2017年06月04日(日) 10時50分07秒

ポルシェ・カイエン カーオーディオ取り付け その1

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は現在の福岡店の作業から、ポルシェのカイエンです。

 

 

 

コンパクトカーと軽の組み合わせだと3台入庫出来るピットも、大き目の車だと

2台で余裕を持って作業するという感じですね。

 

 

 

今回はデッキ・アンプ・プロセッサー・スピーカーのフルシステムの取り付けで、

現在は内張りを外して響きのポイントを確認して、防振メタルの貼り位置を

決めています。
 

 

 

 

 

カイエンのドアスピーカーは約20センチの大型で・・

 

 

 

 

マグネットはサイズの割には大きくないけれど、磁力を閉じ込めて強力なガウス

を保持しているタイプです。

 

 

今回はベーシックパッケージではないので取り外して、13センチミッドを

アウターバッフルで取り付けます。



ラゲッジにはアンプやプロセッサーを取り付けるために、アンプボードを

製作します。

 

 

 

 

フロアの内張りを外すと、底には防振材が貼ってあって、ロードノイズの

進入を防いでいました。

 

 

 

 

まだ作業が始まって間が無いので進行状況は1割程度なのですが、

是非この部分を見て頂きたくて早くから掲載しました。

 

 

 

このブログではしょっちゅう目にしているドアのセメントコーティングが乾いている

写真ですが、下の方は乾いて茶色ぽくなった後に追加でコーティング材を塗って、

後から塗った部分がかなり青みがかっているのがお分かり頂けるでしょうか。

 

 

肉眼で見るともっと色の差があるのですが、水分があるうちは青みがかっていて、

乾燥して来ると何故か茶色っぽくなる、不思議な材質です。


ポルシェの様な高級車でもセメントコーティングを行なうと更に静粛性が上がり、

高級感が増します。
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります