政府は19日の閣議で、自衛隊のイラク派遣について「戦闘行為が行われていない地域で、(イラク派遣を定めた)法の規定に従って行われるものである限りは違憲とは考えていない」とする答弁書を決定した。赤嶺政賢衆院議員の質問主意書に答えた。

 自衛隊を派遣した当時の政府の判断が誤りだったかどうかに関しては「当時の政府の判断は、異なる判断もあり得たとの考えもあり、検証は将来の課題である」とした。

【関連記事】
ぶれる日本は「蚊帳の外」 米は何もしてくれない
ヒゲの隊長「国防は最大の福祉」に首相「外交努力も大事」
「もはや日本は極ではない」 鳩山内閣は日米同盟を守れるのか
「消えた日本」と同盟の信頼
「撤退」で失われる安保情報 日本の国際協力後退を憂慮する 
20年後、日本はありますか?

26万人に影響、60本が運休 122本に遅れ 架線トラブル(産経新聞)
<埼玉県警>採用ポスターの表現 陸上自衛隊の商標権を侵害(毎日新聞)
子ども手当法案 参院で審議入り 国内居住要件は今後検討(毎日新聞)
「これが健全な組織か」 生方氏、解任不服申し立ても(産経新聞)
新薬メーカー54社から受託製造―行政処分受ける大洋薬品高山工場(医療介護CBニュース)
AD