たか坊のブログ

スクリーン印刷の資材・機械を販売している商社を経営しています。

日々の日報を兼ねた記事をUPしています。


テーマ:
少しお時間を頂きましたが、、、、って、何をはてなマークですねガーン


今日はとうとうガーンお客様からご質問を頂く事が多かった件を、実際に私が試してみたご報告です。



様々な販社様から「スキージ」を購入して試してみましたニコニコ

「こっそりと」買ったり、はたまた「堂々と」購入したりガーン




弊社のスキージの選び方については、以前の記事に書きました。

http://ameblo.jp/print-web-stance/entry-11750615403.html



実際に色々購入したスキージを比べると、、、、、、

って、ここで他社様の欠点を書き連ねるのは、と~ってもいやらしい事ですので辞めておきますガーン

でも、これで終わってしまうと、今日のブログは何を書いたのか訳が解らない事になってしまうので、商品を特定させずに書きますガーン


スキージを購入した、若しくは購入して頂いた直後には「こうした方が良い」という事を数点。


1.スキージブレード(ゴム)の直角が正確に出ているか見る
2.スキージブレードを溶剤や灯油で何度か拭いてみる
3.スキージブレードの角に傷が無いか確認する

はいニコニコ細かく書いてみます。


1.直角が正確に出ているか

細かい問題ですが、これはインクの落ちに確実に反映されます。
まずは、ゴム両面に片側ずつ数滴の水を垂らしてみましょう。ゴムの端で水が貯まるはずですが、表面張力で水は落ちません。普通はガーン
又、落ちないにしても両方とも反っていると問題ですガーン

2を飛ばして先に3番ガーン

3.角に傷が無いか確認

 スキージの角に指を当てて滑らし、なぞってみましょう。傷が有れば指にひっかかる違和感が確認できますガーン
傷が有ると、印刷した際にその部分に濃淡や筋が現れますガーン


では、待望のガーン2番

2.溶剤や灯油で何度か拭いてみる

本当は何度か拭いただけでは解りませんガーン
なんでこんな事するの?と言うのは、まず

イ)ゴムの耐溶剤性
 使い終わったスキージを、水で洗浄している分にはあまり関連ありませんが、プラスチゾルインクをお掃除する際には、溶剤や灯油を使いますよね。弊社ではお勧めしていないけど。
 何度も、拭いているうちに、ゴムは劣化します。

 溶剤に弱いゴムはどんどん硬くなります。硬くなっていつか崩れますガーン
 というか、劣化で硬度が変わればインクが落ちる量も、スキージ圧が変わります。
 劣化が早い分、又新たなスキージが必要になってしまいかねない。。。。。

ロ)ゴムの均一性
 はい。両面を溶剤で軽く拭いたら、それぞれの面の乾き方をじっくり見てみましょう。どのように揮発するか。
 均一で偏りの少ないゴムですと、ほぼ同じように揮発・乾燥しますねニコニコ

 私が入手したスキージの中には、この乾き方が極端なゴムが有りましたショック!
 片側はまるで撥水(撥油?)なのに、反対側はどんどん吸収しているショック!

 ちなみに、溶剤分を吸収し易いゴムは、これまた劣化が早いのですかお

という訳で、スキージを購入した際には一度上記のような検証作業をした方が良いと思いますニコニコ



スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ

スキージのページ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たか坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。