1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月29日(月) 11時38分24秒

スバル・レヴォーグ スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業からスバルのレヴォーグです。








1DIN+1DINタイプのサイバーナビを装着された状態で入庫となって、ベーシック


パッケージの取り付けを行いました。





ベーシックパッケージなのでドアの16センチスピーカーはそのまま使用して、ダッシュの


中高音を鳴らすスコーカーは中音のみの再生にして、そこにピュアディオツイーターを


プラスして3WAYにするという大ヒット商品です。






まずはサイバーナビを取り出して、裏の配線から音信号を取り出して、ピュアディオブランド


のPSTケーブルにつなぎます。







取り出した信号はグローブボックス下のピュアコンの送って、周波数幅やインピーダンスを


コントロールした後に純正のドアスピーカーとスコカーと後付けツイーターの3つに分配されます。







ピラーのカバーを外してスコーカーの横までPSTケーブルで送って・・







スコーカーを一度取り外して、裏に付いている黒い筒の下限周波数を決めているフィルターは


質が悪いので撤去します。







代わりに上質なフィルターに交換して、音質アップとレンジアップを同時に行います。







このフィルターで周波数レンジを広げる幅が絶妙で、広げすぎたら音が荒くなり、少ないと


ツイーターに比べてレンジが狭すぎると、合成容量で細かいチューンがしてあります。





それと以前はスコーカー下にフィルターは付けていなかったのですが、途中で車を下取りに


出す時のノーマル戻しの作業の時にグローブボックス下のピュアコンから取ってきて、途中


の配線をカットして付けないといけなかったので、最初からここに取り付ける事によって、


そのまま他を外せばノーマルに戻って下取りに出せるので、今はこの位置に取り付けています。





付けたままノーマルに戻すと、ドアスピーカーとスコーカーの間の音が濃くなり、見た目ノーマル


でも気持ほど音が良くなっています。




ただベーシックパッケージではドアスピーカーの上限周波数に制限をかけているのと、


インピーダンスをやや上昇させて音に重みを付けているので、かなりの差は出ます。





そして加工したスコカーを元の位置に戻したら、グリルの端にピュアディオブランドの


ATX-25ツイーターを取り付けて完成です。






音が出る様になったらエージングと調整用のCDを合計5枚再生して、サイバーナビの音調整


に入ります。





タイムアライメントは全てゼロにして、運転席でも助手席でも同じ様な聴こえ方になる様にします。







また1人で聴く場合も全てスタートのタイミングを揃えた方が音が自然なので、タイムアライ


メントはオフで使用します。





リアのフルレンジのスピーカーは鳴り過ぎると音が斜め後ろに引っ張られるので、フェダーは


少し前に振って前後のバランスを取ります。







最後に13バンドのイコライザーのイコライザーをほんの数箇所を1クリックずつ動かして、


音を整えたらベーシックパッケージの全ての作業は完了です。





レヴォーグのスピーカーは現行のインプレッサやXVと共通で、同じベーシックパッケージが


使用出来ます。




自社で車両を買って、16センチスピーカーの上限周波数とインピーダンス、スコーカーの


下限周波数と上限周波数とインピーダンス、そしてツイーターの下限周波数とインピーダンス


の一番良い所を探してパッケージ化しているので、「本当にこれで純正スピーカーなの!」


という驚きの声を多くのお客様から頂いている音の良さです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月28日(日) 11時33分40秒

マツダCX-3  BOSEサウンド車の音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の作業からマツダのCX-3です。







何故か昨日は宇部店の裏の一度熱いボディーを冷ます屋根の下にはワインレッドの車が


3台ありました。





井川ブログの先日のCX-3の書き込みを見られて、ALCはゼロで入庫されていました。






入庫時にノーマルの音を一度確認したら、ALCゼロなので前回よりは少しスッキリ聴こえました。





スピーカーは今回もBOSE仕様で、作業内容はベーシックパッケージの取り付けとベーシック


防振の施工が前後のドアのトリプルパッケージの作業を行いました。






ドアの内張りを外し、CX-3はインナーパネル付きなので防水シートは無くて、スピーカーを


外して外板裏に防振メタルと防振マットを砂貼り合せます。






取り外したスピーカーのマグネットは大きく、ストロークも大きな物です。





ただマグネットが小さくても磁力が強ければストロークは大きく取れる物もありますので、


大きさが全てではありませんが、このスピーカーは低音から中音の一部までをカバー


する構造で、低いインピーダンスで効率を上げています。





スピーカーの真裏は何も貼ってなくて、エネルギーが外に漏れるのでマットとメタルでガッチリ


と受け止める様にします。






CX-3のフロントドアの構造はドイツ車に似ていて、ゴルフⅦの様に外板裏とインナーパネルと・・






ドアポケットの中の3ヶ所に分散して防振を行ないます。






リアドアは普通の国産車の作りに近いので、前とは少し施工方法が違います。






次に運転席下のボーズの多チャンネルアンプから信号を取り出してピュアコンに送ります。






足が当たってもいい様にアンプにプラスチックのカバーがしてあります。





取り出した信号はグローブボックス下のピュアコンに送り・・





Aピラーを外してピュアディオブランドのPSTケーブルでダッシュの上まで送ります。







角度を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、これまで一度


ガラスの反射で聴いていた高音が見晴らしの良い場所から更に上質になって降り注ぐので大幅な


改善になります。






エージング用と調整用のCDの合計5枚のCDを再生して音を慣らして、バス・トレブル・


フェダーを若干動かして音を整えたら完成です。








赤いCX-3のお客様は近くでCX-3のボーズ仕様の取り付けを行う店が無く、


わざわざ滋賀県から起こしになりました。




作業の間は代車で山口県の観光をされて、夕方6時半に納車させて頂きま、音の仕上がりには


大変満足して頂きました。




遠方からのご来店ありがとうございました。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月27日(土) 11時20分58秒

日産ノートの音質と静粛性をアップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業から日産のノートです。







オレンジのスイッチの日産純正のナビオーディオを装着された状態で入庫となって、ベーシック


防振の施工をして頂いていました。







ツイーターはピュアディオブランドのATX-25を使用しています。







ドアスピーカーは純正のままで、これまでの車で何度もトレードインスピーカーに交換したけれど、


一度も満足出来なかったのに、何故か今回は満足出来たそうです。






最初はベーシックパッケージだけのシングルパッケージの装着だったのですが、音質と


静粛性をアップさせるために、防振の作業で2回目の入庫をして頂きました。






まずはドアの内張りを外して、防水シートも外してベーシック防振の施工を行ないます。






リアドアの内張りと防水シートも外して、こちらは静粛性アップをメインに施工します。






外板裏の何も貼ってない響く部分に・・






防振マットと防振メタルを貼り合わせるベーシック防振で響きを静めます。





同じ材質を大量に貼るより共振点の違う材質を組み合わせて、ドアが重たくならない割りに


効率的に振動が少なくなり、響きも特定の周波数に偏らずに理想的なスピーカーの鳴りに


近づきます。





メタルは小型でも高い周波数の響きに効果があり、入り組んだ場所にも貼れて、ピンポイントで


響きを抑えます。






前後のドアのベーシック防振が終わったら次にフロントドアの内張り裏のツルツルの部分に


粗目を付けて、セメントコーティングの下地を作ります。






厚い薄いをランダムに作りながら塗って、時間をかけて乾かしたら白い吸音材を元に戻します。






ロードノイズが入りやすいから吸音材が貼ってありますが、外板裏と内張り裏でかなり余分な


振動を抑えているので、走行中の車の中はかなり静かになり、あまりボリュームを上げなくても


良い音でオーディオが楽しめます。




全ての作業が終わり音が出る様になったら、これまでは低音が周りが震える事で十分に出て


いなかったのが、かなり音が前に出てくる様になって、イコライザーのパターンの見直しが必要

になりました。






イコライザーの変更ばかりに頼ると音がえぐい感じになるので、グローブボックス下の


ピュアコンの部分を開けて・・






一度ブラックボックスを外して、カスタマイズして再び取り付けました。






低音の量が増した分に合わせて中高音のバランスを取って、日産ノートの作業は終了しました。





「うちのデモカーのノートに比べたらやたら内装が豪華に見えるな?」と思ったら、オー


テック仕様のノートでした。







こだわりのオーテック・ノートにピッタリの、こだわりのカーオーディオの仕上がりになりました。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>