2016年03月17日(木) 12時17分59秒

スバル・クロスオーバー7 スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からスバルのクロスオーバー7です。










カロッツェリアのサイバーナビを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けと


ベーシック防振の施工を行ないました。







まずはドアの内張りを外して、防水シートを外して外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせて


ドアの響きを抑えます。









90年代の車と違って最近ではスピーカー裏に何も防振材が貼ってなく・・







外板裏も何も貼ってなくてガラガラです。





でも中途半端に何か貼ってあるよりは何も貼ってない方がこちらの好きな様に防振出来るから


ありがたいです。







ベーシックパッケージなのでドアの16センチスピーカーはそのまま使用して、防水シートと


内貼りを組み付けたらドアの作業は完成です。







ドアの外から軽くドアをたたくと明らかに響きが少なくなったのが分かります。





工賃も含めて24000円プラス税のベーシック防振は価格がお手頃なのでリアの施工も同時に


される方も多く、今回も前後共施工をされました。





ちなみに某量販店はデットニングの工賃だけで2万円プラス税だったそうです。








次にサイバーナビの裏から音信号を取り出して、グローブボックス下のピュアコンに送ります。





クロスオーバー7はエクシーガからの派生モデルなので、エクシーガと特性が同じで、同じ値の


ピュアコンを取り付ければ一番マッチングのいいポイントにたどり着きます。






ピュアコンからの信号は純正ドアスピーカーとダッシュ上のATX-25ツイーターに分配されます。









結線が終わって音が出たらジャンルの違うCDを何枚か再生して音を整えて・・








サイバーナビのイコライザー調整を行なったら完成です。







お客様は音質アップはもちろんの事、前後4枚のドアのベーシック防振での静粛性アップにも喜んで


おられました。





量販店の2枚で2万円の工賃だと4枚で4万円で、ベーシック防振が材料と工賃で4万8千円なので


夢の様な効果です。





これは全ての車を調査していて、どこにどの材料を貼ったら最も効果的に減衰するかを研究した


手順書が用意されていて、スムーズに作業を行っているから出来る価格です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります