2017年07月16日(日) 11時10分26秒

スバル・フォレスター カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の作業から、スバルのフォレスターです。

 

 

 

連休を利用して京都府からお越し頂きました。

 

 

 

2年前に一度入庫して頂いていて、今回はシステムアップで二度目の入庫です。

 

 

スバル純正のダイアトーンのサウンドナビを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージと
ベーシック防振のWパッケージを取り付けられていました。

 

 

 

これまでは純正の16センチドアスピーカーをそのまま使って・・

 

 

 

ダッシュのスコーカーは中音域のみの再生にして・・

 

 

 

ATX‐25ツイーターを取り付けて、フロント3WAY構成として鳴らしていました。

 

 

 

 

システムアップは予算の総額を決めて頂いて、代車で山口県観光をされている間に3パターンの中の
どれが一番音質が上がるか検討して、夕方に納車出来る様にするという方法で進めました。

 

 

パターンは①ドアスピーカーをISP‐130に交換して2WAYにしてスピーカーケーブルをSKY‐3の高級タイプに
する方法
と、②ドアスピーカーをJBLのP660の16.5センチのミッドバスに交換して純正スコーカーと
合わせてフロント3WAYでスコーカー以外の部分をSKY
‐3のケーブルにする方法と、③ドアスピーカーを
ZSP‐LTD15に交換してドアにPSTケーブルを新たに通すという方法
です。

ピットに入れる前に一度音を聴いたところサウンドナビの音がやや明るく、①のISP‐130だと
表面のコーンの硬さが強調されるのではないかと却下して、②のP660に純正スコーカーを使用するパターン
スコーカーの荒い部分が目立ってはいけないから却下で、結局③のZSP‐LTD15にPSTケーブル
一番荒い部分や明るい部分が目立たないだろうとこのパターンで行く事にしました。

 

 

まずはドアにピュアディオブランドのPSTケーブルのフルレンジタイプを通します。

 

 

 

純正の楕円のプレートと同じ形の13センチ穴のインナーバッフルを製作して、レインガードを取り付けて、
ピュアディオブランドのZSP‐LTD15を取り付けました。

 

 

 

ドアの内張りを組み付けたら作業は完了で、グリルの外から黄色いケブラーコーンが見えます。

 

 

 

ZSPシリーズはかなり長い時間鳴らし込みをしないと本調子がでないスピーカーですが、
あらかじめボックスに組んで鳴らし込みを行なっていたので、鳴らし込んだユニットで
京都まで帰って頂けます。

 

 

 

スピーカーがベーシクの3WAYから変更にあったので、それに合わせてグローブボックス下のピュアコンの
パーツ構成を変更します。

 

 

 

2WAYで音が鳴る様になったらサウンドナビの調整機能のどれ使ってどれを使わないか判断して、
セッティングを行ないます。

 

 

 

前回のベーシックの時は若干イコライザーを動かしていたのですが、今回はフラットに細かい音調整は
ピュアコン側で行いました。

 

 

 

 

同じフラットでもパッケージしてあるフラットとカスタムの状態をフラットで使っているのでは音が微妙に違い、
最終的にカスタムをフラットで使うパターンを選びました。

 

 

 

またサウンドセッティングを押して調整画面に入った時と、調整が終わって通常の画面に戻った時で
微妙に音が違い、セッティングに入って出てを何度も繰り返していたので、ここを何度押したか分かりません。

 

 

 

5月に札幌店に行った時に、代車のキャストにダイハツ純正のサウンドナビの100ベースの物が付いていて、
その時のセッティングでサウンドナビとはそうとう格闘したので、かなりツボは押さえました。

 

 

 

音が決まってフォレスターは一度ピットから外に出して、ホースで水をかけて雨漏りチェックを行ないました。

 

 

 

近年のゲリラ豪雨ではこれまで想定していたチェックでは足りず、念のためにチェックの時間を増やしています。

 

 

夕方になって山口観光を済まされたお客様が帰って来られて、フォレスターの音を試聴して頂きました。

 

 

 

お客様は山下達郎さんのファンで、今年のコンサートにも行かれたそうで、その時に聴かれた曲を試聴されていました。

 

自分も会場は違うものの同じコンサートを聴きに行っていて、同じシーンを思い浮かべることが出来ました。

 

最初はリアの純正スピーカーをやや鳴らしていて、フェダーで前だけにしたら音はスッキリしたのですが、
リアスピーカーを気持ち加えた方がコンサート会場にいる様な感じになって、リア純正プラスで最終的に
セッティングを終了しました。

 

京都からかなりの距離がありますが、「他ではこの音は手に入らないから、山口まで来てよかった!」と音の仕上がりには喜んで頂けました。

 

遠方からのご来店ありがとうございました。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります