2015年08月29日(土) 13時41分13秒

レクサスRX スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は現在の福岡店の作業からレクサスのRXです。





全車異形パネルのナビオーディオ付なのでシステムアップは難しいのですが、今回はスピーカー周り

とドア防振の施工を行って音質アップを図りました。





まずはドアの内貼りを外して外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせるベーシック防振の施工

を行った後に・・



サービスホールを塞ぐ防振を行ってドアの密閉度を上げます。




次に内貼り裏のフェルトを一度外して・・





そのままではプラスチックがつるつるしてセメントがくっつかないので下処理を行って・・





そこから厚い薄いを作りながら手作業で塗った後に乾いたら、しっかりとセメントコーティングが

着きました。






ドアの楕円スピーカーを外して、そこに16・5センチのインナーバッフルを製作してJBLのユニットを

取り付けました。





ユニットの特性は2WAYで使えるのですが、ドアには低音域だけに制限した音信号が送られて来て

いるので、ドアの純正スコーカーを併用して中音域を鳴らします。





純正のツイーターは鳴らさない様にして、ダッシュの上にはワイドスタンドを製作してJBLの60周年

記念モデルのツイーター・通称JU60を取り付けました。





フロントに送っている音信号はリアのラゲッジに付いている車両アンプから取り出して、この横に

ピュアコンを取り付けてツイーターと純正スコーカーの周波数レンジとレベルとインピーダンスを

決定しています。





そしてフロントの音質アップにプラスしてリアサイドのウーファーの音がこもっているという事で・・





別なエンクロージャーを製作してJBLの25センチのウーファーで鳴らす事になりました。





全ての結線が終ったら音を鳴らして調整を行いましたが、純正の量が出ている低音に比べたら

かなりタイトな音になりました。




フロントスピーカーの口径が小さくなったのと、リアのウーファーは迷路の様なエンクロージャーで

音を伸ばしていたので施工後は全く別な音になり、純正を使いながらも市販のカーオーディオ的な

音になりました。



プレミアムサウンド車には通常では販売していないオリジナルのパーツを作って対応しているので、

他店で出来ないと断られた車種でも対応しています。


いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります