオヤヂは言ったという。

 

 

 

 

 


大阪ではタコ焼きを食べるのはあたりまえのことらしい
ですネ。
大阪出身のカメラマンが言っていた。
それぞれの家にそれぞれの自慢のタコ焼きがあるんだって。
タコだけではなくチーズをいれたり、いろいろバリエーションが
あってタコ焼き器が各家庭にあって日常的にタコ焼きを
食べているそうだ。
今回の大阪・名古屋旅では大阪で一軒、名古屋で2軒、タコ焼きを
食べた。
あと一軒はまた次の機会に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は都内に納品がありその足で市川湯に行った。
僕はスチームサウナが大好き。
市川湯のスチ―ムサウナは100円プラスで入れる。
このサウナはじわじわと汗がでてなかなかいい。
水風呂もあるからなおいい。
何度も何度も僕はしつこく法典の湯での健康管理に
ついて書いているけれどここのところいろいろあって
休みがとれない。法典の湯にも行けずにいる。
だから今日は一時間ちょっと市川湯に行ったってわけ。
明日は下北沢の劇場で芝居の撮影。
電車で行く。
スチール写真なんだけれども交換レンズとか重たいから
車で行くほうが疲れないのだけれども、やっぱ終わって
飲みたいじゃないですか。
だから背負うカメラバックと肩にかけるカメラバックを
さげて電車で行くのです。
明日はまたどこで飲んだくれるんだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

たこいち 公式サイト

http://tako1.net/

・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋駅のことを名と略すってコメントをいただいた方から

はじめて知ったのだけれども、このサイトも名駅西とか、

完全にむこうだけがわかるような表記ですネ。

それだけ郷土色豊かなたこやきっていうこと?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「愚痴を・・・」
なんですかねえ・・・
ブログに愚痴を連ねるのはあまり意味もないし
控えているのだけれども今日はちょいっとつぶやい
ちゃうのです。
「大阪・名古屋日記」・・・実は名古屋にて
ものすごくショッキングな電話があってそのまま
東京に帰ろうかなあと思ったほどでした。
せっかく名古屋に来たのだからと気持ちをなるだけ
しゃんとさせ名古屋を歩きました。
いや、それが愚痴なのではなくて、実は
なにか前へとすすんでいけそうだというときに
それをはばむ力・・・悪魔っていうのかしら・・・
悪魔というとオカルトになってしまうから次には
その言葉を使わないけれども、まあ悪魔的な
ものが働く全部、台無しにしてしまうのです。
なにかことがおこるということの原因は
自分にあるはずです。
それはわかるのだけれども、なぜそのタイミングで
おこるのか、一番そのタイミングではおこって
もらいたくないときをねらうかのようにおこるのは
なぜ??
また一回ではなく連鎖するのが不思議でならないです。
たとえば結婚式の新婚旅行で飛行機に乗ったら墜落
したっていうそのタイミングですよ。
なんで、そこでおこってしまうのっていうタイミング。
車を運転していたら追突され、歩いて帰宅していたら
車にひかれてしまったとか・・・その手の連鎖。
一回で終わらず、二回、三回と癖がついているかの
ように続いてしまう。
ほんとそれに耐えられなくなってこんな愚痴を
書いているのです。
ほんとうに不思議でならないです。
ただ今の自分が思っていることは、自分を
ダメにしようとしている悪い力が働くのは
自分がこれからよい方向へと向かうから働いていると
いうことなのです。
そうさせまいと働いている。
嫌がらせをしている。
だから言い換えれば自分はよい方向へと着実に
進んでいるということなのです。

自分がよい方向にむかっているから悪い力が
それをはばもうと「悪あがき」をしている。
ともかく自分が頑張って前へと突き進んでいけば

悪い力ももう自分を阻めないのだと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「京成佐倉で友人と再会する」
昨晩、大学の頃に知り合ったKちゃんと20年ぶりに
京成佐倉で再会しました!!!
大学時代から40年ちかくたつ
わけだしほんとつもる話しには自分の人生を
振り返る思いでした。

 


彼は18歳で山口百恵さんのバックでギターを
弾いており、僕と知り合った頃は芸能界のアイドル
を総なめっていう感じで毎日ギターをひきまくって
いた。テレビをつけるといつもKちゃんが河合奈保子さん
、堀ちえみさん、松田聖子さん・・・・ギターを
弾いている姿が映った。

 

 


そんな若いギターリストももう50過ぎのオッサン(笑)

Kちゃんはなるけはかわらないと言うと思っていたけれど
僕を見て言った。

 

 

 

「成毛 ふけたなあ」

 

 

 

 

そうかあ。20年たてばみんなオッサンだ(笑)

 

 

 

あたりまえですネ。

 

 

 

 

京成佐倉駅すぐの「庄や」で飲んだ。
チェーン店をあまり利用しない僕。

でも正解でした。

ほぼ個室っていう感じのブースで廊下に面して
いるところは上からカーテンがかかるように
なっているのです。
オーダーをとりにくるスタッフもその都度
カーテンをひいてオーダーをきき、再び
カーテンをしめていくのです。
周囲もうるさくないし話しをするには最適でありました。

ハイボールを何杯飲んでも150円というサービス
をやっており、自分はそれと言わんがばかりに
ハイボールを6杯も飲んだ(笑)

 

 

 

 

 

(寒いからまずは焼酎お湯割り518円)

(お通し378円)

 

 

 

 

 

僕は鶏から揚げ(594円)を注文した。
片栗粉をつかって竜田揚げ風であり油もよく切っている。
鶏肉もたぶん国産だろう。
大きさもちょうど食べ応えありでよかった。
ただ欲を言うと油が少し古くなっていたから
新しいとよかった。

 

 

 

 

ところで僕はウイスキーを飲まない人なので
ハイボールは今回はじめてであった。
自分で作ったことはあるけれどもお店では
初めて。
なるほど、飲みやすかった。
これが150円というのは素晴らしい。
グラスも大きくて氷もたっぷりはいっている。

 

 

 

京成佐倉にはコメントをいただくアルフさんから
インドカレーの店ができたという情報もあり
お昼はそこに行こうと思っていた。
またJRの佐倉駅のほうにジャンボ餃子を出す中華料理屋
があるのでそこも気になっていた。
今回はしかし友人との再会のみで佐倉散策は次回へと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*20年くらい前に神保町の庄やによく行ったことを
思い出した。当時、おにぎり定食とか、そんな名前の
セットがあって安かった。鶏から揚げとおにぎりと
お味噌汁だったと記憶している。から揚げがおいし
かったのでよく行っていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

庄や 京成佐倉店
http://search.daisyo.co.jp/shop.php?shop_cd=1572

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。