たか坊のブログ

スクリーン印刷の資材・機械を販売している商社を経営しています。

日々の日報を兼ねた記事をUPしています。


テーマ:
ここ数週間インクを練っては刷り・・・練っては刷り・・・・ガーン


このブログを検索して来て頂いているワードのダントツは「ブリード」や「再昇華」です。
やっぱり皆さんお悩みの様ですガーン

そこでここ数週間、インクを練ってばかりいるのですガーン


以前も書きましたが、ブリードに関して簡単に纏めると次のようになります。

昇華染料で染色された生地、ポリエステル**%という生地は、水性・油性に関わらず、プリント後に生地の染料がプリントインクに移行してしまいます。
例えば、赤の生地に白インクでプリントしても、ピンクに刷りあがってしまうのです。
これを「ブリード」若しくは「再昇華」と呼びます。

ブリードの要因としては大きく2つ有ります。

1つ目は熱。そして2つ目はインクの材質です。

生地を染色する際には熱をかけて染色します。この際の正確な温度は記せませんが(まだあやふやですのでガーン)、プリントして熱乾燥の際にこの温度を超えると、せっかく生地に定着(しそうになって)いた染料が分離してしまうのです。

じゃあ、水性バインダーに架橋剤を添加して低温で硬化させれば良いのかはてなマーク

プリント直後はブリードは見られなくなると思います。しかし、水性バインダーやプラスチゾルインク等に含まれる、特にウレタン樹脂は、染料をひきつける(吸着する)力を持っているのです。
ジワジワと時間の経過するにつれてブリードが見られるようになります。

ちなみに、ホワイトインクの色の元である酸化チタンですが、酸化チタンも色を吸着する力を持っていますので、酸化チタンを多く含むインクほどブリードしやすい事になりますショック!


こういった事を解消するために、ここ数週間インクを練っては刷っているんですがガーンなかなか、もうちょっとのところまでしか到達できませんガーン

水性バインダーには弊社のオールマイティーバインダー が有ります。
でも、プラスチゾルが回避できないでいます。特別な「インク」としてではなく、どのプラスチゾルインクにでも使える様な「添加剤」で作りたいのですニコニコ


ちなみに、発泡剤を入れて隠蔽性をUPしてブリードしていないかのように見せるインクでは駄目なのです。
時間が経つと結局ブリードしてしまいます。。。。。。



ただ、本日妙なことからヒントを得たので、又インクを練る日々が続きそうですショック!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たか坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。