気象庁は15日、浅間山(群馬・長野県、標高2568メートル)の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(平常)に引き下げたと発表した。09年5月27日以降、噴火は発生していない。「火口から500メートルを超える範囲に影響を及ぼす噴火の兆候が認められなくなった」としている。

【関連ニュース】
東大地震研:浅間山の内部構造再現 素粒子使い立体的に
浅間山:活動静まり、警戒レベル2→1へ 連休前にも検討 /長野
浅間山:活動、噴火警報を切り替え 有料道路は通行止め解除 /長野

財政試算示すも「持続性」に不安の声-高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)
09年の救急出動、前年比2万5千件増(医療介護CBニュース)
水俣病 救済を閣議決定 未認定3万人超対象(毎日新聞)
女性の上電車通過 すきまに体…無事(産経新聞)
貸倉庫殺人 不明男女3人を愛知県内で捜索 長野県警(毎日新聞)
AD