たか坊のブログ

スクリーン印刷の資材・機械を販売している商社を経営しています。

日々の日報を兼ねた記事をUPしています。


テーマ:
2営業日に1記事書くのがこんなに辛いなんてガーン

さっきまで、ネタ探しに唸っていましたガーン


で、全く浮かばないので、つい先日更新・追加 した弊社のホームページ の内容から流用しますガーン



時々頂く、質問やご要望の中に、この様なお話が有ります。

「真っ赤な赤の顔料ってどれですか?」

とか・・・・

「綺麗な緑がほしいんですが・・・」

とか。


正直申しあげまして、

真っ赤なって、、、どんだけはてなマーク

綺麗なって、うちのかみさんよりはてなマーク(わたくしは未だ独身ですガーン

って事なんですガーン



お気持ちは解っているのですが、こういうご質問って、答えが難しすぎますガーン



作れば無限大に作る事の出来るのが色なのでガーン
こりゃぁもう、ご自身で見て頂いて判断して頂くしかない訳です。


さて、本題ガーン


シルクスクリーンインクにおいて、水性バインダーもプラスチゾルインクも印刷する前に、色を作らねばなりません。

まぁ、全~色として用意されているプラスチゾルインクの中から選んで「これ」として使えるのなら良いのですが、希望の色が無く、混合して作らねばならない場合が有ります。

でも、世の中には、どの色とどの色を、どの割合で混ぜればこんな色に・・・・ながぃ。。。。。
なんて教科書的な物は見当たりませんショック!
ましてや、このプラスチゾルインクのこの色と・・・・・・・・・・・・・・・・(中略ガーン


「子供のころ、絵具を混ぜて色を作った感覚。それで作るしかないです。」

地元のとある美術専門学校でお尋ねした答えですガーン


私がまだ可愛い子供の頃、デッサンの時点では先生に

「~君。良く書けてるねぇ~」
と言われましたが、

絵の具で色をつけた瞬間に

「あの(デッサンの)絵はどこに行ってしまったの?」
と言われるくらい色彩感覚が有りませんガーン


本題に戻りますガーン


これはプラスチゾルインクに限った事ではありません。
弊社で販売している水性バインダーも、水性バインダー顔料 に分けて販売していますが、色に関して考えれば同じ問題に行き当たりますショック!


と言う訳で、弊社の水性バインダー・オールマイティーバインダー は、顔料12色でパントンカラー100色を作る事ができる混合表ってのを用意してあります。

ほんとうはもっと多くの色を作る事が出来るのですが、インク1Kgを作るのに紫を0.05g入れて、とかいう途方もなく細かい割合の色があったりするので100色にしてありますかお

この表は、眺めるだけで面白かったりします。
この色に、こんな色が入ってるんだ~っていうのがちらほらニコニコ


これがあれば、大概の色は作る事ができますねニコニコ


プラスチゾルインク にも無いのか!?

と思われているそこのあなたガーン

そんな意地悪をする訳ないじゃないですか。

プラスチゾルインクは無料のソフトを差し上げますドンッニコニコ

 この商品についてきます


スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たか坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。