日本リハビリテーション病院・施設協会の澤村誠志名誉会長は6月15日、衆院第二議員会館で開かれた民主党の「安心社会の構築に向けたリハビリテーションを考える議員連盟」(土肥隆一会長)の設立総会で講演し、国民が安心できる社会を創出するには、消費税増税によって社会保障の質を確保すると同時に、国民社会保障番号の導入や電子カルテの普及によって医療・介護情報の共有化を急ぐ必要があると訴えた。

 澤村名誉会長は、欧州の先進諸国が社会保障の充実によって国民の将来への不安を取り除き、内需拡大を促していると指摘。「日本でも医療・介護などの社会保障の充実によって、国民が安心できる社会を創出し、個人消費を伸ばすことで経済成長を実現する必要がある」と主張した。

 また、国民が安心できる社会を実現するには、▽消費税を増税し、社会保障の質を安定化させる▽地方への財源・権限の移譲によって地方分権を推進し、より地域に密着したサービスを実現する▽国民社会保障番号と電子カルテの普及によって、医療・介護関係者の情報共有を徹底する―などが必要と訴えた。

 設立総会では、「医療や保健、福祉及び生活にかかわるあらゆる人々や機関・組織がリハビリテーションの立場から協力し合う活動の充実を目指す」などの方針が明記された設立趣旨や、同議連の規約、役員人事が承認された。同議連の事務局長に就任した山口和之衆院議員は、「今後は勉強会を重ねると同時に、議連からの政策提言も実現したい」と意気込みを語った。


【関連記事】
リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党
日数制限撤廃で「全人的リハビリ医療の再構築を」
【中医協】回復期リハ入院料1の届け出、1年で4倍超に
脳卒中対策基本法「来年めどに議員立法化」-民主議連・石森幹事長
【中医協】回復期リハ、「2単位実施」の要件を追加

【菅内閣発足】新執行部、党運営を次々刷新 「脱小沢」の裏、不協和音(産経新聞)
<蓮舫担当相>秘書が痴漢の疑い 任意で事情聴取(毎日新聞)
千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い-離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
公開領収書に漫画やマッサージ費=荒井戦略相の事務所費(時事通信)
宮崎で新たに感染疑い、新富町の1農家で豚(読売新聞)
AD
 内閣府の「障がい者制度改革推進会議」は6月1日、障害者自立支援法に代わる新法「障がい者総合福祉法」(仮称)のあり方を議論する「総合福祉部会」の第3回会合を開催した。会合では、障害者自立支援法改正案が衆院厚生労働委員会で可決されたことについて、「わたしたちのことをわたしたち抜きで決めないで!」などと出席した委員らの怒りが爆発した。

■障がい者制度改革推進会議に要望書提出へ

 議員立法で提出された障害者自立支援法改正案は、5月28日に衆院厚労委で民主、自民両党などの賛成多数で可決された。これについて、部会の委員からは「政府から依頼されて議論しているのに、われわれに何の連絡もなかった。部会の議論の中身が十分に反映されていない改正法案を拙速に議員立法することは、(国と障害者自立支援法違憲訴訟団の)基本合意書に反する、われわれを愚弄する行為だ」などの声が多数上がった。

 委員多数の要望で、同部会は同日付で推進会議あてに、強い遺憾の意を表す要望書を提出することを決めた。

■緊急対策案、重点項目必要

 会合では、当面の課題として新法の制定までに必要な緊急対策案の決議が主要な議題だった。これについては、「重点項目を絞り込まないと来年度予算案に反映されない」などと批判する声が多数上がったため、部会の三役と数名の委員らで重点項目を決めて7日開催の推進会議に提出することを決めた。

 次回会合は22日で、新法制定に向けた本格的な議論に入る方針。


【関連記事】
障害者自立支援法改正案が可決、利用者負担見直し
障害者支援財源、5割増を―民主・谷議員
「民主党政権に失望」―障害者法違憲訴訟団
障がい者総合福祉部会が55人体制で初会合、6月に緊急対策案
初の省庁会合、議論が平行線にも―障がい者制度改革会議

教師らに大規模アンケート=資質向上策検討に活用―文科省、4万人超と関係団体に(時事通信)
富士樹海捜索で警視総監賞 警察犬クラーク号死ぬ 警視庁(産経新聞)
<鳩山首相退陣>「自業自得」「後任期待」…知事に失望感(毎日新聞)
<民主党>枝野幹事長に党内から異論(毎日新聞)
意外においしい!?昆虫食、ひそかなブーム(読売新聞)
 ソリッド&ミニマムなデザインで定評のある独立系プロダクトメーカー・バルミューダデザインから、まったく新しいコンセプトの扇風機が登場した。その名は「GreenFan」。従来の扇風機に比べて「風の質そのものを進化させた」という驚きのイノベーションが秘められているのだ。

【写真:従来型扇風機と「GreenFan」で発生する風の比較】

 現在の扇風機やサーキュレーターの起源は、19世紀末にさかのぼるという。驚くべきことに、その当時からほとんど技術革新が行われないまま、今日にいたっているという事実だ。それは登場した当初からほぼ完成形に近いものだったともいえるし、その後のエアコンの登場によって、あまり脚光を浴びることのない製品ジャンルだったからともいえる。

 では、従来の扇風機のどこに問題があるのか? それは、長時間あたり続けることのできない「強すぎる風」ということになる。「強すぎる風」を調べていくと、それは1枚1枚の羽根で切り取られた空気の固まりだということに行き着く。そこで、この「GreenFan」では、1枚のファンから風量の異なる2種類の風を発生させ、空気を優しく拡散させていくことに成功した。

 実際にその風にあたってみると、まさに「そよ風」という表現がぴったり。ずっとあたっていたくなるような風で、おそらく夏場はエアコンをつけずに過ごすことができるのではと感じる。もちろん、エアコンの補助的サーキュレーターとしても活用可能。サーキュレーターモードにすると、8メートル先まできちんと風が届く。

 「Greenfan」の心臓部には、DCブラシレスデジタルモーターが採用されている。デジタル制御のこのモーターによって、最弱運転時のファンスピードは従来の扇風機の半分以下の回転数に設定されている。その低い回転数と独自の14枚の羽根の組み合わせによって、そよ風の再現が可能となったわけだ。

 さらにユーザーにとって嬉しいのは、驚くほど低い消費電力。従来の扇風機の消費電力30ワットに対して、「GreenFan」の運転時の消費電力は4ワット(風量調整の一番小さい段階の場合)。その差は歴然としている。また、ヘッド上部に設置されたシンプルな操作面、マグネットで簡単に取り外し可能のガード面など、細かな気配りがされた美しいデザインはユーザーのニーズ、扇風機が使われるシーンをとことん追求した結果によるものだと感じた。【草野恵子,エキサイトイズム】

●Greenfan
本体寸法:330×320×867/467ミリ(幅×奥行き×高さ(フロア用/卓上用))
製品重量:3.8キロ
動作電力:AC100V 50/60Hz(ACアダプター付属)
消費電力:4~20ワット
コード長さ:2メートル
カラー:ホワイト
風量調整:4段階
切タイマー機能:1・2・3・4時間
左右首振り:ON/OFF機能

Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【関連記事】
iPad発売レポート、Apple Store Ginza
フォルクスワーゲン、ジウジアーロ社を買収
新エンジンのポロ1.2 TSI、開発者が語る未来への挑戦

妊娠知った数日後、別の女性と結婚 堕胎容疑の医師(産経新聞)
国際石油開発、元通産省の北村副社長が社長就任(レスポンス)
農水省、口蹄疫拡大で国や県の防疫態勢調査へ(読売新聞)
トラウマ、脳に影響 性的虐待8割に解離性障害(産経新聞)
「仮想空間」マルチ商法 きょう強制捜査 埼玉県警(産経新聞)